BLOWING WIND・風のふくまま

風の吹くまま気まぐれな日々     
  明日も良い日になりますように。

大晦日

2009-12-31 15:20:38 | Weblog
2009年も大晦日になりました。

ぜんぜん実感が無いのですが明日は2010年お正月です

来年が良い年になるよう年越しのお蕎麦をいただきました。

今年1年ブログを見に来ていただき有難うございました

皆さんも良いお年をお迎えください。







2009年は自分にとっては大きな出来事が続きとても大変な1年でした。

一段落した物も有りますが、その中の一つはこれからもひき続き悩まされそうです

個人的な努力でどうする事も出来ないので悩んでも仕方が無いのですが

これから先の生活・経済にとても大きな打撃を受ける問題が自分の意思に関係なく

決まってしまうので、来年はかなり緊縮財政の家計にならざるを得ないようで困った事です。

とは言っても、1年間健康に過ごせてやりたい事が出来る有りがたさは感謝です。

来年も健康第一にお金は無くても笑って過ごせるようにしたいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

習作

2009-12-30 11:13:12 | Weblog
 Illustratorの練習作品です。






上の写真のフェラーリをコピーして描きました

アバターのCGを見た後に見ていただく代物では有りませんが

素人のお遊びなので笑って見てください。

この程度を作るのに初心者なので物凄く手間暇が掛かってますが

アバターの完成度とオリジナリティーは別世界ですね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (2)

打納め

2009-12-29 14:47:44 | スポーツ
 本日で今年のテニスの打納めです 


毎週水曜日がテニスの日ですが、今日は特別レッスンでした。

いつもスクールではダブルスのゲームを前提にいろんな練習をするのですが

今日はストロークとボレーだけで、それぞれ1時間ずつやりました。






 ストロークでは苦手のバックハンドを主に繰り返し練習しました
注意されたのは、自分でも解っていても実際にはなかなか出来ない
早く準備をする事、踏み込んで振りぬく事、などでしょうか。

コーチから予めバックハンド側に球を出されると準備できるので
それなりに良い球を打てるのですが、左右に走らされると準備が遅くなり
フォームが崩れます、テニスはやはり足ですね。

 ボレーでは、これも準備を早く
構えは体のひねりだけでラケットを引かない事
ラケットを振らずしっかりグリップを握りラケットを止める事。

解っているつもり、出来ているつもり、なのですが
出来てないから結果に現れるのですね
しっかり出来たときはやはり良い球が返ります。

 打納めで基本的な事を見直せてとても良かったです
新春初打ちは2日からの予定、来年は基本を思い出しながら
楽しく少しでも上達の実感を感じられるようになりたいものです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (2)

BGM

2009-12-28 17:41:24 | Weblog
PCに向かっているとなぜかこんな曲が聴きたくなり

BGMに流しながらやってます。






The Amazing Bud Powell, Vol. 5 - The Scene Changes
Bud Powell (pf) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ,
December 29, 1958 Blue Note BLP 4009




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

アバターCG

2009-12-27 11:52:14 | Weblog
CGの大作映画『アバター』を見て見事なCG画像に感動しました

『アバター』のCG製作にはどれだけの時間と手間が掛かったのか

気が遠くなる様に思います。













The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books) (大型本)


『アバター』の世界をどのようにして創りあげたか

美しき「アバター」の世界 ??。幻想的かつ美しい「アバター」の舞台、
衛星パンドラ。その美しい“ひとつの完全 ...

未公開素材を含む200 点以上のビジュアルと、スタッフインタビューで紐解かれる、
映画公式アートブックです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

映画 『アバター』

2009-12-26 09:55:52 | 映画
 映画『アバター』@川崎109シネマズIMAX

監督・製作・脚本:ジェームス・キャメロン
        (『タイタニック』でアカデミー賞を総なめ)

出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウイーバー

アバター 3D - goo 映画

 アバターとは最先端科学が生んだ自らの分身の事。

22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラの希少な鉱石を求め
この星の先住民ナヴィの守る聖域から彼らを追い払おうとする。







 パンドラの先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせて創られた肉体(アバター)
に意思を与える元海兵隊のジェイクは、アバターの身を借りて先住民の兵士として
ナヴィの仲間に迎えられる。

ナヴィと共にパンドラでの生活になじんで行くアバターとしてのジェイクと
海兵隊時代に傷を負い車椅子に乗るリアルのジェイク

ナヴィの中に入り込み充実した日々を送るアバターのとしてのジェイクと
基地のカプセルの中から交信しアバターに意思を送るリアルのジェイク
どちらが本当のジェイクなのか、ジェイク自身も混乱し悩む。

しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱くが
やがてこの星の運命を決する選択を迫られる・・・。


 物語の世界観が緻密に構成され、圧倒的な美しさの神秘の星に惹きこまれる
パンドラの星の世界にある鬱蒼と茂る巨木の森、不思議な形をした植物、獣や動物達
空中に浮かぶ島、そして巨大な翼竜が空を飛び交う。

この星の先住民ナヴィは人間に比べ巨大でスマートな体に青い皮膚と尻尾を持ち
しなやかで高い運動能力を持つ。
彼らの聖地に聳え立つ聖なる木はナヴィ達の心と交信する。

 CGで描かれる不思議な世界はまるで実際に有るかのように
自然に描かれその不思議さを忘れてパンドラの星の世界に入り込んでしまう。

IMAX3Dで見る映像は素晴らしいの一言だ、ジェームス・キャメロン監督はこの映画
を造った後はもう2Dの世界には戻れない、と語ったと言う。

3Dならではの映像世界、まるで自分が画面の世界に入り込んだかのように感じる
3Dお得意の画面から飛び出す演出では物が飛んで来ると思わず身を避けてしまう
眼鏡の上に更に3Dメガネを掛けて見るのでかなり眼が疲れた。

 ストーリーは22世紀の未来を舞台にし地球から遠く離れた衛星パンドラに有る
希少な鉱石を求めてこの星の先住民の聖地を踏み荒らす人類のおろかさを描く。

人類は、石油や金・ダイヤモンド、希少鉱物の為に、また農地や牧場を得る為に
多くの先住民や大自然を犠牲にしてきたし、これからも地球環境が最大の問題となるが
未来の冒険ファンタジーとして描く中にこれらの普遍的テーマが語られていると感じた。




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (6)   トラックバック (1)

『アバター 3D』 85点

2009-12-25 09:27:45 | goo映画レビュー

アバター 3D

2009年/アメリカ

IMAX3D

プロフィール画像

tatsujiiさん

男性

総合★★★★☆ 85

ストーリー ★★★★☆80点

キャスト ★★★★☆75点

演出 ★★★★☆80点

ビジュアル ★★★★☆90点

音楽 ★★★★☆80点

物語の世界観が緻密に構成され、圧倒的な美しさの神秘の星に惹きこまれる。
IMAX3Dで見る映像は素晴らしいの一言だ、ジェームス・キャメロン監督はこの映画
を造った後はもう2Dの世界には戻れない、と語ったと言う。

3Dならではの映像世界、まるで自分が画面の世界に入り込んだかのように感じる
3Dお得意の画面から飛び出す演出も多用され物が飛んで来ると思わず身を避けてしまう。

ストーリーは22世紀の未来を舞台にし地球から遠く離れた衛星パンドラに有る
希少な鉱石を求めて先住民の聖地を踏み荒らす人類のおろかさを描き、
映像の素晴らしさとは別にどこかで何回か使われた既視感を持った。
眼鏡の上に更に3Dメガネを掛けて見るのでかなり眼が疲れた。

コメント

Merry Xmas

2009-12-25 08:54:26 | 写真
Merry Xmas

良い子にしていた皆さんには

今年もサンタさんから素敵なプレゼントが届いた事と思います。



Earth Song / アース・ソング (字幕入り) ● Michael Jackson





マイケルの「EARTH SONG」に共感をもたれた方はこちらもどうぞ。

マイケル・ジャクソン「オックスフォード スピーチ」






川崎ラゾーナのXmasイルミネーションです。


銀座・日比谷のXmasイルミネーションのデジブックはこちら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

Merry Xmas

2009-12-24 11:12:30 | Weblog
Merry Xmas
 
 いろんな事が有った1年でしたが

楽しい素晴らしいXmasをお迎えください 


「HEAL THE WORLD」 Michael Jackson 




マイケルの「HEAL THE WORLD」に共感をもたれた方はこちらもどうぞ。

マイケル・ジャクソン「オックスフォード スピーチ」







photoshopで描いた習作です。


表参道のイルミネーションのデジブックはこちら。




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

冬至

2009-12-23 09:31:28 | 写真
2009年の冬至

12月22日の東京における日の出/日の入り。

日の出時刻    6時47分
日の入り時刻  16時32分

北半球では日中の太陽が一番低い日であり
そのため、日出・日没の方角が最も南寄りになる。







 冬来たりなば春遠からじ

自由ヶ丘の花屋さんの店先には

目前に近づいたXmasのポインセチアとお正月用のシクラメンと並んで

早くも春を呼ぶチューリップが飾られていました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

今年見た映画ー4

2009-12-22 10:04:05 | 映画
 今年になってどんな映画を見たのか

振り返って整理して見た、

その4、10月から12月まで。
映画のタイトルをクリックするとブログの記事に飛びます。

2009年
10月「ココ・アバン・シャネル」「あの日、欲望の大地で
   「私の中のあなた」「狼の死刑宣告」「沈まぬ太陽

11月「THIS IS IT」「2012

12月「キャピタリズム」「バグダッド・カフェ」「ジュリー&ジュリア






ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (4)

今年見た映画ー3

2009-12-21 10:41:03 | 映画
 今年になってどんな映画を見たのか

振り返って整理して見た、

その3、7月から9月まで。
映画のタイトルをクリックするとブログの記事に飛びます。


2009年
7月「ディア・ドクター」「扉をたたく人」「ノウイング
  「レスラー」「セントアンナの奇跡

8月「人生に乾杯」「夏時間の庭」「トランスポーター3
  「キャディラック・レコード」「未来の食卓」「96時間

9月「ちゃんと伝える」「愛のむき出し」「ハリー・ポッター
  「ぼくはうみがみたくなりました
  



写真の順番は映画を見た順番ではありません。



「ディア・ドクター」「扉をたたく人」「セントアンナの奇跡」など
社会派エンターテイメントと言える作品を続けて見た。

「レスラー」不器用な生き方しか出来ない駄目親父
ミッキー・ローク本人の実人生とも重なって切なかったです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

今年見た映画ー2

2009-12-20 11:41:29 | 映画
今年になってどんな映画を見たのか

振り返って整理して見た、

その2、4月から6月まで。
映画タイトルの文字がブルーの物はクリックでブログ記事へ飛びます。

2009年
4月「フロストxニクソン」「THE BANK堕ちた巨像」「レッドクリフⅡ」
  「ウオッチメン」「スラムドック$ミリオネア」「MILK」「グラントリノ」

5月「ダイアナの選択」「ミーシャ」「天使と悪魔」
  「消されたヘッドライン」「重力ピエロ

6月「路上のソリスト」「アイ・カム・ウイズ・ザ・レイン
  「ターミネーター4」「サガン」「トランスフォーマー
  「それでも恋するバルセロナ




写真の順番は映画を見た順番ではありません。


4月はアカデミーを賑わせた作品が次々と公開される

いずれも見逃せない作品が続いた。

「スラムドック$ミリオネア」ハリウッド以外からアカデミーが出るのは
珍しいのではないだろうか、インド映画の可能性の高さを示す作品だった。

「MILK」ショーン・ペンの素晴らしさと、この時期に作る映画としての
題材の選択の良さが光る作品だと思う。

「グラントリノ」クリント・イーストウッドの監督・主演、そして主演作の最後と
言われているが、男の中の男、男らしい男、最後のシーンは泣かされました。

「重力ピエロ」あまり見に行かない日本映画だが、久々に日本映画の
レベルの高さを感じられ嬉しくなった作品です。

 5月頃からブログに映画のコメントを載せるようになりました。





ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (2)

今年見た映画ー1

2009-12-19 16:27:52 | 映画
 年末も近づいたが今年になってどんな映画を見たのか

振り返って整理して見た、その1、1月から3月まで。

2009年
1月「アンダーカバー」「K20怪人20面相」「チェ28才の革命」
  「禅」「The Moon」「007慰めの報酬

2月「チェ別れの手紙」「ベンジャミン・バトン」「愛のむき出し」
  「ヘブンズドア」「7つの贈り物」「チェンジリング」

3月「命の戦場」「DIFIANCE」「ホルテンさんのはじめての冒険」



写真の順序は見た順番ではありません。


自分の見たい映画で選ぶので月により見る回数がバラつきが有る

1月から3月の15本の映画はどれも未だ記憶に新しいが

チェ・ゲバラを描く2作品が印象に残る。



ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

師走

2009-12-18 19:33:05 | 写真
 師走の本格的な寒さがやってきました。

自由ヶ丘の花屋さんの店先も

ポインセチアとシクラメンの競演で

すっかり年末カラーです。







ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント