BLOWING WIND・風のふくまま

風の吹くまま気まぐれな日々     
  明日も良い日になりますように。

映画「ベイビー・ブローカー」

2022-06-27 12:10:11 | 映画


映画「ベイビー・ブローカー」・韓国

脚本・監督:是枝裕和
サンヒョン(ソン・ガンホ)、ドンス(カン・ドンウォン)
アン・スジン(ペ・ドゥナ)、ソヨン(イ・ジウン)

第75回カンヌ国際映画祭では、主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる最優秀男優賞を受賞。
エキュメニカル審査員賞も受賞し、合わせて2冠の快挙を成し遂げた。

『万引き家族』などの是枝裕和が監督などを務め、韓国の製作陣や俳優らと長年構想を練ってきたオリジナル企画を映画化したヒューマンドラマ。「赤ちゃんポスト」に預けられた赤ん坊と周囲の人々のエピソードが描かれる。

是枝監督作品というと「誰も知らない」、「そして父になる」、「万引き家族」等を見た。
「ベイビー・ブローカー」は赤ん坊の人身売買でかなり酷い悪人の仕事のはずだが
借金まみれのクリーニング屋のオヤジ・サンヒョン(ソン・ガンホ)と、生まれや育ちが訳有りの青年ドンス(カン・ドンウォン)がブローカーなのだが、金さえ儲かればという極悪ブローカーでもなさそうで、赤ん坊を幸せにしてくれそうな引き取り相手を選ぶやさしさも持ち合わせている様だ。

子供を棄てた母親も子供に優しくしないのは情が移ると別れが辛いかららしく、孤児院から逃げ出してきた少年との4人は他人同士ながら、子供の引き取り相手を探す旅の途中で少しずつ疑似家族の様になっていく。
4人とも皆何処かが壊れて捻じれている様だが根っからの悪人でもない、この辺りが是枝監督の他の作品と似た感じだ。何となくほのぼのした感じの映画だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「君を想い、バスに乗る」

2022-06-07 19:28:18 | 映画
映画「君を想い、バスに乗る」(THE LAST BUS)

監督:ギリーズ・マッキノン 主演:フィル・ハント

妻を亡くした90歳の男性トムが、長年暮らした家を離れ、妻と出会った思い出の地を目指し路線バスのフリーパスを利用してイギリス縦断の旅に出るロードムービー。
道中さまざまな出会いやトラブルを経験しながら、妻メアリーと交わした約束を胸に旅を続ける。
老齢のトムが体調の悪い事を押して旅を急ぐ妻との約束とは、また旅の目的は何なのか。

今どきのロードムービーなのはトム本人は妻との約束の地へひたすら向かうのだが、道中で出会う様々な人がスマホの動画で風変わりなトムの行動を記録しSNSへハッシュタグ「バスの勇者」として投稿していたのだ。

本人は知らぬ間にSNS上ではすっかり「バスの勇者」として有名になっていたのだった。
トムが旅を急ぐ理由、妻との約束、旅の目的が分かってくる内に涙を誘われるだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「トップガン・マーべリック」

2022-05-28 20:00:51 | 映画
映画「トップガン・マーべリック」

監督:ジョセフ・コジンスキー
トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編。
アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校トップガンに、伝説のパイロット、マーヴェリックが教官として帰ってきた。

前作から36年ぶりの新作だとの事、トム・クルーズはトップガンの教官として帰って来た。
親子の様に年の離れたパイロットを育てる柄にもない役割だ、案の定パイロットからも上司からも
非難ごうごうだが誰よりも一番厳しい現場を経験してきた自信は揺らぐ事は無く彼のやり方は変わらない。
撃墜されても死なない男の本領発揮で颯爽と帰還するラストは小気味よい。
いろんな場面で前作を意識したり、こだわりを感じる場面が有るので前作を見ていると倍楽しめる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福岡市植物園

2022-05-26 10:08:24 | 写真
福岡市植物園
















コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windsurfing

2022-05-24 19:50:45 | スポーツ

ウインドサーフィン今宿海岸
今日はロボホンが応援に来てくれた、ありがとう😊



自転車の運動記録用のMap my rideのアプリをウインドで使ってみた、
良い感じに海の上に自分の航跡を記録している。
片道3km程を3往復で走行距離が8.7kmを1時間12分、平均速度7.2km
風が弱かったのでスピードが全然出なかった、又風が有る日に試してみたい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「オードリーヘップバーン」

2022-05-12 20:56:03 | 映画

映画「オードリーヘップバーン」

世代を超えて愛され続けるハリウッド黄金期の伝説的スター、オードリー・ヘプバーンの知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。
初主演作「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を受賞し、映画スターとして輝かしいキャリアを築きあげる一方、実生活では幾度も離婚をし、愛される喜びを得られずにいた。
晩年にはユニセフ親善大使など慈善活動を通して多くの人々に癒しと救済をもたらし、生涯をかけて「愛すること」を信じ、与えることを貫いた。

映画では貴重なアーカイブ映像をはじめ、俳優リチャード・ドレイファスやピーター・ボグダノビッチ監督ら映画関係の仲間たち、息子や孫、友人ら近親者のインタビュー映像を交えながら、名声の裏側に隠された本当の姿を浮かび上がらせていく。 (映画.com)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

九響 名曲・午後のオーケストラ

2022-05-08 19:11:43 | Weblog
九響 名曲・午後のオーケストラ
山下洋輔 迫真のラプソディ・イン・ブルー

指揮 : 茂木 大輔  

ビゼー/「アルルの女」 第1組曲

ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー、 ピアノ : 山下 洋輔

ドヴォルザーク/交響曲 第8番 ト長調 作品88

コロナ以来久しぶりの生オーケストラと山下洋輔のピアノ、ラプソディ・イン・ブルーから始まって
ウン??「運命」??更にいくつかの交響曲のさわりを取りこんでオーケストラとジャズピアノの掛け合いだ。
80才に近い山下洋輔は衰えを知らぬピアノ一台でオーケストラに負けていない素晴らしい演奏だ。

指揮 : 茂木 大輔氏のツイッター
https://twitter.com/mogimogimogigi
5/8,(日)14:00開演福岡サンパレス
九州交響楽団との演奏会です。「アルル」と「ドボ8」の自然賛美かと思えばガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」では長年のファンである山下洋輔さんとのフリー乱入(オケも!)を交えた狂乱一期一会。多分気が遠くなるコントラスト!是非お越しください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海の中道海浜公園

2022-04-23 20:17:51 | 写真










ルピナス、ネモフィラは満開です、バラ園はもう少しですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「コーダ あいのうた」

2022-03-31 11:19:11 | 映画

映画「コーダ あいのうた」 監督・シアン・ヘダー、主演(ルビー・ロッシ)・エミリア・ジョーンズ
2022年・第94回アカデミー賞で作品賞助演男優賞(トロイ・コッツァー)脚色賞の3部門にノミネートされ、同3部門を受賞。

タイトルの「CODA(コーダ)」は、「Children of Deaf Adults=“耳の聴こえない両親に育てられた子ども”」のこと。
実際に聴覚障害のある俳優たちがルビーの家族を演じた。ルビーの父親フランク役を務めたトロイ・コッツァーは、男性のろう者の俳優で初のオスカー受賞者になった。
家族の中でただひとり耳の聞こえる少女の勇気が、家族やさまざまな問題を力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。

耳の不自由な家族の中で唯一耳が聞こえる女子高生のルビー(エミリア・ジョーンズ)は、幼少期からさまざまな場面で家族のコミュニケーションを手助けし、家業の漁業も毎日手伝っていた。
彼女はひそかに憧れる同級生のマイルズと同じ合唱クラブに入り、顧問の教師から歌の才能を見いだされる。名門音楽大学の受験を勧められるルビーだったが、彼女の歌声が聞こえない両親から反対されてしまう。ルビーは夢を追うよりも家族を支えることを決めるが、あるとき父が娘の才能に気付く。

耳が不自由だが底抜けに明るくて思いやりにあふれた家族の日常が描かれる、家族を思うルビーとルビーの才能と自立を認める家族、笑って泣いてアカデミー作品賞に相応しい良い映画だ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お花見

2022-03-30 09:05:58 | Weblog
舞鶴公園






西公園







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「ベルファースト」

2022-03-25 21:17:37 | 映画

映画「ベルファースト」
俳優・監督・舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。

アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされた。

ブラナーの出身地である北アイルランドのベルファストを舞台に、激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像でつづった。
映画.Com
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ」

2022-03-09 21:55:21 | 映画

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』公式サイト

FBIのターゲットは「奇妙な果実」を歌うジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイ。監視と罠をはねのけてステージに立つ彼女とアメリカ合衆国の対決の行...

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』公式サイト

 

リー・ダニエルズ監督が、1959年に44歳の若さで死去したアメリカジャズ界の伝説的歌手
ビリー・ホリデイを描いた伝記ドラマ。
1940年代、人種差別の撤廃を求める人々が国に立ち向かった公民権運動の黎明期。
合衆国政府から反乱の芽を潰すよう命じられていたFBIは、絶大な人気を誇る黒人ジャズシンガー、
ビリー・ホリデイの大ヒット曲「奇妙な果実」が人々を扇動すると危険視し、彼女にターゲットを絞る。
グラミー賞ノミネート歴もあるR&Bシンガーのアンドラ・デイがホリデイ役を演じ、劇中のパフォーマンスも担当。
第78回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ部門)を受賞し、第93回アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「アンチャーテッド」

2022-03-02 17:13:08 | 映画

映画「アンチャーテッド」
ゲームシリーズ「アンチャーテッド」を原作にしたアクションアドベンチャー。
トレジャーハンターからスカウトされた青年が、50億ドル相当の財宝を探し求める。
メガホンを取るのは『ゾンビランド』シリーズなどのルーベン・フライシャー。
トム・ホランド、マーク・ウォールバーグ、アントニオ・バンデラスのほか、ソフィア・アリ、タティ・ガブリエルらが出演する。

バーテンダーとして働く、ネイサン・ドレイク(トム・ホランド)はトレジャーハンターのビクター・サリバン(マーク・ウォールバーグ)に、一緒に50億ドル相当の財宝を探さないかと持ち掛けられる。サリバンが消息を断った兄について知っていることもあり、行動を共にするネイサン。
財宝を狙うサンティアゴ(アントニオ・バンデラス)率いる組織との争奪戦の末、二人は手掛かりとなる十字架を手にする。やがて彼らは、500年前に消えた海賊船を発見する。

トレジャーハンティングと言えば「インディジョーンズ」を思い出すが、正にその通りの物語だ、現代版なので
CGを駆使したアクション場面は見ごたえが有る。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「ドリームプラン」

2022-02-24 18:52:28 | 映画


映画「ドリームプラン」
監督・レイナルド・マーカス・グリーン
ウィル・スミスが主演・製作
2022年・第94回アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(ウィル・スミス)、助演女優賞(アーンジャニュー・エリス)ほか計6部門にノミネートされた。

世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を世界チャンピオンに育てあげたテニス未経験の父親の実話を基に描いたドラマ。
テニスの経験がない彼は独学でテニスの教育法を研究して78ページにも及ぶ計画書を作成し、常識破りの計画を実行に移す。周囲からの批判や数々の問題に立ち向かいながら奮闘する父のもと、姉妹はその才能を開花させていく。

テニスの場面も本当に上手い役者が演じているので良かった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「355」

2022-02-04 20:20:27 | 映画

映画「355」
監督・サイモン・キンバーグ
格闘術を得意とするCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、トラウマを抱えるドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、コンピューターのスペシャリストであるMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、優秀な心理学者であるコロンビア諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。ら豪華キャストが集結し、世界各国の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション。

秘密兵器を求めて各国から集まった彼女たちは、ライバル同士だったが互いの手を取りチームを結成。世界を混乱に陥れるテクノロジーデバイスの利用を画策する国際テロ組織を阻止するべく立ち上がる。
(映画.Com )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする