診察室でのひとり言

日常の診察室で遭遇する疑問、難問、奇問を思いつくままに書き記したひとり言

『 83 』

2019年10月19日 | 医療、健康

誰にでも思い入れのある数字があると思う。83・・・ この数字は何を意味するか? この数字に思い入れのある人はいるか? 中学生の頃、素数というものを数学で学んだ。1より大きく、約数が1とその数字そのものしかなく、他の数字で割り切れない数字のことである。83 はその素数である。今晩からプロ野球は日本一を決める日本シリーズが始まる。ジャイアンツの原監督の背番号は 83 である。自身の現役時代の背番号 8と尊敬する長嶋茂雄名誉監督の現役時代の背番号 3を合わせた番号らしい。野球少年であった私は、小学生時代(3年間仙台市) 長嶋茂雄に憧れて背番号 3のユニフォームを着て野球にいそしんでいた。しかしながら、試合になるとピッチャーかショートを守ることが殆どで、試合用のユニフォームでは好きな背番号 3を付けることは一度もなく、ピッチャーの 1かショートの 6を付けて試合に出ていた。当時、ジャイアンツが年1回、仙台に試合に来ることがあった。友人と二人で当時の宮城県営球場にジャイアンツ戦を観戦に行き、試合終了とともに、塀を乗り越えて、守備(サード)から駆け足でベンチに引き返そうとする長嶋選手を目掛けて猛ダッシュで駆け寄った。ほんの一瞬のことではあったが、長嶋選手の左肩をタッチすることができ、その日は手を洗うこともできず凄い興奮の中、床に就いたことを覚えている。 18年?ほど前、幼い二人の娘と家内とで軽井沢にスキーに出かけた。ホテルのエレベーターに乗ってゲレンデに向かおうとしていた時、『 すいません 』 と男性の声。閉まりかけたドアを開け、『 どうぞ 』とその男性に向かって返答すると、なんと 原監督親子が乗り込んできた。唯々 『 は・ら・さんですか?!』 としか発することができず、原監督も 『 え~ 』 というだけの一瞬の空間を味わったことがある。8 と 3 との直接的な接触の二幕だった。 前置きはこれくらいにして、毎日診察していると すごく 83 が気になる。83 歳のことである。女性が 83歳になると、かなり多数の人は急に体力がなくなり、『 しんどい、しんどい病 』 が始まる。多数の検査をしても特に異常もないが、兎に角 『 しんどい、しんどい、なんでですか?』 を毎回連発される。クリニックも18年目になると、初年度 65歳であった患者さんも、今では 83歳になっておられる。『 あんなに元気だったのに、歳を取られましたね! お尻や太ももの筋肉がやせ細ってしまって、立ち上がるのも、歩くのも大変になってきてますね。下半身の筋肉がげっそりして来ているので上半身を支えられなくなってきています。自分の体を思うように動かしたり支えたりすることができなくなってきているのでしんどく感じているのだと思います。』 70歳台にジムにでも通って筋肉を鍛えておかないと 80歳台になったら、このようにしんどくなってしまう。それも 83 歳を超えてくると必発?のように感じる。比較的男性は筋肉が女性より多いので、『 しんどい、しんどい 病 』 は少ない。世界平均寿命 71歳であることを考えると厳しいようではあるが、仕方のないことのように思えるのだが。

コメント

五十歩百歩

2019年10月11日 | 医療、健康

神戸市須磨区の小学校で先輩教師が若い後輩教師をいじめている事案が連日テレビで放映され、相変わらずテレビの司会者や何の資格もないコメンテーターがこの不謹慎な大バカ教師どもを罵っている。挙句の果てに、教師を辞めさせるべきであるなどと公共電波を使って自説を繰り広げている。以前、このブログで記した正に『 不謹慎狩り 』 を行っているのである。個人的には彼らと大きな意見の相違はないが、公共の電波を使って多くのお茶の間の人たちに発信することではなく、彼らにその権利はないはずである。大バカ教師の行った不謹慎な行動(事実)そのものを伝えることがテレビの役目であって、その人間の処罰まで発信できるものではない。精々、その小学校のPTAを含む関係者と学校に税金を払っている神戸市民、神戸市がこの事案に口出しすることは可能かと思うが、それ以外の人間が深入りするのは正に 『 不謹慎狩り 』 である。本当に、不快である。また、面白いことに、『 子供を教える立場の人間(教師)が、これでは子供を教えれない 』 なんて偉そうに このテレビのコメンテーターは言っているが、あなたたちもそんなに立派な人間なのと問いたい。 連日の診察で、アルコール性肝障害の患者さんには毎回減酒するように指導しているが、ついつい吞んでしまうと言い訳をし、糖尿病のコントロールの悪い患者さんには、間食を減らし、食事量を減量するように指導しても、つい美味しいお菓子を食べてしまうとか、外食が多かったとか毎回言い訳ばかりしている。いい加減にしろよ! と言いたくなるが、『 頑張って努力してくださいね!』 なんて言う自分が情けなく、時に皮肉っぽく 『 子供には、おやつを制限したり、門限を決めたり、ゲームをする時間を制限したりするのに、貴方は大人であるにもかかわらず自分で守れていない。子供に対して、ずるくありませんか! 』 と言ってやることがある。こんな患者さんもこのテレビを観て、コメンテーターと同じことを言ってるんでしょうね。正に、五十歩百歩ですよ。

コメント

あなたの愛犬のイラストを作成します。

2019年09月03日 | 医療、健康

長女はデザイン事務所やアパレル関係の仕事を経て、イラストレーターをはじめ、企画のポスターデザイン、ロゴマーク、名刺、レストランのお洒落なメニュー作りなどのデザインをしています。今は各地の愛犬家のお誘いを受けてコラボ形式で個展を開いたりしています。

あなたの愛犬のイラストを作成します。

お気に入りの愛犬の写真1枚でPCにて手製のイラストを作成します。下記のインスタグラムを見てやって下さい。

https://www.instagram.com/katomayu_/

https://newone.theshop.jp

 

ブログ; 2015/12/01 『 ふたりの子供 』

 

コメント

ポケットベル

2019年07月16日 | 医療、健康

かつて一世風靡したポケットベル(ポケベル)が、今年9月に完全にその通信サービスが終了となるとのニュースを聞いて驚いた。携帯、メールといった当り前のこの時代にまだ、ポケベルが生き残っていたことと、それを利用している人が1500名ほどいるといった事実に驚きである。救急疾患を扱う循環器医としてはかつて必需品であった懐かしい思い出がある。24時間、365,、風呂に入るときはドアの横に、眠るときは枕元に、それ以外は常に携行するといった習慣をつけ、外出する時や夜中にはいつポケベルが鳴るのかと不快な緊張感を持った生活が続いていた。今の携帯と違って直ぐに会話ができるわけでなく、相手(病院)から突然呼び出され、昼ならまだしも真夜中ともなるとその『 ピー、ピー 』といった音が家中に響き渡り、目覚まし時計以上に敏感に起こされ、すぐさま病院へ確認の電話を入れて要件を確認するといった日々である。心筋梗塞の患者(急患)が運ばれてきた場合が圧倒的に多く、当直医からの要請であり、真夜中に車を走らせてカテーテル治療(インターベンション)目的に駆けつけることが殆どであった。自分のみならず、大きなポケベルの音で家族も一緒に目覚めてしまう日々であった。携帯電話の無い時代であるため、高速道路を運転している時なら、一番近い出口を降りて、公衆電話を探し、病院へ確認の電話を入れることになる。また、外食中などは、店の外の公衆電話を探したりと、容赦なく鳴り響くポケベルの音に、文句も言えずこれが当たり前であると納得していた当時の医師の一人であった。今や、どこに居ても双方向通話ができる携帯の時代が羨ましくも思える。医師のプライべートだの、働き過ぎだのと言っておれる時代ではなく、倒れるものは敗北者の時代であった。先の『 嶋の大ばあちゃん 』でも出てきたが、私が関西労災病院で勤務していた時は、大阪労災病院で勤務していた時代以上に急患が多く、少人数の医師で治療を担当していたものだから、毎回全員集合といったルールになっていた。季節によってはほぼ毎日夜中にポケベルで起こされ、暗い夜道を宿舎(官舎)から自転車で駆け付けた思い出がある。週1日の休みに結婚したばかりの私どもは、いつポケベルがなって病院に駆けつけないといけないかもしれないとの思いで、二人で買い物に行くのも車で30分以内のところが精々で、地階での買い物(大抵は食料品)はポケベルの電波が届かないので、家内一人で買い物をし、私は駐車場で待つといった生活であった。このようなタイミングにポケベルが鳴るのもしばしばで、公衆電話を探して要件を確認後、地階で買い物をしている家内を走って呼びに行き、買い物も途中で精算させ、急いで病院に駆けつけるといった日々であった。外食中も容赦はない。注文してから食べるまでの間にポケベルがなることも何度もあった。こんな時は、お金だけ払って店を出たこともあった。希望して循環器医になったからには宿命と感じ、後に大阪労災病院のカテーテル室長になった時には、後輩たちに 『 これが循環器医の宿命、嫌ならやめろ!』 などと言ったものだった。今となれば懐かしい必需品であったポケベルではあるが、当時は憎きポケベルであった。

コメント

嶋の大ばあちゃん(3)

2019年05月19日 | 医療、健康

『 先生、嶋です~』 。『 あ~、御無事でしたか 』。 平成71月の阪神大震災が起こった数日後のこと、嶋さんから自宅に電話があった。『 先生、頼みがあるんやけど 。地震でマンションも半壊して、住める状況でなく、娘の車でどうにか芦屋を脱出して堺に避難してきました。突然、永らく娘夫婦の家(偶然にも堺市内)で世話になるのも申し訳なくて、少し病院に入院させてもらえないですか 』 。当時、大阪労災病院では心臓リフレッシュ入院というシステムがあり、心筋梗塞の既往患者さんの外来のみでできない検査を12週間ほど入院してまとめて検査するシステムがあった。『 わかりました。明日、病院で婦長に相談してベッドの空きを確認して連絡します。』 翌日、事情を説明し、個室の空きに余裕があるとのことで部長、婦長の了解を得て心筋梗塞後のリフレッシュ入院目的で入院して頂くよう連絡をとった。『 悪いな、迷惑をかけます。今月いっぱいを目途に退院します 』。リフレッシュ入院目的で心臓の再チェック(種々検査)を行い問題ないことを確認できた。今でも印象深い思い出がある。着替えもさほど持って避難することもできず衣服の買い物に行きたいので外出して連れて行って欲しいと言われた。日曜日に家内と3人で病院近くの堺東の高島屋を案内した。衣服のフロアーでいくつかの品を選ばれ、対応した店員がそれらを預かってフロアーを回っていた。我々夫婦はこの二人から少し距離をおいて付き添った形になった。このフロアーだけでは目的が達せられなかったようで、店員に別のフロアーへの案内を打診し、結局は4人が揃って別階に行って買い物を継続することになった。私は心の中で 『 嶋さん、服は服でこのフロアーで精算するんですよ 』 と囁きながらお供していたが、店員も一言も発せず追従する様子が言葉では言えない杖をつきながら歩く嶋さんの迫力と凄味を感じ、そのオーラーを初めて味わった。最終的には、この店員が全てをまとめてくれた。今では外商のお得意さんが担当者に事前に連絡して購入するスタイルはあるが、一切、自分が何者であるか、地震で被災してきた者であるなどは言わず、その凄さを見せつけられた。『 この人は、やっぱり本物の凄い人だ!』 と感じた。今月いっぱいで退院しますといわれた通り、入院中に銀行の担当者が幾度と面会に来られ、家探しを頼まれていたようで、自分で設定された月末までに新たな家を決められ退院されて行かれた。何と綺麗な入院だったことかと感心させられた。その後、落ち着かれた時期に新居に招待された。

コメント