東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯茎の位置が左右でちがう。そんな時歯茎の整形処置できれいに見えます。

2018年05月31日 | 審美歯科

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

なんで、そんなことをするのか?

歯茎の位置を変えることは、究極の審美歯科治療といえます。

通常、歯の色や形が良ければ満足していただけることが多いのですが、よりこだわりたい方は歯の大きさも気にされます。

歯茎の位置が左右対称になれば、歯の長さも同じに見えます。

そんなことができるとは知らなかったという方がほとんどではないでしょうか。

今回は、歯茎の整形・再生法についてのご説明をいたします。

 

歯茎の位置が左右で不揃い、短い長いといった長さを平均的な長さにする方法に歯茎の整形術があります。

 

歯の大きさのちがいに不満や、コンプレックスを感じている方は、歯の大きさや長さを変えることで満足いただけます。

 

 

非常に簡単な処置で、痛みもありません。

 

術後の結果に満足いただけるでしょう。

 さっそく症例の紹介です。

左右のオールセラミックの差し歯の長さがちがう場合の治療例

治療前

歯ぐきの再生治療後 仮歯の状態

セラミックも交換して治療が終了した状態

このケースのように、オールセラミックの差し歯の長さが左右でちがうのが気になって治したいと言う方が大勢いらっしゃいます.歯ぐきの再生治療を審美歯科治療と合わせて行う事で、歯の長さをそろえる事が可能になります.

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面前歯3本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック5本の再治療を行なっております。

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万円(税別)オールセラミック治療30万円(税別)かかりました。

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3F

0332513921

 歯の長さが左右で不揃いなケース

 

たとえば、下の写真のように前歯の大きさが違った場合、非常に目立ってしまします。

歯並びが良いだけに大きさの違いは違和感として残ります。

こういったケースでは、歯茎を整形して歯の長さを揃えます。

 

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。

 

次に歯茎の不揃いの程度が、多い場合少し大変になりますが、大丈夫です。

痛みの心配はありません。

 歯の長さが左右で不揃いなケース その2

整形量が多い場合は外科的な処置になります。

歯茎の整形 歯茎の整形前

左右の歯の大きさが違います。 特に右側の歯が短くなっています。

歯茎の整形 歯茎の整形後

30分ほどで終わり、痛みもないということでした。

歯茎を外科的に整形し、左右の歯の大きさを整えました。

 やってよかったとおっしゃっていました。
 
 
そのほかにもこんなケースがあります。

歯茎が足りないときは歯茎を再生させます。

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

 

歯茎の整形

 

審美歯科

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839

『美容』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯茎の問題は歯茎の厚みが原... | トップ | 歯ぐきの再生治療はもうご存... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って下さい。 (江藤樹里)
2017-04-19 00:45:10
頑張って下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

審美歯科」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事