ドクター吉田たかよしの医学・脳科学解説!

医学博士・心療内科医師
受験生専門の心療内科「本郷赤門前クリニック」院長
元NHKアナウンサー
【吉田たかよし】

10月30日(木)のつぶやき

2014年10月31日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『センター試験の点数が受験ストレスで低下する脳の落とし穴!【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…

1 件 リツイートされました

ブログを更新しました。 『合格を勝ち取るには、血糖値を安定化させる食生活が有効!【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月29日(水)のつぶやき

2014年10月30日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『センター試験の点数が受験ストレスで低下する脳の落とし穴!【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月28日(火)のつぶやき

2014年10月29日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『動画で学ぶ!「合格を勝ち取る脳機能講座!」』
ameblo.jp/yoshida-takayo…

1 件 リツイートされました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月27日(月)のつぶやき

2014年10月28日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『模擬テストに現れる受験ストレスの症状!【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月26日(日)のつぶやき

2014年10月27日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『イライラした受験生に親はどう答えるべきか?【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…

2 件 リツイートされました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月25日(土)のつぶやき

2014年10月26日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『受験のイライラはクッキングで解消!【受験ストレスセミナー12月7日(日)】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月23日(木)のつぶやき

2014年10月24日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『合格脳の食事の鉄則!野菜⇒肉・魚⇒ご飯の順に食べろ!【受験ストレスセミナー】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…

2 件 リツイートされました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月22日(水)のつぶやき

2014年10月23日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『受験ストレスは夕食での家族の会話でわかる!【受験ストレスセミナー12月7日(日)、無料ご招待!】』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月8日(水)のつぶやき

2014年10月09日 | 脳科学・受験勉強の医学

ブログを更新しました。 『受験に疲れた小学生が飛び降り自殺!「受験うつ」のSOSを見逃すな!』
ameblo.jp/yoshida-takayo…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊本のご紹介!「20代、リアル処世術」(PHP)

みじめな中年にならないために、いまやっておくこととは? 元NHKアナウンサー、医師免許取得、国会議員秘書を経て、現在は東京理科大学客員教授とクリニック院長とタレント…と活躍を続ける著者が、こっそりお教えします。    人間関係で心得ておくこと・・・  仕事でうまく認めてもらえる方法・・・  自分を磨くためには・・・  医学的にみた脳の正しい使い方・・・ こうした多岐にわたって解説。 悩みのなかには、30代、40代と経験を重ねれば解決できることも少なくありません。しかし、それにはあまりにも長い年月がかかり、手遅れになって人生を棒に振ることもあります。 そうならないよう、私が様々な職場での経験を通して見つけ出した処方箋を、多くの20代の方にお伝えしたいと思いました。 (「はじめに」より) 仕事がうまくいかない、自信がなくなった ――会社を辞める前の必読の書! 第1章 会社でうまく過ごす術 第2章 職場で認めてもらえる術 第3章 話し方による印象アップ術 第4章 自分を磨くための勉強術 第5章 医学的にみた脳の正しい使用術