祈りを、詩と川柳と俳句にこめて

祈りうた(コロナ  コロナ2020)

コロナ2020

    この川柳は、2020年に書いたものです。
 マスクのゆきわたりなど変化したところもありますが、変わっていないところもあります。お店の経営者への圧迫、沖縄などの苦渋は、いっそう増していると思います。
 もう一度気を引き締めようと、自分にいいきかせています。そして懸命に祈ろうと拳をにぎっています。

 

あのときはマスクしていた見合い席

微笑みの文化が消えるマスク顔

宰相(さいしょう)の嘘隠しきる布マスク

吸う空気吐きだす空気菌嗤(わら)

背後からランナーの菌ひたひたと

路地裏にあわてて入る咳(せき)のひと

ドア開いて菌入れ替わる通勤車

人来たらすぐに逃げよう新入児

人好きに声かけさせぬコロナ町

テレワーク画面向こうもマスクして

労働者コロナの鉤(かぎ)に胸裂かれ

パチンコの玉が錆(さ)びたと店たたみ

感染者裏の口から入院し

肺臓をしゃぶりつくしてコロナ死に

臨終に会えない子らが窓見上げ

今週も正念場(しょうねんば)だと専門家

そんなのは関係ねぇと花見妻

医療者を軽くねぎらい金ださず

菌のなか吸って吐いての君は医師

スーパーの店員方に礼をいい

あの男女自粛(じしゅく)期限は三ヶ月

感染は怖(こわ)いが酒もあおりたし

おはようの代わりにかける「熱はない?」

死ぬことは他人事(ひとごと)でなし ニュース見る

 

 

ご訪問
ありがとうございます。

 

希望をもちづけよう、そういいきかせています。
神がきっとなんとかしてくださる、と。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「コロナ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
人気記事