一本木公園 バラに恋して

信州中野の一本木公園は、私がバラに恋してからたくさんの喜びをくれます。

スカーレット・ヒノハラ と心の引き出しに入れておく文面

2018-12-06 21:00:52 | 胸に響く言葉
2月から鉢植えで育て始めたニゲルに
白い小さな蕾を見つけてから
頭に浮かぶ文面があります

日野原先生の著書『100歳の金言』から
紹介させていただきます
“老人が未来をつなぐ”のページ

🌿…私も老人のひとりとなって思うことは
歳をとったら気持ちのしなやかさが必要だということです
よくお弁当に小さな醤油の袋が入っていますが
切り口がどこにあるのか見えず
無理やり歯で噛み切って開ける人がいます
でも私はそういうとき
すぐに隣の若い人に「開けてください」とお願いします
…肉体的な老化は避けられないのですから
意地を張ってがんばらず
素直に助けを借りればよいのです
若い人に頼ることは恥ずかしいことではありません



胸に響く文面です

私の父は生前
周囲から何か声をかけてもらって時に
こんな言葉をかえす事もありました
「いい」「いいや」
これはNOの意味です
…頑固さからくる言葉だったのか
…遠慮からくる言葉だったのか
…男のプライドがじゃまをしたのか
…年老いた自分の体の現状を受け入れることが
すぐにはできなかったのか
…不器用さのあらわれだったのか

田舎で生まれ育って
この地域の言葉であらわすと“ せっこよく ”働いて
趣味のようなものもなく、夜の晩酌だけが楽しみの人でした

スカーレット・ヒノハラ をきっかけに読んだ日野原先生の本
上記の文面にも出会うことができたので
これも心の引き出しに入れておこうと思います






コメント

スカーレット・ヒノハラと手編みの手袋

2018-03-05 20:42:20 | 胸に響く言葉
スカーレット・ヒノハラの左側が東の空の方向になります。朝陽がさしはじめた頃


前回につづき日野原重明先生の著書『いのちの言葉』から紹介させていただきます。こんな私の心に素直にひびいた部分を。

🌿個性的な生き方

…老人になってから、まっさらの白いキャンバスを渡される日が来る。白いキャンバスの前に立たされた時、私たちがどのように手を、指を動かすのか、またこの眼が何を見、何をそこに描き出そうとするのか。それが問われる日が来るのである。


日野原先生の本を読んでいると、“ボランティア”という文字が所々に出てきて…それで、ふっと思い出したものがあります。
この手編みの手袋

母方の祖母が編んだものです
冬場の農閑期などに中細毛糸で手袋や靴下を編んでいた、ばあちゃん
その手編みの手袋や靴下を「施設に寄付していた」と母から聞いたことがありました。

この手袋の存在すら薄れていた私でしたが、どこにしまったのかと探してみたら…出てきました。

ばあちゃんはどんな想いでこの手袋を編んでいたのかな…?



🌿老人の孤立

老人が家族だけを頼りにし、そのなかで狭く住むことは、所詮自分を小さく孤立させる。そこには古き友が救いをもたらせる。




🌿真に生きた人と出会う

よき読書をすすめたい。人間に生きる方向づけを与える本や言葉は、孤独をも解決する力を持つ。
コメント

スカーレット・ヒノハラと『いのちの言葉』

2018-03-01 21:23:10 | 胸に響く言葉
日野原重明先生の本を読みたくなり、今回は『いのちの言葉』という本を手にとってみました。
文章の中には、こんな私には少し難しく感じる文面もありますが、そんな私の心に素直に響く部分を紹介させていただきます。

赤バラのスカーレット・ヒノハラと共に



🌿目の前の老人は将来の自分

老人のケアは苦労も多い。しかしいつの日にかあなたも、あなたが老人にしたようなやりかたでケアされる日が必ずくるのである




🌿第二の赤ちゃん時代

老人になるということは、赤ちゃんに戻っていくことである。…
…しわくちゃのおじいさんが失禁したり、お膳のものをひっくり返したりするのは、赤ん坊と違って確かにかわいさはない。しかし…誰もが通らねばならない「花道」なのだ。




🌿老人のいのちを豊かにする七箇条


七、清潔にしてあげること。失敗があっても知らないふりをして、プライドを傷つけないこと。




🌿最期のときには

最期のときには、誰かの手を握りながら死んでいきたい。…人は最期には独りぼっちの小さな舟で、死という大海に漕ぎ出さなければならない。そのときに、誰かから愛され、赦されていると思えなければ、どこかへ向かって漕ぐ手にも力がはいらないであろう。





コメント

小さなニゲルと胸の中にある言葉

2018-02-19 20:08:57 | 胸に響く言葉
小さなニゲルの苗を見かけて、我が家へお迎えしました

うまく育てていけるかな…

数日前に父とのお別れがありました

以前、母とのお別れがあった後に、こんな言葉をくれた人がいて
「思い出すことも供養」
あれから心の中にいつもある言葉になりました

ふと親のことを思い心さびしくなったときには、お花のチカラもかりて、そしてこの言葉のチカラもかりていこう…

来年の今頃、またこの小さなお花に会えるように大切に育てていこう…
この小さなニゲルは私にとって特別のお花。
コメント

スカーレット・ヒノハラ と胸に響く言葉

2017-12-22 19:56:07 | 胸に響く言葉
スカーレット・ヒノハラ


🌿涙くん さよなら

悲しみの涙、喜びの涙、 悔しさの涙…
涙には、いろんな種類があります
どの涙も心をきれいに洗ってくれます
ガマンしないで
思い切り 泣いちゃいましょう
涙が涸れ果てたとき
きれいな心が成長を始めます。




🌿夢に “消費期限”はありません
いつでも引っ張り出せるよう
心の引き出しのどこかにしまっておいてください



コメント