一本木公園 バラに恋して

信州中野の一本木公園は、私がバラに恋してからたくさんの喜びをくれます。

フラウ カール ドルシュキ と バルビエ兄弟

2017-08-30 21:08:01 | 一本木公園のバラ日記
フラウ カール ドルシュキ
Frau Karl Druschki

ハイブリッド パーペチュアル系の銘花と言われている純白のこのバラ

私が大切にしているオールドローズの本については、昨日もふれましたが
その本のバルビエ兄弟を紹介している文面に
…“フラウ カール ドルシュキ ”を交配親として育種していた…
と登場していて、あらためて凄いバラなんだなと感じました

そして、このバラ 黒岩 喜久雄さんの本にも登場していますよね
その部分を紹介させていただきます
…中学の頃の私の家にも母が植えた “不二” という純白のバラがあった。その純白の大輪は大好きであった。…

フラウ カール ドルシュキの和名が “不二” のようです
黒岩 喜久雄さんの本を読んでから、このバラも気にしていました。
この春に、開花を楽しみにしていた スパニッシュ ビューティもこの純白のバラの子どもなんです


フラウ カール ドルシュキの秋バラ 再注目で今から楽しみです
コメント

アルバータインとアルベリック バルビエ

2017-08-29 10:08:50 | 一本木公園のバラ日記

私、大切にしているオールドローズの本があるのですが
その本によるとアルバータインとアルベリック バルビエは作出者が同じでした!
“ バルビエ兄弟 ”とあります
この本、バラの系統説明が専門的で私には難しく頭に入らないのですが…(^^;;
なるほど〜!と感じる文面を見つけました。
それはバルビエ兄弟を紹介しているこの部分
…大輪花を咲かせる優れたランブラー を育種。…

以前、アルバータイン がランブラーに系統わけされているのを見て
ランブラーって小輪だけではないんだ〜と思っていました

こうしてまた、バラの世界に引き込まれる私。

アルバータインは公園南側入り口そばの大型ガゼボに

アルベリック バルビエは東側フェンスに枝を伸ばしています


コメント

アルバータイン

2017-08-28 20:47:04 | 一本木公園のバラ日記
アルバータイン
Albertine


2017年はキツネノテブクロ (ジギタリス) も咲く頃からアルバータインの開花が始まり





アルバータインとかアルベルティーヌと呼ばれるこのバラ

濃いピンクの蕾、淡いピンクの花びらにはアイボリーが少しのぞいて花色が素敵



サー ポール スミスのトンネルに続く大型ガゼボに枝を伸ばしているアルバータイン

この頃は、日陰に居ると肌寒さを感じるほどの天候でした

さらに季節が進んで

このアルバータインが咲いていた日は、もうタチアオイも咲く頃です

コメント

ラベンダー ラッシー 8月と6月の花姿

2017-08-27 18:02:56 | 一本木公園のバラ日記
ラベンダー ラッシー
Lavender Lassie

8月の花姿です

1960年 コルデス作出のこのラベンダー ラッシー




春バラはラベンダーピンクの花をたわわに付けてすごい風景

昨年、ラベンダー ラッシーの春バラにグットタイミングで会い
それから大好きなバラの1つ

花の大きさは中輪と表現すればいいのかな




数日後、青空とラベンダー ラッシー

豪華なピンクのドレスのようです〜

昨年も春バラ以降はポツリポツリと花をつけていたように思います


コメント

今日もまた … ジ オルブライトン ランブラー

2017-08-24 07:55:57 | 半日陰の庭
今朝のオルブライトンさんです
昨日浮かべていた2輪の蕾が開き
庭でも1輪咲いていたので切ってきました

「オルブライトンさんかわいい〜」と言ってあげていたら
夏場のこんな時期に蕾を次々つけて夏バテしないのかな…
いくらかは摘蕾してきましたが
せっかくの蕾なのでお顔を見たいですよね
〜かわいさがとまらない

オルブライトンさん 疲れた時はひと休みしていいからね
コメント