一本木公園 バラに恋して

信州中野の一本木公園は、私がバラに恋してからたくさんの喜びをくれます。

南長野運動公園の ブラック・ティー 2018 その3

2018-10-21 22:02:46 | お出かけ
赤バラさんのお名前は?
と名札を見たら

ブラック・ティー
Black Tea

このバラは河合伸志さんの本にその名前が紹介されていて
いつか見てみたいと思っていたバラ

この秋に出会えるなんて、またまたカンドー

おしりまで見せてもらいました



ローズマリーの花

コメント

南長野運動公園の トロピカル シャーベット 2018 その2

2018-10-21 20:54:29 | お出かけ
秋バラの名札を確認しながら見ていたら

K Osanai さんの名前を発見!♪

トロピカル シャーベット
Tropical Sherbet

この春、一本木公園での講演会を楽しんだ小山内さんのバラ

思いがけず小山内さんのバラを見ることができ
カンドーで何枚も撮っていた〜




トロピカル シャーベット はユリの木という木の前に咲いていました




コメント

ペンサロ ビエン の咲く公園 2018 その1

2018-10-21 19:07:33 | お出かけ
この公園のバラ
思い出して
見たくなり
寄ってみました

南長野運動公園
この前より、ゆっくりバラを見てまわり

青空が似合う花色のこのバラ

ペンサロ ビエン
オールドローズ風の花姿にひかれる



名札に作出は長野バラの会とあります

長野生まれのバラなんですね


このバラも

チケー
花色に少〜し藤紫色も感じるピンクのバラ




他にもこの日の秋バラを名札をたよりに

イヴ ピアジェ




白いドレスのような ユキサン




花色が素敵な大輪 シカゴ ピース




ブリリアント ピンク アイスバーグの花色と


ピンク アイスバーグの花色


アレゴリー シックな深い花色


ロサ エグランテリアのヒップ


ヘンリー フォンダ


パディ マグレディ


メサージ


トゲにも目が行きます♡

ベーシーズ パープル ローズ

どんなお顔のバラなのか…来年のお楽しみ

ブログの作成をしていて、ふっと思い出したエピソード
何年も前に聴いたお話です

この公園は長野オリンピックの閉会式として使用された会場ですよね
閉会式当日の朝はこの会場も雪が降り積もり、地域の方々も客席の雪かきをされたそうです
来てくれる皆さんのために。

あの時、信州人の底力!と感じた記憶があります

そして
オリンピック開催中には、テレビで流れた沿道での“豚汁サービス”を観て
私もそんな活動に参加したかったな〜とも思ったなぁ

2020年の東京オリンピックも楽しみですね







コメント

箱根 湿生花園へ

2018-10-04 20:46:30 | お出かけ
今年の我が家の温泉旅行は箱根でした

まずは大涌谷へ

硫黄で黄色い斜面から上がる白煙

いいお天気で、振り返ると富士山も見えるラッキーな旅

名物‘黒たまご’もいただき


次に箱根湿生花園へ

私のリクエストで寄ってもらいました

秋の園内を進んで、フジバカマのような花には‘サワヒヨドリ’の名札が




あとも、名札を頼りにご紹介

カシワバハグマ(柏葉白熊)

こんなお花は初めて見る〜!
…老眼の進んだ私ですが、山野草の小さな花をカメラのマクロモードで撮影して、それをタブレットに取り込んで見た時の感動は大きい。

さらに、園内を道順案内に従って進み

ヒメシャラ(姫沙羅)


ワレモコウ


オミナエシ(女郎花)

秋の七草のひとつですね

セキヤノアキチョウジ(関屋秋丁字)

秋丁字は一本木公園でもみたことがあるお花。

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)


アサマフウロ(浅間風露)


マツムシソウ(松虫草)

かわいいし♡きれいな色


サクラタデ(桜蓼)

この色合いと姿は…思わず口から「かわいい〜」の声が出る

サワギキョウ(沢桔梗)


タイアザミ(痛薊)


ミカエリソウ(見返草)

こんな花形も初めて見る!興味ひかれる花形

アザミの花後かな

自然のドライフラワー



目の高さに展示してあるコーナーもあり、そこで見つけたかわいい花

イズノシマ ウメバチソウ

大満足の秋の花園

この後、宿泊する湯元の温泉へ向かいました









コメント

丁字咲き テリハノイバラの咲くバラ園

2018-06-10 21:26:03 | お出かけ
かわいい小バラが咲いている事を教えていただきました


この日はずっと気になっていた佐倉草笛の丘バラ園へ行って来ました
もうバラはほぼ咲き終わっただろうな…とは思いましたが、東京行きの機会にこのバラ園行きをプラス♪

ロサ・パルストリス


ナロー・ウォーター


セリーヌ・フォレスティエ


メテオール


ワーテルロー


オノリーヌ・ドゥ・ブラバン の絞り模様


マダム・アントワーヌ・マリー


スレイターズ・クリムズン・チャイナ

歴史を感じるバラとヒップにも会えました


レディー・ヒリンドン


ラ・ボンヌ・メゾン


アンネリーヌ


イザヨイバラ


ウイリアム R スミス


帰りのバスの時間が気になり、もう1本見たいと思っていたバラの場所は、園内作業をされている方に聞くことにしました。案内していただいている途中で「このバラは今、咲いていますよ」と教えていただいたのが1枚目の画像のバラ

こんなにかわいい変わった花形のバラもあるんですね〜
名札に 丁字咲き テリハノイバラ とありました


このバラのあたりで、他のお客さんとの会話が始まっていたので、お礼も言わずに園内を先に進んでしまいました。(・・;)
すぐ先に立つ木の姿が見えたので!

モッコウバラの原種と考えられている木のようです…

いつか…この木が満開の頃にまた…

バラを前にすると時間の経つのが早い〜!
楽しいひと時でした。





コメント