らくがき・ユールベル

ユールベル。笑顔を描いてみようかと思ったけど、笑わない子を笑わせるのはなかなか難しかった…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ルナ

ルナ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PERSONA -trinity soul- 第21話「残刻」

洵は稀人に拉致されてしまったけど、それは真田の作戦、そして、洵の申し出でもあったらしい。先週、言ってたのってこれだったのね。なぜ洵なのかというと、洵だけが稀人が欲している力(複合ペルソナを安定させる??)を持っているらしい。複合ペルソナ…な、なんだっけ(爆)。うぬー、ごめんイマイチ理解できてないよ。

真田さん、ボクシングの学生チャンピオンだったんだ。言われてみればそんな感じがする。ということは、慎の拳は、よけられなかったのではなく、あえて受けたってことですよね。あのくらいじゃ、慎の気はすまないと思いますが。顔、固そうだったし(笑)。

まゆりも叶鳴も存在しない。まゆりは稀人が演じているのだろうとは思っていたけど、じゃあ叶鳴は何なんだろう。施設で何か実験が行われて、そのときに叶鳴も…? いや、施設の記憶自体が作られたもの?

語られた両親の話は、取り立てて驚くようなものでもなかったかな。柊社長に真っ向から正論を吐くなんて、慎は若いなぁと思ったよ。そんなことはきっと言われなくてもわかってるよね。だからといって…と思ったら、公表するの?! そんなあっさり! まあ、慎に言われたからというより、そうしなければとずっと悩んでいたんだろうなぁ。いや、本当に公表するかはまだわかりませんが(疑いすぎ?)。

アヤネがいた! と思ったら、アヤネに似せて作られた体だったらしい。精神をここに移すのが九條の目的のようです。稀人もこの目的のために利用されていたのかな。九條は娘を復活させたかったんでしょうかねぇ。それとも純粋に研究として? ありがち展開としては、自分の実験で失った娘を再び作り出そうと狂気に走る…ってパターンだけど。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ルルーシュ(コードギアス 反逆のルルーシュ)

ルルーシュ・ランペルージ(コードギアス 反逆のルルーシュ)。バナー絵として使うことを前提に描きました。前のバナー絵よりかは良くなったけど、やっぱりどこか微妙に似てない気がする。鼻とか口あたりかなぁ。目もちょっと失敗…って顔全部じゃん!(爆)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。描いているときなぜだかとても悪いことをしているような気持ちになってしまった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ルナ

ルナ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 08 『百万 の キセキ』

最初の C.C.のナレーションが何か好きです。「当時のルルーシュは」とか、微妙に気になることを言ってますよね。

行政特区日本のポスターが、いかにもそれっぽくて笑ってしまいました。しかし、イレブンの感情とのギャップがすごいですね。あまりにもノーテンキと言わざるをえません。

ナナリーは点字を読むんですね。あの教育係? お目付役? みたいな人はミス・ローマイヤという名前でした。名前までロッテンマイヤーと似てますな。厳しい感じですねー。

アッシュフォード学園生徒会のみんなはカレンのことを気に掛けてますね。黒の騎士団だったといえども、やっぱりまだ友達と思っているんだよなぁ。本当にいい奴らだよ…。リヴァルがナナリーのことを幼女皇女(?)とか言っていたような気がしたんですが、私の聞き違いでしょうか。いくらなんでも幼女じゃないですもんねぇ。聞き違いだったらめっちゃ恥ずかしい。どれだけ耳が腐ってるのかと…!

スザクにはルルーシュのギアスがまだ効いてるんだ。けっこう役に立ってるっぽいですね。ルルーシュのことはまだ理解出来ていないみたい。処刑のサインにためらっているあたりは、そんなに昔と変わっていないんだなと安心しました。アーニャがサインしなかったら、どういう結論を出したんだろうか。アーニャは可愛いんだけど、モロに狙った感があるのが引っかかるんですよね。ロリで無表情で冷たくて露出高くて…とか(笑)。

ロロはアッシュフォード学園での生活がよっぽど気に入っているんだなぁ。でも、同じ運命とか言ってますが、ルルーシュの本心かどうか。このままロロを許すんだろうか。ボロ雑巾のように使い捨てるんじゃなかったのか?

ニーナ! すごいところにいますね。シュナイゼルと普通に話してますよ。シュナイゼルに拾ってもらったみたいな感じですね。ブラック・リベリオンのとき、一体どうなったのかと思ったけど、失敗作だったというオチでした。肩透かしくらった感じです…。ところで、シュナイゼルは本当にいい人なんだろうか。登場当初は腹黒? とか思ってたんですが、どうにもいい人にしか見えないんですよね。

セシルさんの衣装すごい。何を思ってその衣装を選んだんだろう…と思ってたら、ミス・ローマイヤにたしなめられてた(笑)。まあ、確かにちょっとこの場にはふさわしくはない気がします。しかし、本当に何を思ってそれ…。私服はそんなのしか持ってないんだろうか。セシルさんって常識人なのか非常識な人なのか、よくわからなくなります。基本的には常識人なんだけど、ときどきおかしいんだよな。料理とか衣装とか(笑)。

ユーフェミアの死を悼むもうひとりってルルーシュですね。スザクは気づいていないんだな。個人的には、ルルーシュがユーフェミアにギアスをかけて撃ったいきさつを、スザクに教えたいなぁ。決して最初からそうするつもりじゃなかったんだよ…。それでも事実としては変わらないけれど、少しは何か違ってくるんじゃないかなと。

ゼロだらけ! こうくるとは思わなかった! いつかどこかで見たアレがコレだったのか。ラクシャータもゼロ姿! パイプは手放さないんですね(笑)。しかし、すごいこと考えるなぁ。あれだけの衣装と仮面を作るのもすごいです。こんな短期間(ですよね?)によく出来たもんだ。百万人に説明して参加してもらったんですかね。これだけ多いとどこかから作戦が漏れてもおかしくないような気がするんだけど。

扇の突き放した言葉とヴィレッタの切なげな表情が印象的でした。扇にとってはもう過去なんですかね…。ヴィレッタは扇に会いたくて来たのになぁ。

咲世子さんがいまいちよくわかりません。日本に来たのはいいけど、何をしたんだっけ?

ナナリーとスザクのことをよく知っているからこその作戦、というわけか。ミス・ローマイヤがちょっとヤバかったけど(ヒヤッとしましたよ~)、なんとか上手くいきましたね。スザクたちは利用されたといえば利用されたわけですが、いちおう平和的な方法だから、最悪ってわけではないですよね。この後ナナリーがどうなるのかちょっと心配ですが…。ナナリーの顔に泥を塗ったことにならないかな。

ていうか、この後どうなっちゃうの?? みんなで平和に国外追放でめでたしめでたし、ってわけじゃないですよね。ゼロ側が動くのか、ブリタニア側が動くのか、中華連邦が動くのか…気になるところ。普通だったらゼロが何かすごいことを企んでいるんじゃないかと疑うところですが、ナナリー相手にあんまり酷いことはやらないでしょうし…。

次回特別番組ってなんだよ! 芸能人が出てくるバラエティなんて見たくないよ! この後の展開がすごく気になっているっていうのに! ていうか、これは予定どおり? 前のときみたいに、収まらなくなっちゃって半年後くらいに最終回とか、そんなのは嫌なんですが。

▼コードギアス 反逆のルルーシュ アニメ感想等
コードギアス 反逆のルルーシュ@SKY BLUE

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「遠くの光に踵を上げて」番外編 ガーベラ

「いらっしゃいませ!」
「いつも明るくて気持ちいいね、セリカちゃんは」
「ありがとうございます」
 セリカは両手いっぱいに色とりどりの花束を抱えながら、笑顔で明るく答えた。

 アカデミーを退学してから数ヶ月が過ぎていた。
 最初の一ヶ月ほどは、何もかもが嫌になって自宅に引きこもっていた。必要最低限のこと以外では、部屋からも出ようとしなかった。母親も心配はしていたようだが、仕方ないと思ったのか、ほとんど何も言わなかった。
 だが、一ヶ月が過ぎたある日、いい加減このままではいけないと思い立った。将来のことを考えるまでには至らないが、最初の一歩として、とりあえず何かアルバイトでもしてみようと考えた。
 それを母親に相談したところ、近所の花屋が人手を増やしたがっていることを教えてくれた。セリカもその店の存在だけは知っていた。これまで何度となくその前を通ってきたのだ。ただ、花を買うことなどなかったため、一度も利用したことはなかった。
 セリカは、そこで形ばかりの面接を受け、週5日で働くことになった。
 店舗は小さいが活気のある店だ、というのが、働き始めて最初の印象だった。客はそこそこ入り、配達の注文もけっこう多い。人手が必要なのは嘘ではなかったのだとセリカは安堵した。実は、母親が雇ってくれるようにこっそり頼んだのではないかと、少し疑っていたのだ。
 慣れない仕事ということもあり、最初は硬い表情を見せていたセリカだが、仕事を覚えるにつれ、次第に自然な笑顔にを見せるようになった。最近では、常連客と軽く世間話をするまでになっていた。一時期に比べれば大変な進歩である。しかし、これが彼女の本来の姿なのだ。進歩というより、元に戻りつつあると云った方がいいのかもしれない。

「セリカ、配達をお願いできるかしら」
「はい!」
 オーナーに声を掛けられたセリカは、快活に返事をして、彼女のいるレジの奥へ向かった。そこには小部屋があり、配達の準備や伝票の整理をするための作業場所になっている。
「これが注文の品で、これが配達先よ」
 オーナーは大きな花束と注文書を手渡した。セリカはすでに配達にも慣れている。これ以上の説明は不要だった。
 いつものように、セリカは二つ折りになっていた注文書を開き、配達先を確認した。だが、それを目にした途端、彼女はハッと息を飲み、いつもと違う反応を示した。あからさまにうろたえながら、呟くように言う。
「ここって……」
「そう、王立アカデミーよ」
 オーナーは事も無げに答えた。
 セリカは眉根を寄せてうつむき、苦しげに顔を歪める。
「あの、すみません、ここは……」
「事情は聞いているわ」
 オーナーは真面目な顔で言った。
 セリカは驚いて顔を上げた。事情というのは、アカデミーを退学したという事実だろうか。それとも、それに至る詳しいいきさつまでも知っているのだろうか。どちらにしろ自分は話していない。おそらく母親だろう。それ以外にはいない。
「でも、これは仕事なんだから、単に行きづらい、行きたくないって理由は通らないわよ。何か正当な理由があれば聞くけれど」
 オーナーは少しの厳しさを含んだ声で、キビキビと言う。それは、まったくの正論だった。セリカは何も反論できなかった。
「……いえ、行きます」
 力のない声でそう答えると、帽子をかぶり、花束を抱えて店を出た。足が鉛のように重かった。


…続きは「遠くの光に踵を上げて」でご覧ください。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ルナ

ルナ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CG「微熱」(オリジナル)

レイチェル&アルティナ。デッサン狂ってます。色塗り途中とか色塗り後に気がついて修正したんですが、修正した部分はよくなるけど、他とのバランスが悪くなるっていう…。色塗ったあとだと直すのも大変で、思ったように修正できないんですよね…。

「微熱」閲覧はこちらから


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ユールベル

ユールベル。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PERSONA -trinity soul- 第20話「おもいで」

一連の不可解な事件は、ペルソナに関係しているかもしれないと。人がペルソナをもてあそんだ結果みたいな? そして、アヤネは九條の娘で、実験に使われたらしい。先週のアヤネのセリフはこのあたりのことを指していたみたいです。だいたい予想してたことだけど、九條の娘だったとは思わなかった。どんな実験で、何がどうなったんだろう。もう実体ではなさそうなんですけども。

そういえば諒ももう死んじゃってるみたいな話でしたね。あのとき差し違えたのではないかと。残っているのは精神のみ? くじらの近くにいるとか何とか。くじらってなんなんですかね…。ごめん、私、全然わかってないんだ…。洵と会ってたのはくじらの近くじゃないよな?

真田さんは慎たちに隠して(騙して?)、何かを企んでいるかのようです。慎たちが危険な目に遭っちゃうんでしょうか。それとも真田さんの方??

慎と洵のデート(って、公式メルマガに書いてあったんだもん!)。洵がやけに女の子っぽいなぁ…声も…と思ったら、双子の片割れの方だったらしい。洵はいなくなってしまったって。戻ってくる、のかな…?

慎たちの両親は研究者だったらしい。慎は知らなかったようです。言いたくない話だったのだろうか。「くじらのはね」の物語はそのときの経験から生み出されたのかなぁ。

まゆりは叶鳴に何をしたんだろう? 何かを解除する呪文みたいなもの? それとも逆に操るための呪文?? どちらにしろここから大きく話が動きそうですね。ついていけるのか、私…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ