Cava!(サヴァ)~さいたまBEC~

乳がん体験者さんが地元で気軽に笑顔で集まれる場を企画中!さいたま市内でおしゃべり会など色々なイベントを行っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「がん」の優先順位を下げる

2014-07-06 | オススメ本

◇おススメ本◇

末期がん、その不安と怖れがなくなる日―がん哲学外来から見えてきたもの (主婦の友新書)
 
主婦の友社

『末期がん、その不安と怖れがなくなる日―がん哲学外来から見えてきたもの』

樋野 興夫 著  (主婦の友新書)

著者は順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授。
順天堂大学医学部付属順天堂医院で「がん哲学外来」を開き、そこで経験したこと、著者が実際に患者に語りかけたこと、患者から教わったことを土台として書かれた本。

第1章「がんとの賢い暮らし方」
第2章「がんになって見えてくるもの」
第3章「がん細胞が教えてくれるもの」
第4章「だいじな人との貴重な時間」
第5章「友人としてできること」

 


末期がんでなくても不安はいっぱい。第1章から、特に心に残った部分を転載します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


不安解消の最良の方法が「がんを忘れる」こと

「がんを忘れる」こと-それは、「がん」が優先順位の下位にある状態です。
そうした状態をつくりだすためには、「がん」以外のことを優先順位の上位に持ってきてはいかがでしょう。
本が好きな人なら、本を読む。
仕事をしているなら、仕事のことを考える。
家族と何を食べようかと、食事を楽しみにする。
人と会う約束を入れる。
ペットがいたら、なるべくたくさんの時間をペットと過ごす。
なんでも好きなことでいいのです。
そして、こうした「がん」以外のことがたくさんあればあるほど、「がん」の優先順位が下がります。
もちろん、それでも「がん」のことが頭に浮かばなくなるということはありません。
きれいさっぱり忘れ去ることなど不可能です。
けれども頭のなかから「がん」のことをいっさい消し去ろうなんて、そんな無理をすることはありません。
優先順位をすこしでも下げることができれば、忘れている時間が増えるのではないでしょうか。
優先順位さえ下がれば、目がさめてから眠るまで頭のなかが「がん」のことで占められていた頃よりも不安が少なくなると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ≪がんナビ≫ 米国臨床腫瘍学... | トップ | 七夕に思うこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オススメ本」カテゴリの最新記事