Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

ヴァータ(風のエネルギー)

2021-09-06 19:51:55 | アーユルヴェーダ


いつだったか 一瞬 畏怖の念のような 少しひるんだ朝焼け。

何かが起こりそうで すごく。

こんな時 体の中で何が起こっているかというと。


例えば 

目の前にチリチリと静かな音を立てる焚火のような火。

穏やかな火には心が癒されるけど

火が急に大きくなると

怖れや不安 怒りというイメージもある。


火に「風」が入り込むと火は揺れる。

風と火の関係。


アーユルヴェーダでは体質などバランスを3つに分類する。

全てのタイプの陰には「風」が影響しています。


わたしのサロンでは

どんなタイプの人にも先ず「風」の調整することから始めます。


風が強いと火は燃え上がる→灼熱感、強すぎる消化力。

風が足りないと燃焼が弱く火が消えかかる→むくみ、倦怠感、緩慢性。


いろんなバランスが見えてくる。




ごめんなさいよ。

自宅のテラスで。。。

1日の終わりに最高のバランス、穏やかな火であります。

ぷは。


 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PMSとアーユルヴェーダ

2021-04-02 00:01:11 | アーユルヴェーダ
当サロンにはPMSの症状を抱えるお客様が多いです。

PMS=premenstrual syndrome 月経前症候群のことで

人に寄って違いますが

月経前1週間前後に精神的、身体的不調が出ることを言います。 

環境の変化とともに女性の体がどんどん変化しているように感じています。

周りで理解してくれる人が増えると嬉しいですね。


体の中心、骨盤内で起こっていることのようであるのですが、

実はPMSの問題を司っているひとつに自律神経。

脳の中ほどにある視床下部というところで起こっています。


視床下部は、小さじ1杯のお砂糖にも満たない重さの小さい器官。

例えば、アロマの香りを嗅ぎ、リラックスできるのは、

鼻から入った香りが脳の視床下部へ伝達され、

自律神経の働きにより副交感神経が優位になるというしくみです。

そんな小さな器官が、心地よい生活をするためにとても大事な器官なのですから、

人間の身体って繊細で在り、逞しくもあり、

相反するものが混在する完全というか。。。

人って不思議な生き物だと子供の頃からずっと思っているわけです。


当サロンは治療院ではない為

アーユルヴェーダを通して

自律神経を整えていくためのリラクゼーションを提供することになります。


その人の「今」のコンディションによって視床下部へのアクセス方法が違ってきます。

カウンセリングを重ねていくうちに、

月経期、卵黄期、排卵期、黄体期で、

ヴァータ、ピッタ、カファというエネルギーバランスが変わることを感じています。

月経の時はヴァータ(風エネルギー)とピッタ(火のエネルギー)の乱れが起こります。

また人によってその症状は様々

気分が安定しないとか、頭痛、下腹部の痛みなどはヴァータの乱れが強くなっています。

灼熱感やイライラなどはピッタ。

胸が張ったり、むくみが出るような症状はカファの乱れによるものなど。


カティバスティという施術があるのですが、

仙骨のあたりに小麦粉で土手を作り温かいオイルを溜め、徐々に温度を心地よく上げていきます。

この施術は骨盤内環境を中心に脳の視床下部へ作用します。


卵胞期にはシロダーラという

額に絶え間なくオイルを流し続ける施術など。

当サロンでは症状に合わせて施術を変える提案をさせて戴いています。


理由がわからないと人は不安になります。

何故そうなるのか? 今の私の知り得る情報で可能な限り説明させて頂いています。




サロンの庭に桜が咲きました。

なんていう桜の種類かわからないのですが、

塩漬けにできる種類の桜らしいです。

桜の花を摘もうかと思いましたが、

木に登る筋力がないため、鍛えて来年、登ってみようと思う! 



 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

授乳中のママの為のアビヤンガ

2021-02-22 22:42:33 | アーユルヴェーダ
授乳中の方のアビヤンガもお受けしています。

当サロンでは授乳中の方への施術に薬草オイルは使用致しません。

白いごま油を100℃まで温めるキュアリングという高温処理をしたものを使わせていただいています。

ごま油はとても滋養の高いオイルで

高温処理をすることで胡麻油本来の成分のなかのひとつがセサモールという成分に変化します。

抗酸化作用がいっそう高くなり数々の効能が期待できるオイルです。

・母乳の出が良くなる。
・免疫力を高め、体力をつける。
・肌コンディションを整えてくれる。
・記憶力を良くする。

アーユルヴェーダでは時間の経過したものを口にしない方がいいとしているのですが、

もし不安要素があるようであればアビヤンガ前に母乳を冷凍保存することをお薦めします。

「不安」を抱えてのアビヤンガは逆効果です。




授乳中のママと赤ちゃんの為のオーガニックのハーブティをご用意しています。


LEBENSBAUM【レーベンスバウム】/ドイツ

取得認証  EUビオ認証、有機JAS

成分・原材料 有機アニス、有機フェンネル、有機レモンバーム、有機キャラウェイ、有機カモミール、有機タイム

やわらかくカモミールが香る感じがすごく美味しいです。

赤ちゃんも安心して飲めるブレンドになっています。


産後のアビヤンガはすごいです。

体の中に残った老廃物を綺麗にすっきりです。

授乳中のママ、スウェダナ(ハーブスティームサウナ)でものすごい発汗。

その後、体がかるかるだったとのことです。


保育園で4年間0~3才までの給食、保育補助に携わってきました。

特に0才のこれから始まる離乳食や成長過程での不安なことあると思います。

充分にアドバイスができますので不安なことを含めいろいろお話しください。


出産ではヴァータに偏りが起こります。

バランスを取り戻してみてください。


 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やる気と毒素

2021-02-17 10:10:33 | アーユルヴェーダ
やる気が出ない、何もしたくない、何となく胃が重い。。。

いよいよそんな症状に悩まされる方がちらほら。

サロンでは本格的にカパの乱れについてのお話をさせて戴くことが増えてきました。

カパについては「冷たい月とカパ」でもお伝えしました。

寒い季節はカパの乱れを作りやすく、

春に向けてのケアがとても大事な季節なのです。

運動不足で筋肉を使うことが少なく、

代謝が悪くなるとカパの乱れ、身体の中に怠惰感のエネルギーを溜めてしまうことになります。

体に毒素が溜まり、ガスの発生も。

毒素とガスの関係は様々あります。


先日のお客様は運動不足という方ではなく体も動かすお仕事をされている方でした。

便秘もないのに、「ガスが溜まるんです、どうしたらいい?」というご相談。

カウンセリングが続き、その症状の原因がわかりました。

ギーとはちみつ。

夜に温めたミルクにギーと蜂蜜を加えて飲んでいたそうです。

アーユルヴェーダでは蜂蜜と同量のギーの組み合わせはNGです。

そして蜂蜜に熱を加えるとアーマ(毒素)が溜まると云われており、蜂蜜は非加熱のものを推奨しています。

これは蜂蜜に熱を加えることでAGEs(老化を進める物質)が発生するということからきます。

体に毒素を溜め、この毒素はガスを発生させてしまいます。

そして溜まった毒素は「やる気」を失ってしまう原因のひとつにもなります。

ガス抜き!です。


★大さじ1のクミンシードを乾煎りしてお湯を500ccくらい加え煎じます。

飛び散るので気を付けてください。

必ずお湯です。(スパイスは熱したものと出合って効能を出してくれます)

香りの良い綺麗な琥珀色になるので、これをお茶として飲むと体に溜まったガスとさよならできます★


アーユルヴェーダではやってはいけない食べ合わせというのが数多くあります。

知っていればコントロールできるのですが、

知らないでいるとついついやってしまうことも。


この時期に特にやめた方がいいのは

乳製品と酸っぱいフルーツ。乳製品と塩味の組み合わせもNGです。

乳製品との悪い食べあわせをしてしまうと、

暖かくなるころ、鼻づまりに悩まされることも。

私の場合、この組み合わせに気を付けるようになって症状から脱出できました。


自分の体質を知って、自分の体、季節、土地に合ったもの、

子供の頃から食べ慣れたものにも焦点をあててカウンセリングをしています。

最近「やる気が出なくて」そんな人は

食べ合わせが体に毒素を溜め、ガスを作ってしまうということを意識することが大事です。


この春怠惰感に悩まされることなく「やる気」いっぱいで

新しいスタートをしたいですね。

それではやる気満々でサロンへ行って来ます



 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガンドゥーシャ

2021-02-03 00:44:50 | アーユルヴェーダ
新型コロナウイルス予防対策としてアーユルヴェーダの「ガンドゥーシャ」を取り入れています。

大さじ1ほどの白いごま油を口に含むオイルうがいのことです。


アーユルヴェーダはWHOに承認されている代替医療。

アーユルヴェーダ経典のディナチャリア(日々の習慣)には

5000年以上も前から今に伝えられる必然の方法が記載されています。


口の中にある菌を口腔内フローラが調整しています。

菌が増えてくると白い舌苔という症状で現れますが、

オイルを口に含むことで菌と結合し洗い流すための手助けをしてくれるのです。

粘膜からオイルが浸潤することにより、あらゆる機能に柔軟性がでてきます。

特に咀嚼筋に柔軟性が出てくることで脳への伝達が良くなり

嚥下機能が活性化することで誤嚥などの予防になるわけです。

最近は柔らかい食べ物が多いので、知らないうちに嚥下機能の低下が進んでおり、

この誤嚥は高齢になるほど深刻な問題です。

ぜひトライしてみてください。

*************************************

<私の実践しているガンドゥーシャ(オイルでうがい)の方法>

使用するオイル:冬はごま油(透明の太白ごま油です)
       :夏はココナッツオイルやオリーブオイルもいいです。
        特にオリーブオイルは免疫機能ではものすごく優秀なオイルです。

・大さじ1(15㏄)のオイルを口に含む。
・口の中全体にいきわたらせたらじっとそのまま静止。上を向いてガラガラはしません。
・だんだん唾液が出てきて乳化が始まる→含んだオイルにさらさら感が出てくる。
・口の中がいっぱいになったらビニール袋に吐き出す。
・ぬるま湯を口に含み洗い流したらすンごくさっぱりします。

 ※絶対に飲み込みません。落ち着きのない人はやめた方がいいと思います
 (飲みこんでしまった場合はどうにもこうにもならず、自動的に食道通過であります
  きっと気持ち悪くなると思いますが、自己責任でお願いいたします


<ガンドゥーシャの期待できる効果>

・お口の中の細菌を浄化するため口臭予防に加え味覚が良くなります。

・舌苔などに効果が期待できます。

・咀嚼筋に柔軟性がでて、小顔に、誤嚥予防に。

・唇が潤い、声もよくなります。


<禁忌>以下の症状の時にはしません。

ピッタ(火のエネルギー)の乱れによる症状悪化となるためです。

・結膜炎のある時。

・熱がある時。

・口内炎のある時。

※小さなお子さんやお酒を飲んでいる人は間違って

飲んでしまうので薦めません。


歯磨きをしてお口の中を清潔にした後にガンドゥーシャです。

**************************************

新型コロナウイルスのエンベロープ(表面構造)は脂溶性とのこと。

もしかしたら潜んでいるかもしれないと考えるなら、

同じ性質のものでうがいをすることで洗浄効果を期待したいところです。


コロナ禍で何かお役に立てないだろうかと。

サロンでは3月いっぱいまでご希望のお客様へ無料でレクチャーいたします。

セラピストとしてはガンドゥーシャを通して

アーユルヴェーダをもっと知って戴ければと思います。





 
古民家をフルリフォームした平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冷たい月とカパ

2021-01-31 19:33:11 | アーユルヴェーダ
今年の節分は、公転周期(地球が太陽の周りを一周する期間)で

この期間にズレがあって一日早い2月2日。

124年ぶりのことらしいです。

なので新しい年の始まりである立春が1日早い2月3日です。


今の時期、ステイホームも相まって起こりやすい症状に

やる気がしない怠惰感、だらだら食いで体重が増加、胃もたれしてます、みたいな。

この症状がある場合アーユルヴェーダで云うカパの症状が乱れている可能性があります。

カパというのは土と水で構成されています。

私達の誰のなかにもヴァータ、ピッタ、カパ、この3つのエネルギーで構成されていて

この3つのバランスが整っているのが健康なわけです。

ヴァータは風+空、ピッタは火+水のエネルギーです。


カパはこの3つのうちの一つで土と水の結合エネルギーです。

私達の体の中の約70%の水で臓器を安定させていたり

膜や骨膜液などで骨、関節などをつなぐ(結合)エネルギーでもあります。

水は冷たく重いという性質がある為、

バランスがくずれると足先の冷えや浮腫みの原因になるのです。

春になって鼻水が止まらない人多いです。

今の季節に体の中に滞ってしまったカパが

春になると雪解けのように流れ出す症状です。

このカパの悪化を防ぐためには一つ前の季節、

つまり今頃から予防をするといいですよ。

・甘いものを少し控えます。

・油で揚げた重いものはやめて、蒸しと茹での調理法をとり入れるのです。

・温かく、軽い食事に辛味・苦味・渋味を意識して摂り入れ、

・ヨーグルトなどの乳製品を控えます。水分のとりすぎもNGです。

・そして何よりもお昼寝禁止で、眠くなってきたら少し負荷をかけ軽いお散歩しましょ。

・毎日朝6時という時間に起きる習慣をお薦めします。

・赤、オレンジなどの暖色系を生活グッズに取り入れてみると結構いいのです。冷えたカパを温めてくれます。

カパの人はなかなかアーユルヴェーダサロンに行こうと思わないのですが、

当サロンのお客様カパの方、結構いらっしゃるのです。


昨夜の満月、真っ赤でした。

月というのは地球に湿気を与え冷んやりとしたイメージから

カパを月に例えたりもします。

闇夜を静かにテラス月は冷静で誰の心も落ち着かせてくれます。

もともとカパ体質を持っている方はそばにいるだけでほっとする癒し系です。

二人ともカパという恋人同士だととても静かかもしれませんね

穏やかな風景の幸せな夢を見る人はカパの人だったりします。

そしてカパの人は見た夢をよく覚えていたりするのです。

今夜も素敵な夢をみてください。


2月10日(水)より営業再開いたします。

セラピストは変わらず安全に暮らしており、とても元気であります。

グラウンディングの為にも土の上、お散歩しています。





 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心が揺れゆれ

2020-12-15 00:52:07 | アーユルヴェーダ


12月前半関東地方薄曇りのお天気が続きました。

心がゆれた人多かったようです。

下がりますよね、これ普通です。

以前から頻度高く語っている私たちの体が水でできているという話。

水は影響を受けやすい。

だから私たちが外的影響を受けるのはとても自然。

コロナ禍もあり、お天気薄曇りだと、心もうすぐもり。

自然なことですね。健康である証拠です。


不安なんだなあという今の自分のマインドに気づくことが大事です。

泣かない人、

感情を我慢してしまう人。

泣きたい気持ちの時、無理やり笑ってみてください。

涙が出てきます。

それが本当の気持ちです。


体を通しては私たちに今の心の状態を伝えてくれます。

セラピストになってそのことをすごく深く体験しています。


何かが大きく変わろうとしていますね。

揺れて、正解。

それ健康です。

ゆれて反応したボディサインを教えてください。

ダーディマはカウンセリングが充実しています。


August Healing ダーディマは年内満席となりました。

コロナ対策として一日おひとりの予約枠とさせて戴いております。

ご予約が入らなかった方には申し訳ありません。

1月のスケジュールは空きがございます。

ご予約お待ちしています。

今後もコロナ対策を続けて参ります。


 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夜眠れないあなたへ

2020-11-08 01:00:14 | アーユルヴェーダ
立冬ですね、すこし寒くなってきました。

サロンではお庭を眺めながら足湯の気持ち良い季節。

ここでほどよく足を温めておくことで

だんだんぽかぽか、体のなかに温かい体温を保持し始め、

手足からこの体温を放出する時に眠気が出てくるのです。


夜眠れないという人、そんなあなたへ。

寝る少し前にゆったりと足湯をして体の体温を保持しておくこと、お薦めです。





私の場合、寒い日の夜はシナモン、カルダモン。。。スパイスの香りで

温かくほんのり甘いお粥。

フランスのリオレ風に。

シナモンだけの甘さが体温を上げてくれます。

指先、足先の冷たい毛細血管まで効果が届くパワーありです。


これから免疫力をしっかりとつけておくことが大事になってきましたね。

低体温はNGです。

アーユルヴェーダサロンへ一歩踏み入れてみてください。

エステでもなく整骨院でもなく、マッサージでもない。

不思議な感覚で全身薬草オイルなわけですが、

後は極上の身体の軽さを体験することになります。

日々の疲れが取れなくて困っている方、

アーユルヴェーダのパワーをぜひ知ってほしいです。

すごく体が軽くなっていきます。


先ずは充実したカウンセリングでご自分の本質を知るところから。

ダーディマのカウンセリングは楽しいと言っていただけます、笑。


コロナ対策にしっかりと取り組ませて戴いています。


 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガルシャナ

2020-10-22 21:01:22 | アーユルヴェーダ



先日お越しいただいたKさん。

以前スリランカでアビヤンガを受けた時と

同じ薬草の香りがして懐かしいと。

この日、シロダーラご希望でした。


おっとりとされた方で、そのリズムが私とシンクロしたのか

シロダーラ(おでこにオイルを絶え間なく流し続ける施術)のポットをゆらゆらスイングしながら

私自身がマインドフルネスな状態で癒されました。


シロダーラは額にオイルを流し続けます。

リモート続きで眼精疲労、ストレスが高くなっている方には

とても高い効果が期待できる施術です。

が、全ての方に合う施術ともいえないのです。

シロダーラが合わない方もいらっしゃるのです。


そういう方はたいていガルシャナ(ドライマッサージ)

という施術の方が合う可能性が高いです。

所謂、乾布摩擦です。 

乾布摩擦というとおじいちゃんがタオルを背中越し越しのイメージがありますが、

ガルシャナはシルクの手袋で少しづつ小刻みに摩っていきます。

もうこれが極上に気持ちがいいのです。

アビヤンガは心臓から末端へ流すのに対しガルシャナは逆です。

ガルシャナで流れを逆立ててからアビヤンガで一気に末端へ押し流すイメージ。

すると血行がすごく良くなり

むくみがとれます。


実はダーディマでこのガルシャナを続けてこられたお客様がいらして

なんと足がほっそりとされた方がいらっしゃいます。

痩せるということを目的とした施術ではないのですが、

むくみがとれることでこの結果につながったのだと思います。

残念ながらこのガルシャナも全ての方に合う施術ではないのです。


カウンセリングを受けて、

ガルシャナの施術を受けることができるタイプの方は

本当にお薦めです。

アビヤンガの効果2倍2倍


 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月光浴

2020-10-01 23:33:33 | アーユルヴェーダ


月光浴しましたか?

1年に2回、最高のデトックスの時期というのがあります。

冬から春&夏から秋。

まさに今夏の間に溜まってしまった熱を

冷性の月で鎮めながら最高なデトックスのタイミングです。

お部屋の断捨離するように

今しっかりとボディメンテナンスすることで

次にやってくるヴァータ(風のエネルギー)の季節を快適に

過ごすことができるのです。

ごま油をベースとした薬草オイルのアビヤンガ(オイルマッサージ)は最高のデトックスです。


22時から深夜2時ころまではピッタ(火のエネルギー)の時間。

変換のエネルギーを持つピッタをうまく利用し代謝を上げることで

美肌を目指しましょ。さ、寝ましょ。


素晴らしい中秋の名月でした。





 
古民家をフルリフォームした平屋の一軒家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする