Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

アグニ

2020-07-04 17:19:07 | アーユルヴェーダ


冷たいデザートが食べたい。

梅雨のじめじめした日、

少し気温が上がると甘く白ワインで煮たトマトのデザートを作りたくなる。

がしかし。。。


この暑い時期に大切にしなければならないのがアグニ。

アーユルヴェーダではアグニは誰のからだのなかにもある「火」、消化力のことをいいます。

この消化力は人の健康を主る大事なポイントです。

消化力も人それぞれで、 

自分に合っていない食事や不摂生などで体の中の火は小さくなったり大きくなったり、

バランスを欠くと、この火をより良く保つために

体の中ではいろんな要素が結合してはリリースしたり、

人の体の中というのはそれはもう忙しく、それはそれは優秀です。


そこへ本人の「意識」が加わることが更なるバランスを保つキーになります。

自分の身体に興味を持ち始めると心身共にバランスをとろうという意識がつよく動きはじめます。


綺麗なバランスを持っている人はなかなかいませんが。

少しアンバランスな形の自分を知って

いつも身体の「今」にレスポンスしてあげることが大事だとカウンセリングでお伝えしています。


施術の時、下腹に触れると冷んやりしている人結構いらっしゃいます。

そういう方へは消化力を上げるアドバイスをさせて戴いています。 

今の時期は一年でも消化力が低い時期、

日常的に消化力の弱い人にとってはもうとてつもなく辛い時期です。

その人が持つバランスから時間帯の過ごし方のアドバイスもさせて戴いています。

サロンでのカウンセリングは自分の本質を知ることができるいい機会ですよ。


そして、いつものことながら、

ほとんどの方にお白湯を飲むことを薦めています。

が、お白湯の飲み方というのがあって

お白湯は身体に良いから、いつ何時でもがぶがぶ飲んでいいというわけではありません。


特に消化力の弱い人、

食前に飲むのはNGです。

これは消化液をうすめてしまうことになるため

食後、又は食間に飲むのがいいのです。

少し熱いなあと感じる50℃ぐらいの温度。

ゆっくりと送り込むように飲むのがいいですよ。


なんですかね、50℃というのは不思議な温度です。

私は野菜も買ってくると50℃洗いして冷蔵庫へ入れています。

50℃は手を浸けて、うっ熱い~と言いながら浸せるレベル。

このお湯に数秒くぐらせるだけで、

野菜の葉などはもう怖ろしいくらいパリパリでみずみずしくなります。


50℃に温めた透明の液体、お白湯。

何か秘めています。


ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

暑い日の過ごし方

2020-06-26 19:11:41 | アーユルヴェーダ
この時期にお客様のなかで夜中に足がつるという方が何人かいらっしゃいました。

汗をかいたまま水分を摂らないでいたりしていませんか?

1日に透明のお水をどのくらい飲んでいますか?

お白湯をおすすめしたところ、夜に足がつるということがなくなったそうです。

足がつるのはほとんどが水分不足。

私は1日にお白湯を1リットル飲むよう意識しています。

原因は病的要因が潜んでいることもあるので

症状が治まらない時は医師に必ず相談してください。


暑い季節、身体の暑気払いとしてアーユルヴェーダの経典にもいくつか記載があります。

真珠などの宝石、ジャスミンの香りで月光浴。。。なんておしゃれです。

ピッタ(火のエネルギー)を抑えてくれるようです。

植物の粉をペーストにして全身に塗って身体を冷やす方法などが書かれていますが、

日本では日常に取り入れるには現実的ではないです。

ただ面白かったのは、全身にペーストを塗ったあと、ペーストの乾き方がいろいろあって、

最後に胸が乾く人は長寿らしい、笑。

私はこれを知った時にふ~んと思いながらも、「胸」というのは何かありそうだなあと。

現在、体に影響を与える色や他諸々について勉強している最中なのですが、

どの分野でも胸腺というのは急所でデリケートであり、

精神的ショックを受けると縮んだり。

老化とともにどんどん変化が大きく起こる場所で、

ドイツの代替医療として紫色を意識して治療が行われる分野もあります。

人は色、波動、振動でできていると云われているのですごく面白いです。

余談でしたが、

とにかく暑いものは暑い!  

これからやってくる夏は暑さを楽しむ季節だと自分にいい聞かせてみましょ。

ダーディマは駅から慶應大学のキャンパスの中を抜けてすぐですが、

みなさん、暑い日は汗だくになって来てくださいます。

そんな日は冷たいローズウォーターを浸したタオルをご用意しています。

首の後ろにあてると気持ちいい~。

先ずは涼んでいただきながらカウンセリング。 

そうなのです、実は今のシーズンのダーディマでのアビヤンガ、

夏にしか味わえない最高の時間なのです。

お待ちしています。


ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 



Aim own style  自分のスタイル

2020-06-20 22:33:33 | アーユルヴェーダ


雨が強く降ったり、暑い日になったり、

ダーディマの庭ではハーブが逞しく育っています。

ミミズがいる場所では土がふかふかしてきました。

お庭を眺めながら足湯をして頂きヘッドマッサージが始まるのですが、

喧騒から離れリトリート感たっぷり。

ダーディマでもお気に入りの時間だと大好評です。


ダーディマでは只今新しいメニューを取り入れる準備をしています。

サロンワークが終了後、私自身もヘッドマッサージの勉強になるサロンへお邪魔してきました。

緊急事態宣言解除後のお客様ほとんどの方が

肩こりと目の疲れという症状が強くなっていました。

よく「脳が疲れる」という言葉を耳にしますが、

脳が疲れることはありません。

疲れるのは目なのです。

私達は時代の変化とともに目を酷使する時間の中にいますよね。

ヘッドマッサージがとても有効です。

アビヤンガと合わせると

全身の経路がひらいて老廃物が排出されます。

老廃物が排出されると血流が良くなるので体温は少し上がります。

この体温が上がると、副交感神経が出てくるのです。

施術した日の夜、ぐっすり眠れる理由はそこにあります。

体温が上がることで免疫力も強化されます。


最近は日本人ドクターの医療講座にもZoomで参加させて戴いています。

Zoomでいろんな講座への参加が可能となり、

未来は大きく可能性が広がってきましたね。

アーユルヴェーダという存在に感謝しながら

Aim own style 、私自身のスタイルのサロンを創り上げていきます。 


7月に再開するサロンがありセラピストさんとお会いできるのが楽しみです。

セラピスト同士情報交換をしながら輪が広がっていくのがとても楽しい日々です。


21日、夏至ですね。

ターニングポイントだといわれています。

時代の波に揺れることがあっても、形を変え、自由に変化を楽しめる自分でありたいと思っています。

ボーダーレス。そんな自分スタイルでダーディマを進化させていきます。


サロンからのお知らせを。

ダーディマではクレジットカードでのお支払いが可能でしたが、

PayPayのお支払も可能となりました。

キャッシュレス、ぜひご活用くださいませ。 


サロンでは只今、1日おひとりさまの施術となっております。

ご都合の時間に合わせてご予約を受付ております。

ただし施術の2時間前までにお食事を済ませて戴かなければなりませんので

ご自身でお時間を考慮してご予約ください。


施術室の色トーンが変わりました。

リラクゼーション効果アップです。

お待ちしています。



ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

6月の過ごし方 リトゥチャリア

2020-06-05 01:00:44 | アーユルヴェーダ
6月になりました。

1日からご予約を戴いて営業再開できたこと本当に感謝です。

雨が降ったり曇ったり不安定なお天気の日だったけど、

お天気を忘れてしまうくらい明るいサロンでした。

当面コロナ対策として一日おひとり様のご予約といたします。

だからゆったりとしています。

人として、また経営者として

この自粛生活でたくさん学びを得るとてもいい機会となりました。


で、アーユルヴェーダサロンらしく、ダーディマよりみなさまへ6月の過ごし方を。

季節の過ごし方をリトゥチャリアといいます。

アーユルヴェーダでは1年を日照時間が短くなる冬至と

日照時間が長くなる夏至で分けて考えます。

冬至から夏至までの時期をアーダーナ、

夏至から冬至までをヴィサルガといいます。


今月の21日が夏至です。

今の時期、アーダーナは奪うという意味があって、

太陽(火)、大気(風)は自然界にある植物からエネルギーを奪い取り乾燥させます。

夏至でこの状況がピークとなって、人間も体力、消化力が最も弱まる時期になります。

日本ではこれから長い雨を迎えます。

この梅雨の時期は身体を冷やさないこと、

消化の良い食事を意識してみてください。

生野菜よりも温野菜。

風の影響で油性を奪い取られ干上がった状態ですから適度な油分も必要です。


消化力を高めるショウガやコショウは良いアイテムです。

毎食前に薄くスライスしたショウガにレモンをかけたものをひと切れだけ、

よく噛んで召し上がってみてください。 

消化を助けてくれる最高のアイテムになりますよ。 


そしてハードな運動をしないこと、

生活に白、黄色を取り入れてみるといいですよ。





昨年の今頃はダーディマオープン前、大忙しでした。

以前ここで暮らしておられたどなたかが植えてくださった紫陽花。

昨年は咲かなかったので、お手入れしたら、

今年、可愛いブーケのように咲いてくれました。 嬉しい

長雨の時期を知らせてくれる風物詩、ほっとさせてくれます。

咲いたばかり、色が変化するのをしばらく楽しみます。



ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 
   

A piece of cake!

2020-05-22 17:34:34 | 暮らし
自粛中、日々ホームページを少しづつ手直ししています。

本日、営業再開後サロンで進めていく新型コロナウイルス対策について掲載いたしました。

営業再開準備段階に入りましたので徐々にアップデートしています。

時間があるおかげで、沢山の方がダーディマのホームページへアクセスしてくださり

新規のお客様からのお問い合わせにとても嬉しく思いました。


そしてホームページへアクセスして、あることに気がついてくださっている方々、ありがとうございます、笑。

トップページに「只今営業自粛中・・・」 

わたしのイラストを掲載してきました 



現在はこんな風に掲載していますが、

天使が昼寝したり、



瞑想中だったり、

時々気分を変えて私自身が楽しんでいたら

気が付いてくれた人が何人かいて、反応ありがとうございます。


で、自粛生活、そろそろかなあという気配。

外はすでに普通に戻った気配がしています。


自粛中、ポジティブもあったと思うし、ネガティブもあったと思います。

世の中が大きく変わろうとしていますね。

少しづつというレベルではなく大きな変化を一気に受け止めなければならず、

私自身、戸惑いもありました。

各ご家庭でいろんなことが起こっていたり、

自粛中に友人と電話で話し、メール、ラインでやりとり、

それぞれの時間がありました。


そんな時、ふと感じました。

辛い時に話す人がいない、そんな瞬間は誰にでもあります。

身近な人よりもセラピストの方が話しやすいことがあるのです。

ダーディマがそんな場所に育ってくれるといいなあと思っています。





営業自粛に入ったばかりの頃、

レストランプロデュース学をともに学んだ15年来の友人Kちゃんが

大阪からお花を送ってくれました。

可愛いでしょ。





こんな騒動のなか、こんな素敵なサプライズ。

嬉しかった。

Kちゃん自身も自粛中なのに、

大阪、良かったね。


自粛が解けてからの日常は今までとは違うと思います。

あまり難しく考えるのではなく、自分のペースを見つけて楽々進みましょ。

楽勝~って。


Kちゃん、本当にありがとう、

まるでケーキのようなお花を。

いつもこのブログにアクセスしてくださるみなさまに感謝のお裾分け。

A piece of cake! 


ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 




不思議な出会いとワンダーランドな庭

2020-05-16 16:38:38 | 暮らし


まるで夏日のような先日、良く晴れた日。

そんな日はほぼサロンにやってきてガーデニングしている。


もうすぐ1年がやってくるこの場所とは不思議な出会いだった。

当初、お家賃はわたしの予算からは2万円ほど高くお借りするのは無理だった。

けど、なにかとても気になったので、見るだけでも見させて頂こうと。

内覧当日に不動産屋さんから聞かされてびっくりした。

2日前にお家賃の金額がなんと2万円下がっていた。

奇跡のようなお話でこの場所を手に入れることができたのです。

半年間探し続けて、ようやっと、

目に見えない大きな存在から与えられた贈り物だとすぐに思った。





昨年、オープン前の庭は草ボーボーで、

草刈りをした後は土がぼこぼこ冴えない庭だった。

最近、ようやくお気に入りの庭になってきた。

借りぐらししている妖精のためにも農薬は使用しない。


オリーブがぐんぐん、ハーブの株も大きくなってきた。

イチジクの木をどこに植えようかとか、

ゴーヤを植えようとか

食いしん坊の頭の中はもうすっかりワンダーランド。

この庭にいるときが最高に幸せな時間なのです。





昨年ダーディマのオープンと同時に植えたレモングラスが大きく育って、

今年株分けした。

これがまたおおきくなっていくのです。

ミント、レモンバームとブレンドすると美味しいハーブティになる。





フレンチタラゴンは日本の湿気に弱い。

梅雨の時期にいつもだめにしてしまう。

とても難しいハーブなのです。

あ~、やっぱりだめかと諦めていたら見事に復活してくれた。

地植えが良かったのかもしれない。

フレンチタラゴンがサラダに入っているかいないかで大きく変わる。

ほんのひとつまみあるだけで一流レストランのサラダになってしまう不思議な葉っぱ。




こちらはマーロウ。

昨年大きく育って幅をきかしていたので

株元から取り除いたら

種がこぼれていたのか今年も育ち始めた。

お花を入れるとブルーのおちゃになるけれど、レモンを加えるとピンク色に変化するというマジカルなハーブ。

今年もぐんぐん育ってます。





ガーデニングが終わるとサロン内の掃除。

窓のサッシはわたしにとって掃除の中でも一番大事にしている箇所。

母に子供の頃からよく言われてきた、

窓のサッシが綺麗だと幸せが入ってくると。

ちょっとしたおまじないのようなことを今の今まで実行してきているので

サッシを拭かないと落ち着かない。

築60年の窓サッシはいつもぴかぴかだ。





すごく暑い日が続いたせいか、

夫からリクエストでカプレーゼが食べたいと。

ルコラとトマトが届いたので、アンチョビと。


「毎日がレストランのような美味しい食事」と言ってくれた。

窓のサッシを綺麗にしてきたおかげかもしれない。 

明日もサロンへ行こう。

ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

赤い月

2020-05-13 00:48:04 | アーユルヴェーダ



昨夜寝る前にドキッとした赤い月。

綺麗でした。

見た目にはオレンジなんだけど、

赤い月、と言ってしまう。。。


で、ちょっと赤のエネルギーについて。

赤のエネルギーを体に取り入れるとどうなるか。

血流、呼吸が速くなる。

血流循環が良くない時に取り入れるといいのですが、

精神状態が良くない時には心を強く乱す色でもあるのです。

赤の波動は可視色の中で最も遅いのですが、

影響力の早さはどの色よりも速い。

喜びと怒りという相反する要素を備えた色でもあるだけに

なんとなく神秘。


第一チャクラのエネルギーがこの赤。

ルートチャクラ、地のチャクラとも云われていて

ここが整っていないとグラウンディングしていきません。


そして宝石で赤といえば、ルビー。

ザクロ石ともいわれ

毒蛇に噛まれた人の皮膚に用いると

解毒作用のように毒液を抜き出すとか。

すごすぎる。

アーユルヴェーダにおいてはこのルビーを身につけると

アグニ(消化力)が強くなり、

ピッタ(火+水)のエネルギーが増加します。


血流を良くすることは間違いなさそうなので

毒へびの解毒というのもあるあるかもしれません。


ルビーを常に身に着けていると精神的健康の維持にもいいそうです。

この時期に良さそうですね。

自宅で長~い自粛生活、上手に「赤」を取り入れてみます。


そして、ストレスがたまった時はがまんしないで、ストレス~と吐き出すこと大事です。

わたしは瞑想の最後におなかの底から嫌なイメージを

「ぷは~~~~~ッ」と吐き出し作業をしています。

気持ちいいです。

我慢しないようにしています。



ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 

色のもつエネルギー

2020-05-10 00:04:44 | アーユルヴェーダ


ベーグルの中に入れるオレンジピールを作ってみた。

綺麗な色にうっとり。

色フェチ。


目の不自由な方が他の感覚器官の訓練をしている時

ものに触れるだけでそのものの色が伝わってくるということを以前にも書きました。

これは不思議な事でもなく本当にそうです。


すべてのエネルギーには共通して振動数、波動、色があります。

わたしたちの身体のエネルギーにも、この振動数、波動、色はある。

自分の中にもあるから自分の外にあるものも引き合うように感じ取れるともいえます。


身体の各部に色のエネルギーを照射することで

免疫を上げたり、老化を防いだり、

色による治療というのがヨーロッパでは古くからある。


冬寒い日に赤いものを身に着けると

実際に体温が上がるという実験結果があるわけで

色に効果があるというのはとても自然なことです。





パリの夏、カフェでマンタローという飲み物を見かける。

ミントシロップをミネラルウォーターで割っただけの飲み物です。

フランスにはこういう色を使ったチープシックな飲み物が残っているのですが

これはフランスの昔、身体の治療として色水を店先で処方していた名残のようです。

色の治療というのはヨーロッパでとてもポピュラーでドイツなどは

色の光療法などが進んでいます。

実は以前からこの色と体との関係について学んでいます。

大好きな色を独自でホリスティックにアーユルヴェーダに取り入れていきたい。


人の体の中に振動と波動、色があるからこそできること。

感じとれること。

だから目の不自由な方が触るだけで色を感じ取れるというのは

とても自然なこと。


最近、自宅でテレビを見たり、スマホを使ったり、

視覚をとても使っています。

これはアーユルヴェーダでいうとピッタ(火+水)のエネルギーが増加します。

デスク周りには緑、青、紫を意識したものを置いてバランスをとっています。

アーユルヴェーダの勉強をしていくとバランス学がたまらなく楽しいです。


わたしたちの身体ってまだまだ未知です。

どんどんいろんなことがわかっていくとわくわくする。

ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 


そんなことを学んでいるところです。

もうひとつの別の空間

2020-05-05 00:57:01 | 暮らし


ガーデンブーツに触れるとふんわりと香りが立ち上がって

見ると、タイムの白い花が咲いていて

心がほどける。


ここ数日間本当にバタバタでした。

ルーターの修理でしばらく自宅のwifiが使えない状態だったり、

世の中の騒動で心がどこか緊張していていたり。

この先、日本はどうなるんだろうか?とか。

さすがに揺れた。


モロッコ出身のフランス人、パトリスジュリアンさんの本のなかで

「お皿は何故割れたのか?」というパートがある。
   
   ***
お皿は何故割れたのか?
目の前のことから意識をそらした瞬間、
あなたの世界はふたつになってしまう。
今、行われている現実と、頭の中に現れた、何か別の空間。

大切なお皿を失わないためにできること。
それは、理由も何も考えずに、目の前にあることを、ただ行うこと。
   *** 

「今」という時間に集中するということ。

目の前の世界に居るのに、

もうひとつの別の空間で過ごしてる時間の長いこと。

だから時々瞑想をするようにしている。





庭の手入れをしていると「今」に集中できる。

昨年植えたレモンバームが今年も綺麗な葉をつけてくれた。

がしかし。。。

夏になると、ヤツがやってくる。

。。。バッタ。

シソ、バジル、レモンバーム、

昨年はほとんどバッタんにやられた。

今年こそは絶対に食べられないぞ。

もう頭はすっかり「もうひとつの別の空間」に行ってしまった。


そしてこの時、急にはっと思い出した。

うっかりミスに今頃気付いた。

嗚呼、やっちゃったってやつ。

GW明けに解決できることだから許して戴こう。

自分のミスを赦せないでいると

人のミスも赦せなくなるわけだし。

都合がいいかもしれないけど、

すんません。

何か「もうふたつの別の空間」になってしまった。

あーめん。



ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp 


アリエッティのいる庭

2020-04-28 14:04:00 | 暮らし


いつだったか、サロンに来て、

その様になんとなく、笑った。

庭の切り株にキンカン。

黄色い贈り物、置かれている位置でほのぼのする。

表現の方法で個性が出る。

カラスのカ~子だと思う。

ダーディマの庭には妖精が居そうだとお客様によく云われる。

ジブリ映画にでてきそうだとも。

私もそう思う。


妖精のアリエッティがいるかもしれない。

アリエッティにはこのキンカン、大きすぎて重くて持って帰れない。

何となく潜在的に感じているからか、

朝来たら、「おはよ~」「今日のお客様は○○さん、みんなよろしくね~」

帰る時は「今日はありがとうね~」

サロンは私ひとりだ。

俯瞰でみたら自分が恐ろしい・・・It's so weird!


アリエッティをいつかカウンセリングしてみたい。

小さくて動きが速く、力の配分を考えることなく

目の前にあることに全力投球。

そしてあの風に揺れるようなブラウンでふわふわな髪と

おしゃれな赤いワンピース、

太陽の光に当たるとお肌が少し反応するかもしれない。

そしてストーリーのラストで見せる妖精としての理性。

アリエッティはヴァータピッタかもしれない。

風のエネルギーに少し火のエネルギーも加味されている。

築60年の借りぐらしはきっと冷える。

ダーディマの施術を受けてみないだろうか。

お椀に温かい薬草風呂も用意しておこう。


わたしは今月の固定費に悩まされているというのに、

アリエッティは借りぐらしでのんきなもんだ。



ランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると嬉しいです
アーユルヴェーダランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへにほんブログ村


 
まるでジブリ映画に出てきそうな平屋の隠れ家。
アーユルヴェーダサロン 
August Healing ダーディマです。
www.dadima.jp