Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

消化力を上げる

2018-06-03 19:44:04 | 
夫の実家近くに

美味しい鰻の名店があった。

私はお嫁に行くまで鰻を食べることは少なかったです。

が、萬年の両親によくご馳走して戴きました。

萬年家はみんな鰻好き。

でも最近は高くなりましたね。





で、暑い日だったのでうなぎもどき。

青シソご飯の上にサンマのかば焼きを作ってのせました。

サンマには米粉をまぶしてかるくソテーし

たれをつけてグリルで焼きます。

米粉で皮がパリッと美味しいんです。

温かいたっぷりの汁物と一緒に。

これが本日のお昼ご飯。


私が最近とても大事にしているのが

消化力。

スープなど消化を促してくれるようなものを

必ず添えるようにしています。


消化に重い食べ物は

なるべく消化力が最も上がるお昼の時間に食べます。

お昼しっかり食べて、夜は軽く。

ひとりご飯の時は断食することもあります。

身体の中にアーマ(未消化物)が残っていて

燃やしてしまう必要があるからです。

未消化物が体に残ったままだと

スロータス(経路)を塞ぎ

これが万病の元になるのです。


人の健康はすべて「消化力」で決まる。

梅雨入りはこの消化力が落ちる季節です。

温かく消化のよいランチで乗り切ります。


で、来月の土用の丑の日は

本物の鰻を食べに行こうと思います。






 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

ぐるぐる

2018-05-08 00:40:40 | 
とっても陽射しの気持ちのGWの一日。

朝起きてコーヒーを飲みながら

旅サラダって番組を見ながらモンサンミシェルに心を馳せておりました。

横で夫が「今日どうする?」

あ、そうか、お弁当持ってどこかへ行こうなんて話してたっけ。


で、どこへ行く?って訊くと、

―――そうなんだよな、どこに行こうか?

出た! 妻がいつも決めるんです。

で、この日、妻ちょっと意地悪でした。

私、これからお弁当作るからちょっとどこへ行くか決めてくれる?


一家の遊びの計画の主導権は私だったりするので

夫、人任せでした、ずっと。


で、時々,妻思ってたんです。

夫が万が一ひとりになってしまい、

何もできない人間だとどうしよう。。。

というのは大ウソで、

お弁当持ってどこかへ行こうなんていうなら、たまには計画しろや!


妻がお弁当作っている時も

独り言のようで独り言でない声で

―――ここはどうかなあ、でもなあ、あそこは車の駐車場が、、、

  ん~、どこか思いつくところある?



夫、苦手なんです、こういうの。


で、ついに夫から提案。

等々力の公園とか前に行ったじゃん、どう?


あそこは今日、いっぱいじゃない?と妻。

いいよ、行ってみようよってさ。


きっともう考えるのが面倒くさいのだ。


お弁当も完成、出発。

でで、何だか等々力に近づくと、

ん? 歩いてる人がやたら多い。

え~~~、フロンターレの試合じゃん。

駐車場無理。


こんな時、妻イレギュラーに強い。

仕方ない、多摩川にしようよ。


車で多摩川沿いに移動。

諦めかけた時にやっと見つけた駐車場。



夫、運がいいよね、やっぱり僕たちって

妻、心のなかで「何がじゃ、フロンターレやろ、フロンターレやったんやぞ





気持ちが良いね。






ピクニックシートを広げ、

夫の大好物、梅しそのとり天。

ピーマン、小松菜、キンピラ、卵焼き、こんにゃくの天ぷら、

1時間で作ったもの、ドカ詰め弁当。

しかもタッパーウェアすっかり処分してしまい、

なんだかお重ってばばくさい。

でも梅しそのとり天、本当に美味しいの。





あ~こんな広い多摩川沿いで、ひっさしぶりのリラックスぅ~。

来て良かった。。。ん?・・・ん?・・・嫌な予感。

簡易トイレに並んでいる長蛇の列。


く、くそ~。

しまった。。。このあたりにコンビニはない。。。

妻は並んで待つことはできるのですが、

わが家の問題は夫です。


夫がお腹にセーターを巻き始めた。

口数もだんだん少なく、

多摩川の風にお腹が冷えそうだね~と言い始めた。


妻「急いで食べて!」

夫「うん!」


予感的中。。。

夫はお腹が弱い。

くっそ~~~、大変だあ。

こうなったら最後、撤収しかないのであります。


夫、ただひたすら「ごめんね、ごめんね」

妻「・・・」


慣れているのでいつもは大丈夫、大丈夫って声をかけてたけど、

この日、なぜだろう、ここ数年の振り回され感たっぷり伝わってきて、

妻のうつわ、おちょこぐらいしかありませんでした。





自宅の屋上で続きを。

怒りで食べるとそんなエネルギーが体に入ってしまう。

心静かに食べていたら、

その方が恐怖だったみたいです。


なんて日だ。

車でぐるぐる移動し、

お腹ぐるぐる。

もうぐるぐるです。







 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

最高峰な一日

2018-05-04 18:28:44 | 


GW楽しんでいますか?

私は久しぶりに夫と銀座へ。

バージニア・リー・バートンの世界に触れる充実した一日でした。

銀座の教文館には子供の絵本が揃っていて何時間でも居られる。

建物がとても古くレトロで、走ってる子供もいないし、

大人がゆったりと絵本をセレクトできる場所だなあって思います。





「ちいさいおうち」という絵本が有名で

私も大好きなえほんですが、

絵本の最高峰とも言われているのは知りませんでした。

この最高峰・・・?

世界最高峰のピスタチオがイタリアのシチリアのものでどうのこうのみたいな

品質によって決められるみたいなのとはちょっと違うわけで・・・


人は順列をつけるのが好きなんだなあ。

で、最高峰を手にしてみたいと思うのです。



いくつもの時代を超えて語り継がれる途中には

作者のニュアンスを変えて伝えられてしまうことってあるかもしれません。

だからフラットに鑑賞できた時は感慨深い。


 


この日、ちいさいおうちを久しぶりに読みました。


子供が読んだ場合と

大人が読んだ場合とではまったく異なる観点をもっているかもしれません。

単純なストーリーのようで、大人が10人読んでも10人とも違う感想があるかも。

そんなミルフィーユのような面白さがたっぷり何層にも感じられるのが

やはり最高峰といいたくなる所以なのかもしれません。

本当にため息が出るほど素敵な絵本です。




で、この日、夫が朝から銀座で何を食べようか

ずーっと調べていました。

この日最高峰に上がったのが・・・






天龍の餃子。

場所が変わっていました。

結婚した頃、夫に連れられて来たことがあったので

懐かしい餃子です。


妻はここで熱弁しました。

「食べログで★3.5以上のところをお薦めするって人よりね、

このお店は★3.0ぐらいだけどこのメニューは「戴きました星みっつですッ!」

みたいな人って本物やなって思うわ。

★3.5以上ばっかりの店でデートする男ってどうなん?

で、ここ食べログ、★いくつ?」

「・・・」


ほん~~~っとーに、旨い!

ここのザーサイも最高です。

で、GW今のところ最高峰の餃子、いや最高峰の一日です。









 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

アーユルヴェーダセラピスト

2018-05-03 20:07:44 | アーユルヴェーダ
マイプロフィールに

アーユルヴェーダセラピストというタイトルが加わりました。

先月末に修了証書を戴いた時すごく嬉しかったです。

うふ。





少し前に見ていた未来は、まさしく今。

実はこの少し先が私には見えていて、

今、そこへ向かっているところ。

フットワーク、頑張ってます。


振り返ればわたしにとっては有意義な5年間でした。

保育園が終わったらダッシュで介護療養型医療施設へ。

認可保育園、認可外保育園、認可施設の土曜保育、

早朝からそんな一週間×5年間でしたが

昨年末から少しづつ手続きを進めてきて

ついに最後、4年間務めた一軒家の保育園を

6月いっぱいで辞めることにしました。

すごく居心地の良い環境だったので園長先生に伝えるのは

ものすごい決断が必要で寂しくつらかったです。


以前、gooの週末レシピの連載を辞めさせていただきますと

gooスタッフに伝えた時を思い出しました。

この時も大きな決断でした。


新しい変化を手に入れるためには、

手放さなければならないものがあることを知っています。


その時は何かを失ってしまったように感じても

必ず先へ進む地図を手にしているはずです。

ただ、すべてを手放したことを「暗闇」と感じてしまうと

その地図を巧く読むことができないんです。

自らが変化を選択しただけのことかな。

今が良い状況だとか悪い状況だとかジャッジはしないようにしています。


私が少し先に見えている景色は自分がとても納得し満足しているような風景です。

そこを目指して進みます。

到達したらまた少し先を見据えて前進・・・

これを繰り返し、どんなシナジーが発生するのか、

楽しみなんです。



よくラインスタンプの画像なんて作る時間あるね?って言われます。





移動中や、休憩時間、

いつだって小さなメモのなかに私の楽しみ全開です。



先ずは残りのGWゆっくりと休養しようと思っています。

どうぞみなさま素敵なGWを。



ラインスタンプを購入してくださった方々ありがとうございます。








 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

チャレンジ

2018-04-04 18:33:33 | ふと思うこと


そうだね、可笑しいね。

ラインスタンプ作成なんてさ。

で、何で?


フードプランナーというお洋服。

私が栄養をたっぷりとって太ったのか、ぎゅうぎゅうして、

あまり動き回れなくてフィールドが狭くなっているように感じていました。

それと最近私に何回も届く「秩序」という言葉。


夜中にこの「フードプランナー」「秩序」をテーマにずーっと考えていたら

とてもつまらなさそうにしている自分の姿を見ました。

枠から飛び出してもいいんじゃない?


社会へ出ていくのに

ずっと着用していたフードプランナーという着古したお洋服をちょっと脱いで

お洗濯して干してみよう。


すンごく蒸れていたのか、

風通しがよくなって気持ちが良くて

いろんなものを着てみたくなった。

愉しさにあふれて、あふれて。



好きなことばかりやっていると

カテゴリーがいろいろで

とってもカオスなスペースを広げてるんじゃないかと不安もありました、以前は。

でも「秩序」が過ぎても愉快じゃない。

面白さがないんです。

経験上、無意味なことは一つもなくて

全て最後にはまあるく一つにつながるということも知っています。


やりたいことをやっているときは

目に見えない存在に導かれている感じ。


先月の新月あたりから始めたラインスタンプ作成。

イラストを描くなんて思ってもみなかった。

アカシックリーダーの友人から

かこさん、将来絵本書くかもよ。。。

ふふ、こんなイラストタッチでは絵本になりませんが、

私、確か子供の頃から油絵習っていました。

JALを辞めて脚本も学びました。

それに現在も保育園に通っていますから

子供たちが何歳くらいでどんな絵本やストーリーに魅かれるかも知っています。

ほんと無駄なことってないよね。

もしかしたら、そんな未来も楽しみにしてみようかな。


ここ数年真っ暗闇のトンネルの中を彷徨っているような日々でした。

昨年ようやくトンネルから脱出。

大きな未来が見えた瞬間

「やっと見つけた」って感じです。

未来の企画書をどんどん書きたくなって朝までパソコンの前にいました。

自然が豊かな地で「食育」をコンセプトとした経営をヴィジョンとしています。


最初は小さくても力強く愉しく一歩一歩。

ヴィジョンにつながる一歩だと信じています。

信じる気持ちの鮮度が落ちないようにするには

それに向かってチャレンジし続けることだと思っています。


現在のアーユルヴェーダは今後の私にとても大事なこと。

アーユルヴェーダの経典には一日を幸せに過ごす為の知恵がぎっしり。

精一杯学んでいます。

もう少しでセラピストとして活動できる日がやってくる。

今月の試験、乗り切ります。

スタンプのイラストで遊んじゃったぶん取り戻さなきゃ。



ラインスタンプぜひ覗いてください。

ひとつひとつのイラストの女の子にラッキーのエネルギーを投入しています。

へへ。










 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

ラインスタンプ作成に挑戦

2018-03-29 00:24:44 | 
時々自分でも信じられない行動に出ることがある。

アーユルヴェーダの勉強中で来月は試験がある。

今年は来年へ向けての礎を築かなくてはならないし

いろんな準備でとても忙しい。

デスクの上にはやらなければならないことが山積みになってきた。

というのに

私ったら

仕事をするふりして

・・・

イラスト描いていました。


高校の時から書いていた女の子再登場。

退屈な生物の授業中には必ずといっていいほど

よく教科書にやらかした。


ちょっと面白かったです。

完成したイラストを審査に出すんですが

先日の土曜日に審査申請しました。

審査申請中→審査中→承認

やったあ~。

5日間ほどかかりましたが本日販売となりました。

夫が一番に買ってくれて

なんだか女の子スタンプを送ってくるんですよ、

ちょっと気持ち悪いけど、ありがたいです。




ラインスタンプ販売中です。

パステルと指を使って仕上げました。

もし気に入って戴けたらぜひ。

海外でも販売されるそうです。

使って戴けると嬉しいです。


あ~たのしかった。

第二弾・・・

やりたいなあ。。。

ってことはきっとやります、はい。

でもアーユルヴェーダも保育園もがんばってます。


さきほどやんちゃな女の子に元気なエネルギーを送り込みました。

この子が幸せの循環にお役に立てますように。

願いを込めて。





 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

バタフライピー

2018-02-21 22:57:44 | アーユルヴェーダ


バタフライピー。

アーユルヴェーダの先生が和ハッカとブレンドされたお茶をいれてくださった。

氷砂糖をポコンと口に入れると

歯にあたってガシャガシャしながら

舌がゆるやかに甘くなっていく。

そこへ

洗練された綺麗な蒼い温かなお茶をふくむと

鼻から甘いハッカの香りが抜けて

疲れがすーっと・・・至福の時間。


あのマーロウと間違えてしまうくらい似てる。

レモン果汁をを加えると綺麗なピンク色に変化するマーロウ。

これは違うの、

とっても似てるけど。

バタフライピー。


効能についてはわからない。

ネットにはいろいろ出てはいるけれど

今度図書館で調べてみようと思う。


「ホ・オポノポノ」という本のなかで

「アイスブルー」と言って植物に触れると

痛みに関するクリーニングが行われる。。。という

面白いセンテンスがあったことを思い出したり・・


また、昔アンカレッジの氷河の世界でグレーシャーのなかにこの色を観たことがある。

寒さに震える中で感じた神秘。


またこんなブルーもある、

絵画のなかの聖母マリアがまとっている青い衣。

永遠の生を意味する色とも言われている。


どういう意味を持ってこの世にこんなきれいな色が誕生したのか?

宇宙の未知数は果てしない。


大いなる存在はこの地球にどんな仕掛けを?

人生の半分をすでに生きたのに、

世界の空を飛びまくったのに、

まだ地球のこと何にも知らない。


ふと思う。

常識だとか、

世間体だとか、

人と比べて生きてみたり、 

なんてもったいないこと。

こんな広大な地球に生きてるのに。


日本の、どこそこの、何丁目。。。みたいな

とても小さな点みたいなところで私達は悩みを作ってしまう。

どう考えてももったいない、「今」という時間が。


私はこの地球でこれからどう過ごそうか?

まだまだ未知。

大いなる創造主の遊び心をたくさん探してみたくなりました。

私のずっと昔からの大切にしている言葉。

LIFE IS ADVENTURE。

たくさん冒険しよう。



 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

保育園の給食

2018-02-14 17:23:07 | 
お医者様のシンポジウムに参加させて戴き勉強しています。

乳幼児のお母さんの心配のひとつに

なかなか食べてくれないというものがあります。

10か月頃にこの悩みをもつお母さんが多いようです。

食べる意欲の基本は実はこの0才にあります。


アグレッシブに食べる行為、口をよく動かすのは

姿勢の育ちが関係深いとのこと。



うまれて3~4か月で身体の大黒柱が育ちます。

ミルクを飲ませる時、背骨をまっすぐにしてあげていますか?

実はこれがすごく大事だとのこと。



椅子に座れるようになったら

今度は足が床にきちんとついていることがすごく大事なのです。

レストランでの子供の椅子などももう少し考えてあげることができたらいいですね。



保育園では食べる時の姿勢をすごくチェックしています。

食べる時に姿勢の悪い子は

食べる意欲がうすいです。


食べる時にいつも肘をついている子がいるのですが

身体の筋肉があまり出来上がっていなくて

疲れやすく肘をついて食べてしまう場合もありますが

これは体幹と筋肉の関わりからきているかもしれません。


おかわりをしたり食に興味を持っている子は

筋肉もしっかりしていて食べる時の姿勢もいい。

体幹がきちんとできているように感じます。


三才までは成長の大事な時期ですね。

保育園でのいろんな経験が

お母さんのお役にたてるといいなと思っています。


でで、

保育園では節分という大イベントから

ひな祭りの準備に入りました。


節分は保育士の先生、気合入ってました、笑。

子供達、豆を投げながら逃げまくり、大泣き。

これが何とも可愛いんだなあ。

先生方はなまはげ状態でした。


給食は昨年から私の担当。



昨年の鬼パン。

節分はちょっとしたお祭り。

給食では使用食材がすでに決まっています。

パンと焼きそばの食材で鬼パンを作るというのが課題です。

ホットサンドの中はジャムパンにしてみました。




今年は少し顔を怖くしてやろうと頑張りましたが。。。


炭水化物の食材に偏っているので勝手に変更してしまいます。

このあたりは園長先生からすっかりおまかせて戴いているので自由にアレンジできます。


今年はブロッコリの片ピアス、リンゴのこん棒。

ホットサンドにしてパンの耳の部分をわざと少し固い食感にしています。


保育園の給食が少し大変なのは

全て規定の熱処理をしなければなりません。

竹輪も野菜という野菜、食材すべて生で出すことはありません。

安全性も考えながら自分でひと工夫したりします。


私は給食でカレーの具もいろんな大きさや形を作って仕上げます。

舌の上でいろんな形をうまく処理できるように舌を動かすためです。

子供達はこういう負荷に慣れているので

この日の固いパンの耳も上手に咀嚼していました。

お口の中でスープとうまく合わせて上手に咀嚼する子もいました。

かしこいね。


あ~節分も終わっっちゃった。

感受性の強い子は

しばらく数日間はお庭から鬼が来る~と急に泣いたり、

鬼の恐怖を引きづりますが

さすがにひなまつりの準備に入る頃は

すっかり鬼のことを忘れて平和なムードに戻りました。


ひなまつりも給食担当です。

ちらし寿司にお吸い物です。

家庭で食べる普通のちらし寿司のスタイルにしようと思っています。


食べる時の姿勢、気を付けてあげてくださいね。


 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

brown

2018-01-30 23:33:33 | アーユルヴェーダ



薬膳スープを作っているところです。

綺麗な色はビーツの色です。

ここまではいいのですが





ここからはインスタ映えという言葉とは逆行している気がします。

先日のアーユルヴェーダの講座で

スパイスを数種、ギー、はちみつ・・・みんなで作りました。

アグニ(消化力)を上げるという処方がされています。

アーマラキーというのが入っていて

美容にもいいのです。

そう最近サンスクリット語な日々です。





講座で作った舐め剤を毎朝食事の前に摂ります。





ハルワという今まで味わったことのない不思議な甘いお菓子、

スージー粉というので作ります。

いわゆるセモリナ粉です。

だんだんはまります。


先生が甘さを日本人に合わせて作ってくれましたが

インドでは激しい甘さとのことです。





最近、自宅でも勉強の合間につくるのが甘いチャイ。

シナモンの樹皮を煮出すと

甘いアロマがお部屋に漂います。


最近、わが家のキッチンはちょっと不思議な香りが漂っていて茶色いです。

でもちょっと愉しさがとまらない。



 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

wish list

2018-01-22 22:42:22 | 
ウィッシュリスト。

今年一年、

自分が手に入れたいもの。。。





今年のウィッシュリストはもう作成しましたか?

今年手に入れたいもの何個ありますか?

立春までにロードマップのように

仕上げる予定です。

かなり愉しげな感じで。


紙に書くっていいですね。

目の前に文字として顕れたものは

確かに自分のなかから出てきたもの。

自分の内側に在るものは必ず反映されます。

だからウィッシュリストって素敵なんです。


どんな自分を目指そうか?

それらを手に入れるためにはどこへ行こうか?


今年の私はかなり欲張り。

素敵な一冊を目指します。



 

週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加