WCCF攻略日記 マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

WCCF 気になる選手をどんどん使っていこう!

2018年06月05日 | 選手使用感~FW(白)~



最近引いたカードで、にわかに注目し始めている選手がふたりいます。

17-18 V2.0 清水エスパルス J17-3 52 ミッチェル・デューク
17-18 V2.0 横浜F・マリノス J17-3 72 ウーゴ・ヴィエイラ

気になって仕方がありません。

控えでの起用となりますが、早々に次チームに組み込んでみようと思います。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村



WORLD CLUB Champion Footballランキング


(C)SEGA
コメント

WCCF ミラクルレフティ!

2018年04月23日 | 選手使用感~FW(白)~





思い出せないくらい久々に起用している 06-07 320 アルバロ・レコバ

現在Level26。育成を急ぎ、早く30にしたいところです。

強烈なドリブルや高速クロスを期待していましたが、その点は少々肩透かし。

ただ高位平準化はされています。フェイントを織り交ぜるドリブルは、もちろん平均点以上の出来。
クロスボールもいいです。ただ、フィーゴやブレーメと比較すると若干スピードは落ちます。

それでも飛距離と精度は充分。前述のふたりが良すぎるだけですね。

SSの発動率は頻度高しですし、ハーフ限定なら「やっぱりレコバだよねえ。」と言えると思います。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村



WORLD CLUB Champion Footballランキング


(C)SEGA


コメント

WCCF 控えのフォワードとクロッサーを探して・・・04-05 032 マテヤ・ケズマン

2018年01月24日 | 選手使用感~FW(白)~



バージョン最後で、ようやくしっくりくる選手が現れました。

04-05 032 マテヤ・ケズマン

相変わらず器用だなあ、というのがその印象。
パワー勝負できないのが若干不満ですが、そこはそれほど大きな欠点ではありません。

ポストプレイもできますし、ゴール前での動きはストライカーとして満足できるもの。
控えとしては、非常に頼もしい存在。

次バージョンでも引き続き起用していきたい選手です。これからも期待しています。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ

(C)SEGA
コメント

WCCF 控えのフォワードとクロッサーを探して・・・~フォワード 番外編~

2018年01月07日 | 選手使用感~FW(白)~



控えのフォワード紹介で一名追加したいのが彼。04-05 032 マテヤ・ケズマン

現在、カントナ&クライフ2TOPチームで起用中。

SSの発動率も良く、後半のジョーカーとして結構期待を寄せています。

ヘディングの威力はいまひとつも、”点で合わせる”ことができるのでまずまず。
何よりポジショニングが良く、FWとしての仕事っぷりは充分に合格点を与えられます。

引き続き動きを見ていきます。

それでは、また。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ

(C)SEGA
コメント

WCCF 控えのフォワードとクロッサーを探して・・・~フォワード編・総括~

2018年01月06日 | 選手使用感~FW(白)~



□センターフォワード
 ・16-17 SLベンフィカ 288 ラウール・ヒメネス
 ・11-12 バイヤー04レバークーゼン 094 エレン・デルディヨク
 ・10-11 リバプールFC 079 ダビド・エヌゴグ


上記3人の総括編となります。以下の写真が成績等です。







”SS発動45分”があり、”ターゲットになる体躯”の持ち主ということで、3人に目を付けました。

ガチガチ・チームの控えFWということで、後半からの投入がほとんど。
育成序盤は出番があまり無く、出場試合数としては少なめかもしれません。(対人戦はグラトロ及びユニバ。)

それでも、個人的に3人の働きには満足しています。

ゴール前に張る動きもできますし、ヘディングの威力もまずまず。
ドリブル突破にはあまり見るべきものはありませんが、そこは求めていないので問題なし。

ちなみに、足でボールを浮かせてボレーで叩き込む動きを良く見せるので、器用さではヒメネスが秀でているかもしれません。

トータルでは、3人とも甲乙付け難しという印象です。


ですが、それでもひとりを選べ!となると、ダビド・エヌゴグをチョイスします。

叩きつけるようなヘディングや、逆に突き上げるようなヘディング。
さらには、難しい体勢からの強引なシュートを披露と、身体能力が最も高そうな印象。

対人戦でハットトリックを決めた試合が、脳裏に残り過ぎているため、というのはありますが。

本日はこの辺で失礼します。それでは、また。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ


(C)SEGA



コメント