WCCF攻略日記 マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

WCCF 守備KPの使いどころがだんだん分かってきました。

2018年03月31日 | 戦術・操作編





先日来プレイしている上記チーム。

メインの守備戦術は、ホセ・マリア・ヒメネスの個人守備重視。
次は、キエッリーニの万能薬(組織守備重視)とマルキーニョスのインターセプト重視。

現在スペトロ開催中ですが、ここで対戦する強いゴーストチーム相手に、守備戦術の特徴の見極めをしています。
アルゼンチン縛りで前線にカニーヒャを据えているチームと当たりました。それも複数回です。

一回目は、個人守備重視のみで対戦。
”アルビセレステ”相手に果敢にプレスにいくもなかなかボールを奪えず、ドリブルされまくり。
そうこうしている内に、上がりきった守備の裏を簡単につかれ、カニーヒャに叩き込まれました。
結果は、なんとか逆転に成功し2-1。

二回目は、万能薬を主体に個人守備とインターセプトで補完。
ドリブルには、やはり適当な間合いをもって対峙する組織守備重視が有効。
結果は、完全に試合を支配し2-0で勝ち。

まずまずのボール奪取とパスカットを見せてくれるので、相手の戦術と使いどころを見極められれば、
組織守備重視は使い勝手が良い印象。
加えて、キエッリーニの個人能力の高さもあり、万能薬は有効だと実感しています。

次のチームでも、キエッリーニには引き続き中心選手として働いてもらう予定です。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村



WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ


(C)SEGA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WCCF チーム編成の過渡期

2018年03月20日 | 戦術・操作編



ロナウド&シェフチェンコのチームですが、立ち上げて26試合消化。

攻撃の主戦術はロングパス重視とダイレクトプレイ重視を揃え、右攻めチームとしています。
ただ、他チームで試している左攻めの方がしっくりいくようなら、見極めてチームを作り直します。

弱体化している・・・と言われ始めているクロス重視に、いま少しこだわりたいところ。

右攻めでは、ボールを持ったサイドアタッカーがクロスまで行きたがります。
ただ、左攻めではその挙動が少し変わっていて、前方の選手へのパスもスムーズに出ます。

それが、フォーメーションの違いによるものなのか、あるいは単なる気のせいなのか・・・
まだ掴みきれていません。

ちなみに、守備戦術は個人守備を主体に、それにインターセプト、組織守備を組み合わせます。
裏を取られる危険性を孕みますが、これはもう好みで個人守備主体にしました。

閑話休題。

現在稼働中の左攻めのチームの動きを見計らいながら判断していきます。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ

(C)SEGA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WCCF ジャックナイフ効果!

2018年03月19日 | 戦術・操作編






04-05 057 ライアン・ギグスの特殊スキルは、ジャックナイフ。
元はドリブル重視で、説明書きは以下の通り。

「チーム全体でドリブル突破の意思が高まります。攻撃ポジションにドリブルの得意な選手を多く集めれば、チームスタイルのより高い効果が期待できるでしょう。」
(AKANANASAより引用。http://www.sodensakae.com/teamstyle.aspx)

ギグスはもとより、アザールも多彩なドリブルを披露してくれて有効な戦術になります。

しかし、いつでもこのKPを設定するということはあまり宜しくありません。

前述の説明書きの通り”チーム全体”に効果が現れるので、守備の人にもこれをやられてしまいます。
事実、マスチェラーノもボールを持つとドリブルをし始めますが、あっさりと奪われます。

積極的にドリブル突破を図りますが、誰でもキープ力が上がるという訳ではないので注意が必要です。

本日は、自身の備忘録のようになってしまいました。悪しからず。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ

(C)SEGA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WCCF ようやく”万能薬”発動・・・

2018年03月12日 | 戦術・操作編



ようやくキエッリーニの育成が完了して、万能薬が発動できました。





複数人で適度な間合いを取りながら、ある程度時間をかけてボールを奪う動きは確認できています。
守備陣による相手選手の囲い込みが、よりシステマティックになりました。(多分)

また、以前酷評していたケシエのボール奪取頻度が増えたことは驚きです。

ケシエ殿、申し訳ない。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ


(C)SEGA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WCCF インターセプト重視時の守備選手の挙動

2018年03月11日 | 戦術・操作編





上記チームの守備戦術のメインは個人守備重視。

この戦術一択で試合終了までもって行けることもありますが、当然そうでない場合も。

自チームの右サイドを相手選手攻められ、ケシエ、ディアッラ、マルキーニョスが抜かれると危険な兆候。
だいたい、斜めにパスを入れられ被弾濃厚に。

そんな時は、そういった状況を見越してインターセプト重視に切り替えます。

その際、出されたパスは主にセルヒオ・ラモス、ホセ・マリア・ヒメネスがカット。
あるいは、ディフェンスラインまで下がって来たディアッラが防ぎます。
左サイドを抜かれた場合もほぼ同じ。

「結局、センターバック(の能力)次第じゃないかあ

と言われると、そのような気もします。 セルヒオ・ラモスの働きにかかっているのは事実ですし。

ここに配置する選手は、より能力を見極める必要がありそうです。

本日はこの辺で失礼します。それでは、また。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村
に参加しています。


WORLD CLUB Champion Football ブログランキングへ

(C)SEGA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加