WCCF攻略日記 マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

非WCCF 個人的には好きな響きです!

2019年04月01日 | 雑記



皆様すでにご存知かと思いますが、新元号は「令和」に。

綺麗な響きで、個人的には良い元号だと感じました。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村


WORLD CLUB Champion Footballランキング

(C)SEGA
コメント

WCCF 時代の終わり・・・

2019年03月16日 | 雑記



WCCFが終わりますね・・・

って、既にWCCF FOOTISTAは稼働している訳ですが。

なんだか感慨深いものがあります、WCCF。
2001-2002シリーズから始めて、途中引退気味の時はありましたが、ずい分と長くやってきました。

気付けばもう終わっていて、WCCF FOOTISTAに。

自分の中で”WCCF”が終わったことだけは確かです。

プレイを継続していくのかそれとも・・・

どうしたものか。



WCCFあんてな
に参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村



WORLD CLUB Champion Footballランキング


(C)SEGA
コメント (2)

WCCF アジアカップに触発されて・・・

2019年01月08日 | 雑記



若干、WCCFとはご無沙汰になってしまっています。

しかし、アジアカップの開幕でにわかにWCCFに注意を向けつつあります。

ということで、プレイしてきます。

すみません。これで終わりです。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村


WORLD CLUB Champion Footballランキング

(C)SEGA
コメント

いつの間にか始まっていたアジアカップ・・・

2019年01月07日 | アジア・カップ



あまり注目していなかった(すみません。)アジアカップが開幕しています。

初戦でオーストラリアがこけてしまうという、波乱の幕開け・・・

でも、ないんでしょうね、きっと。

優勝するのはやはり強い国。

ここは是非とも日本 ということを期待しています。


WCCFあんてなに参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村


WORLD CLUB Champion Footballランキング

(C)SEGA
コメント

坂本龍馬暗殺の背景、腹落ちできました。

2019年01月06日 | 坂本龍馬暗殺の真相



1月5日(土)放送の「古舘トーキングヒストリー~幕末最大の謎 坂本龍馬暗殺、完全実況~」(夜9:00-11:10、テレビ朝日系)を観ました。

まったく”お初”のネタはなかったのですが、事実を掘り下げた内容になっていたと思います。

さて、今でこそ坂本龍馬は”偉人”としてもてはやされていますが、幕末当時はほぼ無名の存在。

龍馬の名が世に出てくるのは、1883年(明治16年)の高知の土陽新聞においてです。
自由民権運動家で小説家の坂崎紫瀾(しらん)により、彼を題材として取り上げた小説「汗血千里の駒(かんけつせんりのこま)」が連載されました。

さらに、1904年(明治37年)の日露戦争の日本海海戦直前、皇后の夢枕に立ったという話(「皇后の奇夢」)が新聞に載り、世間はその話題でもちきりになりました。

こうして見ると、ヒーローとしての龍馬は、後世の創作によるものと言えます。
当時も、そこそこ名の通った”活動家”であったと思いますが、今ほどの有名人ではないと考えた方が良さそうです。

話しを戻します。

龍馬殺害に繋がる要因は、番組でも触れていた通り、1866年1月23日の寺田屋事件において、伏見奉行所の捕り方2名を殺害したことが大きかったと思います。今風に言えば「警官殺し」の凶悪犯です。

龍馬が京都に潜伏し続けているならば、京都見廻組が捨て置くはずがありません。
実行部隊は京都見廻組で確定。そこに至る背景も、前述の通りでほぼ間違いないと考えます。

久々に腹落ちできた内容でした。
京都見廻組を「実行犯」ではなく、「実行部隊」と表記したことも良かったと思います。

本日はこの辺で失礼します。それでは、また。



WCCFあんてな
に参加しています。

にほんブログ村 ゲームブログ WCCFへ
にほんブログ村



WORLD CLUB Champion Footballランキング


(C)SEGA
コメント