森共同アトリエ 管理人日記

共同アトリエのnews、管理人の彫刻制作記録、管理人の徒然日記etc

仕上げ前の荒削り

2020年07月07日 21時38分17秒 | 再生の理論(2018年9月〜)

腰から下は複雑な形の為仕上げに時間がかかります。なのでサンドペーパーではなく、切削効率のいい研磨ディスクで一気にベースを作りました。


指のシリコン取り(制作時間50時間)

2020年06月27日 16時26分20秒 | 眠りの刻(2019年4月〜)

手と手足の指の型取りです。ここは細くて切金がさせないのでシリコンで型取ります。まず粘土で底面を作り、切金で仕切りを作りつつ指を立てていきます。このときどれがどの指かと、指の向きに気をつけます。(指の向きに関して、今回はとりあえずシリコンに指を埋没させて硬化してからカッターで両断する方法でやるので、指が曲がっているため、向きを間違うと左右対称に両断できなくなります)

この段階で粘土の底面にくっつけた断面のところにカッターを入れていくのと、後々ここからワックスを注ぐことになります。

シリコンを流し込みます。古いシリコンだったので粘度が高く、使いにくかったです。効果も早かった。シリコンは長期保存に向かないですね。


硬化後、一つ一つ剥がしていきます。もちろんどの指かと向きが変わらないように気をつけます。

カッターで半分にカット。

洗剤と歯ブラシで洗って完成。これで型が全て揃いました!

 


型外し、原型解体(制作時間47時間)

2020年06月21日 15時37分28秒 | 眠りの刻(2019年4月〜)

型を外し、粘土原型を掻き出し解体しました。

水を掛けると型に水分が浸透し、原型と型が剥がれやすくなるとのことで毎回やっています。まあ気休めですね。

今回のは心棒が複雑なので掻き出しが大変でした。

壊し型ですが、思ったより型の数が多くなりました。

惨事です。片付けが大変。

次回から指の型取りに入ります。指はシリコンで型取りします。


切金の削り出し(制作時間44時間)

2020年06月19日 23時16分08秒 | 眠りの刻(2019年4月〜)

切金の部分に乗った石膏をノミで削り出しました。その過程でいくつかの型は取れました。

次回は型外しと粘土の掻き出しです。


型の塗り込み終わり(制作時間43時間)

2020年06月16日 15時53分17秒 | 眠りの刻(2019年4月〜)

次回から型外しです。