いろいろあるけど♪

基倉聖とゴン太の仲間達による、
元気フェスタ!!さっぽろ笑EVER(わらえばー)の話だったり、違ったり。

9月19日 何の日

2018年09月19日 01時59分56秒 | 本日の我が家の話題
☆苗字の日

1870年のこの日、戸籍整理のため、太政官布告により平民も苗字を名乗ることが許された。

しかし、なかなか苗字を名乗ろうとしなかったため、1875年2月13日に、全ての国民が姓を名乗ることが義務づけられた。



2018年9月19日(水) 札幌の天気

2018年09月19日 01時48分51秒 | 本日の我が家の話題
こんばんは!!


今日は、終日気持ちのいい秋晴れとなります。雨の心配はなさそうです。

気温はプラスですが、日中も冷たい風が強く、少し肌寒さも感じられます。羽織るものはお忘れなく。


今日の最高気温はプラス23度、最低気温はプラス15度。

今日の日の出は5:18、日の入りは17:38。


空模様の写真は後ほど。



山本KID徳郁さん死去 義弟のダルビッシュもリツイートで哀しみ報告

2018年09月18日 19時26分07秒 | 本日の我が家の話題


 総合格闘家の山本“KID”徳郁氏が、18日、亡くなった。41歳だった。山本氏が所属するKRAZY BEEのオフィシャルツイッターで明かされた。この早すぎる死に、義理の弟となる米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手も、死去を知らせるツイッターをリツイート。レスリング仲間の吉田沙保里もすぐに反応した。

【写真】KIDさん ダルのキャンプ地を訪れ妹・聖子さんと観戦したことも

 ダルビッシュの妻は、山本氏の妹の聖子さん。山本氏の姉の美憂さんとともにレスリング世界女王にも輝くレスリング一家だった。聖子さんは12日にツイッターを更新して以降、18日午後1時現在、更新はないが、夫のダルビッシュが代わって山本さんの死去を伝える事務所のツイッターをリツイートし、多くの人に訃報を伝えた。

 また同じくレスリング仲間の吉田沙保里もツイッターを即更新。「KIDさん、早すぎるよー!お別れも出来ず残念でなりません。心からご冥福をお祈りします」とつぶやいた。


最終更新:9/18(火) 18:51
デイリースポーツ


元記事はこちらから



ハチミツ二郎激怒 山本KIDさん死去に心ないコメント「どうゆう生き方したら…」

2018年09月18日 19時23分12秒 | 本日の我が家の話題

お笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎が18日、ツイッターを更新し、この日41歳の若さで死去した格闘家の山本“KID”徳郁さんについて、一部で心ない声が上がったことに激怒。「そろそろ匿名顔無しだからってクソみたいなこと書き込むのやめろよ」と訴えた。

【写真】松葉づえで会見に臨む山本さん 不屈の男だった

 ハチミツ二郎は大の格闘技ファン。それだけに山本KIDさんの早すぎる訃報にはショックを受けたようだ。だがそれ以上にショックだったことがあったようで、更新したツイッターには「山本KID徳郁さんが亡くなられた」と切り出すと「Yahoo!ニュースですぐに記事を見たら、試合も弱くガンにも負けただなんて書いてるコメント欄のコメントが目に入った」と、目を疑う書き込みがあったと報告。

 「どうゆう生き方して来たらそんなこと書けんだ?クソ野郎」と激怒。「そろそろ匿名顔無しだからってクソみたいなこと書き込むのやめろよ」と、名乗りもせず、亡くなった人への尊厳にも配慮しない書き込みを猛批判していた。

最終更新:9/18(火) 18:26
デイリースポーツ

元記事はこちらから



樹木希林さん「二次使用はご自由に」留守電に流れたメッセージの意味 たった1枚に込められた若者への思い

2018年09月18日 19時20分23秒 | 本日の我が家の話題


「二次使用はどうぞご自由に」。7月中旬、樹木希林さんの事務所に電話をすると、樹木さん本人の声でこんな留守電が流れました。最初はその留守電の意味を深くは考えず、要件を書いたファクスを送りました。学校に行くことや、生きることがつらい若者へのメッセージを届ける企画「#withyou~きみとともに~」でお願いした取材。配信した記事は、死去のニュースが流れた後も、拡散され続けています。樹木さんは、どんな思いで取材に答えてくれたのか。今、留守電の言葉から考えてみたいと思います。(朝日新聞記者・松川希実)

【画像】樹木希林さんから届いた直筆のファクス、生きづらさを抱える10代に届けたかった言葉

ずっとずっと考えていた
 ファクスをしてから1週間ほどたった7月のある日、突然、私の携帯電話に着信がありました。

 すぐにかけ直すと「今代わります」と女性の声。やがてテレビや映画で聞き慣れた、あの声がしました。

 「樹木希林です」

 突然、ご本人が出たことに驚きました。芸能文化担当の記者でもなかった私は、樹木さんとお話ししたのはこれが初めて。こちらの緊張などお構いなしに、いつもの調子で樹木さんは話し出しました。

 「どんなことを書けば良いのか、ずっとずっと考えていてお返事が遅くなっちゃったの。ごめんなさいね」

無力よね
 樹木さんがマネジャーをつけていないというのは別の記事で読んだことがありました。山のように送られてくるファクスの1枚1枚を自分で読み、私たちの企画書に目を留めて下さったのだと思い、驚きました。

 生きづらさを抱える若者へのメッセージという企画の趣旨を深刻に受け止め「難しい」と取材を辞退される方もいただけに、「今回も断られてしまうかな」という心配もよぎりました。だからこそ、続く樹木さんの言葉は意外なものでした。

 「どうしたら伝わるのかしら。本当に無力よね、まったく書けないの」

 申し込んだのはインタビューでしたが、樹木さんはその時すでに、自分でメッセージを書くことを決めていたようです。

 今思えば、体が本調子ではない中、自身のメッセージを伝える方法を考えてくれていたのかもしれません。

 一切の妥協をせず、若者へのメッセージに向き合ってくれた樹木さんは、次のように続けました。

次ページは:死んだ後の世界はすばらしい?

記事の続きはこちらから



米中が全面対決の時代へ 中国とりまく経済環境は一変も

2018年09月18日 19時16分14秒 | 本日の我が家の話題

トランプ米政権が中国からの2千億ドル(約22兆円)相当の輸入品への制裁関税を表明し、米国と中国が経済分野で全面対決する構図が強まった。米中双方が輸入関税の引き上げにとどまらず、輸出規制の強化や投資制限といった幅広い対抗策に動く公算が大きい。米中間で進んだ経済関係の緊密化が“逆回転”を始め、2大経済大国の貿易摩擦の激化が世界景気の最大のリスクに浮上している。(ワシントン 塩原永久)

 トランプ米大統領は17日の制裁発表に先立ち、ツイッターで「関税は米国の交渉力を非常に高める。米国と公正な取引をしない国は関税が直撃するだろう」と述べた。米政府は2千億ドル相当への制裁に加え、中国が報復措置を採れば、2670億ドル相当への別の関税措置を準備すると発表し、一歩も引かない構えだ。

 米国はこうした輸入制限とは別に、軍事技術などに関係する重要な米製品の流出に目を光らせる輸出規制も強化した。トランプ氏は8月に関連法案に署名し、中国の先端技術分野での台頭を押さえにかかっている。

 また、米国では中国への技術流出を阻止する狙いで、安全保障上の観点に立って米企業の買収案件を精査する対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を強化する法案も成立した。米国の対応は「世界各国の貿易管理や投資規制の在り方にも影響を及ぼす」(貿易実務の専門家)とも指摘され、米政府の新制度の運用次第で、中国をとりまく経済環境が一変する可能性もあるとみられる。

 一方、米メディアによると、中国も米国への報復策として輸出規制の検討をしており、米中の対立は幅広い分野で深まりそうだ。

 10年前の米金融大手リーマン・ブラザーズ破綻を機に起きた金融危機後、中国などの新興国が急成長。米企業も中国の需要を取り込む形で、現在に至る景気拡大の足がかりを得た。

 米メーカーは部品の調達・供給網(サプライチェーン)を中国に広げ、米自動車大手は中国市場で販売を拡大させてきた。しかしトランプ氏が「世界の工場」として発展を遂げた中国に消耗戦を挑むことで、金融危機後の世界経済が前提としてきた米中の関係強化の流れは逆行を始めることになる。

 すでに各国企業では、米中衝突が最大の景気リスクになるとの見方から、投資計画を先送りするなどの影響が出ている。


最終更新:9/18(火) 19:02
産経新聞

元記事はこちらから



岡崎体育「まんぷく」でテレビドラマ&朝ドラ初出演「温かい目と冷ややかな目の両方で見守って」

2018年09月18日 18時46分16秒 | 本日の我が家の話題
ライブの“口パク”などを堂々と告白し“商業音楽界の革命児”と呼ばれるシンガー・ソングライターの岡崎体育(29)がNHK連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート、月~土曜前8・00)で朝ドラに初出演することが18日、同局から発表された。テレビドラマ自体が初出演となる。

女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務める朝ドラ通算99作目。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。 実在の人物がモデルだが、登場人物や団体名は改称した上、フィクションになる。

岡崎が演じるのは、進駐軍に逮捕される萬平たちが収監される雑居房で、動向や発言を見張る兵士チャーリー・タナカ役。
カリフォルニア生まれの日系人で、大阪なまりの日本語をしゃべる。

岡崎は「『存在するだけで鼻につく』という天性の才能を活かして、生意気なキャラクターを演じられるよう尽力しますので、温かい目と冷ややかな目の両方で見守っていただけると幸いです」と張り切っている。


記事詳細はこちら。


岡崎体育「まんぷく」でテレビドラマ&朝ドラ初出演「温かい目と冷ややかな目の両方で見守って」

北海道の節電、19日以降は求めず 苫東厚真再稼働で

2018年09月18日 18時29分09秒 | 本日の我が家の話題
世耕弘成経済産業相は18日の閣議後会見で、6日未明の地震以降、北海道内の家庭や企業に求めてきた節電について、19日からは要請しない方針を示した。

地震で損傷した苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)の1号機(35万キロワット)が18日に動き出し、電力需給が安定するため。

北海道電力は、苫東厚真1号機について予定を前倒しして18日に再稼働させる。

世耕氏は「他の発電所にトラブルがなければ電力需給はかなり安定する」とし、「19日以降は、(地震による)節電は必要なくなる」と述べた。

ただ、北海道では暖房需要などで冬に向けて電力使用が増える。世耕氏は「冬に向けて無理のない範囲での節電は協力願いたい」と話した。


元記事はこちら。


北海道の節電、19日以降は求めず 苫東厚真再稼働で

関ジャニ∞「グループであり続けることって、すごく難しい」 新体制スタート

2018年09月18日 18時17分18秒 | 本日の我が家の話題
現在、5大ドームツアーの真っ最中で、シングル「ここに」が発売されるなど、6人体制での関ジャニ∞がスタートを切った。

渋谷すばるさんの脱退後、さまざまな葛藤を抱きながらも進み続ける彼らに、今の思いを聞いた。


記事詳細はこちら。


関ジャニ∞「グループであり続けることって、すごく難しい」 新体制スタート

格闘家・山本KIDさん死去 41歳 8月にがんを公表

2018年09月18日 13時35分22秒 | 本日の我が家の話題
格闘家の山本“KID”徳郁(のりふみ)さんが18日、死去したことがわかった。41歳。所属するジムの公式ツイッターが発表した。

ジム「KRAZY BEE」の公式ツイッターが18日、「山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と報告した。
 
KIDさんは先月26日、自身のインスタグラムを通じて、「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と公表。がんの詳細については明かしていないが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」とつづっていたが、願いは届かなかった。

KIDさんはレスリング元日本代表の郁栄氏を父に持ち、姉・美憂(44)、妹・聖子(38)も元世界女王の格闘一家。2004年8月にモデルのMALIA.と結婚、長男と長女に恵まれるも2009年8月に離婚。その後、一般女性と再婚し、14年11月に女児、17年8月にも女児が誕生した。

学生時代からレスリングの強豪選手として活躍し、2001年に修斗でプロ格闘家としてデビュー。04年からK-1にも活躍の場を広げ、同年大みそかには魔裟斗との試合で日本中の注目を集めた。05年からHERO’Sに参戦し、同年大みそかに須藤元気を下して初代ミドル級世界チャンピオンに。08年からDREAMのリングを経て、11年から世界最高峰の格闘技団体・UFCに参戦していた。


元記事はこちら。


格闘家・山本KIDさん死去 41歳 8月にがんを公表


不死鳥のようにリングに戻ってくると信じていました…。
あまりにも若すぎる…。ご冥福をお祈り致します。



綾瀬はるか「義母と娘のブルース」最終回を予告「衝撃の告白をみゆきにします」

2018年09月18日 12時31分15秒 | 本日の我が家の話題
女優・綾瀬はるか(32)が18日、TBS系朝の情報番組「あさチャン!」(月~金曜午前5時25分)に出演し、今日最終回を迎える同局ドラマ「義母と娘のブルース」を猛アピールした。

「切りすぎちゃったみたい」と短くした前髪に照れ笑いしながら登場した綾瀬。気になる最終回の見どころについて「亜希子さんがなんで、亜希子になったか、なんで義母になったか、いろんな衝撃の告白をみゆき(上白石萌歌)にします」と語り、スタジオを驚かせた。

 番組は、クランクアップ直前の撮影現場に潜入。娘・みゆき役を演じる上白石にもラストについて直撃すると「最終回は奇跡があります。この作品すべてを通してどれだけすてきな奇跡が起こったのか、最後まで注目して見ていただけたら」とコメントした。

 VTRを見た綾瀬に上白石との関係性を聞くと「ずっと一緒にお芝居させていただいているので、絆は生まれてきたと思いました」とほほ笑んだ。そして「最後の奇跡見てください!」と締めくくった。

最終更新:9/18(火) 12:35
東スポWeb

*************************************

叫んでいいですか?!

c(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダc(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

義母ムス終わっちゃイーーーーーーヤーーーーーーダーーーーーーー!!!!!!!


(´Д⊂クスン

みや

みんな一緒に元気にな~れ!!  札幌まちなか探検隊  オータムフェスト。大通公園、狸二条広場

2018年09月18日 12時09分28秒 | 本日の我が家の話題






























慰問の前後はいつも行く神社にお礼参り。















みや



敬老の日 慰問に行って来ましたヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ~♪

2018年09月18日 11時26分04秒 | 本日の我が家の話題


















個人宅を含め敬老の日のお祝いに行ってきました。

10年来のお付き合いのある方々なので、挨拶は|///|ヽ(゚Д゚ )ノ|///|タダイマー

私たちのほうが、いつも元気をいっぱいいっぱい頂いています!

余震で不安な夜を過ごしているにも拘らず、出席率はほぼマックス!!

「楽しみにして待ったんだよ~。」って、めちゃめちゃ嬉しかった~。

ボランティアをしていて、いつも思います。

たくさんの方々の元気を頂いているから、私達も元気になれるんだって!!

外から見えない不治の病を持っていても、下肢障害で車椅子移動(介助人付き)が不可欠の私にも、まだまだできることがある。

そう思うだけで、とても励みになっています。

「支え愛」「触れ愛」「いたわり愛」大事に思っています。

みや


関ジャニ∞ 丸山隆平、“人生初のヒゲ”をたくわえ弁護士役に 『誘拐法廷』で松嶋菜々子と初共演

2018年09月18日 11時11分40秒 | 本日の我が家の話題
関ジャニ∞の丸山隆平が、10月7日にテレビ朝日系の『日曜プライム』枠で放送されるドラマスペシャル『誘拐法廷~セブンデイズ~』に出演することがわかった。

テレ朝ドラマ初主演となる松嶋菜々子【写真】

 同ドラマは、韓国で大ヒットを記録した映画『セブンデイズ』を、松嶋菜々子主演で日本版としてリメイクしたもの。有能な母親弁護士・天吹芽依子は、ある日、最愛の娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された、限りなくクロと思われる被告人・国光の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットはわずか7日間。芽依子は娘を奪還すべく、弁護士の倫理に抵触しかねないギリギリのラインで証拠集めに奔走する。“母性”と“倫理”、“無数のどんでん返し”がめまぐるしく交錯する“ノンストップサスペンス”が繰り広げられる。

 2012年にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で連続ドラマ初主演を務めた丸山が、今回、役のために人生初のヒゲをたくわえ、6年ぶりにテレビ朝日のドラマに出演。そんな丸山が演じるのは、フリーの弁護士で、さまざまな事務所の軒先でおこぼれの仕事をもらうノキ弁・宇津井秀樹。殺人事件の被疑者・国光瑛二を担当する国選弁護人で、はなから国光は有罪だと疑問も持たずにいたが、天吹芽依子に国光の弁護を替わってほしいと頼まれたことで、何かこの事件に面白みがあるのかと興味を持ち、一緒に弁護することを提案。国光の冤罪を証明するにあたって手段を選ばない芽依子のやり方に難色を示しながらも、ともに弁護活動を継続する。世の中、金が一番大事だと思っている人物で、芽依子にとって、味方なのか敵なのかわからない存在である。丸山にとっては、自身初となる弁護士役で、松嶋との共演も初となる。

 丸山は、本作への出演について、「もともと、韓国映画の中でもサスペンスというジャンルが好きで、プライベートで楽しんでいたので、こう言ったジャンルのお仕事をいただくのが初めてで、お話をいただいたときは、とても嬉しかったです。今回、弁護士役として参加させていただくのですが、どんな職業に就いたとしても、やはり人間であることには変わりないと言う中で揺れる芽依子はじめ、この物語の登場人物の個々の揺れに、結末までドキドキさせられながら、プロットを読ませていただきました。二転三転していく中で、思いもよらぬラストと、見終わった後、それぞれのその後を想像させるなんとも言えない後味。たまらなく好きな作品になりそうです。この物語の一員として、キャスト、スタッフの方々と共に皆さんをどのように作品に引き込むのかが今から楽しみでなりません」とコメント。

 さらに、「僕自身としては、今まで演じたことのない役柄なので、どうアプローチしていくのか、練っていくか楽しみです。エンターテイメントとして楽しめて、人間ドラマとしても考えさせられる、正義とは何かをご自身の中で推理しながらご覧になっていただけたら、より深みのある楽しみ方をしていただけると思います。みなさんの大切な時間を、少しでもこの作品でどうか独り占めさせてください」と見どころをアピールしている。

【コメント一覧】
■松嶋菜々子(天吹芽依子役)
丸山さんは、テレビで拝見していても本当に人柄がよく、心が広そうな印象があったんです。現場で初めてご挨拶したときも、温かい笑顔を向けてくれたので「あ、受け止めてもらえた!」と感じてホッとしました。丸山さんとは撮影合間によく健康情報の交換などの雑談をしています。
『誘拐法廷』は、娘を誘拐されるところから始まるので母親の身としては辛い物語で緊張感が漂う内容です。もし実際にそんなことがあったら、とても立ってはいられない……! 現実と重ね合わせて想像していくと、気持ち的に演じるどころではなくなってしまうので、「あくまで物語として皆さんに楽しんでいただけるように」と心掛けています。お芝居ではいろんな緊張感とプレッシャーを感じる日々ですね。芽依子が常に切羽詰まっている状態を表現したいので、なるべくスラスラとセリフを言いたいけれど、ただただ急いで叫んでいるようにはしたくない。そのさじ加減がすごく難しいので、正解が分からず葛藤する毎日です。でも、この試行錯誤がこの仕事の楽しい作業でもあります。麻生監督は、現場でよくセリフ変更をされる方なんですが、それによって私自身がイメージしていたものがガラッと入れ替わることもあり、演じていて1シーン1シーンが新鮮です。
この作品は、なかなかない設定のドラマで、最後には衝撃的な結末が待ち受けています。見終わった後に考えさせられ、皆さんの心に残るものが必ずあると思いますので、ぜひご覧ください。

■丸山隆平(宇津井秀樹役)
台本がすっごく面白くて、あっという間に読み終わりました。だからこそ、撮影では見落としがないよう作品とじっくりと向き合い、宇津井の役割をちゃんと自覚した上で、芽依子と足並みをそろえていかないといけないな、と思いました。「僕が足を引っ張るわけにはいかない…」というプレッシャーもありましたけど、こういう負荷がかかるときはすごくいい役だったりするんです。だから「僕も作品の歯車のひとつとして、自分なりの挑戦ができたらな」と、ワクワクもしました。
今回は弁護士役ということで、現職の弁護士さんにレクチャーを受けて、裁判も民事と刑事の両方を傍聴しました。あと、台本から得たイメージをもとに、ヒゲを伸ばすことも提案させていただきました。昔からの友達には「似合わない」と一刀両断されましたけど(笑)、『誘拐法廷』の現場では「ヒゲがない顔の方が、違和感がある」と言われますね。僕自身も生やし始めたときは、自分の顔にちょっと戸惑いましたけど、今は「作品の一部として、役のために!」という強い気持ちで自分を保ってます(笑)。
松嶋さんとは初共演です。経験豊富な女優さんですし、お会いする前は構えていたんですよ。でも、撮影合間にご家庭のお話も伺って「お母さんなんだなぁ」と心が和らいで、ぐっと身近な存在に感じました。僕の日常の話にもすごく笑ってくださるし、“女優さん”ではなく“人”として接してくださるので、印象がだいぶ変わりましたね。劇中のバディ感とはまた違う形で、いい共演ができてる感覚があります。
『誘拐法廷』はいろんな見方ができる“母の愛の物語”。人それぞれの正義、愛や憎しみがいろんな角度から感じられて、最後まで心を揺さぶられる作品ですので、ぜひリアルタイムでご覧ください。

■横地郁英(テレビ朝日ゼネラルプロデューサー)
松嶋菜々子さん演じる芽依子とバディを組むことになる弁護士・宇津井は、最後まで敵か味方かわからない人物。仕事にやる気もなく、人が良さそうに見えて、裏では何を考えているかわからないキャラクターです。丸山さんに、人の良さの裏側に得体の知れないブラックなものを感じさせて演じていただけたら面白いと思い、オファーしました。丸山さんご自身の提案によるヒゲのある宇津井は、茶目っ気もありながら、敵か味方かわからない、ミステリアスでブラックな存在感を醸し出しています。ご期待ください。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/18(火) 5:00
リアルサウンド

元記事はこちらから




渡辺直美 来年NYお笑い修行へ!本誌だけに語った三十歳の夢

2018年09月18日 11時05分44秒 | 本日の我が家の話題
「渡辺直美さんは来春からNYに渡ることを考えているそうです。日本以外にも活動の場を広げ、全世界で認められるエンターテイナーになるべく動き始めていると聞きました」(渡辺の知人)

【写真あり】渡辺直美開いた1人1万円高級バー…

お笑い芸人、女優、そしてフォロワー数820万人の“インスタの女王”として枠に収まらない多才ぶりを発揮している渡辺直美(30)。6月に発表された米国『TIME』誌の“ネット上で最も影響力のある25人”でも、トランプ大統領や歌手のリアーナらと並び唯一、選ばれた日本人が渡辺だった。そんな渡辺が今、“NY進出”を真剣に考えているという。

「もともと14年に、彼女はダンスと語学の勉強のため、NYに短期留学をしたことがあります。その当時の経験があまりに衝撃的で、今回の本格的な渡米計画のきっかけとなったそうです」と、打ち明けるのは服飾関係者。

5月末にはNYの国連本部で開かれたファッションセレモニーにも登場している。こうした手応えに自信をつけ、もっと活躍の場を広げるために渡米を決意したのだろうか。9月中旬の夜7時頃、真相を聞くべく、都内の自宅マンションに帰宅した渡辺を直撃した。

――来春からNYに行くと伺いましたが、本当なのでしょうか。

「……はい。まだこれから吉本の上の人と話を詰めるので、どうなるかわからないんですけれど、来年2月くらいに行けたらと思っているんです!」

渡辺は突然の直撃に戸惑いつつも、意を決したようにハッキリとNYに行く計画を明かしてくれた。

――NYでは主にアーティスト活動をしていくのでしょうか。

「アーティスト(笑)。コメディーが好きなので、NYではコントをやりたいんです! あっちでコメディタッチの演技とかやってみたいなと思っているんです。日本とNYを行き来しながら、お仕事できたらいいなと思っていて」

――お金の話をして申し訳ないんですが、海外の方が、ギャラも上がるんですか。

「それが、あっちでの知名度がまだまだなので全然なんです。今まで何度か向こうからお話をいただいていたんですけれど、日本でのギャラの方がいいですし(苦笑)。まだ、レギュラー番組の関係者の方とかにもお話ししていない状態で……」

現在、渡辺は『ぐるナイ』(日本テレビ系)の「ゴチになります!」など多数のレギュラー番組を抱えている。人気者だけに、本人の意向だけで即座に渡米できるわけではないようだ。

――以前の留学で英語はかなり上達したのでしょうか。

「留学当時は、ゼロからのスタートでしたけど、いまは中2レベルくらいまではいけます(笑)。そこから勉強していないので、次は実践に移したいなと思っています」

――来年2月からの渡米はどれぐらいの期間の予定でしょうか。

「NYで何となくお仕事をしつつ、半年ぐらいと思っています」

――向こうでコントを突き詰めていきたい、と。

「はい。泣くようなシリアスな演技ではなく、『Mr.ビーン』みたいな、みんなが見ていて面白くて笑えるコメディーの演技がやりたいなと思っていて。今はやっぱり、ビヨンセとかファッションのイメージが海外では強いと思うので、芸人として日本でもやっていることが海外でも通用するように頑張りたいな、と。今年末くらいに日本で単独ライブをやって、いずれは英語も覚えて、5年以内にスタンダップコメディー(漫談)をやりたいなと思っています」

――応援しています!

「本当ですか、嬉しい~。でも、まだ全然決まっていないので、もしかしたら行けないかもしれないですけど、完全にNYを本拠地にするつもりはないです。何個か向こうからお話はいただいているんですけど、日本での仕事と被って断ることが多くて。日本でもたくさんの人にお世話になっていて、レギュラー番組もあるし、収録の度に帰って来るという風にするか……。ちょっと長い時間はかかるかもしれませんが、周囲に理解してもらって、自分の提案をしっかり実現できるように頑張ります!」

NY修業で芸を磨き、“世界のナオミ”へ。渡辺の夢が笑顔で叶う日を本誌は心待ちにしている――。

最終更新:9/18(火) 8:33
女性自身


元記事はこちらから