goo

『「うま味」を発見した男 ―小説・池田菊苗』上山明博,PHP研究所,2011年

2011年06月17日 | 上山明博の本
日本人なら誰もが知っている調味料「味の素」。いまや日本にとどまらず,世界中で大ヒット商品となっているこの「味の素」誕生の陰には,一人の科学者と夏目漱石との友情があった。

旧薩摩藩士の家に生まれた池田菊苗は,化学の道を志し,ロンドンへと留学する。そこで若き日の夏目漱石と出会い,刺激し合うことによって,二人はお互いの進むべき道を強く踏み出していくのだった。
日本人の栄養状態を改善し,食事を豊かにしたいという願いに挑み続けた菊苗は,ついに甘・辛・酸・苦とは別の,「うま味」という味覚が存在することを発見。妻とともに幾多の苦難を乗り越えて,その結晶化に成功するのだが,そこから「味の素」が世に認められるには,さらなる試練が菊苗を待ち受けていたのだった……。
第五の味覚「うま味」を世界で初めて発見し,「味の素」が生まれるきっかけとなった化学者の波瀾万丈の生涯を描く,感動の評伝小説!!

『「うま味」を発見した男 ―小説・池田菊苗』上山明博(amazon)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。