goo

ふくい中央みらいカレッッジ市民公開講座「地震学をつくった男・大森房吉──生誕150年を迎えて」満員御礼!!!

2019年03月11日 | イベント.講演
「地震学をつくった男・大森房吉──生誕150年を迎えて」と題する講演のため、3月9日(土)JR福井駅前の福井市中央公民館に向かった。
会場に入ると、120名の満員の聴講者の拍手に迎えられた。福井の人びとの熱い視線を浴びながら、予定の1時間半はあっという間に経過した。最後に、「ご質問をお受け致しますが」と聴講者にマイクを向けると、地震発生のメカニズムに関するもの、日本の地震学者の系譜に関するもの、小松左京のSF作品に関するものなどなど、矢継ぎ早に質問が寄せられ、質疑応答の充実した時間が心地よかった。
聴講者のなかには、福井市議会議員、元教育長、学校教諭、歷史研究者、郷土史家、観光案内人などの方もいて、福井の偉人・大森房吉に関心を寄せる多くの方々とお会いさせていただいた。これほど熱気を感じた講演会もちょっとない!










goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ふくい中央みらいカレッッジ講演会「地震学をつくった男・大森房吉 ── 生誕150年を迎えて」(講師:上山明博)のお知らせ

2019年02月18日 | イベント.講演
来る3月9日(土)14:00より、JR福井駅前アオッサにて、
ふくい中央みらいカレッッジ市民公開講座
「地震学をつくった男・大森房吉──生誕150年を迎えて」と題する講演会(無料)を以下の通りおこなうこととなりました。

当日は、大森房吉(東京帝国大学地震学教室教授)の戸籍や当時の新聞記事などの貴重な資料画像をプロジェクターでご覧いただきながら、近著『地震学をつくった男・大森房吉』青土社刊の取材の裏話などをお話し、福井が生んだ偉人・大森房吉を正しく評価し、後世に伝えるための一助となればと思っています。
ご興味のある方は、是非お立ち寄りいただきますよう、よろしくお願いいたします。

ふくい中央みらいカレッッジ市民公開講座
講演会「地震学をつくった男・大森房吉──生誕150年を迎えて」(無料)
講師:上山明博(作家、『地震学をつくった男・大森房吉』の著者)
日時:3月9日(土)14:00〜16:00
場所:福井市中央公民館アオッサ研修室601(福井市手寄1-4-1)
共催:福井市中央公民館+福井市旭公民館
お問合せ:電話 0776−20−5459




『地震学をつくった男・大森房吉』上山明博著、青土社刊
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ドリアン助川さんと7年ぶりに再会!

2018年11月15日 | イベント.講演
昨晩、紀尾井町の日本文藝家協会で行われた文学サロン「ドリアン助川、自作の『線量計と奥の細道』を演じる」に出席し、ドリアンさんと7年ぶりに再会した。
東急ハンズで買ったという線量計(エステー社製)を持ち、折り畳み自転車で奥の細道を旅した行程を、写真と解説と朗読で自著を立体的に再演。ドリアンさんの声量のある声音から、汚染してしまった国土と、この国の危うさがひしひしと感じられた。
講演後、ドリアンさんを囲んで、加賀乙彦さん、村上政彦さん、志賀泉さん、森川雅美さん、野武由佳里さん、北久保まりこさん、山本源一さん、田口博さんなど、作家、詩人、歌人、編集者と近くの居酒屋で大いに語り合い、久しぶりにとても楽しい刺激的な時間を過ごすことができました。ドリアンさん、みなさん、ありがとうございます!

講演後のドリアン助川さん(右)と私・上山明博、日本文藝家協会にて。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

大森博士逝く

2018年11月08日 | 大森房吉
今から95年前の今日(11月8日)、地震学の父・大森房吉博士が亡くなった。

大森房吉は、近代地震学の礎をほぼ独りで築き上げ、1916年には日本人初のノーベル賞候補にも選出された。だが、日本史上最悪の大惨事をもたらした関東大震災を予知できなかった責任を一身に背負い、震災の僅か2カ月後の大正12年(1923)11月8日、震災で犠牲となった人びとの後を追うように急逝した。享年55。

→『地震学をつくった男・大森房吉』上山明博著、青土社刊


「
大森博士逝く」写真は、帝大病院を出る大森博士の遺骸(『報知新聞』大正12年11月9日付)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

『地震学をつくった男・大森房吉─幻の地震予知と関東大震災の真実』上山明博著(青土社刊)出版記念講演会を日本文藝家協会にて開催!

2018年10月10日 | 大森房吉
『地震学をつくった男・大森房吉─幻の地震予知と関東大震災の真実』上山明博著、青土社刊の出版を記念して、2018年10月9日17:30~19:00、日本文藝家協会(千代田区紀尾井町3-23文藝春秋ビル新館5F)にて講演会(脱原発文学者の会主催)を行った。
井上ひさしの元担当編集者・高橋至さんが幹事役を買ってでていただき、会場設営から祝賀会の手配まで、すべてを差配していただいた。
日本文藝家協会理事の森詠さん、同じく理事の村上政彦さん、太宰賞作家の志賀泉さん、女流作家の桐生典子さん、詩人の森川雅美さん、同じく詩人の野武由佳里さん、ジャーナリストの深澤忠利さん、東日本大震災に咲くひまわりの会代表の橘光顕さん、集英社元編集者の山本源一さん、光文社元編集者の竹内充さんなど、多くの作家や編集者が日本文藝家協会に集った。
講演会は作家の村上政彦さんの司会で始まった。
拙著『地震学をつくった男・大森房吉─幻の地震予知と関東大震災の真実』は、かねてより敬愛する作家・吉村昭の代表的な記録文学作品『関東大震災』を遠くに仰ぎ見ながら取材執筆を行った。吉村さんはかつて日本文藝家協会の理事長を務められているが、その日本文藝家協会で拙著の出版記念講演会を行わせていただき、とても感慨深かった。
講演会の後、文藝春秋ビルからほど近い都市センターホテル内のレストランで、出版祝賀会を行った。
冒頭、作家の森詠さんからお祝いのお言葉を頂戴した。
会の最後に、女流作家の桐生典子さんとノンフィクションノベル作家の橘かがりさん両女史から素敵な赤い花束をいただいた──。冥土の土産としたい。


講演会の司会進行を先導していただいた作家の村上政彦さん(左)。


村上さんの紹介を受けて、ご挨拶する講師役の上山明博。


スクリーンに映る演題「地震学をつくった男・大森房吉」の前の上山明博。


冒頭、これからお話しする講演の主旨説明を行った。


講演は、スクリーン画像と配布資料を参照しながら行った。


スクリーンに映し出される資料を示しながら講演する上山明博。


敬愛する吉村昭の『関東大震災』初版本を例に解説する上山明博。


演題の『地震学をつくった男・大森房吉─幻の地震予知と関東大震災の真実』上山明博著。


出版祝賀会場でお祝いのお言葉を頂戴した作家の森詠さん(右)。


女流作家の桐生典子さんと橘かがりさんからいただいた花束。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

関東大震災から95年目の日、朝日新聞に『地震学をつくった男・大森房吉』の書評載る!

2018年09月01日 | 書評
関東大震災から95年目の今日(9月1日)、朝日新聞読書面に『地震学をつくった男・大森房吉』上山明博著、青土社刊の書評が掲載されました。書評記事でありながら、関東大震災時に活躍した地震学者の大森と今村両博士による回顧談で構成されていて、とっても面白く拝読させていただきました。評者の山室恭子(東京工業大学教授)さま、ありがとうございます!


2018年9月1日(土)『朝日新聞』読書面
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

拙著『地震学をつくった男・大森房吉』青土社刊に国の研究機関や学会から相次いで問合せが──。

2018年07月07日 | 新刊本紹介
拙著『地震学をつくった男・大森房吉』青土社が刊行されて以来、この1週間のうちに、東京大学地震研究所や日本地震学会、東京地学協会など、関係する研究機関や学会から相次いでお問合せを頂いた!
今日の地震学を担う当の研究者から、拙著がどのような評価を頂けるか、ワク・ワク、ドキ・ドキである──。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

福井新聞に新著『地震学をつくった男・大森房吉』が大きく報じられました!

2018年06月26日 | 新聞.雑誌.テレビ.ラジオ
6月24日(日曜日)の「福井新聞」社会面で、大森房吉生誕150年、福井地震70年になるのを記念して、福井が生んだ偉人・大森房吉の業績が大きく紹介されました。
記事は、6月初めに来訪した同紙社会部の近藤洋平記者の筆によるもので、大森房吉の業績を詳述した新著『地震学をつくった男・大森房吉──幻の地震予知と関東大震災の真実』の執筆の狙いや意義について取材を受け、同著が大きく取り上げられました。近藤さん、ありがとう!

福井新聞ONLINE→http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/608337


福井新聞社会面2018年6月24日(日曜日)『地震学をつくった男・大森房吉』上山明博著、青土社刊
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

近著『地震学をつくった男・大森房吉』(四六判、1,900円)の見本届く!装幀=菊地信義、写真=上山明博、編集=菱沼達也、発行=清水一人

2018年06月14日 | 大森房吉
6月21日発売される新刊本『地震学をつくった男・大森房吉──幻の地震予知と関東大震災の真実』(四六判、1,900円)の見本が、本日青土社から送られて来ました!
装幀=菊地信義、写真=上山明博、編集=菱沼達也、発行=清水一人。
よろしければ、ぜひ一度手にとって見てください。

青土社hp→http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3179

『地震学をつくった男・大森房吉──幻の地震予知と関東大震災の真実』上山明博、青土社
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

入手困難となっていた『ニッポン天才伝 ─ 知られざる発明・発見の父たち』朝日選書が電子書籍として復刊!!

2018年06月08日 | 新刊本紹介
 一年余りの間 入手困難となっていた『ニッポン天才伝 ─ 知られざる発明・発見の父たち』朝日選書が、 このほど電子書籍として復刊いたしました!!
 百年後の日本をめざした化学者「桜井錠二」、アメリカンドリームを体現した男「高峰譲吉」、ジャパンを研究した日本人「吉田彦六郎」、高分子化学のパイオニア「桜田一郎」、ライト兄弟に先駆けた男「二宮忠八」、「日本のエジソン」と謳われた発明王「島津源蔵」、「東洋のマルコニー」と言われた天才少年発明家「安藤博」、関東大震災に殉じた地震学の世界的権威「大森房吉」、本邦初のお天気博士「藤原咲平」、〝ミスター・トルネード〟と呼ばれた竜巻博士「藤田哲也」、心臓が動く謎に挑んだ解剖学者「田原淳」、胃袋の闇に光を当てた光学技師「杉浦睦夫」、〝数学の神様〟と称された現代数学の巨人「高木貞治」、現代の錬金術師「増本量」、湯川秀樹とノーベル賞を競ったもう一人の天才「久保亮五」、生命の起源に挑んだ五十四年の生涯「田中豊一」。
 何方かお目に留まれば、ぜひ一度見てください。

https://www.amazon.co.jp/-/dp/B07DJ7LWJ7/


上山明博 著『ニッポン天才伝 ─ 知られざる発明・発見の父たち』Kindle版
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ