バロックヴァイオリン 佐藤 泉  Izumi SATO

「コンサート情報」や「日々の気づき」などをメモしています。

大竹しのぶ 主演 「ドクター」

2021年11月26日 | コンサート情報
話題作なので、もう席はないだろうと思っていたら あった  大竹 しのぶ主演 ドクター 

兵庫県立芸術文化センターにて12月2日から5日まで。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続いて さざんか

2021年11月26日 | 日記
先日お知らせした金木犀の続きです。

後輩の妹さんがよく覚えておられて、金木犀の下の学年は赤いさざんか 2年下の学年は白いさざんかを 卒業時に頂いたそうです。 

近所を散歩すると なるほど 金木犀と赤いさざんや白いさざんか また両方があるお宅もあり、そういえば、兄 妹と二人いらっしゃったなあ、、と思ったりしました。

近くに新しく宅地になった所に出来たお家にも、かなり大きい金木犀と サザンカが玄関脇に植えられており、引っ越しの際にもってこられたのかなあ? とか、同じ学校の先輩後輩でご結婚されたのかしら??などと想像逞しくしています。

しかも、金木犀の花が散った後、さざんかが少しづつ咲き始め、サザンカはかなり長く花をつけて冬を楽しませてくれる。もしそこまで考えて 当時木を選ばれていたとしたら、本当に素晴らしい配慮。

高校へ巣立って行く生徒を心配し、どうか健康で幸多かれ、と願うしか出来ない先生方の想いを受け取った様に思う朝でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今夜9時 Eテレにて

2021年11月19日 | お知らせ
こんにちは。

既にご存知かと存じますが、今夜9時Eテレ「にっぽんの芸能」に チェンバロの大塚 直哉さん バロックヴァイオリンの桐山 建志さんが出演される由。再放送は22日月曜日だそうです。

取り急ぎ お知らせまで。 

*****************************
大江戸×バロック音楽 時空を超えたコラボレーション

初回放送日: 2021年11月19日

FM朝の人気番組「古楽の楽しみ」と「にっぽんの芸能」とのコラボレーション企画。 「古楽の楽しみ」で紹介されるのは、中世・ルネッサンスからバロック時代(1600~1750頃)を中心とした音楽。バロック時代の日本は江戸時代のはじめ、徳川幕府による鎖国政策がとられ、日本独自の文化が熟成されていた。当時交わることのなかった東西の音楽が、300年以上の時空を超えて、今宵新たな調べを紡ぎ出す。 西洋音楽との比較で明らかになる、日本の音楽の独自性と魅力を再発見! 出演 砂崎知子(箏) 熊沢栄利子(箏) 野口悦子(箏) 細川真紀(箏) 高畠一郎(十七絃) 米川敏子(箏) 福原徹(笛) 大塚直哉(チェンバロ) 桐山建志(バイオリン) 高橋美千子(歌)  市瀬陽子(バロックダンス) 山井綱雄(能舞)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金木犀

2021年11月05日 | 日記
散歩していると、一軒おきくらいに、オレンジの花を付けたキンモクセイの木が目に付く。しかも かなり年数が経っていそうな木々である。

丁度花が咲いているから目立つのだけど、ほぼ一軒おきとは、どういうことだろうか・・・と数日思っていた。
母に聞くと、中学校の卒業記念に皆もらったそうな。 

なるほど、そういわれれば、どこも昔・中学生、今・初老の人が住んでいる家っぽい。

数十年経ってこうして香りが町内を包んでくれることを知って、先生は選んで下さったのだろうか。

花が咲くたびに思い出が蘇ったり、中学時代の純な気持ちを思い出したり。 巣立って行く生徒に対する 先生の深い想いに感じ入った。その時は全然分からずに、何十年もしてから こういう形で伝わることもあるんだなあ、、

そういえば、その学校の校歌 (9分19秒辺りから)は、国語の先生の作詞と音楽の先生の作曲 編曲だった。 新設校で、校歌がなければ作ってしまうところが、子供心に凄いと思った。しかも中々の名曲である。

自分が子供の時は、親も先生も結構子供だ。。。なんて思っていたけど、親の心子知らず。先生のことも知らないままだった。年は取ってみるもんだ。。。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11月23日姫路パルナソスホール 大塚 直哉リサイタルチラシ

2021年10月28日 | コンサート情報




チラシです。

先日もこのホールに伺ったのですが、本当に響きが良い。 500人を超えるホールで、古楽に向いたホールは殆どないに等しいのですが、ここは800人にも関わらず良いです。当日は座席の半分を解放するので、400人定員となります。まだ少しチケットがあるようでした。 

取り急ぎお知らせまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする