晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

椿山課長の七日間・・その2

2006年01月30日 | 
椿山課長は大手デパート勤務46歳。若く美しい妻一人、小学生の息子一人がいる。高卒ながらデパートの花形といわれる、本店婦人服課長は異例の「出世」だ。

そんな中、取引先との接待中に突然脳卒中で急死。過労死である。気がつくと4階建ての白いビルにいる。そこは現世と来世の中間にある世界で、スピリッツ・アライバル・センター(通称SAK)とよばれる役所である。ここで講習を受け、反省ボタンを押せば、ほとんどの人が極楽往生できるという夢のシステムだ。しかし
椿山課長は、このままでは死に切れない!と審査を申し立て、この世に7日間逆送されるのです。それもナイスバディーの美女の肉体をかりて・・・

と、まぁ~こんな話なんですが、とにかくおもしろい!です
死後の世界をこんなに明るくコミカルなタッチで描いてある小説は初めての体験です。「よみがえりキット」という小道具がまた、おもしろいんです送り込まれた現世で、困らないように、何でも必要なものが出てくる魔法のカバンです。ドラえもんもびっくり!って感じです。携帯電話(着メロはベートーベンの「運命」)、いくらでもお金が出てくる財布、生理用品!?など。読みながら、なんど声を出して笑ったことでしょうそして・・現世に戻ってくるのがあと二人います。やくざの組長武田勇と、少年雄太です。この三人が現世で遣り残したことをはたそうと悪戦苦闘するんでが・・これまた話がうまく出来てるんですネ~

実は、椿山課長のお父さんがキーマンだったんですが・・これから読む人のために割愛しておきましょう^^

「あっ!!」と驚くような、仕掛けが待ち受けていて、ラストは感動のるつぼ 目頭が熱くなりました

浅田次郎が書きたかったのは、やはり「家族愛」だったんでしょうね・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

椿山課長の七日間

2006年01月29日 | 
体調を崩していて・・なかなか記事が書けませんでした。
博士の愛した数式」もう、読み終えてからずいぶん時間がすぎてしまいましたが、近頃、映画でも公開された模様。見てみたいと思っています。小説のほうは、記憶障害のある数学者の老人と家政婦さん、その子供がくりなすほのぼのとした物語。心の交流のテーマは、「数式」や「数字」。博士が発する言葉が数学者らしい?いいえ、らしからぬ感じで、とても新鮮で斬新に聞こえました

天才数学者、と聞けば、とてつもなく頭脳明晰、非人間的なクールさを連想しますが、博士は弱弱しく、心優しい老紳士であるのがまた、この物語の悲しさを誘いました。高等数学の公式や数式などたくさん出てきて、チョッと面食らったところもありますが、数学のお得意な方はきっと、「な~るほど!」なんて興味を抱くでしょうね、私には残念ながら、少し難解でしたが。
作者の小川洋子さんですが、この小説を書くにいたって、あの「藤原正彦」さん(国家の品格の著者)に綿密な取材をした経緯があるそうです。う~ん、納得!ですね

あれれ・・
椿山課長の七日間・・を書くつもりでしたのに、すっかり長文になってしまいました。・・
こちらは一言でいうと、「おもしろい!」何度も笑わせてくれて、最後には感動の涙~
浅田次郎の小説だね・・
詳しくは次回にします
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

くろ・・その2

2006年01月15日 | 日記
コメント、ありがとうございます!
我が家の愛犬「くろ」について・・もう少しだけ、お話したいと思います。
我が家に彼が初めてやってきたのは、こちらに引っ越してきた年平成4年の秋でした。近くのゴルフ練習場で「仔犬あげます」の張り紙をみた主人に同行して見にいったのです。「かわいかったらネ・・」という私は、あまり気が進みませんでした。行って見ると、兄弟が3匹いたらしいのですが、時遅しで、一匹しか残っていませんでした。オス、黒い毛並みで口元と足元だけが白くて生後1ケ月くらい。 正直言って、あまりかわいくない・・それで売れ残ったのかな?でも・・残り物には福がある!きたるべくしてきたのかもしれません。ちょっと臆病ですが、賢くて、とても元気!よく番犬をしてくれます。すっかり年を取ってしまって・・最近では毛並みも「グレー」に近いです。犬も人間も一緒ですね~

子供たちも同じように大きくなって、我が家にはたくさんの思いでがくろと一緒に
あります

「長生きしてネ!」
今日も彼の健康を考えて、ドックフードはシニア用をあげることにします

読書報告は・・「博士の愛した数式」「椿山課長の7日間」・・と次回にします


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2006年戌・・くろ

2006年01月11日 | 日記
お正月気分もつかの間・・仕事も始まり、すっかり平常通りの日常となりました初投稿となります^^去年、私の初心者とはいえ、つたないブログを読んでくださった方たち・・また、貴重なコメントを投稿して下さった方たち、ありがとうございました今年も思いのたけ少しずつ書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて・・今年は「戌」年ですネ。愛犬の写真を載せた年賀状がたくさん届きました。
我が家とて、例外ではなく、14歳になる「くろ」が飾る年賀状となりました。
人間でいうと、もうかなりの高齢になるらしいのですが、とても元気です。
いつも私が仕事から帰ってくると、いの一番に喜んで出迎えてくれます。かわいい私の恋人ってところかな・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加