晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

男たちの大和

2005年12月20日 | 映画
男たちの大和、見ました!
思いのほか、感動しました
太平洋戦争で東シナ海に沈んだ「戦艦大和」のことは常識程度に知っていましたが、映画をみて、つくづく「大和」の悲しい歴史と戦争の悲惨さがわかりました。
実際に、60年まえに起こった歴史ですから、映像の素晴らしさもさることながら、なおのことリアルで胸に迫るものがあります。
幼顔の少年兵たちが「お国のために命を懸けて戦います!」
と、勇猛果敢に大和に乗り込むのですが、その陰には母の思いや愛する家族の思いが交錯して、思わず涙を誘うシーンもありました。
この映画が単純な反戦映画ではないような気がするのは、やはり私たち、かつての日本人の心、大和魂・・と象徴された「戦艦大和」が主人公だからでしょう。
私たち、日本人は高潔な民族なんだ・・という思いが心の奥底からふつふつと沸き出てくるのを感じました!

戦争を賛美する気持ちは全くありません。命の尊さを思うと、どんな戦争でも正当化されるものはないです。
しかしながら・・
映画の中で、「特攻は無駄死にじゃないのか!」という、若い兵隊に、臼淵大尉(長島一茂)が答えるのです・・「敗れて目覚める。それ以外にどうして日本は救われるか。日本の新生にさきがけて散る、まさに本望じゃないか」って!

長島一茂、いい俳優さんになりましたね。^^・・
旧海軍にはずいぶんと学者肌の立派な人がたくさんいたんですね。
クレイジーとしかいいようがないこの戦争で散っていった、多くの男たちの無念さはどんなものだったんでしょう・・?

ちなみに、余談ですが、原作者の「辺見じゅん」さんって、角川春樹の実のお姉さんだったんですね。知らなかったです。

若い10代20代の人たちに、是非見てもらいたい映画です






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

人はなぜ恋に落ちるのか?・・

2005年12月06日 | 
9月にソニーマガジンよりでた新刊です
つい、先日客注で受けて、知りました。在庫僅少でなかなか入ってきませんが
興味のあるタイトルなので検索しましたら、単なるエッセイやそれらしい小説ではなく、脳科学にもとづいた学術本に近い読み物のようです。
残念ながら、私もまだ読んでいませんが、とても興味深いですね~

作者はフィッシャ-ヘレン(Fisher,Helen)大野晶子(訳)
恋に落ちるとは生物学的にどのような現象なのか?恋をしている人の脳をスキャニングするとなにが見えてくるのか?解明されていく恋の脳内メカニズム・・

と、あります。
確かに、とても身近ではあるが不思議な世界のようです。
そういえば・・
東北大学教授の川島隆太先生ですが、脳を活性化するのに単純計算がいいとして、たくさんの、大人(中高年)向けの計算ドリルや書き取りドリルを出版、爆発的に売れました。
認知症のお年寄りをケアするホームでは、これを取り入れ多くの方に改善の成果が出ているらしいです。
長年、脳神経科学を研究なさっている先生ですが
「心」はどこにあるのか?という疑問に「脳の中の前頭葉にある!」
という、確信に満ちた持論をお持ちのようです

では、恋は心でする、と思っていましたが・・いや、やはり前頭葉なのか!?

最近、私を悩ましてやまない、おもしろい問題です



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加