晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

ガンルージュ

2016年11月09日 | 
ガンルージュ  月村了衛 著

swim仲間のSさんおすすめの本。やっと読みました~
月村さんの本はこれで2冊目。
読み始めてすぐに「土獏の花」を思い出した。同じ書き方なんですもの^^

まるでハリウッドのアクション映画のようで、ありえない~!と心で叫びながら痛快な
エンタテインメントを楽しみましたよ

物語は・・

韓国最凶の特殊部隊が日本に潜入。
迎え撃つは、元公安のシングルマザー&女性体育教師!?

韓国の大物工作員キル・ホグン率いる最精鋭特殊部隊が日本で韓国要人の拉致作戦を実行した。
事件に巻き込まれ、人質となってしまった中学1年生の祐太朗。日本政府と警察は事件の隠蔽を決定した。
祐太朗の母親で、かつて最愛の夫をキルに殺された元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。
因縁の関係にある律子とキルの死闘の行方は。そして絶体絶命の母子の運命は――。

不死身の律子がすごいのですよ~オリンピックで射撃にでれば金メダルだろうなぁ~なんて。
屈強な男たちをバンバン打ちのめし、ナイフで切り裂き・・これは映画化されてもいいような派手な展開です。

政府高官と警察公安の隠蔽の裏に外交問題!?よくあるストーリーでこちらは
お粗末ですが
最終章ではよくまとまっていたかな~

さてさて・・
11月に入り、忙しいスケジュールに疲れ気味です。
来週は姪っ子の結婚式で鎌倉、逗子へと。
その次の週末には法事で家族そろって実家に帰ります。時間があれば深まる秋の
京都を歩きたいところです~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加