晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

望みは何と訊かれたら・・2

2007年12月17日 | 
やっとこさ、読了しました。
3分の2近くまで一気に読んでから、時間がなく中断してました。

500ページの長編は、中年女性が「ワクワク感」を期待する、お得意の恋愛小説ではありませんでした。

1960年後半から70年代にかけて日本だけでなく世界中の若者が革命の幻影を夢見た、といいます。
朝鮮戦争、ベトナム戦争、安保闘争、連合赤軍、浅間山荘事件、安田講堂陥落、デモ、シュプレヒコール、アジ演説、ビラ配り・・・

当時、私はまだ幼かったので、うっすらとしか記憶にありません。
自分が学生になったときはとても平和?な学園生活で、ときおり、その名残りを目にしたのは(形ばかりですが)覚えています。
しかし、問題意識も乏しく、今から思えばそのころから平和ボケ化した若者でしかなかったんだと思う。

パリの美術館で、偶然バッタリと34年ぶりに「秋津吾郎」と再会する。
物語はそこから30数年前にタイムスリップして、主人公「沙織」の波乱にみちた壮絶な過去が語られていく・・

ごく普通の女子学生が、錯乱か狂気のような学生紛争にのめり込んでいく様は、まるで、著者が体験したかのようなリアルさです。P村アジトでの、爆弾製作、訓練、そして総括のリンチ、殺人・・
スリリングで、恐怖をかんじました。

そして、アジトからの逃走。
半死半生のような沙織を、ノラ猫のように拾って、かくまってくれたのが、「秋津吾郎」でした。
その後の吾郎との秘密の生活は、異常そのもので、理解しがたかった。
しかし、
ラストシーンに、その答えがちゃんと用意されていたような気がします。

人間の生の根源や、愛の形とか、男女の関りとか、深く求めると原始時代に戻るってことなのかもしれない・・

本を閉じてから、私は、はたと考えました。

愛しい人の胸に抱かれて、
「望みは何?」
と訊かれたら・・ちゃんと答えられるかな・・って。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎の旅

2007年12月11日 | 日記
長崎の町を散策してきました

思ったとおり、とても美しく素敵なまちでした。

鎖国の時代、西洋への唯一の窓口となっていた長崎。異国情緒あふれる町並みは国際都市として栄えた歴史をかんじました。

一泊二日の旅は駆け足でしたが、簡単に紹介します

9日・・羽田11時35分発JAL1845便で、長崎へ13時45分着。
リムジンバスで市内へ。南山手のホテルへチェックイン後荷物をおいて、散策開始!
レトロな路面電車に乗って(なんと、100円でした!)、平和公園、浦上天主堂、原爆資料館・・
中華街へくり出し、夕食に「長崎ちゃんぽん」を食べる。
翌日10日。大浦天主堂、グラバー園、孔子廟、を散策。昼食には「皿うどん」を食べる。

リムジンバスで長崎空港へ。JAL1850便で帰路。・・羽田空港着17時~我が家へ。

とまぁ・・こんな調子で忙しかったですが、お天気にもめぐまれ快適でした

時折、にぎやかな修学旅行の高校生達と遭遇しましたが、あとは観光客はまばら。
ノラ猫がおおいばりで、のそのそ歩いているのが不思議でした

石畳のオランダ坂は、思いのほか急勾配でした。~「これは、足腰を鍛えておかないと、旅行も楽しめないなぁ~」なんてひとりごちながら、息もはぁ~はぁでした・・

長崎は、幕末から、開国へ転換期の日本の歴史を垣間見ることができ、歴史ロマンそのものでした。そして、忘れてはならないのは、原爆投下の悲しく悲惨な爪あとです。

勉強になりました・・

今度は、是非、佐世保、平戸へ足を延ばしたいです




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

I am busy !

2007年12月04日 | 日記
師走にはいり、もう、5日になろうとしています・・
忙しいです!
仕事も、家庭も、プライベート?も

真理子さんの本もあと、80ページ足らずがなかなか読めません・・

時間に終われ、一日くたくたになって・・

なのに~

来週、9日、10日と、一泊で長崎へ行くことにしました
ずっと行きたかったのは、「平戸」ですが、今回は時間の都合であきらめて、修学旅行コースになりそうです。

北九州は、初めてなんです

時間があればなぁ~
まぁ・・
贅沢かな・・なんて思います。主婦ですから。

でも、今から楽しみです。わくわく~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加