晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

散り椿

2017年08月30日 | 
散り椿   葉室麟 著

再読!

やはり、いいのですよ~時代劇大好きな人にはたまりません。
葉室先生の珠玉の作品です^^

物語は・・

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密だった。散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるもの―たとえこの世を去ろうとも、ひとの想いは深く生き続ける。秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する人々を描いた感動長編!

Amazonコピペしました~

お家騒動に藩内における権力争い、よくあるパターンですが、悪家老をとっちめてそこへ正義の剣士があらわれ
バッタっバッタと斬りつけて~の話で終わらないのですよ。

以外にもミステリー仕立ての藩の不祥事があり面白い!
そして、友情、夫婦愛、武士の一分・・これはもう日本人美徳ですね
大切な人への想いを貫くためには命をも顧みない。切なすぎます。。。

途中、、これはラブロマンスなの?と錯覚するほど、切ない想いに身がよじれましたよ(*_*;

 くもり日の影としなれる我なれば
   目にこそ見えね身をばはなれず

これは、、篠さんが嫁ぐ前に、想い人だった采女に送った歌です
 
最初、わからなかったですが、これはかなりの意味深長で・・勘違いすると夫には嫉妬が生まれます、それを逆に利用して
彼を生かそうとする妻の想いなんですよ!
なんと・・切なすぎますね~

ちなみに・・映画では、きっと「新兵衛」役が岡田君でしょう。剣の達人ですし^^
楽しみです~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潮騒はるか

2017年08月04日 | 
潮騒はるか   葉室 麟 著

アッという間に8月です。来週は夏休みで私も実家に帰る予定。。
ぼやぼやしてられません・・9月の末にはいつものHULA FESでレッスンも佳境にはいってきたし、
今年のお盆は弟の初盆で、、早いものです。実家の家族もなんとかみんな元気で過ごせているのは本当に
ありがたいことだなぁなんて思います。

さて、久々に葉室さん、読みました!痛快時代劇は気持ちがすっきりとします~

あらすじは・・

長崎にある西洋医学伝習所で蘭学を学ぶ夫・亮を追3い、
弟・誠之助と彼を慕う千沙と共に福岡から移り住んだ鍼灸医の菜摘。
女だてらに腕を買われて奉行所の御雇医となり、長崎での生活に馴染み
だしたところに、福岡から横目付の田代甚五郎が訪ねてきた。なんと
千沙の姉・佐奈が不義密通の末、夫を毒殺し、逃亡したらしい。さらに
尊皇攘夷を唱え脱藩した密通相手の男を追い、長崎に逃げ込んだという。
信じられない思いを抱きながらも、菜摘は奉行所の女牢で、武家の妻女
らしき身なりの女に心あたりを感じる。だが、その女は、腹に子を宿していた――。

結局のところ、この話の主人公は、菜摘なのか佐奈さんなのか?いやいや、やはり、さっそうと現れて
正義の味方のように尊王の獅子のように・・竜馬のごとくで弱気女を助け、にっくき悪者をやっつける!
次郎どの、のような気がします^^個人的主観です。

次の新刊、「嵯峨野花譜」楽しみです~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加