★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ジェーン・エア(2011)

2013年01月17日 | ★★★+

 

【JANE EYRE】 2012/06/02公開 イギリス/アメリカ 120分
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベル、ジュディ・デンチ

運命に妬まれた、魂で結ばれた愛。

[Story]
幼い頃に両親を亡くし、冷血な伯母の下で虐げられてきた少女ジェーン・エア。やがて入れられた寄宿学校でも、教師たちから理不尽な扱いを受ける日々。それでも決して屈することのないジェーンは、卒業後、由緒正しいロチェスター家で家庭教師の職を得る。ある日ジェーンは、気難しい屋敷の主人ロチェスターを落馬させてしまう。しかしロチェスターは、ジェーンの自立した立ち居振る舞いに好感を抱き、次第に2人は強く惹かれ合っていくのだったが...


シャーロット・ブロンテの古典的名作を映画化。
強い意志と聡明さを持ったヒロインが過酷な運命に立ち向かい、真実の愛を求めて道を切り開いていく姿を描く作品。監督は『闇の列車、光の旅』のキャリー・ジョージ・フクナガ。主演は『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカと『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『プロメテウス』のマイケル・ファスベンダー。

年末にちょうどロチェスターの秘密がわかったところまで観て、年明けてやっと5日後に観終わったという中途半端な鑑賞になってしまった作品。意外に忘れてなくて、しかもこれラブ・ストーリーじゃん!!と思いつつも、美しい音楽とちょっぴりゴシックホラー的な風景とアカデミー賞、英国アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされたという豪華な衣装が素敵でした。
そしてミア・ワシコウスカのキリッとして落ち着いた演技が良かったし、何と言ってもマイケル・ファスベンダーが良かったのー。あとジュディ・デンチおばさまも控えめな演技だけど存在感はバッチリ。

原作は165年も経っているというのに今でも映画化されてるし、もう何度も映画化や舞台化されているというからすごいですね。ジェーンの辛い過去やロチェスター家でうまい具合に仕事をもらえて、そしてご主人様に好意を持たれてとトントン拍子に幸運に恵まれる都合良さは女性が好みそうな展開ですね。でもジェーンのちょっときつめだけど裏表のない真っ直ぐな性格が好感持てました。そのへんが好かれるんだろうな。

観終わってから収録されてた日本版予告編を見たら、ロチェスターの秘密は予告編でわかっちゃうんですね。これ知らないで見て良かった!! あれにはちょっと驚いたかも。

★★★.8

ジェーン・エア [DVD]
ミア・ワシコウスカ,マイケル・ファスベンダー,ジェイミー・ベル,ジュディ・デンチ
Happinet(SB)(D)
  ジェーン・エア [Blu-ray]
ミア・ワシコウスカ,マイケル・ファスベンダー,ジェイミー・ベル,ジュディ・デンチ
Happinet(SB)(D)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻... | トップ | テッド »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世界の名作 (まっつぁんこ)
2013-01-17 22:28:21
すっかり忘れ果てたけどやはり、ブロンテ姉妹のふたつの名作は必読書だと思います。
映画は長大な小説をうまくハイライトしていました。若者が観て興味を持ち、原作を読んでくれるといいなとおっさんは思いました。(笑)
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2013-01-17 23:11:12
映画から興味を持つのもいいですよね。
最近は時間がなくて映画だけで精一杯、、、
じっくり本も読みたいなと思ってますがなかなか(汗)
原作までなかなか (ノルウェーまだ~む)
2013-01-18 12:00:47
yukarinさん☆
凛とした姿が美しいミワちゃん(美輪ではなく)でしたねぇ~
私も原作まではなかなか手が出ません。
しかも古い作品は、訳文が古臭くて読み進むのが難しいものね。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2013-01-18 12:59:52
三輪ちゃん...(笑)
いやいやミワちゃん、良かったですね。
この役がとてもハマってました。

そうそう古い作品の訳は言い回しとか難しい時もありますもんね。そういう時には映画で学ぶのもいいかなと思ったりもします。いつか読んでみよう.....かな?
こんにちは♪ (maki)
2013-01-21 09:07:53
珍しくyukarinさんがラブストーリー見てる!…と思ったら
知らなかったんですね
醜いというわけではないけれど平凡な顔立ちの二人のラブストーリーが美男美女に演じられて、でも二人とも似合ってましたよね!
自立心溢れる聡明な双眸をもつジェーンにひかれるロチェスターの気持ちはわかるなぁ
makiさんへ (yukarin)
2013-01-22 13:00:13
こんにちは♪
そう!途中まで観て、あっラブストーリーか!と気付きました(笑)
でも主演の二人がなかなか良かったので楽しめましたよ。

>ジェーンにひかれるロチェスターの気持ちはわかるなぁ
私もなんとなくわかる!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジェーン・エア(2011) (佐藤秀の徒然幻視録)
19世紀的純愛ホラー 公式サイト。原題:Jane Eyre。シャーロット・ブロンテ原作、キャリー・ジョージ・フクナガ監督。ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベ ...
ジェーン・エア (キノ2)
★ネタバレ注意★  シャーロット・ブロンテの原作は、大変有名な作品ですから、昔々まだ森にたくさん恐竜が棲んでいた頃読んだ記憶があるように思いますが、もちろん内容は覚えていません。そしてこの古典的名作は、今までに何度も映画化されているそうですが、1996...
ジェーン・エア (花ごよみ)
19世紀に生きた英国の女流作家、 シャーロット・ブロンテの名作を映画化。 原作は昔々、 読んでいるはずなのに 内容はすっかり忘れてしまっていました。 幼くして両親を亡くし 孤児として不幸な境遇の中、 育ったジェーン・エア。 ジェーン・エア役にはミア・ワシコウ...
ジェーン・エア (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジェーン・エア』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)エミリー・ブロンテの原作の方は、なんだか少女趣味的な感じがしてとうとう手つかずのママ現在に至ってしまったところ、本作が公開されると耳にし、手っ取り早く名作の粗筋でも知っておこうというくらい....
ジェーン・エア (あーうぃ だにぇっと)
ジェーン・エア@シネマート六本木
「ジェーン・エア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jane Eyre」2011 UK/USA ジェーン・エアに「アメリア 永遠の翼/2009」 「アリス・イン・ワンダーランド/2010」「キッズ・オールライト/2010」のミア・ワシコウスカ。 エドワード・フェアファックス・ロチェスターに「300/2007」「エンジェル/2007」「イングロ...
映画『ジェーン・エア』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-52.ジェーン・エア■原題:Jane Eyre■製作年、国:2011年、イギリス・アメリカ■上映時間:120分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督:キャリー・ジョージ・フクナガ□原作:シャーロット・ブロンテ◆ミア・ワシコウスカ(...
ジェーン・エア (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月10日(日) 18:45~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) 『ジェーン・エア』公式サイト 古典。原作は読んだことがない。 身勝手な主人公に、共感できない部分もあるが、古典ならではの重厚さがある。 主人公は、「...
ジェーン・エア (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ジェーン・エア [Blu-ray]クチコミを見る封建的な時代に自分を貫き愛を勝ち取った女性の生き方を描く「ジェーン・エア」。何度も映画化された古典だが、今回はヒロインが魅力的だ。幼 ...
「ジェーン・エア」凜とした愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ちょっと幸薄い顔ではぴか一のミア・ワシコウスカが、幸薄い状況を凜とした姿で乗り越えていく、彼女にぴったりの役柄を得て大成功。 多少予告編で必要以上にサスペンスチックに煽りすぎるのが問題。 本当は古くから親しまれている小説だけあって、サスペンスでもなんで...
ジェーン・エア(2011) (とりあえず、コメントです)
シャーロット・ブロンテ著の名作をミア・ワシコウスカ主演で描いた作品です。 この物語は何度も映像化されていますけど、今作の彼女の横顔が写っているチラシを観た時から、 何てぴったりなのだろうと楽しみにしていました。 冷たい空気が伝わってくるような自然と主人公...
ジェーン・エア (風に吹かれて)
暗いよねえ公式サイト http://janeeyre.gaga.ne.jp原作: ジェーン・エア (シャーロット・ブロンテ著)監督: キャリー・ジョージ・フクナガ 「闇の列車、光の旅」ジェーン・エア(
ジェーン・エア (いやいやえん)
ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー共演。 お話はさすがに知っているので、ロチェスターの秘密の驚きとかはないのですが(予告編でもバレバレだし)、凛としたジェーンには好感を持ちます。映画はダイジェスト版な感じで原作をまとめていたように思います...
「ジェーン・エア(2011年)」 (或る日の出来事)
ミアちゃん、やるじゃん!