★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

42〜世界を変えた男〜

2013年11月04日 | ★★★★+(4.5/5)

【42】 2013/11/01公開 アメリカ 128分
監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター、ライアン・メリマン、ブラッド・バイアー、ジェシー・ルケン、アラン・テュディック

信じ続ければ、世界は変わる。

[Story]
1945年、ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、一人の黒人選手と契約を交わす。その名はジャッキー・ロビンソン。当時、メジャーリーガーは白人だけの世界。リッキーのこの決断に対し非難の嵐が巻き起こる。それでも下部リーグの3Aに出場し、逆境の中で実績を残していくジャッキー。そしてついに1947年、彼はドジャースの一員として、背番号42のユニフォームに袖を通しメジャーのグランドに立つ。しかしそんな彼の前には、数々の差別的待遇や卑劣ないやがらせが当然のように待ち受けていた...


黒人初のメジャーリーガーとして差別を乗り越え、野球界に新たな1ページを切り開いたジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。
監督は『グリーン・ゾーン』『ボーン・スプレマシー』『ミスティック・リバー』などの脚本で知られるブライアン・ヘルゲランド。

チェック不足でうっかり見逃すところでした。久々にMOVIXにて鑑賞。

スポーツ映画にはハズレなし!!

実話ものは好きで特にスポーツものは大好き。でもほとんど詳しくないのでジャッキー・ロビンソンという名前は聞いたことがあるくらい。そういえば同じ背番号のユニフォームを着るというのはテレビで見たことがありましたがこの人のことだったのか!!と。

野球....スポーツに限らず“黒人初”と付くと、偏見や差別を受けながらも屈することもなく道をきり開いてきた偉大な人たち...。私たちには考えもつかない相当な忍耐が必要なのですね。黒人差別を題材とした作品はいくつも観てるけれど、酷い扱いには何度観ても本当に頭にきますねー最低っ。

最初はチームメイトでさえ仲間として見てもらえなかった日々。でもジャッキーの真面目に取り組む姿を見てきてだんだんと仲間意識がうまれてくる所は良かった。
でも、相手チームの監督からの激しいヤジ、白人のお客からのヤジ、そして宿泊先で断られるなどなど見ていて辛かった。
それでも言い返さずにリッキーとの約束を守りグッとこらえるジャッキーに涙...。でもあまりにも酷なヤジにこらえ切れなくなって、奥でひとり叫びながらバットに怒りをぶつけるシーンはほんと切なかった(泣)。

しかし黒人としての差別は、ジャッキーだけじゃなくて広報担当の記者も黒人ということで記者席にも入れない扱いを受けてたとは...。きっとジャッキーの活躍は自身の励みにもなってたんでしょうね。

映画はわりときれいにまとめられたように思いますが、実際は差別とか描かれたこと以上に酷いものもあったんでしょうね。でもジャッキーの真摯に取り組む姿に素直に感動しました。それにブランチ・リッキーも素晴らしい人、この人との出会いがあったからこそジャッキーの活躍が、そして今がある!!

MOVIXはサービスが改定されるようで割り引きがなくなっちゃったんですが、定価で観ても損のない素晴らしい作品でした。

ハリソン・フォードが特殊メイクと特殊体型でドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキーを演じきっておりまする。
偏屈オッサンな役が多い中、今回は野球好きの直球オッサンで新鮮でした。
始めは変わりように気づきませんでしたよっ。

★★★★.5

 

42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
チャドウィック・ボーズマン,ハリソン・フォード,二コール・ベハーリー,クリストファー・メローニ,アンドレ・ホランド
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜... | トップ | パーシー・ジャクソンとオリンポ... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2013-11-03 17:37:30
人種差別を真っ向から描いているものの、
決してストーリーが暗くならず、むしろ後半になるにつれて明るくなるような感じが良かったです♪
人生って、いつ好転するのか、分からないものなんですね。
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-11-03 17:58:40
全ての少年が憧れる英雄。まさにジャッキー・ロビンソンはその英雄そのものでしたね。
決しておごれることもなく、ただひたすらに会長との約束を守り、野球に専念する。
そんな姿を応援しないなんて、ありえない!でしたね。
差別意識 (まっつぁんこ)
2013-11-03 20:48:33
黄色人種に対する人種差別意識だっていまだに残っていると思います。
ましてや、この時代の黒人に対してをや。
対戦相手監督の酷さに、かえって他の人々の良心が呼び覚まされる様が皮肉で面白かったです。
こんばんは。 (タケヤ)
2013-11-03 21:06:11
予想以上に素晴しかったです。
最初はハリソン観たさに行ったのですが
こんなに作品がいいとは思いもしませんでした。

リッキーとジャッキーのやりとり、
どの場面も最高でしたね。
くやしくてくやしくて仕方がなかった
と思うけど、ガマンをするジャッキーは
本当に素晴しかったなあと・・・。
Unknown (えふ)
2013-11-03 22:05:55
バットに怒りをぶつけるシーンは、
涙がとまりませんでしたね。。。

ハリソン・フォードは特殊メイクだったんですね。
聞き覚えのある声だったけど、
終盤まで誰か気がつかなかったよ(苦笑
素直に感動 (ノルウェーまだ〜む)
2013-11-03 22:13:01
yukarinさん☆
スポーツものお好きだったのね?知らなかったー
見た目とおくゆかしい性格とは全く逆で、ロボットもの・戦いアクションもの・スポーツものが好きってとっても意外だわ☆

純粋に素直に感動できるお話でした。
泣いたりニコニコしたり・・・と忙しかったわ(笑)
「黒人初」の苦労、胸にぐっと響きました。
Unknown (オリーブリー)
2013-11-03 23:50:12
決してサクセスストーリーだけではなく、人としての品格を感じました。
ハリソン爺さまの数々の名言、心に残りますわぁ〜!
BROOKさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:23:50
こんにちは♪
人種差別が題材にあると暗くなりがちですが、
前向きに進んでいくのがいいですね。
ほんと人生ってわからないもんですよね〜
にゃむばななさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:28:15
まさに英雄!ですね。
やはり約束をきちんと守り野球に専念する....そういう人は素晴らしい人生が待っているものですね。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:31:09
この頃に比べれば多少は....でも今でも差別は残ってますもんね。
皮肉も込められてる所もなかなか良かったですよね。
タケヤさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:33:19
私もハリソン目当てで観に行きました。
本当に良い作品でしたね。
リッキーとジャッキーとのやりとりも良かった。
2人の信頼関係も素敵でした。
えふさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:37:44
そうそうバットのシーンはほんと辛かった....
ハリソンが出てるの知らなかったら私も気付かなかったと思う。
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:51:35
結構好きですよー、熱くなりますね。
全然おくゆかしくありませんって(笑)

ほんと素直に感動できる作品でした。
泣いて笑って忙しかったですよね。
スポーツに限らず黒人初、○○初とつく人の苦労は計り知れない物がありますね。
オリーブリーさんへ (yukarin)
2013-11-07 18:53:45
そうですね、品格を感じますよね。
いろいろ心に残る言葉やシーンがありました。
心にグッときますね。
見逃さなくてよかったですね^^ (風子)
2013-11-10 11:01:07
どんなにひどい事を言われても辛抱し続けた主人公に感動しました。
友人にも、即、すすめましたよ♪
Unknown (FREE TIME)
2013-11-10 18:29:53
こんばんは。
一方的な人種差別に嫌悪感があったけど、そんな四面楚歌の状況でプレーし続けたジャッキー・ロビンソンに敬意を表したいです。
今のメジャーリーグは世界各国から選手を集めていますが、それも時代でしょうね。
風子さんへ (yukarin)
2013-11-11 13:48:56
素晴らしいですよね。
ほんと見逃さなくて良かったです。
まわりの人にもおすすめしちゃいますよね!
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2013-11-13 12:46:46
こんにちは♪
本当にジャッキー・ロビンソンという人は素晴らしい人だと思いますね。
野球に限らずこういう状況で道を切り開いてきた方があって今があるんでしょうね。
Unknown (ふじき78)
2013-11-23 09:34:42
敵の野次監督とのフォトセッションで「バット越しでいいよ。触りたくないだろ」とジャッキーがいう時、それは優しさにも見えたけど、直接握手をするとか肩を組むという表現にならなかったので、伝わらない写真になったのかもしれない。それは故意かもしれないなあ、と軽く思ってた。差別される方にも、あそこまでやられたらわだかまりがあるだろう。

だから、背番号1番の彼が自然に肩を組んで、スタジアムが騒然となるシーンは逆に効いた。よくできているなあ。
ふじき78さんへ (yukarin)
2013-11-29 23:18:28
ふじきさん、まじめなコメント....びっくり。
バット越し...のシーンは印象に残りますね。
あの監督相当酷かったですもんね。
こんにちは! (ヒロ之)
2014-04-27 14:57:39
ほんと、スポーツ映画にハズレなし、ですね。
ひとりの偉大な野球選手と知る意味でも、とても見ごたえのある作品でした。
ハリソン・フォードは流石の貫禄のある演技でしたね!
ヒロ之さんへ (yukarin)
2014-05-08 12:30:36
こんにちは♪
映画でこういった方々を知る機会が多いですが、
本当にスポーツ映画にははずれがないのもすごいですよね。
ハリソン・フォードもさすがの演技でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「42 世界を変えた男」 (日々“是”精進! ver.F)
野球が、したいだけ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311030002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送料無料...
『42〜世界を変えた男〜』 (こねたみっくす)
メジャーリーグ全球団唯一の永久欠番42。それは人種差別に「やり返さない勇気」で戦い続けた偉大なる英雄の背番号。 これは野球映画としては大きな感動もない普通の映画です。でも ...
42〜世界を変えた男〜 (だらだら無気力ブログ!)
ハリウッドのメジャーリーグ物って見応えあるわ〜。
『42 -世界を変えた男-』 2013年9月27日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『42 -世界を変えた男-』 を試写会で鑑賞しました。 面白かったよ! 【ストーリー】  1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)...
映画:42 世界を変えた男 ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない、を再確認。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない(という認識) 「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」、コメディでは「メジャーリーグ」、最近では「マネーボール」「人生の特等席」などなど傑作ぞろい。 というのは、アメリカから生まれた中で最も歴史ある...
42〜世界を変えた男〜 (心のままに映画の風景)
1947年。 ブルックリン・ドジャースのオーナーでゼネラルマネージャーのブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約、彼を史上初の黒人メジャーリーガーとして迎える。 だが、白人以外には門...
42 世界を変えた男 / 42 (勝手に映画評)
事実に基づいた作品。 アメリカMLBの全30球団共通の永久欠番42。その番号を付いけていた男が、MLB史上初めての黒人選手であったジャッキー・ロビンソン。ジャッキー・ロビンソンがMLBデビューした4月15日は、毎年ジャッキー・ロビンソン・デーとして、選手・監督、そして...
42〜世界を変えた男〜 (あーうぃ だにぇっと)
42〜世界を変えた男〜@ニッショーホール
42〜世界を変えた男〜 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ 【解説】 黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。白人の世界だったメジャーリーグに飛び込み、偏見....
42〜世界を変えた男〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 世界を変えたのは選手かGMかどっちなんだろうか。
42 世界を変えた男 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:42 監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウイック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター、ライアン・メリマン
「42〜世界を変えた男」これぞフェアプレイ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
野球は特に興味ないけど、ブラピの野球の映画も半分寝ちゃったけど、この映画は観たかった! 私にしては、ファーストディだったこともあって珍しく初日に鑑賞。 そう!こういう映画が好き〜☆
42 〜世界を変えた男〜 (試写会) (風に吹かれて)
耐え難きを耐え抜いた勇気に栄誉を [E:baseball]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/42movie11月1日公開実話に基づく映画監督・脚本: ブライアン・ヘ
42 〜世界を変えた男〜 (ぷかざの映画感想記)
42 〜世界を変えた男〜観ました。 [満足度:★★★☆☆ 3/5] 久しぶりに映
『42 世界を変えた男』 (時間の無駄と言わないで)
初の黒人メジャーリーガーの話。 もっとガンガン感動を煽ってくるかと思いきや、地味に淡々と作られてた。 それでもグッと来るのが実話の強みか。 黒人差別もジャッキーの聖人 ...
映画『42〜世界を変えた男〜』★“忍耐と克服“&GMの器の大きさ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161232/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     大リーグで、初の黒人選手となった、 ジャッキー・ロビンソン 選手の物語です。 ...
42〜世界を変えた男〜 背番号は42   素晴らしい! (Said q winning)
監督:ブライアン・ヘルゲランド出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター、ライアン・メリマン、ブラッド・バイアー、ジェシー・ル...
『42 〜世界を変えた男〜』で注目すべきは人種差別問題ではない (映画のブログ)
 『42(フォーティーツー) 〜世界を変えた男〜』は奥深い思索を感動的なドラマで包み、上質なエンターテインメントに仕上げた素晴らしい映画である。  本作が描くのは、実在の野球選手ジャッキー・ロビンソンだ。  白人だけで構成されていた大リーグに、初の黒人選...
[映画まとめ語り 『42〜世界を変えた男〜』『グランド・イリュージョン』『ゴースト・エージェント』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まとめて簡単に記します・・・、と言っても、素晴らしい作品の数々です^^         『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』      『メン・イン・ブラック』の真似っこかと思いきや、・・・いや、真似っこなんだろうけど、とてもよく出来た作品でした。 ...
42 上映後、試写会場は拍手の渦〜! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【59うち今年の試写会7】始まった瞬間から感動の波が次々に押し寄せてくる、こういうお話しとこういう映画の作り方、俺にはやばい〜(ToT)  1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジ...
42〜世界を変えた男〜 (♪HAVE A NICE DAY♪)
感動しました〜 私はやっぱり涙が出ました 涙がつーっと・・・・・ 黒人初めての大リーガーとなるジャッキーですが 球場では勿論、色々な場所でも差別を受けます 酷い言葉を浴びせられて・・・ ジャッキーはそれに、ず〜〜っと耐えるんですよね。 きっと、実際はも....
「42〜世界を変えた男〜」過酷な差別に耐えてプレーした先にみたジャッキー・ロビンソンのフェアプレー精神が人種を超えてファン心を... (オールマイティにコメンテート)
「42〜世界を変えた男〜」は1947年MLBの当時ブルックリンに本拠地を置いたドジャースでプレーした黒人選手初のメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンが入団して認めら ...
42 〜世界を変えた男〜 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開されたら絶対見たいと思っていた作品、公開初日ティッシュを準備して見てきました。 予想通り、4回ほど涙が頬をつたいました。 泣くのは悲しい時や辛い時ではなく、悲しい時辛い時に優しい言葉をかけられた時。 そういうシーンを見た時は涙が出ちゃうんだよねぇ 有...
『42 〜世界を変えた男〜』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「42 〜世界を変えた男〜」 □監督・脚本 ブライアン・ヘルゲランド□キャスト チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー        クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラ...
「42 世界を変えた男」:時代なんかパッと変わる。 (大江戸時夫の東京温度)
映画『42 世界を変えた男』は、古き良きハリウッド映画の伝統を今に伝える良心作。
映画「42〜世界を変えた男〜」 (FREE TIME)
映画「42〜世界を変えた男〜」を鑑賞しました。
やり返さない勇気〜『42 〜世界を変えた男〜』 (真紅のthinkingdays)
 42  1945年。第二次世界大戦の終結とともに再開された米メジャー・リーグは、 白人選手のみで構成され、黒人選手は排除されていた。ブルックリン・ドジャ ースのGM、ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)はそんな慣習に風穴を開 けるべく、...
『42 世界を変えた男』をUCT豊洲5で観て、みんな誉めるから俺だけはくだらない事だけ書くよふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ネットでの高評価は確か】 大リーグ初の黒人選手を描く『42』。何事も一番手は大変だ。 ネットでの評判が良かったので、 元からそんなに観る気はなかった ...
42〜世界を変えた男〜★★★★ (パピとママ映画のblog)
黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。白人の世界だったメジャーリーグに飛び込み、偏見や差別に屈することなく奮闘した彼の姿を描く。監督は、『L.A.コンフィデンシャル』の脚本家としても知られるブライアン・ヘルゲランド。テレビドラマ「FR...
「42 〜世界を変えた男〜」 世界を変えた男とサポーター (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・ロビンソン、初の黒人大リーガー。 黒人への差別が当たり前であった40
42 〜世界を変えた男〜 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月1日(日) 11:30〜 109シネマズ川崎8 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:未確認 この写真が映画の全てを語る。偉大なるキャプテン。 『42 〜世界を変えた男〜』公式サイト 日本で42番と言うと下柳とパチョレックしか思いつかないが、...
42 世界を変えた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『42 世界を変えた男』を丸の内ピカデリーで見ました。 (1)評判がよさそうなので、公開終了間際でしたが映画館に行ってきました。  本作は、アメリカのメジャーリーグで最初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を描いたもので....
42〜世界を変えた男〜 42 (まてぃの徒然映画+雑記)
黒人メジャーリーガー第一号として大きな足跡を残したジャッキー・ロビンソンの物語。 第二次世界大戦の前までメジャーリーグは白人のものであり、黒人は黒人選手だけの独立リーグでプレイしていた。大学野球や軍隊では白人と黒人が同じチームで活躍していたが、メジャ....
42 〜世界を変えた男〜 (銀幕大帝α)
42 2013年 アメリカ 128分 ドラマ/伝記/スポーツ 劇場公開(2013/11/01) 監督: ブライアン・ヘルゲランド 脚本: ブライアン・ヘルゲランド 出演: チャドウィック・ボーズマン:ジャッキー・ロビンソン ハリソン・フォード:ブランチ・リッキー ニコール・...