★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ウォルト・ディズニーの約束

2014年03月29日 | ★★★+(3.5/5)

【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パクソン、アニー・ローズ・バックリー、コリン・ファレル

夢と魔法だけでは
作れない映画がある――。

[Story]
1961年、パメラ・L・トラヴァースは、ウォルト・ディズニーが長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うためにロサンゼルスに向かう。傑作児童文学の著者である彼女は気難しい性格で周りを困惑させる。スタッフたちはどうにかしてトラヴァースに映画化の契約書に署名してもらおうと心を砕くが...


ウォルト・ディズニー製作の名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話を描いた作品。
監督は『しあわせの隠れ場所』『オールド・ルーキー』のジョン・リー・ハンコック。

先週観られなかったので出遅れて鑑賞。ウォルト・ディズニーにトム・ハンクス、『メリー・ポピンズ』の原作者パメラ・L・トラヴァースにエマ・トンプソン、そのほかポール・ジアマッティにコリン・ファレルと超豪華なキャスト陣!!

ウォルト・ディズニーが『メリー・ポピンズ』の映画化するために頑固な原作者から許諾を得るまで悪戦苦闘するお話で、この原作者のおばちゃんがまぁ頑固中の頑固で映画化するまでは大変なご苦労があったことがわかりました。

しかし.....大きな声では言えませんがメリー・ポピンズは観たことがありません!!

観る前に元ネタを観ておかなければと思ったのになんやかんやで観られず....
タイトルや♪チム・チム・チェリーは知ってるけど物語は知らない。
同じエマ・トンプソンが主演した『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』は観てるんだけど..ナニー繋がりで似たような感じ?

やはり映画製作の舞台裏を描いた作品を観るなら、必ず元となる作品を観ておいたほうがいい!! ということを実感しました、、、。確かに『ヒッチコック』は観てたから楽しめた。
なので、原作とは違う世界観になったり、ペンギン?? シャーマン兄弟の楽曲制作過程などなど...そうなんだ、大変だったんだくらいしか、、、。あー失敗失敗。

原作ものを映画化するのも大変ですな。簡単に許諾されるものだと思ってたけど、『メリー・ポピンズ』に至っては20年もかかったというから驚き。映画化が進み、打ち合わせをしててもあれやこれやとガミガミ言ってくるから大変。

観ていくと幼い頃のトラヴァースとお父さんとの時間が回想シーンとしてちょこちょこ出てくるんですがとても切ない。彼女が頑固にこだわるのは自身の生い立ちも関係してたから自分の想いとは違った作品になってしまうことは許せなかったんですね。拘ったからこそ傑作と言われる作品になったのかな。 ←観てないくせにっ。

エンドロールで実際の製作陣とトラヴァースとの会話が流れてたけど、エマの演じるトラヴァースは本人そのもの。あのNoNoNoNoNoーっていう言い方がそっくり。実際にやりとりを録音してたこともあって会話が忠実でした。

トム・ハンクスのウォルトも雰囲気良かったし、トラウヴァースの運転手をつとめたラルフを演じるポール・ジアマッティがすごく良かったー。あの頑固おばさんが唯一心を許す人ということで、二人のやりとりがとても良かった。後半で本にサインするシーンのやりとりが好き。

やはり原作ものを映像化するには原作者に対して誠意を持って制作しないといけないな。製作側におまかせもいいけど、原作者をはじめ読者や視聴者にも誠意が感じられない作品も多い...特に邦画、、、。

うーん、やはり、元の作品を知ってて、あーこのシーンはこうやって作られたんだーと思いながら観るのがいいですね。

・ウォルト・ディズニー本人にディズニーランドを案内してもらえるなんて...なんて贅沢で素敵なんだ!!

★★★.7

 

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
トム・ハンクス,エマ・トンプソン,コリン・ファレル,ポール・ジアマッティ,ジェイソン・シュワルツマン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫)
メアリー・シェパード,Pamela Lyndon Travers,林 容吉
岩波書店

 

メリー・ポピンズ ― オリジナル・サウンドトラック (デジタル・リマスター盤)
サントラ
ウォルト・ディズニー・レコード

 

メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ジュリー・アンドリュース,ディック・ヴァン・ダイク,デイヴィッド・トムリンスン,グリニス・ジョーンズ,エド・ウィン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東方神起 『TREE』リリース記... | トップ | 31年目の夫婦げんか »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2014-03-30 06:33:14
私も「メリー・ポピンズ」は未見でして…
タイトルと曲を知っているくらい(苦笑)

作品の方を鑑賞していると、
また違った面白さがあったでしょうね♪
Unknown (オリーブリー)
2014-03-31 01:05:46
>元の作品を知ってて、あーこのシーンはこうやって作られたんだーと思いながら観るのがいいですね。

おそらく、その方が興味深く観れると思います。
画コンテのバンクス氏はそっくりだし、傘の柄の鳥とかも、あーそうそうと懐かしかったです。
yukarinさんの年代的には、この映画古すぎるのかもですが(笑)、「メリーポピンズ」が観たくなる映画でもありましたよね。
コリン・ファレルが大健闘だったと思います!
面白かった (マリー)
2014-04-01 22:07:58
そっか~~、yukarin世代はメリー・ポピンズ観ないんだ・・・昔は学校とかでも観てた気がするわ~。
でも、覚えてるのはやっぱりミュージカルシーンなんだよね。
あとメリー・ポピンズが空から傘さしてゆらゆら~とやってくるとこ。そして鞄!これが重要で~ごっこ遊びとかもやったなぁ。

ディズニー氏にランド案内して欲しかった!
夫人はメリーゴーランドしか乗ってない~もったいない~~~(笑)
見なきゃ! (ボー)
2014-04-02 07:33:25
メリー・ポピンズは観たことがありません!!
あー、もー、見てから観る!ほうが断然おもしろいです。
でも、今からでも遅くない! 「メリポピ」見ましょう!
BROOKさんへ (yukarin)
2014-04-02 12:55:57
こんにちは♪
メリーポピンズは皆さん観てるのかと思ったら、意外と未見の方が多いんですね、ホッとしました。
タイトルと曲はすごく有名ですもんね~
やはり先に観とけば良かったと後悔してます^^;
オリーブリーさんへ (yukarin)
2014-04-02 12:58:36
ほんと、観てたらもっと楽しめたのに~と思いました。
これからは先に観ようと思います。
近々観ます!!

コリン・ファレルは今回とても良かったです。
ちょっと苦手だったもので、、、
繰り返して観ているよ (q 原作者パメラの手紙)
2014-04-02 22:29:41
はろー!yukarin☆

わたくし、原作者パメラですわよ
ご覧になられた事、嬉しいわ
まぁ。ワタクシの「ポピンズ」を見てらっしゃらなくても
全く 構いませんわ
なんてたって 後々のお・た・の・し・み♪ですもの
えぇウォルトは 私を理解しておりました
ふふふ。ウォルトにディズニー・ランドの御案内
素晴らし過ぎて
うらやましく思ったでしょ?実はわたくしもだったのよ
でも・・・あの態度。プライドだったのかしら
ときほぐれる運転手の
彼の「心」も 愛しかったのです
当時のディズニー・ランドは如何???
ねぇyukarin☆ 何時か「 叔母の鞄」
その意味がバレてしまうわね
わたくたちの「メリ}ー・ポピンズ」
 ですわよねっ
マリーさんへ (yukarin)
2014-04-03 12:54:23
メリー・ポピンズは名前と曲しか知らないの....
わりと観てない人が多くてびっくり。
あー傘さしてゆらゆら~とかは聞いたことあるかも。
観なきゃっ

ディズニー氏に案内してもらうなんて贅沢よね~
もったいないっ
ボーさんへ (yukarin)
2014-04-03 12:56:38
すみません、観ます観ますっ
本当に後悔しました。
qちゃんへ (yukarin)
2014-04-04 18:23:07
あらパメラさん!!(笑)
逆だけどポピンズ見なきゃと思っとります。

>ウォルトにディズニー・ランドの御案内
これは贅沢~うらやましい。
もう何年も行ってないわー
僕も (タケヤ)
2014-04-09 12:40:43
「メリ-・ポピンズ」観てません。
観てなくてこれだけ感動できるのですから
観ておけば良かった。。。

トムとエマ、最高でしたね。
最後の映画観賞シーンでは
僕も一緒に泣いてしまいましたよ。
Unknown (ふじき78)
2014-04-09 22:17:41
「メリー・ポピンズ」は見た筈だ。
だが、もう覚えてない。
うーん、劇場で旧作同時公開してくれればいいのになあ(朝10でやってたと思うから権利残ってると思うんだよなー)。
タケヤさんへ (yukarin)
2014-04-14 12:36:26
そうそう先に観ておけばさらに楽しめたでしょうね。
トムとエマの演技はさすがですね。
私もあの観賞シーンは泣けました。
ふじき78さんへ (yukarin)
2014-04-14 12:40:31
あっほんと、うまい具合に朝十で再上映してほしかったですね。
こんにちは (maki)
2014-08-08 08:30:51
私もきちんといままでメリーポピンズを観た事がなかった!
やっぱりオリジナルをみてないと…と思って
一緒にメリー・ポピンズを借りてきて、そっちを観終わってから本作を見ました
それで正解でした~
あのシーンこのシーンが「理解できる」というのは
やはり面白いものですね!
その後、メリーポピンズを見られる機会あったのでしょうか?
名作たる所以、よくわかりました!
makiさんへ (yukarin)
2014-08-13 23:05:18
こんばんは♪
結構観てない方多いですよね。ちょっと安心、笑。
私はまだ観てない....観なきゃ!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『ウォルト・ディズニーの約束』観たよ~ (よくばりアンテナ)
公式HPはコチラ 1961年に製作されたディズニー映画の『メリー・ポピンズ』の 原作者と制作側の葛藤を描く。 P.L.トラヴァースが『メリー・ポピンズ』の作品にこめた思いと 子どものための楽しい仕掛けがたっぷりの映画を作りたいという意図が うまく噛み合...
映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味...
DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ....
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・
劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」 (日々“是”精進! ver.F)
父娘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403220000/ [CD] (オリジナル・サウンドトラック) ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラ...価格:3,675円(税5%込、送料別) 【送料無料】メリ...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 昔の英国淑女ってみんなあんな感じなんでしょうか^^;
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks (勝手に映画評)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
ウォルト・ディズニーの約束 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
原作者のトラヴァースは父との思い出が詰まった作品を他人の手に委ねたくない。自分が愛していた父は作家になるような想像力を育ててくれたけど、酒飲みで早死して家族に苦労を掛けた存在でもある。その父を愛するがゆえに執筆した原作の秘密をディズニーが理解して、芸術...
メリー・ポピンズが見たくなる(^-^)~「ウォルト・ディズニーの約束」~ (ペパーミントの魔術師)
メリー・ポピンズ誕生秘話なんですけども、 タイトルからいうたら これがウォルト・ディズニーと娘の過去なのかと思いましたわな。 ちゃうのよね、パメラ・トラヴァースの回想。 娘と約束しちゃったから父としてそれは絶対守らなあかんねんって メリー・ポピンズを映画....
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す...
ウォルト・ディズニーの約束 (心のままに映画の風景)
1961年、ロンドン。 パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスへと向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (pure breath★マリーの映画館)
            夢と魔法だけでは                作れない映画がある。 『ウォルト・ディズニーの約束』 監督・・・ジョン・リー・ハンコック 音楽・・・トーマス・ニューマン 出演・・・トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマ....
「ウォルト・ディズニーの約束」 (或る日の出来事)
ていねいに、心のこもったドラマがつむがれていって好感。 映画「メリー・ポピンズ」は大好きだから、なおさら感動する。
ウォルト・ディズニーの約束 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル....
『ウォルト・ディズニーの約束』をUCT5で観て、物語を守ること壊すことふじき★★★(ネタバレ・・・かな) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ディズニーとトラヴァースのどちらを支持するかで言えばトラヴァース】 『メリー・ポピンズ』原作は未読、映画は大昔見た筈だけど記憶が曖昧。 ディズニー ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話。 秘話?映画になるほどの秘話があったのかと思ったのです。 メリー・ポピンズの小説があることも知らなかったので。 ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を描いた映画は初めてですね。 スタジオジブリを撮影した...
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束 (こんな映画見ました~)
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー....
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
メリー・ポピンズ/父の娘~『ウォルト・ディズニーの約束』 (真紅のthinkingdays)
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズ...
「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え! (はらやんの映画徒然草)
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現
ウォルト・ディズニーの約束 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ウォルト・ディズニーの約束」監督:ジョン・リー・ハンコック(『スノーホワイト』)出演:トム・ハンクス(『キャプテン・フィリップス』『クラウド アトラス』)エマ・トンプ ...
ウォルト・ディズニーの約束 (いやいやえん)
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 ...