★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

愛と誠

2012年06月16日 | ★★★★

2012/06/16公開 日本 PG12 134分
監督:三池崇史
出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親

天使が悪魔に恋をした

過去への復讐を誓い、東京へやってきた不良の誠。一方、東京で指折りの名家の一人娘である愛。出会うはずのない、生まれも育ちも違う2人が出会い、運命の恋がスタートする。しかし、彼女に好意を寄せる岩清水、誠を付け狙う番長やスケバンが、混沌とした状況を作り出し... (シネマトゥディより)

原作・梶原一騎、作画・ながやす巧の1970年代の純愛漫画「愛と誠」を映画化。
監督は『逆転裁判』『ヤッターマン』『十三人の刺客』の三池崇史。

タイトルくらいしか知らないです。お嬢様が不良に恋するお話はいかにも昭和だなーと(笑)。今じゃこんなお嬢様や不良は絶滅してそうだからかえって新鮮なのかも。
最初は純愛ものかーと完全スルーするハズだったのが、予告編を見たら、くさいミュージカル仕立てでフツーじゃないぞと思わず笑ってしまったので観ることになりました。

あまりにもバカバカしくて、長編コントみたいで面白かったー!!笑ったー!!
全く空気の読めないお嬢様で、この子がいるとすべてがややこしくなる(汗)
しかも思い込みが激しいし超前向きな性格でホントめんどくさいな。
何度、誠と同じくツッコミ入れたことか(笑)

原作は読んだことないし、西城秀樹主演の映画も観たことないのでわからないんだけど、もともとは真面目なお話なんですよね???? ♪激しい恋とか♪あの素晴らしい愛をもう一度とか流れてないですよね??? 歌長いし(笑)

武井咲ちゃんは現役っぽいからいいとして、妻夫木聡くんが高校生ってどうよーと思ってたけどアップは微妙な違和感あってもカッコいいからいいんじゃない?だった(笑)←ひいき目
のび太と太賀誠との真逆のキャラなのに難なくこなしちゃうのもすごいね~。
ケンカのシーンはカッコ良かったよ♪

それよりも48歳の伊原剛志さんが高校生の不良ってもう言葉がなーい(笑)。確かに不良の人って老け顔多かったけれどもそれにしても...ぷぷっ。
その他、実年齢がよくわからない人たちが沢山いそう....。もう年齢はどうでもいいや(笑)

そしてお嬢様に好意を持つ岩清水くんがウケた。どこからともなく現れる岩清水くん、軽くストーカーになってるよね(笑)。“君のためなら死ねる”と言いながら肝心な所で消える岩清水くん。よっぽどお嬢様のほうが“誠さんのためなら死ねる”って感じだった。愛の力ってすごいわ。
2人とも勝手に転校しちゃってよく親に怒られなかったなーってツッコんではいけない?

いかにも青春ものーって感じで恥ずかしかった。笑えるから特に...。70年代の歌を熱唱するのは聴くほうもちと恥ずかしい、、、。ご本人たちはいかがだったのでしょうか。
でも...ここに出てる不良の皆さんは見た目は怖そうだけど、恋愛に対しては純情だったりして意外に可愛い。ガム子が面白可愛えぇ~でいい味だしてました(笑)。

いや~三池監督ってすごい人だなーと思いました。純愛映画は進んで観ないけどこういうのは好き。ここまで笑わせてくれちゃうとはね~ほんと楽しめました。でも後半はしんみりした話もあっていいバランスだったかも。これって若い年代よりも結構上の年代をねらってません? 昭和を懐かしむのも良いのかも。そのせいかお客さん少なかった、、、。

あのラスト、誠は大丈夫なのかな?

誠の子供時代を演じた清史郎くん、成長してないように思えるのは気のせいかな。
それにしてもケンカの強い清史郎くんて....うーむ。


愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [DVD]
妻夫木聡,武井咲,斎藤工,大野いと,伊原剛志
Happinet(SB)(D)

 

愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [Blu-ray]
妻夫木聡,武井咲,斎藤工,大野いと,伊原剛志
Happinet(SB)(D)

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーホワイト | トップ | トースト ~幸せになるための... »

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (まっつぁんこ)
2012-06-17 07:06:00
昭和作品では、誠は結局最後の3本目に死んで終わりみたい。
三池版は1発目で死んで完結と私は受け取りました。話自体はくだらないので3本も要らないですよね
笑ったねー (ノルウェーまだ~む)
2012-06-17 11:12:47
yukarinさん☆
ほんと!笑ったよねー
大体ルーキーズでもクローズゼロでも二十歳前後も役者すらいないものね。
実際ねえねの高校の時、授業参観に行くと3年生は既におっさんだったし(爆)

久々邦画が頑張っているこの頃で、良かった♪
ピュア・ラブ 全開フルスロットル! (q ツッコミgogo)
2012-06-17 15:02:14
笑った~~
そそそそ。ツッコミしまくっちゃったけど
何故か「イラ」っと感なっしんぐ
三池氏の作品とノリが合わないとか
三池氏はイマイチなんて方は
スルーするんだと思うけど
まさか、こういうキャスティングとはね
叔父が全巻マンガを持ってたのね
私。子供の頃、読みまくっちゃって
ラストのラストもちゃんと知ってるから
あの世界をよくぞ!!!!映画化した~って
三池氏に^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ拍手よ
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-06-18 12:51:01
やはり映画もあのまま.....
これってだらだら続ける内容じゃないから1本ですっきり終わっていいと思います。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-06-18 12:58:18
いやー笑いました。
こういうのは好きですね。観て良かった♪
ルーキーズでもクローズゼロも観てないんですが観てみたくなりましたよ(笑)

>授業参観に行くと3年生は既におっさんだったし(爆)
今も昔も変わらないんですね(笑)
qちゃんへ (yukarin)
2012-06-18 13:33:17
このツッコミが楽しかったりするよね。
ツッコむより先に笑ってるし(笑)
ちゃんと原作読んでたんだね。
知ってても面白かったのならこのアレンジも大成功かな。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-06-19 20:20:11
伊原剛志さんに高校生役を演じさせ、安藤サクラさんにパンツ丸出しをさせ、武井咲ちゃんの絶対領域を何度も見せる。
三池監督のこのセンス、最高ッス!
笑った~!!! (マリー)
2012-06-19 22:48:37
こんばんは~~♪
最初から最後までツッコミ笑いしてたけど~最後はさすがにホロリ・・・だよ~~~。

それにしても伊原さん~おっさんに見える病?みたいな設定だけど(笑)可笑しかったぁ!

ブッキーは結構高校生だったね。
武井咲ちゃんのダンス、なんか私ハマリそう~“愛を~♪”のとこだけ止まる歌い方とか・・・ツボる~。

裏番の子、演技は下手だったけど~悲しい女っぽかった・・・
死語! (メビウス)
2012-06-19 23:01:46
yukarinさんこんばんわ♪

自分もこの作品は予告編を観なかったり清四郎くんの話を聞かなかったら昔懐かしな硬派作品とも勘ぐってスルー対象だったかもしれませんねぇ。しかしてその実態はおバカ丸出しのコメディ風で、苦笑も含めれば全編笑いが多くて面白かったですね。
岩清水の『君のためなら死ねる!』っていうセリフなんかも70年代の時代だからこそ恥ずかしくないような言葉ですけど、今じゃ完全に死語ですもんねぇ~^^;三池監督はそういった時代錯誤も笑いに変換してたのではないでしょうか?
純愛映画は自分も敬遠がちですけど、こういうのだったらホントアリですねw
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-06-20 18:38:30
ほんと監督のセンスには参りました。
特に伊原さん....意外にもはまってました(笑)
マリーさんへ (yukarin)
2012-06-21 18:34:35
笑いましたねー面白かった。
全てがツッコミどころ^^;

伊原さん、本物のおっさんなんだけどなんかハマってましたね。

>“愛を~♪”
マリーさんの愛を~♪が見たいなー(笑)

裏番の子は結構雰囲気でてましたよね。
演技は上手いのかそうでないのかよくわからない^^;
メビウスさんへ (yukarin)
2012-06-22 12:57:59
こんにちは♪
今回は予告編のおかげで楽しい作品が観られました~
君のためなら死ねる!なんて今じゃ使いませんもんね。死語も時期が立てば笑いになるんですね(笑)
こういう笑いの純愛映画はOKです^^
こんにちは。 (みぃみ)
2012-06-26 13:34:01
お嬢様の不良への恋。
昭和の通常パターンだと「苦しくったって~、悲しくったって~、涙がでちゃうけど私負けないっ!」なのですが。
早乙女愛は強烈でした。
本人は耐えて忍んでるつもりだけど、
実質耐えて忍んでいるのは誠で(爆)。
愛に護られて(?)権太ボコられ続け、お前いいかげんにしろよと言いながら血まみれになっていくぶっきーに笑っちゃいましたが(^^)。
このボケとゆるぎない愛の「愛」と岩清水君の無償の愛(今はストーカー)に爆笑しながら、
最後はなんだか胸キュン(誠は心配ですが)でした。

伊原さんの権太、忠実なわんこに見え、骨投げたらくわえて拾ってきそうで、なんだか可愛かったです(^^)。
みぃみさんへ (yukarin)
2012-06-28 18:38:35
こんにちは♪
早乙女愛ちゃん本当に強烈でしたね(笑)
笑えて笑えて...
岩清水君も無償の愛というかストーカーというか本当に面白いキャラでした。
伊原さん、はははちゃんと拾ってきそうですよね(笑)
個性的なキャラばかりで楽しかったですね~
『愛と誠』 (『愛と誠』愛好家)
2012-06-28 23:36:49
  こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/

(愛と誠』愛好家さんへ (yukarin)
2012-06-29 23:11:32
こんばんは♪
原作ファンの方の感想が気になります。
いろいろ教えていただいてありがとうございます。
Unknown (ふじき78)
2012-09-01 15:18:11
裏番の子は多分、大野いとさんですよね。

『高校デビュー』したら、次はこれかいって振り幅が広いと言うか、何も考えずにオファー受けただろうと言おうか。
ふじき78さんへ (yukarin)
2012-09-03 12:45:24
いろいろと役の幅を広げるのはいいと思いますね。
裏番は意外性があって良かったかな。
こんにちは♪ (maki)
2012-11-03 09:41:34
原作読んでいるものの楽しめながらみれました
見る前はちょっと不安だったんですけどね、ここまで世界をぶち壊されると逆に爽快です
昭和歌謡は知らない世代ですが、それでも合いの手をいれたくなるようなセンスはさすがですよね
興行はいまいちだったようですが(まあ何度も見る作品ではない)これもありかもと思わせられる説得力はありました
makiさんへ (yukarin)
2012-11-03 22:08:28
こんばんは♪
原作を読んでるんですねー
中途半端に忠実よりもここまでまるっきり変わってるほうがいいですよね。
まぁ何度も観たいとは思うものではないですけど、面白く観られました。
こんばんは! (ヒロ之)
2012-11-04 23:51:01
これは素直に面白かったです。
なんにせよ武井咲ちゃんが可愛すぎた事が大きな収穫でした。
三池監督良い仕事しますよ、毎回。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2012-11-06 12:57:15
こんにちは♪
面白かったですよね。
うんうん武井咲ちゃんはほんっと可愛かったです。
ここまで原作のイメージを変えて面白いなんて、三池監督はすごいなと思いますね。
お久しぶりです。 (間諜X72)
2013-11-19 19:47:12
先日CATVのチャンネルNECOで「愛と誠」「続・愛と誠」「愛と誠 完結編」を見た後に、この作品を見ました。

>♪激しい恋とか♪あの素晴らしい愛をもう一度

1970年代の懐メロが満載でした。原作や西城秀樹版映画やテレビドラマ版では流れてないですよ。
yukarinさんは若い世代なんですね。うらやましいです。

>あまりにもバカバカしくて、長編コントみたいで面白かったー!!笑ったー!!

僕も大笑いしながら見ました。
間諜X72さんへ (yukarin)
2013-11-20 23:23:08
わーお久しぶりです。
コメントありがとうございます。

「愛と誠」は3部作なんですか?
いや...私はそんなに若くはないのですが^^;
昔のは観たことはないんですよね。

原作が古いから、そのままじゃなくてミュージカル風にしたのがかえって良かったですね。
笑って楽しく観られました。
三部作 (間諜X72)
2013-12-01 12:57:18
第三部「愛と誠 完結編」が一番出来が良いと言われていますね。
機会があったらご覧下さい。

>そのままじゃなくてミュージカル風にしたのがかえって良かったですね

そう思いますね。
ガム子の「また会う日まで」を見て笑いました。

>どこからともなく現れる岩清水くん、軽くストーカーになってるよね(笑)。

確かに軽度のストーカーですよね(笑)。

>“君のためなら死ねる”と言いながら肝心な所で消える岩清水くん

そういうツッコミ。僕は大好きです(爆笑!)
間諜X72さんへ (yukarin)
2013-12-05 23:23:35
完結編ですかー...機会があったら観てみますね。
原作が古いからこういう思い切った内容にしたのがアタリですね。
もうツッコミがいのある楽しい作品でした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『愛と誠』 2012年6月8日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『愛と誠』 を試写会で鑑賞しました。 公開前から物議を醸し出している本作ですが、これは騒ぐわ 賛否両論あっても仕方ないですね どちらかというと、私は好きな方です 【ストーリー】  過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。一...
愛と誠 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】昭和のベタなお話しだなー。と思いまし
愛と誠(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
裏のヒットスタジオ 公式サイト。三池崇史監督、パパイヤ鈴木振付、妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、市村正親、一青窈、余貴美子、伊原剛志、前田健、加藤清史 ...
愛と誠 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る昭和歌謡に彩られたミュージカル仕立ての「愛と誠」に唖然。ひさびさにお目にかかった正真正銘の珍作だ。幼い頃、雪山で ...
劇場鑑賞「愛と誠」 (日々“是”精進! ver.F)
ぶっとび恋愛物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206160002/ 映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラックサントラ 安藤サクラ 一青窈+『愛と誠』の合...
愛と誠 (あーうぃ だにぇっと)
愛と誠@よみうりホール
「愛と誠」総天然色 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こ~れ~はぁ面白い☆ 絶妙な笑わせ加減が実に見事! 1974年の西城秀樹&早乙女愛主演の「愛と誠」は見たことないけど、これをリメイクしたというよりは完全にパロッている。。 とうより、今現在その「愛と誠」を見たら誰もが突っ込みを入れてしまう部分を、劇中で役者...
愛と誠 (Said the one winning)
監督 三池崇史キャスト:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親ストーリー:過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。一 方、東京で指折りの名家の一人娘である....
[映画『愛と誠』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・素晴らしかったですね^^  この作品、凄く見たかったのですが、昨夜は、彼女との口喧嘩で帰宅が遅く、  今日はバイトを終えて、どうにも、私の行動範囲のいつもの映画館(ワーナーマイカル・日の出/武蔵村山/多摩センター。MOVIX・昭島/橋本)は間に合...
映画『愛と誠』 (健康への長い道)
 怖いもの見たさで、三池崇史監督の『愛と誠』へ。あまり作品を観たことは無いのですが、三池監督って本当に冒険家ですね~。守りに入らない人というイメージがあります。 Story 富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身...
愛と誠・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蘇る昭和の純愛神話。 梶原一騎原作、ながやす巧作画による1970年代の純愛劇画、「愛と誠」のまさかのリメイクである。 74年から76年にかけて三部作として映画化されたほか、テレビドラマとしても映像化さ...
『愛と誠』 (こねたみっくす)
三池崇史監督の手に掛かれば青春ヴァイオレンスとミュージカルを足すとコメディになってしまうのか! これぞ愛と誠のファンタジア。歌って、踊って、喧嘩して、殴られて、愛を語 ...
『愛と誠』 (pure breath★マリーの映画館)
    誰もみたことのない“純愛エンターテインメント”の幕が開ける!! 『愛と誠』 監督・・・三池崇史 原作・・・梶原一騎/ ながやす巧 出演・・・妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親...
「愛と誠」 ひたむきにまっすぐに (はらやんの映画徒然草)
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今
愛と誠を観た。  (マシンblog)
妻夫木聡、武井咲主演、三池監督作品。 とにかく過剰。 いきなりOPからイケメンの市村正親に度肝を抜かれる。 三池演出が過剰。設定が過剰。演技が過剰。暴力が過剰。繰り返しの数が過剰。 笑いを取ろうとする姿勢が過剰。 過剰があふれ出過ぎて、テンポが悪い。という....
【愛と誠】・・・寒い・・・by 武井咲 (映画@見取り八段)
愛と誠 監督: 三池崇史    出演: 妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 公開: 2012年6月       原...
映画『愛と誠』 観てきましたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
今日こそ『ホタルノヒカリ』観ようって思って映画館行ったはずなのに、 なんか急に、やっぱこっちみようって気が変わった。 三池監督作品、実は初めてなのです。 食わず嫌いだったかも(*^。^*)意外と...
「愛と誠」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
インドなんか行かなくても三池崇史はしっかり仕事してるでしょ。 俺が「ロボット」の感想で「三池崇史も、インド行きゃあ、やりたい放題できるんじゃないか」って口走ったのをまだ根に持っているのか。 根に持っているんじゃなくて、日本にいたって工夫次第じゃ、こうい...
映画:「愛と誠」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年6月24日(日)。 映画:「愛と誠」。 監  督: 三池崇史 原  作: 梶原一騎 / ながやす巧 脚  本: 宅間孝行 音  楽: 小林武史 振  付: パパイヤ鈴木 キャスト: 妻夫木聡 (太賀誠)・ 武井咲 (早乙女愛)・ 斎藤工 (岩清水弘) 大野...
歌って踊る「愛と誠」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
早乙女愛が子供の頃、スキー事故から身を挺して救ってくれた大賀誠。そのせいで誠の額には大きな傷が残り、11年後、彼は札付きのワルとなって愛の前に現れる。愛は誠に償いをしようとするのだが、それがお嬢様育ちであるが故にとんちんかんで…… 監督:三池崇史 出演:...
「愛と誠」喧嘩の死闘の末にみた愛の命を救ってくれた恩人の誠意 (オールマイティにコメンテート)
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な ...
愛と誠 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月30日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『愛と誠』公式サイト 往年のアナクロな純愛(?)不良漫画が原作。原作者は梶原先生だ! 今時こんな題材無いだろうということで、三池の手に...
『愛と誠』 メタメタな大傑作 (映画のブログ)
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西...
愛と誠         評価★★★58点 (パピとママ映画のblog)
「ヤッターマン」「十三人の刺客」の三池崇史監督が、過去にもドラマ化され人気を博した梶原一騎・ながやす巧原作によるコミックを、歌や踊りを交えて青春の熱い叫びを表現し映画化。「悪人」の妻夫木聡が復讐に燃えながらも実は優しい心を持つ不良少年の誠を、NHK大河ド....
毒物のような純愛、殺陣のような歌劇 『愛と誠』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親日本映画 2012年 ・・・・・・ 7点
『愛と誠』を渋谷TOEI?で観て、アプローチかパロディーか…ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★凄いけど認めるべきか否か】 割と珍しいのかもしれないが、原作マンガを全部読んでる。 理由は貰い物のマンガが家にあったからだ。 マンガ暑っ苦しいけど ...
愛と誠 (いやいやえん)
歯医者さんに揃えてあって全部読んでた「愛と誠」。子供心にも物凄い劇画純愛漫画だと思ったものでした。それがミュージカル風に生まれ変わるとこうなるんですかねぇ。色々違和感ありました!! これは思いっきり好みの分かれる作品になってそうです。それでも三池崇...
愛と誠 (銀幕大帝α)
12年/日本/134分/青春ロマンス/PG12/劇場公開(2012/06/16) -監督- 三池崇史 『逆転裁判』 -原作- 梶原一騎『愛と誠』 -振付- パパイヤ鈴木 -主題歌- 一青窈『愛と誠のファンタジア』 -エンディングテーマ- かりゆし58『笑っててくれよ』 -出演...
愛と誠 (のほほん便り)
歌って踊る、大胆アレンジの「愛と誠」。原作が、シリアスで大真面目な劇画だけに、最初は、完全にお笑いというか、パロディを連想してたのですが意外や意外。歌もハマってたし、ダンスも面白く、想像以上にヨカッタのでした。しかも、キャスティングの大胆なこと。(年齢...
「愛と誠」 (或る日の出来事)
ミュージカル好きな私だから、まず嫌いなわけがない。
「愛と誠」 (或る日の出来事)
ミュージカル好きな私だから、まず嫌いなわけがない。