★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

スティーブ・ジョブズ(2015)

2016年02月13日 | ★★★+(3.5/5)

【STEVE JOBS】 2016/02/12公開 アメリカ 122分
監督:ダニー・ボイル
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ

口先ひとつで、世界を変えた男。

STORY:1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめている。今回ジョブズはどうしてもMacintoshに「ハロー」とあいさつさせたかったが、当の主役は沈黙したままだ。マーケティング担当者のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)は諦めるよう説得するが... (シネマトゥデイより)


ウォルター・アイザックソンのベストセラーをもとにスティーブ・ジョブズの半生を描いた伝記ドラマ。ジョブズの大きな転換点となる1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacという3回の製品発表会の舞台裏を描く。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』『127時間』のダニー・ボイル。

アシュトン・カッチャー版のほうは観ていないのでどちらが面白いかはわかりません。スティーブ・ジョブズ氏はみんなが驚くような新製品を次々と生み出していてすごい人だなーくらいしか知らないので、改めてジョブズの人となりを知ることができました。

今年のアカデミー賞では主演男優と助演女優でノミネートされてますね。確かにマイケル・ファスベンダーとケイト・ウィンスレットの演技合戦はなかなかでした。お二方のほかにもジョブズに関わってくる人たちを演じた俳優陣の演技....というより台詞合戦?言い争い???はお見事でした。

とにかく、ずーーーっと口論ばかりしてる作品でした 苦笑。

ジョブズを演じたマイケル・ファスベンダー....お疲れ様でした。もーマシンガントークで大変だったことでしょう。観てる(聞いてる)ほうもかなり疲れました、、、。なんか....『ソーシャル・ネットワーク』でマーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグを思い出しました。そしたら脚本が同じ人だった! てか、才能のある人は人を言い負かすのがお上手なのねーと、、、

とにかくジョブズという人は完璧主義者で100パーセントの自信を持ってる方なのですね。絶対に意思を曲げないし、自分の意見は絶対という...。あ~こういう人が職場にいたら嫌だなと思いましたわ 汗。てっきり奥さんと娘とは普通の家族なのかと思ってたら.....違ってたのね。まぁあの性格からしたら円満ではないっすね 汗。あの性格では敵を作るわけだわ。才能は素晴らしいけどひとりの人間としてはダメですねぇ。

でも、口論の末にジョブズから離れていった人もなんやかんやで発表会は見に来るんだからやはり才能は認めてるわけですね。それにしても発表会での演出を細部にまでもこだわるところはすごいですね。一緒に仕事してた人の苦労がよくわかりますわ。“iMac”が登場した時は確かにいままでにない斬新なデザインだなーというのを覚えてます。

残念ながら現在はアップル製品はひとつも持っておりませぬ、、、
一度だけ流行に乗ってみるかと“iPod”を購入したことがあったけど音質がいまひとつですぐに売っちゃった、、、すまぬ。

冒頭での映像にしてもジョブズ氏にしても....みんな実現してるからすごいです。

★★★.6
鑑賞日:2016/02/13

 

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1
井口 耕二
講談社

 

スティーブ・ジョブズ名語録 (PHP文庫)
桑原 晃弥
PHP研究所
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オデッセイ | トップ | キャロル »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
セロトニン (まっつぁんこ)
2016-02-13 23:29:27
セロトニン不足の日本人にはつらい作品でした(笑)
オスカーには手が届かないとみましたが果たして結果はどうか?今年もハイレベルの争いで楽しみです。
Unknown (えふ)
2016-02-14 19:47:18
人を言い負かす人・・・
私、苦手な相手というか大っきらいな人です(汗
ああいう人、社内に1人はいるんですよね。
そばによらないようにしてますわ(苦笑
アップル製品は自由がきかないので使いづらくて
もうこりごりです(苦笑
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-02-18 17:52:33
口論だけの作品ですけど、同じ相手との口論なので、それが14年でどう変化していくかというのが面白いですよね。
マーク・ザッカーバーグとは違い、スティーブ・ジョブズはある意味「線引き」すればザッカーバーグよりも付き合い易い人物だったようにも思えましたよ。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2016-02-23 12:28:57
日本人には受け入れにくい作品なのですね。
オスカーは他に強豪がいるので難しそう、、、
どこまでいくか楽しみではありますね。
えふさんへ (yukarin)
2016-02-24 22:28:00
私もああいう人はダメだわ。
どういうわけか1人くらいいるんですよねぇ。
関わりたくないわ、、、

そういえば某アップル製品で苦労してたものね....
にゃむばななさんへ (yukarin)
2016-02-24 22:36:46
こんばんは。
確かに同じ相手ですもんね。
そういう見方をすれば面白いですね。
でもマーク・ザッカーバーグもスティーブ・ジョブズも近くにいたら困ります 笑
Unknown (mig)
2016-02-25 23:52:53
yukarinもアシュトン版の方が楽しめる気がするなー
今からでもいいからぜひ観てみて!!
migさんへ (yukarin)
2016-02-26 18:04:22
そう言われると気になるからやっぱり観てみようかな笑
わかったー!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「スティーブ・ジョブズ」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは8割位。
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@一ツ橋ホール
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(P) これ伝記映画といっても本人の一部(新作発表会)の舞台裏のみ^^;
スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs (勝手に映画評)
第73回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞受賞。第88回アカデミー賞主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)ノミネート。 2013年にも、アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズを演じた作...
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」) 脚本は当ブログ...
映画:スティーブ・ジョブズ ゴールデングローブ賞 × 4部門ノミネート! とはいえ… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞前哨戦の1つ、ゴールデングローブ賞で、来年2月公開予定「スティーブ・ジョブズ」が、 × 4部門にノミネート。 その × 4部門は以下の通り、 主演男優賞 (ドラマ部門):マイケル・ファスベンダー(写真) 助演女優賞:ケイト・ウィンスレット 脚本賞:ア...
スティーブ・ジョブス (ハリウッド映画 LOVE)
『スティーブ・ジョブズ』 2016年2月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スティーブ・ジョブズ』 を鑑賞しました。 今日の2本目 【ストーリー】  1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめている。今回ジョブズはどうし...
スティーブ・ジョブズ (とりあえず、コメントです)
3つの新作発表会を追いながら、スティーブ・ジョブズの人間性を浮き彫りにしていく物語を ダニー・ボイル監督&マイケル・ファスベンダー主演で紡がれた作品です。 予告編を観て、マイケル・ファスベンダーがどんな人物像を見せてくれるのだろうと気になっていました。 強...
スティーブ・ジョブズ/STEVE JOBS (我想一個人映画美的女人blog)
わたしも、Apple製品のシンプルなのに可愛い洗練されたデザインと機能性で 20年前からPCはApple🍎だし、もちろん携帯はiPhoneを持つひとり。 だけど、スティーブ・ジョブズその人については興味はさほどない。 ダニー・ボイル監督がメガホンを取り、故ステ....
『スティーブ・ジョブズ』 (こねたみっくす)
「i」を「スティーブ・ジョブズ」から「私」に変えた14年間。 スティーブ・ジョブズの人間性を彼に関わる限られた人物との会話劇だけで、しかも大事な発表会の舞台裏という限られ ...
"どっちのアンディ?"『スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)』ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『スティーブ・ジョブズ』Steve Jobs脚本 : アーロン・ソーキン監督 : ダニー・ボイル出演 : マイケル・ファスベンダーケイト・ウィンスレットセス・ローゲンジェフ・ダニエルズ、他物語・198
スティーブ・ジョブズ (風に吹かれて)
会話劇のスティーブ・ジョブズ 公式サイト http://stevejobsmovie.jp 原作: スティーブ・ジョブズ 1 (ウォルター・アイザックソン著/講談社)監督: ダニー・ボイル  「トレイ
スティーブ・ジョブズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『スティーブ・ジョブズ』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)予告編で見て面白いと思い映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、『2001年宇宙の旅』のアーサー・C・クラークが、巨大なコンピュータの側で子どもたちに向かって、「未来になれば、こんな大...
スティーブ・ジョブズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スティーブ・ジョブズの伝記映画は2013年にもアシュトン・カッチャー主演であったけど、カッチャー版はジョブズの若い頃から時系列で彼の人生を描いたのに対して、ジョブズの転機となる3度のプレゼンに絞り込んだ、ダニー・ボイル監督らしい、意欲的な作品でした。  ...
Think different.~『スティーブ・ジョブズ』 (真紅のthinkingdays)
 STEVE JOBS  1984年、Macintosh。1988年、NeXT Cube。そして1998年、iMac。 米Apple社の創業者にして稀代のカリスマプレゼンテーター、スティーブ・ジョ ブズは2011年、56歳の若さでこの世を去った。彼が世に出した三製品の、 新作発表会直前の舞台裏...
スティーブ・ジョブズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スティーブ・ジョブズの伝記映画は2013年にもアシュトン・カッチャー主演であったけど、カッチャー版はジョブズの若い頃から時系列で彼の人生を描いたのに対して、ジョブズの転機となる3度のプレゼンに絞り込んだ、ダニー・ボイル監督らしい、意欲的な作品でした。  ...
スティーブ・ジョブズ★★★ (パピとママ映画のblog)
「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイル監督が、独創的な発想で数々の革新的商品を生み出し、人々の日常生活に革命をもたらしたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る異色の伝記ドラマ。主演は「SHAME -シェイム-」のマイケル・フ....
「スティーブ・ジョブズ」<2015> ジョブズのパーソナリティーに迫る (はらやんの映画徒然草)
改めてまして、ご無沙汰しております。 先週、海外出張より帰国しまして、こちらのブ