勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【お知らせ】元気で長生き 医療講演会&歌の集い&交流 in 東京

2017年09月14日 11時34分10秒 | 肝炎患者のみなさま

がんの不安が無くなる世の中を目指して、全国で医療講演会を行っており、

私もずいぶんとお世話になった、肝がん検診団 団長 川西輝明先生が、

9月16日(土)に、東京駅前のTKP東京駅前カンファレンスセンターで、

医療講演会を行います。

 

講演の申し込みは不要ですので、参加できる方は、参加してみませんか?


ウイルス性肝炎がどんどん治りつつある時代になっています、インターフェロンはつらい薬であることが多かったのですが、それを使わず、副作用の少ない飲み薬のみで治ったり、状態が改善していくそんな時代になっています。このため食欲が増えて脂肪肝や糖尿病になったりする人がではじめました。食事などの生活習慣の心がけがさらに重要となります。是非自分に合った方法を身につけていきましょう。そのためにも参考になる医療講演です。
肝線維化の治療や肝硬変が治った話、脂肪肝対策やせるコツなどの情報も入っていますから、どなたが聞いてもその日から効果があります、元気の出る講演会です。
日程や場所など変更する場合があるので直前に確認を忘れずにお願いします。講演の基本的な内容は2017年7月26日現在は以下の通りです。うたとギター付きです。会場により変わりますが、交流会を企画することもあります、是非ご参加下さい。
自分の地域で、講演を希望される方はコメントなどで連絡先を入れていただければ検討していきます。遠慮なくどうぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○元気で長生き 医療講演会&歌の集い&交流 in 東京
日時 2017年9月16日(土) 開場午前9時から11時45分まで
医療講演10時から10時40分まで
歌の集い10時40分から11時くらいまで
交流 午前9時から10時、11時から11時45分まで

場所 TKP東京駅前カンファレンスセンター ミーティングルーム5B
〒103-0028
東京都中央区八重洲1丁目5-20 石塚八重洲ビル5F


プログラム
医療講演 午前10時から11時
からだにいいことしてみましょ?
アーシングや原始人食からほんとうにそなの?って話まで

体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐに役立つはなしが盛りだくさんです。
アーシング無料体験コーナーもあり。

問い合わせ(参加無料 交流会は申し込み必要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-728-1008
共催 インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会 肝がん検診団


【川西先生のブログ】

http://blog.goo.ne.jp/mizuironokomorebi/e/435c1bb7e640b75a9be726d2aa82e916

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多くの大学で患者講義が行われています!

2017年07月02日 11時09分28秒 | 明るく生きる

B型肝炎の知られざる苦悩吐露

福井大学医学部で患者が講義

 

福井新聞に福井大学医学部の患者講義が報道されていました。

 B型肝炎の当事者にしか分からない苦悩を知ってもらおうと患者本人による「患者講義」が30日、福井県永平寺町の福井大医学部松岡キャンパスで開かれた。北陸地方在住の50代男性患者が「患者の多くは差別や偏見、経済的な苦しみを抱え、さらなる差別を恐れ病気について言えない状況にある。患者に寄り添ってほしい」と医療の道を志す学生に訴えた。

 集団予防接種での注射器使い回しによるB型肝炎ウイルス感染訴訟を起こしている全国B型肝炎訴訟北陸弁護団が、患者の状況を知ってもらおうと、県内で初めて開いた。医学部医学科、看護学科の1年生約170人が受講した。

 

 福井新聞

 http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/211612

 

 多くの大学で患者講義が実施されることを期待しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核酸アナログ製剤治療費助成は今年度手続きから費用負担が少なくなります!

2017年01月27日 14時30分11秒 | 肝炎患者のみなさま

毎年の更新時に提出する診断書(病院で有料で発行、一部地域で無料もあり)が、①検査内容と②治療内容が判断できる資料があれば、無くても更新できることになりました。 
  
診断書は病院によっては、5,400円もしますので、検査データとお薬手帳等があれば、コピー代だけですみます。 
  
ぜひ、ご活用くださいね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!

2017年01月03日 09時07分46秒 | 明るく生きる

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2009年1月に肝臓がんが発見され、8年が経ちました。

当時は、医師から「5年の生存率が50%、10年の生存率は10%」、「3年生きられるかどうか?」と言われましたが、元気でやっています。

全国B型肝炎原告団とキャリア支援の活動をライフワークとしています。

2017年4月からは駒澤大学で「キャリア・デザイン応用」の科目を教えることになりました。

 

今年も皆様が健康で平和に生活ができますように祈願しております。

 

 

B型肝炎訴訟原告団の活動

http://www.b-kan.org/ (肝炎患者支援のWeb)

http://bkan.jp/ (全国B型肝炎弁護団のWeb)

 

キャリア支援の活動

http://www.npo-career.org/ (特定非営利活動法人キャリアサポート研究会) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私たちはB型肝炎患者、B型肝炎原告を支援します!

2016年08月16日 14時12分47秒 | 肝炎患者のみなさま

私たちはB型肝炎患者、B型肝炎原告を支援します!

  45万人と言われる集団予防接種の注射器の使い回しによるB型肝炎ウイルス感染者。 
しかし、国の責任が明確になり原告団と国が和解しても、提訴して救済された原告は約1万5千人あまり。 (2016年7月1日現在、全国B型肝炎訴訟弁護団 http://bkan.jp/ 
  
まだ、多くの方が感染に気づいていない、あるいは偏見や差別があるので提訴できなく、苦しんでいます。 
 
 
 

多くの方にウイルス検査を受けてほしい!

多くの方にウイルス検査を受けてほしい!

B型肝炎感染者は100万人から120万人、C型肝炎感染者と合わせて約250万人と言われています。 
  
まだ、多くの方が感染に気づいていないと思われます。 
ぜひ、保健所や健康診断でウイルス検査を受けてください。 
万が一、感染していた場合でも早期治療は大事です。 
 
 
B型肝炎患者支援のWebを作成しました。
 
ぜひ、ご覧ください。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加