勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

核酸アナログ製剤治療費助成は今年度手続きから費用負担が少なくなります!

2017年01月27日 14時30分11秒 | 肝炎患者のみなさま

毎年の更新時に提出する診断書(病院で有料で発行、一部地域で無料もあり)が、①検査内容と②治療内容が判断できる資料があれば、無くても更新できることになりました。 
  
診断書は病院によっては、5,400円もしますので、検査データとお薬手帳等があれば、コピー代だけですみます。 
  
ぜひ、ご活用くださいね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!

2017年01月03日 09時07分46秒 | 明るく生きる

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2009年1月に肝臓がんが発見され、8年が経ちました。

当時は、医師から「5年の生存率が50%、10年の生存率は10%」、「3年生きられるかどうか?」と言われましたが、元気でやっています。

全国B型肝炎原告団とキャリア支援の活動をライフワークとしています。

2017年4月からは駒澤大学で「キャリア・デザイン応用」の科目を教えることになりました。

 

今年も皆様が健康で平和に生活ができますように祈願しております。

 

 

B型肝炎訴訟原告団の活動

http://www.b-kan.org/ (肝炎患者支援のWeb)

http://bkan.jp/ (全国B型肝炎弁護団のWeb)

 

キャリア支援の活動

http://www.npo-career.org/ (特定非営利活動法人キャリアサポート研究会) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加