勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

2016年みなさまにとって良い年になりますように。

2016年01月02日 11時44分43秒 | 明るく生きる

あけましておめでとうございます。

 

昨年はお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

みなさまにとって良い年になりますように。

 

2009年1月に肝臓がんを宣告され、5年の生存率が50%、10年の生存率が10%と医師に言われて、7年が経過しました。

みなさまのおかげで、元気に新しい年を迎えることができました。

 

大学生協を昨年6月に退職し、B型肝炎訴訟原告団の活動(http://bkan.jp/)と若者・学生の学びと成長、就活支援の活動(http://www.npo-career.org/)をライフワークとしております。

 

今年もウイルス性肝硬変・肝がん患者の医療費助成の署名に取り組みます。

ご協力をよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加