勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

B型肝炎患者にも明るい未来を!

2009年12月31日 16時18分51秒 | 明るく生きる
◆12月31日(木) 16:08
 昨日、今日と身体がだるく、疲れやすい。愛犬「キナ」の散歩でも少し自転車で走ると息切れがする。肝臓の働きが鈍っているのかと思う。

 がんの再発やこれからの入院、もしものことを考えると少しめげてくる。

 今年も暮れようとしている。
 来年は良い年にしたいものだ!



 ◆12月19日(土)
 朝5時過ぎに目が覚め、12月25日の東京地裁での意見陳述を考えていた。
 また、昨日の東大駒場で行われた講演会を思い起こしていた。

 「B型肝炎訴訟」講演会
 東京大学駒場キャンパス 5号館
 主催:B型肝炎訴訟弁護団・原告団 学生有志
 訴訟原告からの訴えを行う。
 川田龍平議員、高橋千鶴子議員の講演
 96名が参加。

 ■東京地裁 意見陳述で訴えたいこと
 2006年最高裁で国の責任が明らかになったにもかかわらず、国はB型肝炎患者、ウイルスキャリアへの救済対策を取らずにその被害を広げてしまったこと。
 これは、国の失政以外の何ものではないことを認め、原告だけでなく350万人肝炎患者に真摯に謝罪し、ただちに原告に対しての損害賠償、治療費の負担をすること。
 
 理由は、予防接種法という国の責任のもとに行った集団予防接種の針の回し打ちでB型肝炎ウイルスキャリアとなり慢性肝炎、がんを発症したのだから、加害者である国が被害者である肝炎患者を救済するのは法治国家であるならば当然の行為であるからである。
 ただちに判決もしくは和解勧告を出し、国はそれに応じること。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闘いの第二幕

2009年12月19日 08時19分54秒 | 闘病の経過
◆12月4日(金)
 横浜市立大学附属病院へ外来。11月24日CT検査の結果で、がんの疑いがある白いものが二つあるとのこと。

 さすがに、ショック!

 自分が完治しただろうと思っていたが、先生からは「根はたくさん散らばって残っている」、「出てきたがんは叩いていく」という言葉を聞き、長い戦いになることを実感した。

 年末は忙しいので、年明け1月8日からの入院を予約する。
 気を取り直して、頑張ろう!


 がんの再発、転移の言葉を聞き、さすがにショックを感じた。
 最近は身体も気力も充実してきたが、がんも一緒に復活するとは…

 悩まないこと、あと5年でやるべきことを考え、実行すること。
 一日一日を大事にすること。


 350万人と言われる肝炎キャリアのうち、351人(現在383人)が提訴しそのうちの一人が私。
 毎日120人もの肝炎患者が亡くなっているが、そのうちの一人に私はなりたくない。誰でもそう思うだろし、誰でも「まさか自分ががんになるとは」と思うだろう。

 宝くじを買う人は、誰でも「自分が当たったら嬉しいだろうな」と思うだろうが、誰でも「自分ががんになる」とは思わないだろう。

 タバコの吸いすぎでがんになるなら分かるが、自分の責任ではなく集団予防接種という国の責任でB型肝炎になりがんになるとは…



 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肝炎対策基本法 みなさまのおかげで成立しました!

2009年12月01日 13時29分30秒 | 明るく生きる
 おかげさまで肝炎対策基本法が12月1日に、国会で成立しました。

 「肝炎対策基本法の制定に関する請願署名」にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 今後、患者の医療費軽減、総合的な医療対策、B型肝炎訴訟の解決が必要となります。
 これからもご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。


肝炎対策基本法が衆院通過 患者団体「長い道のりだった」

 肝炎対策基本法案の衆議院通過を受け、薬害肝炎全国原告団など患者3団体は26日、厚生労働省で会見し、同原告団の山口美智子代表らは「長い道のりだった。肝炎患者救済の第一歩としたい」と喜びを語り、参議院での全会一致による法案成立を望んだ。
 ほかに会見したのは全国B型肝炎訴訟原告団と日本肝臓病患者団体協議会。肝炎を巡る法案は、昨年と一昨年の国会で相次いで廃案になっており、山口代表は「何度も政局に翻弄(ほんろう)された。今度が三度目の正直」と振り返った。
 一方、各地で続くB型肝炎訴訟では国は争う姿勢を変えておらず、東京原告団の坂岡佳子代表は「原告351人の救済なしで肝炎問題は全面解決しない」として、和解などによる速やかな救済を求めた。(00:35)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091126AT1G2603O26112009.html



首相、肝炎対策で予算措置に全力 法成立受け患者と面会

 肝炎対策基本法が成立したことを受け、鳩山由紀夫首相と長妻昭厚生労働相が30日、国会内で患者団体の関係者と面会し、鳩山首相は医療費助成の増額などについて「来年度の予算措置に向け、できる限り全力を尽くす」と述べた。
 長妻厚労相は面会後、記者団に「予算措置は、まず治療薬について助成していくのが前提」と述べ、インターフェロン治療だけでなく、B型肝炎に効果がある抗ウイルス剤治療についても助成の対象とする考えをあらためて表明した。
 一方、国内約350人が損害賠償を求めて提訴しているB型肝炎集団訴訟については「現段階では司法の中で事実認定が判断されることになる」と述べるにとどまった。
2009/11/30 18:49 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009113001000782.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加