勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

輝く富士山が退院を祝っている!

2010年01月23日 08時37分08秒 | 癌(がん)闘病日記
◆2010年1月23日(土) 7:21 4クール16日目 抗がん剤11日目

 今日でやっと退院。
 富士山が光り輝く全身で祝ってくれているようだ。
 今回の入院は、倦怠感と食欲不振、発熱があった。
 隔年7月に3クール目で入院して以来、半年ぶりだったからか、最初は副作用で身体がきつかったが、後半はだいぶ慣れてきた。

 1年前の1月26日、「がんの疑いが高い」、「8月入院だと生きているかどうかわかりませんよ」と言われた。
 
 あれから、1年。
 激動の1年。

 生き方が変わった。
 
 そして、さらにこれからの生き方を見つめ直したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬害を放置した国の大罪

2010年01月21日 10時08分31秒 | 癌(がん)闘病日記
◆2010年1月20日(水) 10:39 4クール13日目 抗がん剤8日目

 今朝はうっすらと富士山が見える。

 昨晩、K医師から「がんかどうか何とも言えない。」とのこと。
 がんかどうかはっきりとせず、T医師にも今後の治療を相談するとのこと。

 いずれにしても、しばらくは経過を見ることになるようだ。
 「がんではない」であろうと、良い方向に考えることにする。

 今日は、フジテレビの取材が11時からの予定。


◆2010年1月21日(木) 1:45 4クール14日目 抗がん剤9日目

 「ドキュメント 検証C型肝炎 薬害を放置した国の大罪」
   フジテレビC型肝炎取材班 小学館         を一気に読む。

 フジテレビのIさんから頂いた本だ。今日(20日)の取材の際に持ってきていただいた。

 昨年12月18日の「B型肝炎訴訟」講演会で初めて取材を受け、12月25日の東京地裁の意見陳述、記者会見、厚労省前の昼夜2回の宣伝。12月26日の「2年生のための卒業後を考えるセミナー」。
 今年1月7日の抗がん剤4クール目入院の初日、12日、20日と取材を受けた。
 来週も職場で取材を受ける予定。
 最初に取材を受けた際には、1,2回の取材で終わるのではと思ったが、実際には今日までで6回になる。

 それも本を読めば、良くわかる。
 そうとう力を入れて、薬害C型肝炎を取材していたが、今回もB型肝炎の実態をずいぶんと丹念に取材をしていると感じる。

 真実を伝え、肝炎患者の救済につながればうれしい限りだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

限りなくクロに近い?

2010年01月19日 10時01分13秒 | 癌(がん)闘病日記
◆2010年1月19日(火) 9:43 4クール12日目 抗がん剤7日目

 今朝も富士山が良く見える。

 K医師から昨日のCT検査結果を今晩話をしたいと言われた。
 がんがあるともそうでもないとも、はっきりと言えないとのことだ。

 「がんが消えた!」と言われずに、残念!

 恐らくは、限りなくクロ(がん)に近いのであろう。

 今後の治療はどうなるのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院11日目! あと1週間頑張ろう!

2010年01月18日 21時14分26秒 | 癌(がん)闘病日記
◆2010年1月18日(月) 20:57 4クール11日目  抗がん剤治療6日目

 今朝は、最近しびれがある頸椎のMRIを行う。本来は22日に行う予定だったが、急遽キャンセルが出て出来るようになった。
 また、16時過ぎからは肝臓に造影剤を入れてのCTを行う。
 両方の結果は、いつ言われるかはまだ分からない。

 夜はINF注射のせいか、少し熱が出る。

 がんの転移は心配だ。
 
 今回の入院は土曜日までの予定。
 あと、今週1週間頑張ろう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輝く富士山 今日も元気!

2010年01月15日 10時05分13秒 | 癌(がん)闘病日記
◆2010年1月15日(金) 6:11 4クール8日目 抗がん剤5日目
 
 空が明るくなり、富士山が見えてきた。
 雪に覆われて白い山頂が、太陽の光で朱色に輝き始めてきた。

 そして、富士山全体が輝いてきた。
 今までも何度かこの病院で富士山を見たが、一、二を競う美しさだ。

 ところが、携帯のカメラで写すと空に溶け込んだようで良く見えずに残念。


 一昨日夜ぐらいから食欲が落ちてきた。口内炎も少しできてきた。
 14日は、首、腕の痛みの検査をしてもらう。頸椎のレントゲンを正面、側面、斜め、首を曲げたり反ったりして撮影し、その画像を医師に診断してもらう。レントゲン(CT)だけでは、がんの転移があるかは分からず、MRIを22日に行うことになった。

 がんの転移でなければ良いが・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加