勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

長く苦しんでいる方もようやく救済されます!

2015年05月14日 06時41分10秒 | B型肝炎 真相究明・再発防止

 

 B型肝炎訴訟で発症から20年以上の方も救済されるようになりました!
 「除斥」(時効)を理由に、長年苦しんできた方が救われなかったことがおかしかったですね。


 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団の運動が実りました。
 弁護団以外の弁護士に相談して、悔しい思いをした方もいたことでしょう。

 除斥を理由に提訴に踏み切れなかった方もいることでしょう。
 苦しんできたのは、被害者ご自身のせいではありません。

 集団予防接種等によるB型肝炎感染拡大は、医療行為が原因の「医原病」です。

 病気や治療の肉体的な苦しさ、治療費等の経済的な苦しさ、偏見や差別、病気による精神的な苦しさ、少しでも救済できますように、原告団・弁護団は支援します。

 

毎日新聞 2015年05月13日

http://mainichi.jp/select/news/20150514k0000m040132000c.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加