goo

第21回『暮らしの菓音』のお知らせ


概要  : 杜屋スイーツ販売会 × お箏・フルート演奏会×刺し子作品展示会
場所  : DOLCE倉庫(静岡県磐田市福田6085) *臨時P30台分有
日時  : 2017年3月12日(日)12時~15時30分 *入場無料
       
(11時15分からのマーマレードを味わう会は有料・事前予約定員制)
演奏  : 13時半からと14時半からの2回 各回30分程度 
*演奏中の出入りはなるべくお静かにお願い致します。
主催・お問い合わせ : 杜屋(もりや)・守屋洋子 Tel&Fax 0538(55)3499 メールは→こちら

暮らしの菓音(カノン)とは? / DOLCE倉庫について臨時駐車場について 会場アクセス・バス時間
杜屋販売とジャム瓶回収について過去レポートフライヤー(チラシ)


<NEWS>

  • 次回21回目の暮らしの菓音は、お箏とフルートの和洋折衷ユニットpomecolo with KANAKO」さんの演奏と、掛川の雑貨店「ラクトフラム」店主、杉山香苗さんの刺し子作品展とのコラボイベントです。静岡茶の出張喫茶も有り!うららかな春へ向かうあわいの季節、ゆったりと和の空間をお楽しみ下さい。
  • 当日開場前の11時15分~11時45分頃まで、マーマレードを味わう会を行います。杜屋の解説を聴きながら、杜屋のマーマレード複数種類のテイスティング(チーズとチョコレート添え)とマーマレードを使ったスイーツ、マーマレードを使ったドリンクをじっくり味わって下さい。参加費お1人様¥600・事前予約制・定員10名様限定。定員に達し次第ご予約受付終了します。
  • ご予約・お問い合わせはメールかお電話・FAX 0538-55-3499 モリヤへどうぞ。
  • 1月13日 浜松WEB情報サイト「we-la」に情報掲載して頂きました。→こちら。
  • 1月17日 フライヤー印刷仕上がりました!ご希望の方には郵送します。配布ご協力頂ける方や店頭に置いて頂ける店舗様も募集中です。

Mail  HP  Twitter  Facebook
新しい記事はこのページの下↓に表示されます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

突発事態

年末年始の冬休み後、オットの実家への帰省から戻って早2週間。
毎日いろんな柑橘でマーマレードを作ったり干しりんごを作ったりお菓子を焼いたり
糀を仕込んだり菓音のフライヤー作ったりして過ごしている。
ひとりで1時間ずっと柚子の皮を刻んだり2時間ずっとりんごの皮むきしたり
という地道で孤独な私の工房ひきこもり生活の中に先日思いがけないイベントが舞い込んだ。
いつ応募したのかも忘れてたラジオの現地お天気リポートメンバーに選ばれて
3分ほどラジオのスタジオと生電話でお話した。

無事終わった今だから言える話。
担当者さんから数日前最初にお電話で打ち合わせして
「前日の夕方までに概要のファックス送ります」と言われていたのにファックスが届かない。
夜にお電話を頂き、遅くなって申し訳ありませんが21時頃には送ります~と言われて晩酌しつつ待てど
電話の音は鳴るのに届かず、翌朝見ても着信履歴はあるのにファックス受信出来ておらず。
おかしいな~ファックス壊れたかな~と思いつつ、とりあえず電源落として再起動してみよう。
とプラグの抜き差ししてみたら、あろうことかファックスどころか電話すら通じなくなってしまった。何で!?
この期に及んで電話まで壊れるなんて、、、あと1時間でラジオ本番なのに~~
とりあえず、自宅電話じゃなくて私の携帯に電話かけてもらうようにお知らせしなくちゃ!
「こちらはファックス送信確認は出来てますが、そういえば昨夜確認のお電話したら通じなかったです。
 これから打ち合わせに入るのでその前に概要メールで送ります。
 そして折り返し一度電話しますのでこのままお待ち下さい」
テンパリ声で話す私に凛々しく冷静に話す女性スタッフさん。しかし私は落ち着きを取り戻すこともなく。
このまま待てって言われてるのに携帯から自宅電話へ通じるかどうか
試しに電話かけたりしててやっぱり通じなくて落胆して
その間にラジオ局側から電話が入ったのにスマホ操作が分からず出られなかった情けなさ。
おまけに夜の間いつも携帯充電してるのに、この頃接触が悪くうまく充電されてなくて
案の定、朝の時点でバッテリー残量が30%台だった。
もしラジオで生電話中にバッテリー切れたらどうなる??
こうなったら充電器にはめたままで電話するしかない。
本番までまだ30分あるし、その間に少しでも充電されますように~と
スマホに向かって合掌しつつ、最初の予定時間の電話を待つ間も落ち着きなくうろうろしてたら
充電器とコンセントの間のコードに足をひっかけてガシャンとスマホを床に落としてしまった。
泣きっ面に蜂とはこのこと、、、しかしスマホ画面割れることもなく無事だったのがせめてもの救い。
そんなこんなで予期せぬトラブルで緊張倍増。話す内容は事前にあらかた確認していたものの
パーソナリティーさんからのオットと私の出会いとプロポーズのフリを、
オットと私ではなくオットと私の居候先だったお菓子屋さんとの出会いの話だと勘違いしてしまった。
そしてラジオの前にデジカメ置いて動画で録音しとこうと思ってたのに
動画モードに切り替える方法が分からず終い。
あ~あ~何やってんだ私~~終了後は後悔と自己嫌悪の嵐。
それはさておき電話通じないままだと困る。。。
しばらく経ってからふと思い立って、もう1台の電話の電源入れ直したらあっさり復旧した。何なんだー!

それにしてもこういう予期せぬ事態が起きた時に私は自分でも笑っちゃうほど
慌てふためき頭が真っ白になりさらに自分で自分の首をしめている。
過去の菓音イベントでも、演奏者さんが直前に音信普通になったり
参加依頼していた方からドタキャンされたりダブルブッキングされかけたりなどの
頭にかーっと血が上る事態が何度かあった。
一寸先は闇。ほんとは、生きてる限り一歩先がどうなるかは分からない。
よりによってこのタイミングで電話が通じなくなるなんて、、、と電話に向かって毒づいたけど
ほんとは、予期せぬ事態が起きた時に落ち着いてぱっと気持ちを切り替えて
対策を考え実行することが大事なのだ。
分かっちゃいるけど「慌てないようにする」「自滅しないようにする」にはどうすればいいのだろう。
そんなことを手を動かしながら悶々と考えていた午後、思いがけない方からお電話を頂いた。


Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

菓音21フライヤー着

待望の菓音フライヤー印刷仕上がり!
予想よりもいい感じの渋くて落ち着いた色合いになってほっと一安心。
私はいまだにフライヤー原稿をワードの図形線画を駆使して針の穴に糸を通すようにちまちま作っている。
印刷屋さんにネットで入稿するのに、PDF化してから送信した方が仕上がりが早いので
今までも出来る限りそうしていた。
が、今私が使っている古式のパソコンだとA5やA4など規定サイズしかPDF化出来ない。
つまり、塗り足し(紙のふち一杯まで印刷する原稿)データの場合は、希望のA5サイズより大きい
カスタムサイズの用紙で原稿を作らねばならないのだけど、カスタムサイズはうちでPDF化出来ない。
今印刷を頼んでる印刷屋さんは、ワード原稿入稿でも2回まで無料でPDF化してくれるので
ありがたく利用しているのだけど、何度か繰り返したうちに
自分でPDF化した原稿を入稿するのと、ワードデータで入稿して先方でPDF化してもらって印刷するのとは
仕上がりの色合いが微妙に異なることに気が付いた。
自分でPDF化すると大体イメージ通りに仕上がるのだけど
先方でPDF化してもらうと、文字の色は薄く写真などの色は濃くなる傾向にあった。
塗り足し原稿カスタムサイズのワードデータで入稿した今回はどうかな~と懸念していたけど、
自分でパソコンで印刷したよりも落ち着いた色調になっていて
予想イメージよりも全然良かった。
あー良かった。
さらに今回は、前回までA5縦の両面印刷タイプで作っていたのを
A6横向きにして両面印刷し、それを半分に折るカタチに仕上げた。
半分に折るといっても真っ二つに折ってA6サイズにするのではなく
内面と外面のトーンを変えた刺し子写真が重なるように8ミリほどずらして折るカタチ。
追加料金払えば折るところまで印刷屋さんでやってくれるけど
お金がもったいないし、第一8ミリずらして折るなどそこまでやってくれないだろうフツー。
と、文字で説明しても何が何だかよく分からないだろうきっと。
というわけで、渾身(というほどでもないけど)のフライヤー、ぜひ現物をお手にとってご覧下さい。
ここまでやらなくてもいいのに~と思うでしょうきっと。
ご希望の方には郵送しますのでご一報下さい。
手が空いた時、一段落した時、気分転換したい時、夜にテレビを見ながら、など
狭間時間に10枚ずつ折るペースで頑張って折ります~


Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カノン21フライヤー



2ヵ月後、21回目の「暮らしの菓音」イベントのフライヤーをこまこまと作っています。
「12月末までに原稿仕上げて冬休み明けくらいから配布出来れば理想なんですけどね」
と今回の参加者さんにも言っときながら、例によって年内はクリスマス以降もお菓子作りで手一杯で
青色吐息のまま帰省して年末年始は実家でだらり。
冬休み明けからマーマレード作りと併行しながらやっとなんとかカタチになりました。
今回は、1度やってみたかったけど前回は手間がかかるのであきらめた
A5用紙横に印刷して半折りするタイプに作ってみた。
A5半折でA6サイズ?実はほんのちょっとだけずらして折るシカケに。
ここまでやるか?と自問しながらもいったん始めちゃうと途中でやめられない。
修正して印刷して修正してを何度も繰り返す。
面倒くさいけどけど、私の頭の中だけにあった想像図が紙として現れる。
そして3月12日当日は、イベントという立体として現れる。
あまりに手間がかかって途中で放り投げたくなるけれど、それがおもしろくてやめられない。



ブログのバナー用に作った画像も、千鳥マークを入れてちょこっと変えてみた ↓



我ながらよく懲りずにやるな~。

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年スタート



おはようございます。今日から通常モードです。
今年も淡々粛々と手を動かして甘いモノ作りを続けていきます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
帰省から帰宅後に仙台のイラストレーター佐々木洋子さん(杜屋のロゴイラスト作者さん)の
2017年カレンダーを開封して1枚1枚めくり、月ごとの素敵なイラスト切り絵を眺めながらにんまり。
こんな素晴らしい作品を描かれる作家さんとお知り合いになれて、しかも同窓なんて光栄です。



さて、ここ連日工房ひきこもりでマーマレード作りに明け暮れています。
1年ぶりにかぐわしい花柚子の香りが工房一杯に満ちる。
あまった皮エキスはお風呂に入れて。
庭の木に実る旬の柑橘でのマーマレード作りも季節の風物詩。
今月から順にいろいろなマーマレードを作って順次在庫状況更新していく予定です。
次回、3月12日の菓音イベントではたくさんのマーマレードをお披露目出来るように
コツコツサクサク相変わらず皮を包丁で手切りし果肉を手搾りしながら頑張っていきます。

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

営業終了ー

12月に入ってから怒涛の勢いで菓音を乗り越えそしてクリスマスギフト作りも終えて
例によって駆け込み注文が年内営業最終日である今日に集中し
マーマレード作りや大掃除や年賀状の準備など一切手つかずのまま
今日27日年内最後のお菓子を焼き終えました。
ふ~~やっと終わった~~
菓音の前もギフト注文が重なり過去最高に匹敵する量のお菓子を焼いたけど
菓音の後も思ったよりお菓子の注文が多く小麦粉が足りなくなり冬休み前に慌てて注文。
菓音が終わったらカフェでゆっくりお茶して映画見に行ってたまった本読みまくろう!と思ってたけど果たせず。
今月も日々に追われてせわしなく時間が過ぎていったけど
とりあえず来年3月12日に予定している次回の菓音の演奏者さんと
お会いしてドルチェ倉庫で打ち合わせすることが出来て一歩前進。
今年は家族の体調不良もあって3月に菓音をやる気力がなかったけど
6月9月12月と3回開催出来た。
1年365日中300日くらいは自分1人か夫と2人きりで過ごしている私の小さな日常世界の中で
菓音イベントは演奏者さんやお客様をはじめ様々な方々と接し触れあう貴重な機会。
今年もたくさんの方にお世話になり、ご購入頂きありがとうございました。
また来年もよろしくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

*12月28日(水)~1月5日(金)まで杜屋の受注・発送・販売業務をお休み致します。
 その間頂いたメールのお返事は遅くなることがあります。

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冬休みのお知らせ



今年の庭のもみじは例年以上にきれいに紅葉し
一日ごとに色が様変わりしていくのを毎日愛しく眺めていた。
先週木曜紅葉ピーク時の雨で散り始めてそろそろ終わり。
今、庭で葉を残しているのは常緑樹のフェイジョア、アボカド、グアバの南国果樹達と柑橘類。
工房勝手口すぐ前の花柚子、そして甘夏柑、レモン、金柑が黄色やオレンジに色づいている。
隣の畑では種から育った正体不明の柑橘が今年初めて実をつけた。これ何だろう?夏みかんぽい。
今年はアボカドの実はならなかったけど、新潟の星名さんにアボカド染めを作って頂いたりといろいろ楽しめた。



2週間前の20回目の菓音も無事終えて、クリスマスのお菓子作りも終えてもうひと頑張り。
2016年も残り1週間となりました。
12月28日(水)から1月5日(木)まで杜屋の受注・発送・販売業務をお休みします。
その間頂いたメールのお返事は遅くなることがあります。



今年は庭の花柚子が過去最高の豊作。
2週間前の菓音で作った庭の花柚子の果汁と皮を焼きこんだシフォンはきめ細やかで爽やかな甘酸っぱさ。
そしてまたマーマレード作りの季節が始まる。

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャム2個セットギフト



先週の暮らしの菓音イベントで販売した、ジャム2個セットラッピングバージョン。
もう少し在庫ありますので、今さらですがお買い得価格のままで通販可です。
↑上の写真はSサイズジャム2個セット 
 ◆プラムとグースベリーのセット ラッピング代込み¥970⇒¥890
 ◆桑の実とグースベリーのセット ラッピング代込み¥1000⇒¥920
↓下の写真はRサイズジャム2個の箱入れセット
 ◆エビガライチゴとプラムのセット 箱入れラッピング代込み¥1610⇒¥1400 完売しました



クリスマスやお年賀ギフト、急なお客様のための買い置きギフトにいかがでしょう。
ジャムは常温で日持ちします。
上記のお得価格は年内営業12月27日まで☆売切れの際はご容赦下さい。
※特価にはなりませんが、ジャムをご希望の種類に変更してのラッピングも出来ます。
 (ラッピング代 セロファン+リボン¥30、ギフト箱入れラッピング¥200です)

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

星名さん工房のジャム



先日の菓音で展示参加頂いた、新潟在住植物染め作家の星名康弘さん。
菓音当日には、星名さんの作品お買い上げのお客様に
杜屋のジャムをおまけプレゼント品としてご利用頂いたのですが
帰路につく間際にもたくさんお買い求め頂き、
昨日星名さんからご自分の工房に並べた写真を送って頂きました。

木のカウンターボックスがいい感じ。
こうやってずらーっと並べて頂くと瓶詰めってやっぱりかわいいな~
ものの見事に自家栽培果実シリーズの二つ折りカードラベルのジャムばっかり。
新潟市越前浜にある星名さんの工房で、杜屋のジャムをお買い求め頂けますし
星名さんのショールなど大物作品お買い求めの場合はおまけとしてプレゼントされる、かも?
新潟にご旅行の機会などありましたら、星名さんの工房にも足をのばしてみて下さい。
たまにイベントも開催されているようです。
作業中だったり植物採取でお留守の場合もありますので
お出かけの際は事前にご本人にご確認下さいませ~。
 星名さんの連絡先と工房は⇒こちら。

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

菓音チャリティ

前回までの菓音では、チャリティドリンクの収益や残ったお菓子をチャリティセットにして販売し
その売上げを311東日本大震災の復興支援関連団体に寄付してましたが
今回の菓音ドリンクは珈琲屋のシロネコさんにお任せしたし
売れ残りのお菓子もわずかしか無かったので通販チャリティもしませんでした。
なので、今年最後の寄付として、個人的に売上げから¥10000寄付送金しました。
今回送金先に選んだのは「鎮守の森のプロジェクト」です。
津波被害を最小限に食い止めるように木を植え森をつくる公益財団法人です。
こないだたまたま手にとって読んだ倉本聰さんのエッセイに紹介されてて共感しました。
杜屋の「森」つながりってのもいいかなーと。
来年3月11日で震災から6年。
私の郷里、宮城県に多大な被害が生じたあの日の光景を忘れないように、
今自分が暮らす、いつ大地震が来てもおかしくないと言われるここ静岡県沿岸地域で
防災意識を忘れないようにするための寄付です。

「暮らしの菓音」イベントでは音楽やアートの楽しみを分かち合い、
少しですが売上げの一部はチャリティとして分かち合うという気持ちを忘れずに
今後も継続していきたいと思います。

「鎮守(ちんじゅ)の森のプロジェクト」についてはこちらをどうぞ↓
http://morinoproject.com/about#sec01

前回までの「暮らしの菓音」のチャリティ送金先はこちら↓

NPO法人浜わらす
  
宮城県気仙沼市を拠点に子どもと海の暮らしの支援活動。

Stand for mothers
  
被災地子育てママ支援活動(防災ママブックの発行等)。

さくら並木プロジェクト
  
三陸沿岸、津波の最高到達地点に桜を植樹する活動。

走れ東北!移動図書館プロジェクト
  
仮設住宅などを移動巡回する図書館。

南三陸ミシン工房
  
南三陸町の被災した女性たちに生きがいと収入を作る。

南三陸のみんなに写真集を届けるプロジェクト
  
震災以前の街並みの写真集を南三陸町民に配布する。

2012年3月10日スコップ団鎮魂の花火
  
天国の人達に想いを伝える花火。

日本赤十字社(義援金)

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ