幸せづくりの家ものがたり

●「樹づくり工房やない」~日々の暮らしから見たこと感じたこと●

危ないよ…

2016年07月23日 | ふれあい日記

今朝、自転車で会社に向かう中、スマホ見ながら歩いている人が
いました。
私の少し前方を横から出てきたのですが、角を曲がろうとした時に
まわりを全然見ずに曲がってきたので、こちらが避けました。
その人はこちらが避けたことすらも気づかず、そのままスタスタと
歩いて行きました。

多分…あれだな、って思うけど

ホント、困ります

今までもスマホ見ながら歩いている人はいたけれど、増えるだろうな。

事故とか心配…

なんでこっちが気をつけなくちゃいけないんだよ~って
カンジでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭の節電対策

2016年07月22日 | ふれあい日記

夏はどうしてもエアコンに頼りがちですね。

今日のお天気は雨だけど。。。
でも湿気がすごいから、やっぱりエアコンに頼ってしまいますね

熱中症対策のため今どきの夏のエアコンの使用は仕方ありません。

ならば、できる範囲で節電対策を!!

・せめてエアコンの温度をいつもより1℃あげましょう。

・エアコンの節電のためによしずやすだれで 窓からの日差しを和らげましょう。

・扇風機を上手に使ってエアコンの使用を控えめにしましょう。

・頻繁なオンオフは電力の増加になるのでできれば一定になるように使いましょう。

ひとまず使い方を意識してみる。
そして、他にできることも!

・テレビは省エネモードに設定、そして画面の輝度を下げ、見ない時は
 こまめに消しましょう。

・日中は照明を消して、夜もできるだけ使用を減らしましょう。
 (朝型の生活にすればgood!)

・炊飯器は保温にしないで残ったら冷凍保存にしましょう。


外出や旅行の時にできることもあります

・冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変え、扉を開ける時間をできるだけ減らし
食品を詰め込みすぎないようにしましょう。

・温水洗浄便座は、便座の保温と温水の電源を切るか
 タイマーを上手に使いましょう。

・テレビは主電源から切りましょう。他にもオフにして問題ないものは
 プラグを抜きましょう。

こんなふうにいろいろやってみて、エアコンの使用分をカバーできれば
いいのでは?!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康が一番ですね

2016年07月21日 | アラフィフ主婦のひとりごと

何はともあれ、健康が一番!

と、最近よく思います

今、体のことで心配な部分が3つ。

年齢によるものなら、まぁ仕方ないです、よくわかっています

そうじゃなく何か病気が隠れているかもという心配があって
憂うつです

ひとつは近々検査するからいいとして、
もうひとつは様子を見ようか、さっさと医者行こうか…と躊躇してるところです。

あともうひとつは、初めてじゃないので気をつけて悪くならないように。
これは内臓系じゃないから、まぁ。ただちょっとよくない状態な感じ

ケガなどは時間と共に治っていくからいいけれど、中身のことはわからないから
とても不安です。

そういえば、友人が両足骨折しました。
両足は今まで聞いたことがなかったな
松葉杖はつけないので、動けるようになるまで不便なことでしょう。

これはこれで大変です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土用干し

2016年07月20日 | ふれあい日記

子供たちは明日から夏休みですね!

今年はまだ梅雨が明けていないです、遅いですね

梅雨が明けたら土用干しを

夏の土用の日に(今年は7月30日)、衣類などを干したり、風に当てたりして
梅雨の湿気や虫を取り払うことです。

虫干しとも言います。

シーズン中にクリーニングに出しにくいスーツや、
夏用ニットなどの洗濯しにくいものは、汗によるシミも
できやすいのでぜひ!

梅雨が明けた後の晴れて風がほどよい日に、上着、ズボン、スカート
などをハンガーにかけて風通しのよい室内や直射日光が当たらない
場所に吊るします。

1~2時間ほどしたら取り込み、衣類にブラシをかけます。
アイロンがかけられるものはかけます。


本類は、直射日光ではない光を当て、風を通します。
各ページをめくれば更に良いでしょう。


畳は湿気を含みやすいので晴れた日に外して屋外に干し湿気を
取ります。日に当てる面は裏側にしてくださいね。
干すスペースがない場合は、畳を少し持ち上げて、空き瓶やペットボトルなどを
挟んで風を通すようにします。扇風機を使うのもOK!

カビが生えてしまった場合は、消毒用アルコール(エタノール)を
布に含ませて拭きとり、風を通して乾かします。

畳は、濡らした雑巾で拭くのはやめてくださいね

そして元の畳の位置を覚えておいてくださいね。
位置が変わるとはまらなくなってしまうことがありますので。

昔は近所で見かけましたが、今畳を干しているのなんて
見かけないですね。
私もやったことはないのですが、一度やってみたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様への対応

2016年07月19日 | ふれあい日記

お客様のところに行くと、待っていてくださることが
多くなりました。

定期的に伺っているので、急いではいない何か、があると
こちらが伺った時におっしゃってくださいます。

ちょっとうれしいです

最初の頃は、警戒されたり、インターホン越しだったのが、
出てきてくださってお話しできるようになりました。

顔も覚えてもらえたので警戒されることもなくなってきました。

それでも訪問されることが嫌かもな、という方には
そっとチラシだけ置いてきます。

それを見ることまで嫌という訳ではないでしょう

そしてたま~にお声かけしてみます。

自分のペースがいい人もいますからね

人によっての対応も変えてみて、と工夫や試行錯誤しながら
やっています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土地の神様

2016年07月16日 | ふれあい日記

お客様の中には工事を行う日取りをよくみて決める方が
いらっしゃいます。
良くない年回りで工事を3年待った方もいらっしゃいました。

気に掛けない方は全く気にしないけれど、気にする方は
とても気にします。

私も親がそういう考えなのでやっぱり影響されています。

自然のものは気が宿っているって思うから、勝手なことをしたら
いけないんじゃないかって思ってしまいます。

この世の中は人間が中心じゃないんだと思います。

だから偉そうにしてはいけないのかなって思う。。。

宇宙の中のこの地球が、たまたま条件そろって生き物が誕生したわけで、
人間はその中の1種類なんだって。

植物だって同じ。この地球で生きているんだから!

人間が特別じゃないんだよね

だから地面に家を建てる時や、庭の木を抜いたりする時は
人間の勝手で動かさないで、その土地の神様によくお願いしてから。
土地の神様がいるかどうかも見たことないから実際わからないけれど

日を見るのが絶対じゃないけれど、気にしない人も何かする時は気持ちの上で
手を合わせるだけしたら良いのではないかなと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カビは早めに対処する

2016年07月15日 | ふれあい日記

ジメジメしてます

湿度が高いこの時期はカビが気になります。

見つけたら放っておかずにすぐに取り除くことが重要です

塩素系の漂白剤を表示に従って薄め、刷毛でカビの部分に塗ります。
タイルの目地などは歯ブラシを使うといいでしょう。

20分くらいそのまま放置したら、ぬるま湯で絞った雑巾で拭き取ります。


ちなみに湿度が高くなりやすいのは、部屋の隅、家具の裏側、押入です。

家具は壁から10cm離して置き、できれば下も2cmくらいの隙間を
作れるとgoodです!

もちろん押入もすのこを敷いたりして(壁にもすのこをたてるといい)
空気の通り道を確保できると良いでしょう。


畳は濡れた雑巾で拭くのは厳禁です。

まずはよく乾燥させます。

晴れた日に畳を起こして屋外に干すと良いでしょう。

カビが生えてしまった部分には消毒用エタノールを布に含ませて
拭き取り、風を通して乾かします。


それからカビが多い場所はエアコンの内部です。

掃除が難しいイメージで、後回しになっているところでしょうか。

専門業者に頼むと費用がかかりますが、自分でもできるようです。

これがよさそうに思いました。

エアコンファン洗浄剤

やり方を見ると確かにできそうですが、やっぱり億劫
先延ばし状態となっています

もう今シーズン使い始めているので、秋の使わなくなる時か、
来年の使い始める前にでも…

エアコンについては思い切るまでがなかなか…です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアコンの風

2016年07月14日 | アラフィフ主婦のひとりごと

暑い外と、エアコンの効いた室内で
体の調子が崩れがちです

女性特有の冷え症なので、できればあまり冷やしたく
ないけれど、(若くないので
外で動いて戻ってくる人のことを考えたら…ね。

事務所をリニューアルしてからは、結構ダイレクトに
エアコンの影響を受けてしまってます。

以前は高さのある本棚や溢れた物たちで、エアコンの風も
スムーズに届かなかったのですが、今は違います。
事務所、きれいになりましたから!

中では何か羽織るようにして対処しようと思っています

男性が多いのでこの辺は合わせていきます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様への姿勢

2016年07月13日 | ふれあい日記

お客様に言われてハッとしたことがあります

「やないさん、控えめね!」

いろんなところからしつこいくらいの営業マンが来ているようですね。

それでは他の会社にお仕事取られちゃうわよ!と
心配されてしまいました

でもしつこくして嫌がられたらこちらもイヤです

しつこくして無理やり仕事もらうのも、何か違うかな、って。
そういうところと同じに思われたくないというのもあります。

自分だったらって思うと、そうなります。

会社にもしつこい営業の電話が毎日のようにあります。

しつこくされたら、もっともっと嫌になります

だから…そういうことなんです。

口の達者な営業マンタイプではない、というのもありますね

お見積り出したら、それで検討していただいて納得した上で
やないさんにやってもらおう!
って思ってもらえたら、その時はもちろんこちらも喜んで

他社とちょっと姿勢が違うのかもしれませんが、それでも
お仕事いただけています!


こんな感じの「やない」です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車の修理

2016年07月12日 | アラフィフ主婦のひとりごと

昨日の自転車パンクの続き…

修理をしてくれる自転車やさん。
ディスカウントスーパーの脇にある自転車やさんに
問い合わせてみたら、その場で直してくれるのではなく、
預かって次の日に引き取りですと言われました。

街の自転車やさんなら、待っていてその場で直してくれるのに

と思いながらも、なかなかそんな自転車屋さんを探すのも
大変なのであきらめて、持って行こうと転がしていたら、
その途中にありました!街の自転車やさん!!

夜7時を過ぎていたのに、ちょうど1台直しているところで、
待っていてやってもらいました。

その1台が終わったら閉めようとしていたらしい…

ラッキーでした

驚くことに待っている間、麦茶と手作りのコーヒーゼリーを
お出ししてくださいました。

今どきなかなかないです。そんなおもてなししてくださるなんて!
ちょっと感動

結局パンクではなく空気入れるところの金具を取り替えただけで
OKでした。

お客様みんなにそのようにおもてなししているのかしら

小さい頃、近所にいたたばこやのおじちゃんおばちゃんを
思い出しました。

近所の人とも年齢問わずお付き合いがありましたよね。

同じくらいの子供がいないお家にもあがりこんで
おばあちゃんとお話ししたり、お菓子もらったりしていたっけ。

今はもうない風景ですね

修理してくれたおじさん、言っていました。

「個人のこういう自転車屋は30年くらい前だったら今の3倍くらいあったよ。
昔は自分が売った自転車がパンクしたって言われたら、
夜であっても市外であっても飛んで行ったもんだ」って。

だから晩酌ができなかったよ、って

今は見た目はいいけど作りはあまりよくない自転車が増えた、って。

大型店が多くなったから、って。

でもそういうところは売るのがメインだから、おじさんのところみたいな
個人のお店はあまり売れなくなって、そういったところの自転車の修理
ばかりみたいです。

大変なのは末端なんだ…って言ってました。

でもこちらからしたらやっぱり助かります。すぐに時間が遅くても
嫌な顔せず直してくれる。しかもお茶とコーヒーゼリー付きで!

その日のうちに直せたのもよかったけれど、なんだか懐かしい
感覚になった。出会えてよかったな。気持ちがほっこりしました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加