人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

平成27年度「過労死等の労災補償状況」を公表/厚労省

2016-06-28 23:55:58 | 賃金:基本給



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省はこのほど、平成27年度の「過労死等の労災補償状況」を公表しました。

厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、

仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、

平成14年から、労災請求件数や、「業務上疾病」と認定し労災保険給付を

決定した支給決定件数などを年1回、取りまとめています。


■平成27年度の結果のポイントは以下のとおりです。

1 脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況

(1)請求件数は795件、前年度比32件の増加

(2)支給決定件数は251件、前年度比26件の減、
うち死亡件数も前年度比25件減の96件

2  精神障害に関する事案の労災補償状況

(1) 請求件数は 1,515件、前年度比59件の増、
   うち未遂を含む自殺件数は前年度比14件減の199件

(2) 支給決定件数は 472件、前年度比25件の減、
   うち未遂を含む自殺の件数も前年度比6件減の93件



■平成27年度「過労死等の労災補償状況」/厚労省




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所


この記事をはてなブックマークに追加

社保等未加入業者への加入指導状況/国交省

2016-06-25 23:58:36 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


国土交通省では、建設業許可部局が行った

社会保険等未加入業者への加入指導状況を

半期毎に調査し、今般、平成24年11月から

平成28年3月末までの状況がまとまり、

期間内に建設業許可部局が事業者から

受けた建設業許可申請等のうち

92.2%について事業者の

社会保険等への加入を確認しました。


平成28年3月末までに確認した

申請等件数429,239件のうち、

総加入数は395,820※件

(92.2%)で前期比0.3ポイントの増加。

※申請等の際、既に加入していた件数は

376,426件で、

指導後加入した件数は19,394件。



国土交通省では、建設業の許可申請時及び経営事項審査時等に

社会保険等加入の確認・指導を平成24年11月

から行っており、平成29年度を目処に

事業者単位で建設業許可業者の100%、

労働者単位では少なくとも製造業相当の加入を目指し、

総合的対策を推進しているところです。


■社会保険等未加入業者への加入指導状況


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

この記事をはてなブックマークに追加

海外特許に関する助成金

2016-06-22 20:36:32 | 助成金



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


今年度、特許庁では海外特許にかかる助成金を新設しました。

助成金の概要は以下の通りです。


◇外国出願補助金

 ⇒外国出願に要する費用の1/2を助成

 ⇒PCT国際出願の場合は費用の2/3を助成

◇模倣品対策支援

 ⇒海外での模倣品に関する侵害調査、警告等に要する費用の
  
  2/3を助成

◇冒認商標無効・取消係争支援

 ⇒企業ブランド等を第三者に先取りされた場合の取消費用の

  2/3を助成

◇防衛型侵害対策支援

 ⇒海外で知財係争に巻き込まれた際の弁護士費用等、訴訟

  費用の2/3を助成

※その他、海外展開する企業への無料相談等、助成メニューが

 充実しています。


詳細は以下のサイトをご覧下さい。

■特許庁助成金


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

この記事をはてなブックマークに追加

正社員、パートとも全ての産業で「不足超過」/「労働経済動向調査」

2016-06-17 23:50:27 | 採用



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省はこのほど、

「労働経済動向調査」結果を公表しました。

「労働経済動向調査」は、

景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や

今後の見通しについて調査し、

労働経済の変化や問題点を

把握することを目的に、

四半期ごとに実施しています。


それによると、2016年5月1日現在、

「調査産業計」で

正社員等労働者は 32 ポイントと 20 期連続、

パートタイム労働者は 31ポイントと 27 期連続して、

それぞれ不足超過という結果となりました。

正社員等労働者、パートタイム労働者ともに

全ての産業で不足超過となり、

多くの業種・産業で人手不足という状況が

浮き彫りとなる結果となりました。


■調査の概況/厚労省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所


この記事をはてなブックマークに追加

個別労働紛争解決制度施行状況

2016-06-15 23:57:36 | 労働法



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


毎年実施されている個別労働紛争解決制度

の施行状況調査の平成27年実績が公表されました。

総合労働相談は8年連続100万件超、

内容は「いじめ・嫌がらせ」が

4年連続トップとのことです。

以下は、労働基準局労働条件政策課 労働紛争処理業務室

から公表された概要です。



1 助言・指導申出件数、あっせん申請件数

のいずれも前年度と比べ減少

  助言・指導申出件数、あっせん申請件数は

減少傾向にあるものの、総合労働相談件数が

8年連続で100万件を超えるなど、高止まり

・総合労働相談件数           1,034,936 件(前年度比0.2% 増)
→うち民事上の個別労働紛争相談件数    245,125 件(  同  2.6% 増)

・助言・指導申出件数            8,925 件(  同  5.8% 減) 
 
・あっせん申請件数             4,775 件(  同  4.7% 減)


2 「民事上の個別労働紛争の相談件数」

「助言・指導の申出件数」「あっせんの申請件数」

の全てで、「いじめ・嫌がらせ」がトップ

・民事上の個別労働紛争の相談件数は、

66,566件(前年62,191件)で4年連続トップ。

・助言・指導の申出では、

2,049件(前年1,955件)で3年連続トップ。


・あっせんの申請では、1,451件(前年1,473件)で2年連続トップ。

3 助言・指導、あっせんともに迅速な処理

・助言・指導は1か月以内に99.1%、

あっせんは2か月以内に90.1%を処理。


平成27年度個別労働紛争解決制度の施行状況


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

この記事をはてなブックマークに追加

雇用均等室における法施行状況

2016-06-10 23:44:01 | 労働時間



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省は、2016年1~3月の「都道府県労働局 雇用均等室における

法施行状況」を公表しました。

全体の調査結果は以下のサイトをご覧ください。

雇用均等室:法施行状況


調査結果の概要は以下の通りです。

◇平成27年度に雇用均等室に寄せられた、男女雇用機会均等法、

 育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談は、84,210 件。

◇労働者からの相談は、2年連続の増加。

 相談者の内訳は、事業主からの相談が 39,338 件(46.7%)、
 
 労働者からの相談が 26,368件(31.3%)

◇雇用均等室が行った男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、
 
 パートタイム労働法に関する是正指導は、69,027 件。

 是正の内訳は、「パートタイム労働法関係」が 29,024 件(42.0%)と
 
 最も多く、次いで「育児・介護休業法関係」が 27,039 件(39.2%)、
 
 「男女雇用機会均等法関係」が 12,964 件(15.8%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

この記事をはてなブックマークに追加

「中小企業雇用環境整備推進奨励金」応募企業を募集/東京都

2016-06-07 23:50:39 | 助成金



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


東京都は、従業員の仕事と育児・介護の両立支援、

非正規労働者の処遇等の改善に取り組む中小企業等を支援する

「中小企業雇用環境整備推進奨励金」を新設、

申請企業を募集することとなりました。

対象は、都内で事業を営む中小企業等。

奨励対象事業は次の3コースで、実施するコースや事業を自由に選択し、

合計100万円の範囲内で奨励金の支給を受けることができます。

A 仕事と育児の両立推進コース

 ①一般事業主行動計画策定事業
  ニーズ調査を行い、仕事と育児の両立に向けた行動計画を策定
  ・・・10万円

 ②仕事と育児の両立制度整備事業
  両立支援のための制度を整備し、両立推進に向け社内研修を実施
   ・・・20万円

 ③男性の育児参加推進事業
  男性の育児参加推進に向けた目標や取組内容を定め、
  男性の育児参加への理解促進に向けて社内研修を実施
   ・・・20万円

B 仕事と介護の両立推進コース

 ①仕事と介護の両立推進事業
  ・相談窓口を設置し、介護相談員を配置
  ・両立推進に向けて働き方の見直しを検討し、取組計画を策定
   ・・・40万円

 ②仕事と介護の両立制度整備事業
  ①で策定した計画実現に向けて介護費用補助等の両立支援制度を整備
   ・・・10万円

C 非正規労働者の処遇改善コース 

 処遇制度、教育・研修制度、福利厚生制度を新たに整備し、社内に周知
   ・・・40万円


・奨励対象となる事業は東京都の交付決定後に取組を開始するものとします。

・各コース、事業について都が定める取組内容の実施が確認できた場合に
 奨励金を交付します。

・複数のコース、事業を実施した場合には、各交付額を合算した額を交付します。


事前エントリー受付は6月15日から開始、説明会は随時開催するとのことです。



■TOKYOはたらネット


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所


この記事をはてなブックマークに追加

「配偶者手当」の検討に向けて/厚労省

2016-06-03 23:43:52 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省はこのほど、女性の活躍を

促進していくことを目的に「配偶者手当」

の在り方の検討に向けてという

パンフレットを作成しました。


有配偶女性パートタイム労働者の21.0%は、

税制、社会保障制度、配偶者の勤務先

で支給される「配偶者手当」などを意識し、

その年収を一定額以下に抑えるために

就労時間を調整する「就業調整」を行っています。



「就業調整」は、結果として

パートタイム労働をしている女性の

能力発揮の妨げとなるとともに、

他の労働者の負担増などの影響

を生じさせていると考えられます、

と啓蒙しております。


労使において「配偶者手当」の在り方の

検討を行っていただくため、

「配偶者手当の在り方の検討に関し考慮すべき事項」

を取りまとめました。

各企業においては、
趣旨をご理解の上、企業の実情も踏まえて

労使で話合いを進めていただくよう、

依頼があがっております。


配偶者手当の見直しにあたっては、

以下に留意する必要があります。


①ニーズの把握など従業員の納得性を高める取組

②労使の丁寧な話合い・合意

③賃金原資総額の維持

④必要な経過措置

⑤決定後の新制度についての丁寧な説明


■「配偶者手当」の在り方の検討に向けて


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

この記事をはてなブックマークに追加

雇用関係助成金のラインナップについて

2016-05-31 23:55:30 | 助成金



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


平成28年度の雇用関係助成金(厚生労働省)が発表されました。

ラインナップとしては、昨年と大幅に変わらないものの、

受給額のアップやメニューが整理統合され、使い勝手のよい

内容となっています。

雇用関係助成金の一覧は以下のサイトをご覧ください。

厚生労働省:助成金一覧



新設および改正された助成金の一部をご紹介します。


◇三年以内既卒者等採用定着奨励金:新設

⇒既卒または中退後3年以内の者を採用した場合に助成

三年以内既卒者等採用定着奨励金


◇生涯現役起業支援助成金:新設

⇒中高年齢者が、起業により新たな従業員を雇入れる場合の費用を助成

生涯現役起業支援助成金


◇キャリア形成促進助成金:改正

⇒主な改正点:メニューを整理統合

キャリア形成促進助成金


◇キャリアアップ助成金:改正

⇒主な改正点:メニューを整理統合、受給額の一部拡充

キャリアアップ助成金


◇職場定着支援助成金:改正

⇒主な改正点:対象となる業種を拡大

職場定着支援助成金




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所


この記事をはてなブックマークに追加

改正確定拠出年金法案が成立

2016-05-27 23:55:26 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


このほど、衆議院本会議で「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」

の採決が行われ、賛成多数で可決・成立しました。

今回の主な改正ポイントは以下のとおりとなっています。
(略称は、DC=確定拠出年金、DB=確定給付年金)

①中小企業(従業員100人以下)を対象とした新制度の創設

・企業年金実施の事務負担等を軽減するため、設立手続き等を大幅に緩和した
 「簡易型DC制度」を創設

・中小企業に限り、個人型DCに加入する従業員の拠出に、事業主が追加拠出をで
 きるようにする「個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度」を創設

②DCへの掛金拠出の規制単位を月単位(5.5万円)から年単位(66万円)に改正

③DCの運用の改善

・事業主が制度導入後、繰り返し加入者へ実施する投資教育(継続投資教育)に
 ついて、従来の「配慮義務」から「努力義務」へ改正

・よりよい商品選択ができるよう運用商品提供数に一定の制限を設けるとともに、
 商品除外のルールを従来の「商品選択者全員の同意」から「選択者の一定割合
 (3分の2以上)の同意」に改正

・運用商品の提供義務について、「リスク・リターン特性の異なる三つ以上の運
 用商品の提供義務」に一本化

④企業型DCや個人型DCの年金資産を就職(転職)先のDBへ移換可能とするなどポー
 タビリティを拡充

⑤個人型DCについて、国民年金の第3号被保険者や企業年金加入者、公務員等共済
 加入者も加入可能とする
 ※改正施行日は、②⑤は平成29年1月1日、その他は改正法公布日から2年以内の
  政令で定める日
  


■法律案概要/厚生労働省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所


この記事をはてなブックマークに追加