越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

クロアゲハ(黒揚羽)

2016-10-31 09:37:06 | 蝶・蛾・トンボ
【クロアゲハ(黒揚羽)】
昆虫   : チョウ目(鱗翅目) アゲハチョウ科
前翅長  : 45~70mm
分布   : 本州・四国・九州・沖縄
時期   : 年2回、4月~8月
名前の由来: 花にとまって、密をすう時、羽を揚(あ)げてとまるアゲハチョウの仲間で、全体に黒(クロ)っぽいので、名付けられました。


春から夏まで、山地から都市周辺の公園、樹林、草地、人家付近など様々な場所で見られる黒っぽい大きなアゲハチョウ。
樹木が茂ったところなど、やや暗い場所をフワフワゆったりと飛んでいます。
街なかから山地まで、黒いアゲハの中では一番普通に見られる。
山道では湿った地面で吸水するのをよく見かけます。
幼虫は、ミカン科植物(カラタチ、カラスザンショウなど)を食べます。


◎2011年6月5日  石川県ふれあい昆虫館にて  写真2枚




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シロオビアゲハ(白帯揚羽) | トップ | クマタカ・ハイタカ・カラス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蝶・蛾・トンボ」カテゴリの最新記事