京都&神楽坂 美味彩花
京都&神楽坂の写真を中心に風景やお店の話題などを綴っています。
 




神宮丸太町駅からも程近い「かもがわカフェ」さん、河原町通から1本東側の細い道を入った
住宅街の中にあります(京都地方法務局向い辺り)

木の扉を開けて2階に上ると広々としたワンフロアに木製のテーブルとイス
暖かい雰囲気の店内は居心地の良い空間
窓側に設けたカウンター席もお1人様には落ち着けます
 

日替わりのお昼ごはんもありますが軽めランチに『たっぷりスープとパン』が嬉しい
野菜をベースにしたたっぷりのスープが美味しい
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





平安時代、弘法大師空海が地蔵堂を建てたことが始まりと伝わる「西福寺」さん
嵯峨天皇の后、壇林皇后が皇子の病の平癒祈願を行ったことから子育地蔵と呼ばれるようになり
子供の健康や病平癒のご利益で知られています。
 
かつてこの辺りは葬装地、鳥辺野の入口にあたり
あの世とこの与の境であることから六波羅地蔵堂とも呼ばれ
お盆の精霊迎え期間には一般公開されますが冬の旅では初公開

阿弥陀如来像が祀られるこぢんまりとした本堂内は
極彩色の花々が画かれた格天井や欄間には天女図など華やか

本堂奥では大きな「地獄絵図」(六道十界図)が公開されています。
特別公開での一番の見所は寺宝「壇林皇后九相図」
美貌で知られた壇林皇后の生前の姿の下に亡くなられた後の風葬の姿が9つのシーンで
リアルに描かれています。風葬図はかなりインパクトがありますが人の世の儚さや無常が伝えられています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





京雛と関東雛の違いは、京雛は目が細くおっとりとした顔立ちで
向って右側に男雛を飾り、関東雛ははっきりとした目鼻立ちで向って左側に
男雛を飾るそうです。最も壮麗な七段飾りは15体の人形を飾ることから
「十五人飾り」とも呼ばれています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大原の土井志ば漬け本舗さんが直営する御飯処「竈炊きたてごはん土井」
昨年、祇園にもお店をオープンしていますが京都駅は八条口
アスティロード京都おもてなし小路に入っています。
 

竈で炊いたご飯と漬物バイキングがうりのお店で
ビッフェではおばんざいに加え土井さんの漬物がふんだんに使われています。
 

お漬物の他にも”漬ける”をテーマにした魚(さわら・鮭)や肉(豚ロース)もメニューに取り込み
バイキング付の和定食は夜も1550円とお手頃なお値段!竈炊き御飯が美味しい~

店頭には販売コーナーもあり八条口直結なのでお土産にも便利



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
建仁寺北側の鎮塔頭寺院「興雲庵」、その境内にあるのが鎮守稲荷「陀枳尼尊王」(だきにそんてん)
変わった名前のお稲荷さんですが元はヒンドゥー教のダキーニからからきているようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





建仁寺の西門を出て大和大路通を北へ少し歩くと角に新しいお店・・・
東京池袋や福岡などに展開する「天狼院書店」さんがオープンしています。
次世代型書店ということで本の販売だけでなく”体験”をサービスとして提供する
新しいコンセプトの本屋さん

町家を改装した店舗は1階はセレクトされた書籍が置かれています(冊数はやや少な目)
その奥にはこたつ席を備えたカフェスペース
 
店内の一部は吹き抜けになっていて2階はカフェ&ギャラリースペース
 

様々なイベントの場としても利用されるそうです。

カフェメニューはドリンク中心でしたが新しいフードメニューも提供していくようです。
1階カウンターで注文し受取、それぞれのカフェスペースに移動するスタイル
購入した本をカフェスペースで読むこともできます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





建仁寺塔頭「久昌院」(きゅうしょういん)は徳川家康に仕えた武将、奥平信昌の菩提寺として創建されたお寺
 

書院「高松軒」の隣には「遠州別好ノ席」と呼ばれる茶室が残され
にじり口に至るまでの通路は塀との間の僅かな空間に屋根が設けられていて珍しい
 

奥に二段に刈り込まれた生垣を配した本堂前の池泉式庭園

本堂に飾られた「長篠合戦図」の襖絵が見所

塔頭寺院が建ち並ぶ建仁寺境内西側



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





西本願寺のお隣「興正寺」の梅、門を入って左手に白梅、右手が紅梅、そろそろ終盤。

紅梅越しに見えるのは西本願寺の飛雲閣



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





京都タカシマヤで「京の味ごちそう展」が開催されています(2月28日まで)
老舗料亭や京の酒蔵、京菓子司などが一同に集まり即売やイートイン、展示などを行っています。
写真は千本下立売「東寿司」さんのかわいい創作寿司



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





あとひと月もすれば桜が開花してくる時期を迎えますが、今は梅や山茶花などの花が彩を添えています。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ