にゃんこな日々

ネコ風ライフをつらつらと・・・

【映画】『いのちのコール ミセスインガを知っていますか』

2014年08月28日 | MOVIE
『いのちのコール ミセスインガを知っていますか』(2013年)
企画:渡邉眞弓。
監督:蛯原やすゆき。
脚本:南木顕生。
出演:安田美沙子。室井滋。山口賢貴。国広富之。筒井真理子。

仲良く引っ越し作業をする結婚を控えたたまきと高志。愛猫のインガと共に新居で幸せな日々を送るはずだったたまきを子宮頸がんという病が襲う。子宮と卵巣の全摘出手術が必要で、子どもを産むのは無理だという診断に結婚を諦めるたまきだったが、高志は何があっても俺が守ると約束する。それから2年。長年続いていた地元FM番組『サンデイ ジェット・ストリーム』の最終回、「インガ」と名乗る女性から自殺を仄めかす電話が入る。

自らも子宮頸がんで余命半年と宣告された渡邉眞弓さんの企画で、残念ながら渡邉眞弓さんは映画の完成を待たずにお亡くなりになられたそうです。子宮頸がんの原因は性交渉ということで、差別や偏見の多い病気で、そんな考えを改め真摯に子宮頸がんという病気について知ってもらおうという啓発作品なんですが、なんでも子宮頸がんのワクチンの副作用の問題なんかで公開が一年ほど伸びてしまったとか・・・。それとこれとは違うのにね・・・。
どんな病気でも当事者は一番しんどいんだけど、謂れのない差別や偏見でパートナーにさえ背を向けられてしまうかもしれないというこの病気のことを、この作品はわかりやすくしっかり伝えてくれていたような気がします。ただ・・・たまきと高志の二人の芝居がね・・・つらい。始まってすぐ私はクラクラしていた。うわ~・・・このまま最後まで・・・耐えられるかなぁ・・・って(笑)。とっとと二年後になってくれて、ラジオ局に場面が移り、ここはベテラン俳優さんがガッチリ占めてくれていたので、ホッと一安心しました。
この作品の脚本の南木顕生さんとは、大阪で南木さんを囲むオフみたいなのがあって初めてお会いして、その後MIXIでマイミクになっていただいていたんですよね。そんなに頻繁にやりとりすることはなかったんですが、南木さん・・・ハンドルネームなんきんさんの日記なんかは常に読ませていただいていて、いつも強気でなんかやたらと突っかかってる感じで(笑)。それに執筆されている脚本はなんだかキワモノっぽくって・・・というか私の思い込みなんですけどね。だから今までなんきんさんの作品観たことなかったんですよ。ところがこの作品はそれらとはどうも違う。だからすごく気になってて・・・。やっと公開で観られるというのに、そのなんきんさんは今年の3月に急逝されてて。ちょっぴりセンチな気持ちで映画館に行って、この作品を観て、作中に出てくるラジオのリスナーのラジオネームが私のよく知るマイミクさんのハンドルだったり、映画の中のセリフで人とのつながりを凧をあげるのに似ていると言うのがあって、自分がしっかり立ってしっかり糸を持っていないといけない、かと言って糸を張りすぎると切れてしまう・・・なんきんさんらしくない優しく強いセリフだったり・・・なんきんさんの違う側面を観たようでラストにはウルウルしてました。「え~!?まさかなんきんさんがあんなセリフ書くとは思ってもいませんでしたよ!」って直接言いたかった。この映画を観たなんきんさんを知る人たちはみんな同じようなこと思ってるでしょうね。

-2014.8.23 第七芸術劇場-
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】『バードシャー テルグ... | TOP | 【映画】『バルフィ!人生に唄え... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラクラきましたか~(笑) (ヤマ)
2014-08-28 23:24:54
 なんきんさんも、mixi日記に安田さんにクラクラ来たってなことを書いていたように思うけど、ちびっと意味が違うかなぁ(笑)。

 いろんな意味で感心させてくれる作品でしたねー。僕も明日の拙サイトの更新で、映画日誌をアップしようと思ってます。
Re:クラクラきましたか~(笑) (tome-pko)
2014-08-29 07:55:40
あれ、全編あの調子だったら、映画鑑賞と言うより苦行ですよ(笑)、ヤマさんの感想楽しみにしています!
報告とお礼に参上 (ヤマ)
2014-11-12 22:36:56
とめさん、こんにちは。

 過日の拙サイトの更新で、こちらの頁をいつもの直リンクに拝借しております。よもや高知で上映されるとは思ってなかったのですが、先ごろ、例のあたご劇場で上映されていました。お客さんからのリクエストによる上映だったようです。

 映画作品以上に、なんきんさんについて書いておいでの部分が何だか妙に沁みてくる記事でした。

 どうもありがとうございました。
ありがとうございます。 (とめ)
2014-11-13 22:32:30
ヤマさーん。
リンクありがとうございます。
決して悪い映画ではないですよ。
ホントに本人に言いたいことがいっぱい残っちゃいましたよね。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。