本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『本当の学力をつける本』 陰山英男

2006年10月11日 | 教育関連書籍



Hontonogakuryoku.jpg


 安倍首相が掲げた教育改革を検討する 「教育再生会議」 が設置され、そのメンバーが発表されました。座長は、ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏。計17人の有識者と安倍首相、伊吹文部科学相、それに山谷えりこ氏らで構成するようです。

以下がそのメンバーですが、みなさんはどんな感想を持たれるでしょうか。


浅利慶太 (劇団四季代表)・ 池田守男 (資生堂相談役)=座長代理 ・ 海老名香葉子 (エッセイスト)・ 小野元之 (日本学術振興会理事長)・ 陰山英男 (立命館小副校長)・ 葛西敬之 (JR東海会長)・ 門川大作 (京都市教育長)・ 川勝平太 (国際日本文化研究センター教授)・ 小谷実可子 (日本オリンピック委員会理事)・ 小宮山宏 (東大総長)・ 品川裕香 (教育ジャーナリスト)・ 白石真澄 (東洋大教授)・ 張富士夫 (トヨタ自動車会長)・ 中嶋嶺雄 (国際教養大学長)・ 野依良治 (理化学研究所理事長)=座長・ 義家弘介 (横浜市教育委員ヤンキー先生)・ 渡辺美樹 (ワタミ社長)   【50音順】


私は知らない方もおられますし、どの程度、この会議が力を持つのか未知数ですが、かなり目立つ布陣ではないでしょうか。力を入れているんだなぁという印象は持ちますね。

この中で、ゆとり教育導入の論争時、さかんに学校の現場から、反復練習の必要性を説き、百マス計算で一躍有名になった、陰山英男先生の著書を取り上げます。

というのも最近、ある新聞で、「百マス計算のせいで、計算が嫌いになり、友だちともつきあいにくくなった」 というような批判があり、さらにそれに同調するかのような記事を目にしたからです。


そもそも百マス計算自体は、新しいアイデアでも、何でもありません。ごく普通の計算練習に遊びや、競争の意識を入れただけのものに過ぎないのですから、当時、書店に「百マス~」 が、あふれるほど並んだこと自体がおかしいと感じました。

こんなことは、授業の工夫の一つで、当教室でも、単語テストや暗記競争であれ、漢字コンクールであれ、賞状を作ったり、グラフを示したりしてしますが、これらは生徒に発奮してもらう材料過ぎませんから、うまくハマる子もいれば、やってられないとそっぽを向いてしまう子も出てきます。

その点に関して申し上げれば、宮本哲也先生の 『強育パズル』 や 『合格パズル』 にしても同様です。 すべては、教師の力次第で、クラスの雰囲気や、学習の効用などを考えながら導入すべきものです。あまりにも陰山氏の学校の進学実績や百マス計算の効果が喧伝されたために、百マスだけやれば、学力が伸びると勘違いした、教師や親が間違っています。

百マス計算のせいではなく、余計なブームを作り出したために、「自分もやらねば」「乗り遅れる」 と思った塾や、教師が、その力量もないのに、百マスという名前に頼ったのが間違え、それを当てにした親が間違えです。 こんな単純な作業を、長期に渡ってやらせ、学力を上げてしまう陰山氏の力がすごいのです。

教師は常に、教材研究を怠ってはならないのですが、すでに世の中に良い教材はあふれていることもまた事実です。どうやらせるのか、そのクラスや生徒に合わせて何を選ぶかが、教師の力量なんです。学習効果が出ないことを、教材のせいにする前に、自分でふさわしい教材を厳選しだり、作ったりすること、また、そもそも自分の指導力を疑った方が良いですね。(もちろん自省の念を含めて)


教育現場からの、陰山先生に対するやっかみもかなり含まれている感じを受けます。何年か前、急に校長になられた時、氏に批判的な教員のHPをいくつも見た記憶があります。現在の肩書きを見ますと、すでに辞めてしまっているのでしょうか。


さて、ついつい力が入ってしまって長くなりました。本書にも、ごく当たり前の教育論、家庭でできること、学校でできることが紹介されています。

これまで、ご紹介した 『親力で決まる』 の親野智t可等氏と似ている印象も持ちます。大村ハマ先生の『教師 大村はま96歳の仕事』や、森口朗氏の『授業の復権』、そして、亡くなられましたが、家本芳郎先生の『教育力を磨く』 など、きっと多くの共通した考え方を見つけられると思います。


『教育再生会議』 のメンバーのみなさん。国内の教育改革、大きく前進して欲しいと願っています。“骨抜き” などと言われないよう、官僚、教育現場としっかりわたりあって下さい。

本当の学力をつける本―学校でできること 家庭でできること

文藝春秋

詳  細


http://tokkun.net/jump.htm 


『本当の学力をつける本』 陰山英男
文藝春秋:239P:1300円

 

■■
 継続は力  ■■


今日も記事がUPできました。お読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、ランキング 応援のクリックをいただけるとうれしいです。

人気blogランキングへ    2位です。やっと1位の3分の1。追い上げ急。ふ~。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。

『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★入試に出題された本・No.3★ | トップ | 『遺品整理屋は見た!』 吉... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
百ます計算 (風竜胆)
2006-10-11 20:03:20
私は、昔から計算が嫌いで、数学の受験勉強のときは、計算するだけの問題はほとんどやりませんでした。



文章題や証明問題をやれば、どうせ計算も必要だと思っていたので、面倒くさくモチベーションが湧かなかったのです



人にもよるのでしょうが、今でも、計算するなら電卓(またはコンピュータ)でと思っています。

風竜胆さん (VIVA)
2006-10-11 23:37:07
こんにちは、コメントありがとうございます。計算が好きだという生徒はまずいないでしょう(笑)。



誰でも、電卓ならOKだとお思いでしょうが、この時の論争は、ただでさえ最低限の、分数や小数、割合などの意味を理解できていない生徒が出はじめていた時期に、さらにレベルを下げて、円周率を3にしたり、教科書を3割削減ということで大騒ぎになりました。



つまり、割る数と割られる数の概念や割合の概念をつかんでいなければ、電卓すらも使えないんですよ。



火付け役の一つは「分数ができない大学生」という本でした。つまりすでに危機的な状況だという認識が現場にあって、文部省にない、さらに減らすのかという論争です。



当時、陰山氏が主張したのは、新しい教科書では、もちろん計算だけでなく、すべてにおいて練習が足らないということでした。百マスはそれを補うための単なる道具に過ぎないんです。
百マス計算 (PCU広報)
2006-10-12 00:21:48
メンバーに陰山英男先生も入っておられるのですね。期待できるかもしれません。

他の方々は、未知数かと思いますが・・・。



もともと百マス計算は記憶力を高めるためのウォーミングアップで、その後の授業がむしろ大切かと思うのですが、上手く伝わっていないのかもしれないですね。



土堂小学校の実績は本物かと思います。
PCU広報さん (VIVA)
2006-10-12 09:50:11
コメントありがとうございます。よく調べていらっしゃいますね。土堂小学校には大村はま先生も生前に行かれたそうです。



学校特に、公立校の復活に力を入れてもらいたいとかねてから思っておりましたので、安倍政権はその点、小泉さんの時より期待できるかなと思っております。
この顔ぶれ新聞で見ました (bucky)
2006-10-12 17:15:38
意図するところがわかるようなわからないような、気がしました。個別には名前を知っている人もそれなりにいますが、どういうふうにつなげるのかな?なんて。

それにしても本当に色々な学習方法や情報が溢れてきましたね。VIVAさんのおっしゃる通り、どう使いこなすか、に尽きると思います。タイミングとその子にあった方法があり、百マス計算にだって、ある時、その子にとってベストの教材だ、ということだと思います。それがわからなかったら問題ですよね。
buckyさん (VIVA)
2006-10-12 19:27:16
そうですね。かなり保守的な色合いがでるのではないかという気がしますが、ちょっと人数が多すぎて、全体が見えませんね。とにかく学校の授業をもう少しレベルアップというか、せめてしっかり基礎学力を付けるための具体策をなるべく早く答申して欲しいですね。そうしないと塾に飲み込まれちゃう(笑)。
Unknown (milesta)
2006-10-12 23:15:44
この本、ずいぶん前に読んでほとんど忘れてしまいましたが、具体的な勉強方法のことより、「早寝早起きが大切」とか「朝ご飯をしっかり食べよう」とか、そういう話が印象に残っています。
milestaさん (VIVA)
2006-10-13 00:47:24
そうなんです。とにかく当たり前の教育論ですから、持ち上げられたり、逆に貶められたりする必然性は全くない方だと思います。



バイタリティーがすごいんです。
NGOサポート願い! (WEOグループ)
2006-10-13 21:28:12
☆リンクのご協力お願いです!



沖縄発!「人・地球応援団」

http://www.weogroup.com/



「人・地球にやさしい」をコンセプトに、音楽・アート・講演・文化芸能・様々なプロジェクトを通して、公益性の高い活動を真摯に行う非営利民間機構!







******************************************

沖縄NGO非営利民間機構/WEOグループ

代表プロデューサー 天地琉聖



<沖縄事務局>〒903-0118

沖縄県中頭郡西原町字小波津233-88 B-126

<浦添オフィス>〒901-2567

沖縄県浦添市勢理客 4丁目 13番 1号

浦添市産業振興センター結の街 501号

TEL 098-944-5717 H-phone 090-3410-2542

e-mail ryusei@weogroup.com

WEO HP http://www.weogroup.com



******************************************

~WEOの事業収益金は、国際児童救済支援・NGO活動・沖縄自立支援活動に役立てられます!~



Unknown (Mizo)
2006-10-14 17:28:38
おぉ、かなり前ですがこの本読みました。

百マス計算のエッセンスはそれが陰山先生の創意工夫のたまものであったと言うこと。猿まねになった瞬間にそれは輝きを失ったと言うことか!?

ともすれば我々方法論にはまりがちですが、やはりその根底には教える人間の熱意が必要なのでしょうね。
Mizoさん (VIVA)
2006-10-14 22:41:41
そう思いません?マスコミがひどいですよ。自分たちが持ち上げといて、あとから批判の声を、まるで正論のように載せるんですからね。



振り回される先生も悪いんですが…、記事になりそうなら何でもやるマスコミもちょっと…、という感じです。



コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。