本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『遺品整理屋は見た!』 吉田太一

2006年10月12日 | ノンフィクション


Ihinnseiri.jpg


扶桑社(出版社)の、本書の担当の方から、読んでもらえないかということで、お贈りいただいた一冊です。別にこうして記事にする義務はまったくないらしいのですが、衝撃的な内容で、大いに考えさせられましたので、取り上げたいと思います。


筆者の吉田氏は、“遺品の整理” ということを生業にしていらっしゃいます。人は家族に看取られ、普通に亡くなれば、別に問題はありません。仮に遺産相続でもめたとしても、弁護士なり裁判所で、遺品に関してそれなりの結論が出ます。

問題となるのは、たとえば身寄りのない独居老人が亡くなったり、一人暮らしの人が自殺してしまったり、あるいは殺人事件で同居の家族が逮捕されてしまったりした場合です。しかも、それが賃貸の物件で起これば、それこそ、貸主(大家)は困り果ててしまいます。

実際にそういうできごとが頻発しているそうで、だからこそ、筆者の仕事が成り立つわけですね。しかしながら、その遺品整理という仕事は、引越しの後片付けとはわけが違います。整理と言っても、そこは殺人現場であったり、死後かなりの時間がたっていたりする場所です。

想像を絶する現場に日々出くわし、興奮している遺族や、逆に、かかわりたくないと冷淡な関係者を相手にしなければなりません。筆者はビジネスとはいえ、そこで故人の人生を思い、人間というものの割り切れなさを嘆かざるを得ません。

筆者が、実際に扱った46の壮絶な現場や、故人や遺品整理の状況が紹介された一冊です。


■■■■■■ ここからは、グロテスクというか、死体現場に関する内容ですので、苦手な方は、次の■■■■■■ まで飛ばして下さいね。

よくニュースなどで死体が発見されたきっかけが、“死臭” であったと報じられます。私は死臭を知りませんが、本書を読みますと、腐乱した死体の臭いというのが大問題なようです。周りの住民からは苦情の嵐、大家は途方にくれるという場面が何度も出てきます。

また、夏場だと、部屋から廊下にまで、うじ虫がわいてしまうこともあれば、部屋中がゴキブリの巣と化して、壁一面にはりついているなどという、ホラー映画まがいの話まで出てきます。

死を前に投げやりになって、動けなくなってしまったのか、いわゆるゴミ屋敷と化している状況も珍しくなく、その中で遺品を整理するわけですから、作業員は相当な覚悟が必要だと、容易に想像できます。

それが、殺人現場であっても、警察がきれいに掃除してくれるわけではありませんから、時にはまだかわいていない血がべっとりと付いたところでの作業となります。刃物で自殺をし、のたうちまわった人の場合も同様です。腐敗した死体から、体液が染み付いていたりする場所に入るなど想像を絶します。


こういった、その場での苦労に加えて、遺族とのトラブルなどに対する苦悶があります。親だとは思っていないから、さっさと片付けてくれ、と怒鳴られたり、逆に遠くはなれた一人息子の死に直面している家族たちと日々接するわけですから、強い信念がなければとても続けられる仕事ではないでしょう。

ここまで
 ■■■■■■ 


今の日本では、一人暮らしの老人の数は増える一方ですし、自殺の数も年間3万人を超えるという事態ですから、これからもこのような出来事は続くと予想されます。

すべての人が自分の死後の準備を万端整えて、旅立つわけではありません。介護付きの老人ホームはとても費用がかかると聞きます。

自殺でなくとも、死というのは突然訪れることも多いですし、事故や病気はいつ出くわすか分かったものではありません。

本当に考えたくなくても考えておかなくてはならないことというのは、人生には多いと思いますが、最大のものが自分の死後のことでしょうか。


普通なら、自分とは無関係と思いたい悲惨な事例が次々と続きますので、読みたくもない内容なのですが、筆者の、優しく、心のこもった書き方で冷静に読み進めることができました。

内容が内容だけに、他人に勧めるというのは、どういう意味?なんて聞かれると困りますが、こぎれいな街並みの中に住んでいても、人間社会には、常にこういう問題があるということ、そして筆者のような人々が必要とされていることが分かって、私には衝撃を受けると同時に、勉強になりました。

きつい本ですが、興味をもたれた人はそのつもりでお読みになったらどうでしょうか。



http://tokkun.net/jump.htm 

遺品整理屋は見た!

扶桑社

詳 細


『遺品整理屋は見た!』 吉田太一
扶桑社:222P:1260円


P.S. 扶桑社の○○様、拙ブログをお目に留めていただいただけでなく、現代社会に問題提起するような一冊を、献本いただき、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
                                              VIVA

■■  ランキング  ■■ 

ふ~、今日は書き終わって、やっと呼吸ができた気分です。

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。
人気blogランキングへ    残念ながら、3位に (>_<)。 追いつけるようにがんばります。

にほんブログ村 本ブログ   ありがとうございます。おかげさまで1位です。

都築区   中川 代々木 大学受験 中学受験 数学 予備校 個別指導

『本』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『本当の学力をつける本』 ... | トップ | 『 セ耳 』 松澤喜好 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大切なお仕事ですね (すず)
2006-10-12 18:33:42
 私は結構この手の本を読むたちなので、興味深く拝見しました。家人の後始末を考えなくてはならない歳と立場なので、色々と思うところがあります。
すずさん (VIVA)
2006-10-12 19:29:49
そうですか、もし気になられるようでしたら、手にとって見て下さい。とにかく強烈な一冊でしたが、↑で書きましたように、いろんな人がいて、いろんな人生があるんだと実感できました。
餞別ありがとうございました! (ふる)
2006-10-12 21:48:05
遺品整理屋?



そんな怖い仕事するひと



いーひん(やや怪しい関西弁)



この本面白そうですね!

ちょっと怖いけど(笑)



しかしVIVAさんの連日の書評ほんとに脱毛です。

いや脱帽です。

たびに出るので、こちらにはお邪魔できませんが、拙ブログの更新は可能ならやりますので、今後ともご愛顧のほどを(ご愛顧されてるのか・・・)



末筆となりましたが、



青年よ!本を読め!



本を読まないと・・・

(後はVIVAさんお願いします・・・(笑)
ふるさん (VIVA)
2006-10-12 22:05:38
おや、ふるさん、今おじゃまして、別れのごあいさつをしてきたら、留守中にいらしていたんですね。



あいかわらず…



このコメント書くのに10分は使っているでしょう(笑)?アメリカでもそのギャグを炸裂させて、日本のコメディアンの実力を知らしめて下さい。



ブッシュにはお会いになるのでしょうか?よろしく伝えてください。『ブッシュの戦争』なかなかおもしろかったと。



あと、シービスケットの墓参りは必ずお願いします。



松井とイチローには、来年がんばるように言っておいて下さい。なんかあれば相談に乗ると。



では、お元気で! So long!
si (yumamiti)
2006-10-12 23:28:50
以前、テレビでですが、そういう仕事を見たことがあります。

身寄りのの無い方だけでなく、とても、遺品をいじれないから

亡くなったご主人の部屋を片付けて欲しいというのがありました。

故人の具合の悪い品物は、上手に処分するということもありました。

未亡人に対する思いやりのようです。

yumamitiさん (VIVA)
2006-10-13 00:48:48
姉さん、こんばんは。



そうなんです。お察しのようですから、さらに付け加えますと、そういう事例も出てきます。おそらく今、老齢で亡くなる方々はおそらく、激動の時代を生きてきた年代だと思うんです。



平均寿命が大雑把に80としても、1926年前後の生まれで、昭和の初期ですものね。戦争を知らない世代が、死ぬまで正気でいろと言う方がムリなのかなという気がします。

はじめまして (mari)
2006-10-13 10:29:19
渡り歩いてこちらにお邪魔しました。



わたしの母は10年ほど前に亡くなったのですが、死期を悟り、亡くなる数日前から着古した衣類(下着含む)や身の回りの品など処分していたと近所の方から伺い、いたたまれなくなった覚えがあります。



死因は病死なのですが、救急車を呼ぶことなく息を引き取り、私や身近な人達への手紙も残されていました。わが母ながら天晴れな最期だったと今になって思います。



なくなる日の朝、至急来て欲しいと電話連絡があり駆けつける途中で死亡の報せをもらいました。一歩間違えれば母も何日も気づかれなかったかもと思ってしまいます。



人はみないつかは死を迎えるのですから、自分の時は母を見習い鮮やかに逝きたいと思ってしまいます。



長文失礼しました。
mariさん (VIVA)
2006-10-13 11:40:46
はじめまして。



そうですか、ご立派な最期でしたね。お手紙まで残し、身の回りも整理するためには、やはり、お亡くなりになる間際まで、体も、頭も健康で正常でないとできませんよね。



しかも文面から察しますと、mariさんと離れ、お一人暮らしのようですから、本当に鮮やかと申せましょう。



私もそうありたいと思います。



コメントいただきありがとうございました。
はじめまして (maki。)
2006-11-28 02:18:11
遺品整理の大変さは体験しないとわからないと思いますが、この本で少しでも伝わるのであれば、必読の書なのかもしれません。

私は3回、直接遺品整理をしましたが、そのうちの2回は私の両親でした。

特に父の時は突然だった為、母を精神的に支えながらの遺品整理は自分でもよく頑張ったなと思っています。
また自営でしたから仕事上の後始末が大変でした。

2回目は父のあとを追うように亡くなった母の時。
やもすれば崩れそうになる自分自身を支えながらの遺品整理です。
遺品の一つ一つに涙しながら片付ける日々でした。

そして3回目が親戚に頼まれての遺品整理でした。
貴重品以外の室内にあふれるありとあらゆる物をよりわけてゴミを処分し、未使用の食器や、まだ使えそうな家具はリサイクルショップに引取ってもらい、最終的に不要なものだけを業者さんに処分していただきました。
すでに定年を迎え、年金生活だった人なので仕事の始末はありませんでしたが、行きつけのお店などにツケがあれば支払わなければなりません。
請求書が出ているものについては問題無いのですが、未請求分については問題が起きる可能性もあります。

そういった細々とした事を短い期間で処理しなければならないのは、残された者にとってかなりの負担です。

つい昨日まで、そこで生活していた人がいないというのは不思議な感覚を覚えるものですが、それは必ず自分にも訪れます。

私は遺品整理を通じて、その時、残された人になるべく負担がかからないようにと考えて生活する必要があると実感しています。

maki。さん (VIVA)
2006-11-28 12:14:06
はじめまして、VIVAと申します。

3回の遺品整理をされたんですね。大変貴重なエピソードを読ませていただきました。親しいから何でも知っているつもりでも、親しいからこそ、言えないこともありますよね。

本書を読みますと、記事やコメント欄で申し上げたとおりですが、本当に自分の場合だけは、きちんとしておこうと感じるのではないかと思います。

こうして本にするくらいですから、強烈な例を選んで紹介しているのだと思うのですが、筆者の優しい言葉に救われます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
遺品整理屋は見た! (大家さんのつぶやき)
実家の母が 「こんなんあったで」 と貸してくれました。さすがわが母。 キーパーズ社長の吉田太一さんが、ご自分のブログを書籍化されたものです。 数年前に「大家さんのひとりごと」を読んでいただきまして、お声をかけていただき、孤独死事件のページに ...
318冊目 遺品整理屋は見た! (無秩序と混沌の趣味がモロバレ書評集)
遺品整理屋は見た!吉田 太一著扶桑社 (2006.9)1,260 評価:☆☆☆☆  敬愛するVIVAさんのブログで紹介されていたのに興味を引かれて手に取った。(VIVAさんの紹介文はこちら)  死が普通の生活から切り離され、病