本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『もう一度キックオフ』 風野潮・作 真咲ナオ・絵

2006年06月09日 | サッカー関連


4年に一度のワールドカップサッカー! 今日はやはりサッカーの本。ここまでご紹介した、サッカー関連の本は、

サッカー株式会社』 クレイグマクギル、 『決戦前夜』 金子達仁、 『山本昌邦備忘録』 山本昌邦、 『サッカーの国際政治学』 小倉純二 です。

もうストックがないだろうなぁと思っていたのに、すばらしい一冊が残っていてうれしくなりました。本書です。子ども向けですがぜひお読み下さい。

主人公のハルは、サッカーが大好き。ところが、“女はダメ”と中学のサッカー部で門前払いをくってしまいます。“あ~サッカーしたい、サッカーしたいー”と叫んでいた、ある日突然、彼女の身体に、事故で植物状態になった元Jリーガー、友也が乗り移ります。

一度は断られたサッカー部も、ハルのケタ違いのプレーを見て入部を許可します。サッカーをしている時は幸せですが、実はハルは兄を亡くしており、母子二人でくらしているのですが、母は兄のことが忘れられず、暗い私生活を余儀なくされていました。

しかし、自分に同居する友也のサッカースピリットに刺激され、少しずつ希望がよみがえります。試合に出始めたハルは、大活躍。ゲームシーンは、臨場感にあふれ、“パス!シュート”と心で叫びたくなります。

また、プレー場面とは対照的に、身体を共有するハルと友也の毎日はドタバタの連続ですが、徐々に心が和らいでいく過程がほほえましいのです。最後はお楽しみです。

二人の運命に最後までひきつけられ、切なく、楽しく、そんなストーリーでした。生徒に薦めて、読んでくれた人は『先生、こういうの他にもないですか?』 と言ってくれて好評でした。



http://tokkun.net/jump.htm


『もう一度キックオフ』風野潮作 真咲ナオ絵
岩崎書店:173P:1260円


p.s. そういえばサッカー好きな生徒が突然、『先生、この記事爆笑だよ』 と言って、朝鮮日報のこのコラムを教えてくれました。興味のある方はどうぞ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/06/02/20060602000055.html

もう一度キックオフ

岩崎書店

詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
 

 ワールドカップ サッカー  『もう一度キックオフ風野潮  真咲ナオ 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『入試超難関突破!解ける!... | トップ | 『監視国家』 アナ・ファンダー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうき)
2006-06-09 22:42:50
こんにちは。はじめまして。

ゆうきと申します。わたしも塾講師です。

(本業不景気につき、副収入目的でしているバイトですけど。)

塾のオーナーさんの方針で、

私が生徒に特定の本を勝手に勧めることはできないのですが、

生徒から勧められた本が、けっこう面白いことはあります。

本当に面白い本は、きっと、どんな年齢層の人が読んでも、面白いんでしょうね。

ではでは。
シュートってこんな簡単に入るの (kazu4502)
2006-06-10 07:52:09
vivaさんおはようございます、毎日ご苦労様です、ワールドカップが始まりましたね、早速ドイツ対コスタリカを観ましたがこんなに簡単にシュートが入るなんてびっくりしました、4対2だなんてまるで野球ですよねこれは。4点目のシュートは本当にシュートしてましたよ、びっくり!!

しかしこれだけ入ると面白いですね、日本もドイツのような調子でいけばいいんだけど、どうも日本は点数を入れるのが本当に下手みたい、いつもゴール手前で糞づまり、コーラックを飲んで試合に出てほしいものです。

でもちょっと無理かな。(苦笑)
本当に (VIVA)
2006-06-10 19:09:46
ゆうきさん:はじめまして。ひょっとしてと思いましたが、やはりブログランキングでご一緒させていただいてますね。いつもお近くで(笑)。お近づきになれて光栄です。すばらしく整とんされているブログで、うらやましいです。お世辞じゃなく。しかも塾講師でいらっしゃるとか。塾講師の集まりでも作りましょうか、愚痴を言い合うための(笑)。

それはそうと本書、ゆうきさんのおっしゃる通りです。大人、子どもに関係なく心に残る良書だと思っています。ぜひこれからもお付き合いさせて下さい。ありがとうございました。



kazuさん:最後までご覧になったんですか?それでこんなに朝早起きで?kazuさんこそご苦労さまです。それにしても、このドイツと引き分けた日本の実力も期待して良いんですよね?私は素人ですからわかりませんが。今日の新聞には、ドイツでは日本が引き分けたことに国民が驚いているようで、今大会の台風の目と、書いてありました。kazuさん期待の柳沢、コーラックでもボラギノールでも正露丸でも、効くならなんでもいいから、ぜひ得点してもらいたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
● もう一度キックオフ 風野潮 (IN MY BOOK by ゆうき)
もう一度キックオフ風野 潮 岩崎書店 2004-09by G-Tools 中学一年生の晴は、サッカーが大好きな女の子。小学生の時から、ずっと地元のサッカーチームで、お兄ちゃんと一緒にサッカーをやってきました。しかし、その兄が交通事故で死んでしまったあと、お母さんに ...