本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『入試超難関突破!解ける!英語長文』竹岡広信

2006年06月08日 | 大学受験【英語】参考書など
 

ドラゴンイングリッシュの竹岡先生の長文問題集、16題の長文からなります。CDが音読用に1枚付いています。

竹岡先生をTVで拝見し、その情熱、共感できる指導方法など、すばらしいと思っておりますし、これまで 『ドラゴンイングリッシュ基本英文100』や『センター英語[文法・語句整序・リスニング]の点数が面白いほど取れる本』 も満足できる参考書でした。

しかし誠に申し上げにくいのですが、本書の英文はとても超難関突破のものではありませんし、かなり古く10年以上前のものも含まれており、すでにどこかのテキストに載っているものや、私の知っているものばかりでした。

その上、易しすぎます。確かに学力低下は顕著だと感じておりますが、このレベルでは家で予習すれば、ほとんど間違えないでしょう。東大の英語は、英文自体は易しくても、設問が難しく、ワナがあったりしますが、それにしても、という気がします。せいぜいセンター試験、私立中堅レベルで、“超”難関とはとても呼べない。残念です。

ただし、解説自体はすばらしいです。さすがです。通常の長文読解テキストには出ていない説明がたくさんちりばめられています。それはいくつもあるのですが、一番単純な例で、私もどうしてテキストに載っていないのだろうと思っていたテクニックの一つに『アー』の発音があります。 【要するに、hard と heard などの違いです】

生徒はみんな悩みます。しかし、例外もあるのですが、単に【 ar のつづりと ar以外のもの 】と区別しておけばほとんど正解できると思います。これがうれしいことに本書には出ています。私ははじめて見ました。(ただし、【 ar と ear は違う 】さらに、【 例外は heart と guard 】、と書かれているとより親切ですが)

こういう竹岡先生ならではの、受験生にとって得がたい情報がいくつも載っています。
結局、竹岡先生ほどの力があれば、料理する英文がなんであれ、そこにいろいろな味付けを加えて、内容の濃いテキストに仕上げられるということでしょう。選択した英文だけが悔やまれます。

教える側からすると、確かに英文を選ぶ作業は大変で、ついつい予習や細かなチェックの要らない、知っている英文に頼りがちです。痛いほどわかりますが、やはり竹岡先生には、その労をいとわず、最高の問題集を作って欲しかったですね。

(そういう事情があり、灘高キムタツ先生の東大リスニングのような英文を読解に使いたいと申し上げたわけです)



http://tokkun.net/jump.htm


『入試超難関突破!解ける!英語長文』竹岡広信
旺文社:208P:1428円


にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング



入試超難関突破!解ける!英語長文

旺文社

詳  細


ドラゴンイングリッシュ竹岡広信  英語長文読解  解ける!英語長文     灘高キムタツ  東大リスニング
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ブログの正体』伊藤穣一+... | トップ | 『もう一度キックオフ』 風... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
灘高の木村です (キムタツ)
2006-06-08 14:32:02
灘の木村です。いつも拝見しております。



竹岡先生の本は全て持っておりますが、解説がどれも

わかりやすくていいなと思っています。

おそらく彼の得意分野?はセンター試験なんだろうな

と思われるような節もありますので、この「超難関」

に関しましても、VIVAさんが仰るとおり、

センター試験プラスアルファの域を出ておりません。

ネガティブな意味ではありませんので、誤解なきよう。

いい問題集であることには異論はありません。



今年はどう考えても無理ですが、来年あたりに

難関大学を狙っている生徒たちに読解問題集を

出そうかなと考えています。

僕の「難関」は本当に「難関」になると思います。



ところで個人的に連絡をさせていただきたいのですが

どうすればいいですか?上記メルアドに送れば

VIVAさん個人に届くのでしょうか?

コメント恐縮です (VIVA)
2006-06-08 15:01:29
あっ!なるほど。木村先生ありがとうございます。【センター試験特化】と書いてあれば、確かに一気にお薦め参考書に入るかもしれませんね。納得いきます。【超難関】で売ろうとするから、ついつい…。木村先生の本期待しております。メールは上のでも届きますが、



viva-books@tokkun.net



へいただけるとありがたいです。と言うか、チェックを頻繁にしておりますので、見るのが早いです。よろしくお願いします。
いいんですよね (浪人生A)
2006-06-09 18:29:44
読ませてもらって、とても参考になりました。

実は持っているわけなんですが、やってもいいんですよね。ちょっと簡単なだけで。

すいませんが確認をしたくって。一応、横国を目指したいと思っていますが。できればアドバイスをお願いします。
はい、 (VIVA)
2006-06-10 18:55:03
大丈夫ですよ。↑で書いたとおりです。キムタツ先生もおっしゃるように、超難関ではなく、センターレベルだと考えて下さい。横浜国大ですと、もちろん学部によって違うわけですが、ほぼセンター試験で8割欲しいですね。二次の英語も決して簡単ではないので、心して準備してください。



ただ、この問題集は、解くだけではなく、読まなければ効果がありません。答え合わせをして、たとえ合っていたとしても、しっかり復習しないと役に立ちません。そのことを頭に入れて、利用して下さい。



できれば専用のノートを作ってください。もしすでに英語が得意であれば(センターで160以上)、早めに終わらせて、新しい英文、例えば過去問に当たって下さい。



なにかあればまた質問してもらってOKですよ。
Unknown (竹岡広信)
2007-05-24 03:38:23
コメントありがとうございます。ただ実際に、東京大学の医学部等に合格した生徒たちが1問は間違えた問題なのです。東京大学は、簡単そうに見えて「首を切られている」問題が多いので、それを意図してこの問題集は作りました。つまり、「本当に難しい問題は、難しくは見えない」わけです。今年も東大実戦で英語に上位にランキングしている生徒にもやらせてみましたが、やはり1問は外してきます。ここにコメントをされている先生がたは本当に生徒にやらせて見られたのでしょうか?ただし、コメントに「簡単そう」というのがあり、プロさえもだませたのか、と思い内心ほっとしています。
竹岡広信さん (VIVA)
2007-05-24 13:49:36
まさかご本人でいらっしゃいますか。そうであれば尊敬する竹岡先生にコメントいただけて大変光栄です。

さて、本書ですが、もちろん多くの生徒たちにやらせました。とても東大医学部レベルではありませんが。記事にしましたとおりで、当然辞書などを使っているわけですが、ほとんど間違えなかったです。

私もだまされたのでしょうか(笑)。もし差し支えなければ、各英文のどの問題を天才レベルの生徒たちが引っかかってしまうのか、教えていただけるとありがたいです。
Unknown (竹岡の教え子)
2007-07-01 23:35:01
 上のコメントは竹岡先生本人ではないと思います。言い方が先生とは随分と違います。ただ、もし先生後陣がコメントをされたと仮定すると「ほとんど間違えなかった」というコメントには激怒されていると思います。「ほとんど合うなら犬でもする」というのが先生の言い方です。先生が一番嫌っておられるのは「だいたい」「ほとんど」という言葉ですから。
 失礼いたしました。
竹岡の教え子さん (VIVA)
2007-07-02 01:03:28
はじめまして。VIVAと申します。

そうでしたか。まさか、先生ほどのお方が、拙ブログなどに直接コメントされるとはやはり思えなかったので。貴重なご意見ありがとうございます。「だいたい」「ほとんど」を嫌っておられるのですね。勉強になりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。