私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

嘘しか付かない蓮舫氏は支那人と言った方が正解

2016年10月17日 22時06分09秒 | 民進党(民主党)

応援クリックをお願いします。


民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」 国籍法違反の疑いも

2016/10/16

 民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団に答えた。党関係者によると、選択の宣言は今月7日付。

 国籍法は20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでにいずれかの国籍を選択しなければならないと規定。蓮舫氏の一連の発言が二転三転した経緯もあり、国籍法違反などに問われるかが焦点となりそうだ。

 蓮舫氏は記者団に「不受理なので相談したら、強く選択の宣言をするよう行政指導された」と述べた。

 国籍法14条は日本国籍の選択について、外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍の放棄を宣言することによると定める。蓮舫氏は選択宣言をした時期に言及してこなかった。

   蓮舫氏はこれまで「昭和60年1月、17歳で日本国籍を取得した」と説明。台湾籍の離脱は「台湾人の父が手続きを終えたと思い込んでいた」と述べていた。一方で参院議員への転身前、雑誌インタビューに台湾籍を持っていると答えた過去もあり、発言の信用性に疑問符が付く面もある。

 今年9月6日、台湾当局に台湾籍の残存を照会するとともに、改めて離脱手続きを行ったところ、同月12日に台湾籍が残っていたことが判明。同月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出したと説明していた。

 離脱証明書が受理されなかったのは、日本政府が台湾を正式な政府として認めていないためだ。金田勝年法相はこれまで一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届は受理していない」と説明していた。
(産経新聞)

(引用終了)


 世間には偉そうに人の批判ばかりしている者がいるが、自分にやましいことがあるから批判されないうちに批判しているのでないかと思っている。だが、まともに生きているつもりでも世間からまったく批判されない者はいないであろうから、その批判を謙虚に受け止めて、少しでも身を処すことが大事なのであり、それが分かっているようで分かっていない者が多いのは困ったものである。

 嘘を付くことは決して良いことではないが、時と場合によっては嘘を付いた方が良いことがあるとしても、嘘しか付かないのでは信用されないであろうし、嘘だからすぐバレるので、また嘘を付いて誤魔化す訳だが、それが重なると、どう言う嘘を付いてのか分からなくなってしまい「前に言った事と違うのでは」と追求されて取り返しのつかなることは良くある話で、その典型的な例が民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題ではなかろうか。  

 産経新聞によれば、その蓮舫代表が、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べ、党関係者によると、選択の宣言は今月7日付だったそうである。だが、今まで「生まれた時から日本人」「台湾籍から帰化」「18歳で日本国籍を選択しました。台湾籍は抜いてます」などと供述が二転三転していて、どれが本当なのか嘘なのか分からなかったが、これで、すべてが嘘であったことがバレた訳で、今まで自分の国籍はどこにあるのか真実を明らかにせず、国会議員となり、閣僚まで勤めたと言うのだから、恐ろしい話である。

 蓮舫代表が台湾籍を持っていたとしても、父親は中華人民共和国成立前後、共産党との内戦に敗れた国民党とともに支那大陸から台湾に渡った人々とその子孫である外省人であり、母親は日本人のようだが支那からの帰化人と言われており、そうなると蓮舫代表には日本人の血が流れていないことになる訳で、また北京大学に留学した経歴があるとなれば、その際に取り込まれて支那の工作員になったのではなかろうか。

 台湾籍はあくまでも偽装であり、まだ明らかになっていないが支那籍もあり、日本国籍との三重国籍だと指摘する方もいるようで、民主党政権時代に蓮舫氏が何をやったのかを思いだせば、事業仕分けで、災害対策予算を削減し、また日本の技術力を削いだことや、支那漁船が海保の巡視船に衝突し、支那人船長を公務執行妨害容疑で逮捕したものの釈放し、衝突した際のビデオ映像も隠蔽して国益を損ねてことなどからして、支那の工作員であると自供しているようなものではなかろうか。  

 嘘しか付かないとなれば、本人は台湾人のつもりらしいが、支那人と言った方が正解であり、二重国籍がバレたら手続きをすれば良いだろうでは、法律など必要ないだろう。良識ある国民が問題にしているのは蓮舫氏には国籍法違反、旅券法違反、経歴詐称の公職選挙法違反などがあるからであり、また日本国籍がない外国人が国家の中枢に入りこんでいたことは安全保障上の重大問題であって、民主党政権時代に防衛や外交などに関する国家機密が支那や韓国に流れていた疑いがあり、その役目を支那の工作員である蓮舫氏が果たしていたと思われる。  

 もし蓮舫氏が日本国籍を取得したとしても、信用出来ず、日本人とは認めたくないし、支那に洗脳されているのだから、電話一本で支那にとって必要な国家機密を渡すであろう。それにしても日本国籍を有しないまま参議院議員に当選したのは不可解であり、そのための法整備の必要があるし、蓮舫氏は当然ながら議員資格の剥奪となり、資格がない者が議員になったことで、選挙も無効になることから、民進党は代表を失うことになる訳だが、その民進党には第二第三の蓮舫氏がいるような気がしてならない。
(2016/10/17)

管理人注:リンク先には蓮舫氏の写真が掲載されていますが、あの顔を見ると不愉快になる方がおられるでしょうから、ブログには敢えて掲載しません。

応援クリックをお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユネスコへの分担金支払い保... | トップ | 歴史とは事実であり正しい歴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL