私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

核シェルターを設置したいと思うのは当然

2017年04月28日 21時29分29秒 | 北朝鮮関連

核シェルターへの問い合わせ、通常の50倍の会社も

2017/04/27

 北朝鮮による核ミサイル発射の脅威に備える人が急増している。核シェルターを販売する織部精機製作所(兵庫県神戸市)には全国から問い合わせが殺到中だ。

 「4月に入ってから電話が鳴り止みません。通常の50倍の問い合わせの数です」(同社の担当者)

 家庭用シェルターは通常、年間6件ほどの契約数だが、今年に入ってすでに6件契約に至ったという。ちなみに、自宅の地下などに作る場合、工事費を含めた費用の目安は約2500万円となっている。

 別の販売会社・シェルタープランニング(大阪府大阪市)でも、4月だけで10台以上売れ、今は在庫がない状態だ。

 「子供を持つお母さんや、孫や子供を守りたいという高齢者からの問い合わせが多いですね」(同社の社長・西本誠一郎さん)

 シェルタープランニングでは、住宅の一室に空気のろ過装置を取りつけることで、放射性物質をとり除き、その部屋を簡易的なシェルターに変えられるタイプを販売。その価格は280万円だ。

では、シェルターのない人の対処法は? 日本に向けミサイルが発射された場合、スマートフォンのメールなどを通じてJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴り響く。

 「Jアラートが鳴ってからミサイル着弾まで1~4分間しかありません。屋内にいる場合は、爆風で窓ガラスが割れる可能性が高いので、窓から離れて寝そべる。屋外なら、地下に逃げ込む。地下がなければコンクリートの建物内に逃げることです」(日本防災教育訓練センターのサニー神谷さん)

 自分の身は自分で守るしかないのか--。

 ※女性セブン2017年5月11・18日号

(産経新聞デジタル iza) 
 
(引用終了)


 核兵器と弾道ミサイルの開発を止めない北朝鮮だが、それを止めさせるために話し合うべきだとの声が未だにあるのは驚く他はなく、話し合いで北朝鮮が核やミサイルの開発を止めるならば、とっくに止めている筈であり、何せ世界最悪の民族と言われている朝鮮人の国なのだから、まともな話し合いも出来る訳はないし、絶対に譲歩することもないのだから軍事力で、その施設を破壊するしかないだろう。
 
 わが国は唯一の被爆国でありながら、北朝鮮の核ミサイルの脅威にさられている訳だが、なぜならば抑止力としての核兵器を保有しておらず、また非核三原則を遵守すれば、核の脅威から逃れることが出来るとの非現実的な政策を未だに守っているからであり、憲法第9条と非核三原則が核戦争を防いでくれるならば、世界の国々が日本の真似をして9条と非核三原則を採用するであろうが、そのような話は聞いたことはない。
 
 核廃絶は不可能に近いし、また北朝鮮のような基地外国家が核を保有すれば核戦争が起こる恐れが高まるだろう。その惨禍から国家国民を守るために既に欧米では核シェルターの建設が進められており、平和国家といわれるスイスでは、全国民が退避できるほどのシェルターをほぼ完成しているとのことだが、前述したようにわが国は唯一の被爆国であるにも関わらず、ほんのわずかしかないようある。
 
 もう35年ほど前のことだが、私の住む神奈川県のある町のゴルフ場に大規模な核シェルターが建設されることになった時に、朝日新聞は、建設を問題視する記事を掲げたことがあり、要するに核戦争が起こりうるものだとし、それを前提にした建設は非常に危険なものだと言う訳で、朝日は消防署を作れば火事になると同様なことを考えていたようだ。核シェルター建設は民間防衛体制の一環であるにも関わらず、朝日の手にかかると建設そのものが危険になってしまうようで、だから安全保障問題を朝日に語らせても無駄ではなかろうか。
 
 産経新聞デジタル izaによれば、核シェルターを販売する織部精機製作所(兵庫県神戸市)には全国から問い合わせが殺到中とのことで、通常の50倍になるそうである。緊迫する北朝鮮情勢を思えば、自分や家族を守るために、核シェルターを設置したいと思うのは当然だろうし、わが国はスイスのように国の予算で、今まで核シェルターを設置して来なかったので、個人の判断で何とかしなければならないとは、まさに平和ボケ国家である。
 
 もし、わが国に核ミサイルが着弾するのが確実になった場合に、地下に逃げ込む方法があると言っても、例えば地下街などの出入り口は、おそらくシャッター程度で、爆風や放射性物質の侵入を防ぐことは出来ないであろうから、安全だとは言えず、屋外にいるより少しはマシと言うだけで、だから核シェルターでない限り生存は難しいのではあるまいか。
 
 さて、朝日新聞が核シェルターへの問い合わせが飛躍的に増えている件を報道するかどうか期待して待つことにしたいが、その建設は危険だと報道した過去があるとなれば、北朝鮮は核シェルターがほとんどないわが国に対して核ミサイルを発射することはないとでも言うかも知れないし、また、未だに北朝鮮との話し合いなどと言っているようだが、話し合いが出来ていれば今日のような危機は招いていないであろう。 
(2017/04/28)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

民進党は都知事選で小池氏を批判していた筈だが

2017年04月25日 21時21分41秒 | 民進党(民主党)

「議席ゼロも覚悟」民進都議選候補また3人離党

2017/04/23

 民進党が東京都議選で公認している候補者の中から、新たに現職都議2人と、新人1人が離党する意向を固めたことがわかった。

 週明けにも都連に離党届を提出する。同党の公認候補36人のうち、既に9人が離党届を出しており、離党組は計12人に上ることになる。今回の離党には、都連幹部の都議も含まれ、党内からは「議席ゼロも覚悟しなければならない」との声も出始めた。

 離党の意向を固めたのは、都連幹事長代理で、都議会の民進党系会派「東京改革議員団」団長代理の酒井大史氏(48)(立川市、4期)、同会派幹事長代理の小山有彦氏(41)(府中市、2期)の現職2人と、新人で日野市議の菅原直志氏(49)(日野市)。3人は今後、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の推薦などを求めていく。
(以下略・読売新聞)
 
(引用終了)


 国や地方の議員は、任期満了後に行われる選挙で再当選しないかぎり議員の資格を失うので、だから落選しないように必死になって、下げたくもない頭を下げて支持を訴え、有権者から好印象を持たれるようにしているのであろう。「猿は木から落ちても猿だが、政治家は選挙に落ちればタダの人」と言われているように、今まで「先生、先生」と持ち上げられていたのに、落選した途端に、相手にされなくなってしまうとなれば、こんな惨めな話はないし、だから、政治には関心を持つことは大事だが、議員にはなるものではないと思っている。
 
 昨年、党名を民進党に変更した民主党だが、かって政権与党の時代があったと言うのだから信じられない話で、国会中継を見ていても、まさに低レベルの論議しか出来ない連中ばかりで、民主党政権がわずか3年4カ月で崩壊したのは当然と言って良いが、「今は民進党であり、民主党ではない」と、まったく関係のないかのごとく嘘を付いており、なぜなら顔ぶれは変わっていないのだから、いくら党名を変更したとしても隠れ民主党を消すことは出来ないであろう。
 
 読売新聞によれば、民進党が東京都議選で公認している候補者の中から、新たに現職都議2人と、新人1人が離党する意向を固めたことがわかったそうであり、同党の公認候補36人のうち、既に9人が離党届を出しており、離党組は計12人に上ることになり党内からは「議席ゼロも覚悟しなければならない」との声も出始めたとのことで、離党する3人は小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の推薦などを求めていくようである。
 
 民進党の公認候補では当選は危ういとして逃げ出した訳だが、いくら逃げたとしても元民進党は消せないし、離党して他党に鞍替えしたり,無所属での立候補も隠れ民主党(民進党)リストが出回っているのだから、無駄であろう。ともかく一時的であったとしても民進党の基本理念に共感し、同党の公認を得ているとなれば、また状況の変化があれば、平然と裏切るであろうし、所属政党をコロコロ変えるような者は信用出来ない。
 
 さて、民進党を離党した3人は、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の推薦などを求めていくようだが本当なのか。先の都知事選挙で民進党は小池氏を批判していたのに、どの面をして、推薦を求めようとするのか驚く他はない。
 
 「都民ファーストの会」には民進党の他に共産党、公明も協力しているとなれば、まさに烏合の衆であり、だから、うまく行く訳はないし、小池氏が都知事になったことで、豊洲市場への移転や五輪施設の建設などを巡って、責任追求に明け暮れて都政を停滞させているだけであり、そのような状況なのに、民進党を離党して擦り寄ってくるような連中を受け入れたとしたら、小池氏も「都民ファーストの会」も終わりだろう。
(2017/04/25)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パチンコ以外に適度に楽しむ遊び方はいくらでもある

2017年04月22日 20時38分50秒 | 社会問題

好調なのは遊園地・テーマパークだけ ゴルフ場やパチンコ振るわず

2017/04/18

 ゴルフ場やパチンコ、テーマパークなどの趣味・娯楽関連業種の中で、遊園地・テーマパークの売上高は唯一、プラス成長した。

 経済産業省が2017年4月14日に発表した2月の特定サービス産業動態統計速報によると、遊園地・テーマパークの売上高は446億円で前年同月比2.4%増と、4か月連続で増加した。ただ、入場者数は2.3%減だった。

 利用者数減が売り上げに影響

 売上高を前年同月と比べると、対個人サービス業の趣味・娯楽関連業種(ゴルフ場、ゴルフ練習場、ボウリング場、遊園地・テーマパーク、パチンコホール)は、遊園地・テーマパークの1業種だけが増加。4業種が減少した。

 ゴルフ場は2か月ぶりに8.6%の減少。利用料金収入、利用者数、営業ホール数のすべてが前年を下回った。ゴルフ練習場とボウリング場はいずれも利用者数が減り、売上高の減少傾向が続いている。

 パチンコホールは8.4%減の2823億円と35か月連続のマイナスとなった。
(j-cast 会社ウオッチ)
 
(引用終了)


 ほとんど毎日のように新聞と一緒に折込広告が入っているが、最近の傾向としてパチンコ店のものが多いようで、日によっては5枚ほど入っていることもあり、それを見てもパチンコに行こうとは思わないし、何も読まずに資源ゴミとして指定された回収日に出すだけである。
 
 パチンコ店の折込広告が入るようになったのは、確か数年前からだと記憶しているが、その前には入っていなかった気がするので、そうなると、来店客が少なくなり、売上が落ちてきたことから、必死になって折込広告を出して客を集めようとしているのであろう。
 
 「パチンコは、適度に楽しむ遊びです」とか言っても、他に適度に楽しむ遊び方はいくらでもあるので、パチンコも衰退産業の一つになったことは間違いなく、なぜなら、かっては商売になっていたとしても、時代の変化などで、商売にならなくなったものはいくらでもあるからである。
 
 j-cast 会社ウオッチによれば、ゴルフ場やパチンコ、テーマパークなどの趣味・娯楽関連業種の中で、遊園地・テーマパークの売上高は好調で、それに対してゴルフ場は2か月ぶりに8.6%の減少。利用料金収入、利用者数、営業ホール数のすべてが前年を下回り、ゴルフ練習場とボウリング場はいずれも利用者数が減り、売上高の減少傾向が続き、パチンコホールにあっては8.4%減の2823億円と35か月連続のマイナスとなったとのこと。
  
 パチンコホールの売上が35か月連続のマイナスとは極めて愉快なニュースであり、だから前述したように必死になって折込広告を出して客を集めようとしているのであろう。わが家から車で5分位の所にあった2軒がようやく潰れたが、その前から駐車場にほとんど車が止まっておらず、客も入っていないようで閑散としていたことから、近いうちに潰れるだろと思っていた。だが、まだ少数ながら客が入っているパチンコホールが他にもあるので、一日でも早く潰れて欲しいものだ。 
 
 今の若者はパチンコに限らずギャンブルをやらない者が多いようで、なぜかと言うとスマホの普及で、パチンコ程度の娯楽であれば、いつでも、どこでもは持ち運べることが出来るからで、となれば、いまだにパチンコをやっている者が行かなくなれば、急速に衰退するであろう。
 
 日本人がパチンコで使ったカネが北朝鮮に送金されて弾道ミサイルや核開発の資金になっているとなれば、パチンコに行くべきではないし、まして、ほとんどが在日企業となれば尚更で、それを知ってパチンコに行かなくなった者もいるようであり、韓国ではパチンコは廃止になったのだから、日本も真似をして廃止が無理ならば衰退させ潰すのが良いのではなかろか。
(2017/04/22)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

偏向マスコミの横暴を晒せるとは良い時代になったもんだ

2017年04月19日 20時57分30秒 | 偏向マスコミ

<!-- 千葉女児殺害事件の取材を断られ、家の壁を蹴る 【マスコミ】 -->



共同記者、取材断られ壁蹴る=住民が動画公開-千葉女児殺害

2017/04/17
 
 千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件に絡み、共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者が、取材を断った近隣住民の自宅の壁を蹴っていたことが17日、同社への取材で分かった。同社は「事情を聴いた上で厳しく指導する」としており、幹部とこの記者が住民宅を訪れ直接謝罪したという。

 この住民が16日、男性記者が壁を蹴る様子が映った動画をツイッターで公開。記者がインターホン越しに取材を申し込もうとして断られ、立ち去り際に後ろ向きに門柱付近の壁を蹴る様子が映っている。住民は「良識的な取材を切に願います」と書き込んだ。
 共同通信社総務局は「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。本人を厳しく指導するとともに記者教育を徹底します」とのコメントを出した。
(時事通信)
 
(引用終了)


 仕事柄と言うか、その立場上、偏向マスコミの連中に接しなければならない方がいるが、思い上がった偉そうな態度にうんざりすることもあるだろうから、健康にも良くないし、何ともご苦労なことだといつも思っている。世間には様々な仕事があり、それぞれ社会に何らかの貢献をしている訳だが、偏向マスコミは何の貢献もしていないとは言えないものの、嫌われる存在になっていることは確かであり、だから、信頼出来るとか、親近感を持っているなどとの話は聞いたことはない。
 
 知人がテレビの取材を受けたことがあり、その時の様子を後で聞いたところ「出させてやるので、ありがたく思え」との態度がありありだったそうで、偏向マスコミに関わって良いことなどないのだから、もし、私が取材を受けることになったとしても、断るつもりであり、政治家でも役人でもないのだから、取材に応じない自由もあるし、なぜなら、偏向マスコミも報道しない自由とか言って、都合に悪いことは国民に知らせていないからである。
 
 ネットの普及によって、偏向マスコミでない一般の方でも情報発信が可能となり、様々な画像や動画が公開されるようになったのは大変良いことであり、今までは偏向マスコミにとって都合の悪いことは絶対に公開されることはないからで、特にいつも偉そうにしている記者連中の横暴が明らかになることはなかったし、政治家の会見でも質問する記者の様子を写しておらず、だから政治家の背後にもカメラ設置し、記者の顔を撮影した方が良いだろう。
 
 時事通信によれば、千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件に絡み、共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者が、取材を断った近隣住民の自宅の壁を蹴っていたことが17日、同社への取材で分かったとのことで、その住民が16日、男性記者が壁を蹴る様子が映った動画をツイッターで公開したことから明らかになったようだ。
 
 防犯カメラとツイッターが、この記者の横暴を世間に晒すことに大いに役に立った訳であり、共同通信の幹部と同記者が住民宅を訪れ直接謝罪したそうだが、証拠の動画が残っているから仕方なく謝罪したようだが、もし、動画がなければ、おそらく、とぼけられてしまうであろう。取材を断られたとはいえ、この事件とは何の関係もない住民に取材を申し込む態度とは思えず、この程度の人間が偉そうに記事を書いているのだから新聞が信頼されていないのは当然であろう。
 
 取材を断られた仕返しに壁を蹴ったのは共同通信社の何という記者なのか。なぜ実名が公表されないのか不可解であり、また社長の謝罪もないとなれば、本当に社として反省しているかどうか分からないし、今後も同様な事案が起きる恐れがあるかも知れない。今回の件は極めて特異なことではなく、ロクでもない連中ばかりの記者となれば、今までもあった筈で、まさに、やり放題だったのではあるまいか。だがネットの普及によって今まで明るみに出なかった偏向マスコミ連中の横暴を晒すことが出来るようになった訳で、本当に良い時代になったものである。
(2017/04/19)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人望もない蓮舫代表では逃げ出す者がいるのは当然

2017年04月16日 21時35分26秒 | 民進党(民主党)

民進・細野代表代行が辞任=蓮舫執行部に打撃

2017/04/13

 民進党の細野豪志代表代行(衆院静岡5区)は13日、野田佳彦幹事長と国会内で会い、代表代行の辞表を提出した。憲法改正をめぐる執行部対応への不満が理由と説明した。同党では7月の東京都議選を前に、都連幹事長を務めた長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出したばかりで、蓮舫代表ら執行部には新たな打撃となった。

細野氏は辞表提出後、執行部の対応について記者団に「『提案型政党』と言いながら憲法については消極的だ」と不満を表明。辞任の理由を「憲法に対する考え方の違いだ」と説明した。離党や議員辞職は否定した。細野氏は記者団に「受理された」と説明したが、党本部によると、辞表の扱いは蓮舫氏が最終判断する。慰留はしない方針。

 蓮舫氏はこの後の記者会見で、細野氏の辞任について「本人の判断だ」と突き放し、感情的な対立があったことをうかがわせた。長島氏の先の離党届提出と併せ、「同時期に(党内の)ちぐはぐ感を見せたことは、私たちを支援している方に大変申し訳ない」と陳謝した。
 細野氏は10日発売の月刊誌「中央公論」で、憲法改正私案を発表。この中で、教育無償化について「憲法を改正することで教育を受ける権利を拡充する」と唱えたが、執行部は「改憲は不要」との立場を取っており、野田氏は同日の会見で「党内で決まったことには従ってもらわないといけない」と細野氏を批判していた。
(時事通信)
 
(引用終了)


 今では衆参院でわずか4議席とすっかり落ちぶれてしまった社会民主党(社民党)だが、前身政党の日本社会党時代には、衆院で議席数が3分の1を越えて、野党第1党の地位を維持していた時代もあったと言うのだから信じられない話で、国民から支持されていなければ政党として勢力を維持することは困難となり、かっては支持者だったとしても、その政策に納得出来ないと、支持者が離れてしまったのあろう。
 
 平成8年(1996年)に政党名を日本社会党から社会民主党に変更した訳だが、党勢の回復には繋がらず、前述したように4議席という消滅寸前の政党に成り下がってしまった。党名変更と言えば、民主党も昨年(平成28年)に民進党と変更しているが、社民党と同様に党勢は回復せず、政党支持率は一桁代であり、まして代表が日本人かどうか疑いのある蓮舫氏となれば、良識ある日本国民は警戒心を持たざるを得ないであろう。
 
 そのような民進党から逃げ出す方がいるのは当然で、7月の東京都議選を前に、都連幹事長を務めた長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出したばかりなのに、時事通信によれば同党の細野豪志代表代行(衆院静岡5区)が13日、野田佳彦幹事長と国会内で会い、代表代行の辞表を提出したそうで、辞任の理由を「憲法に対する考え方の違いだ」と説明し、離党や議員辞職は否定したそうである。
 
 蓮舫氏は細野氏の辞任について「本人の判断だ」と言っているとのことで、そうなると、去る者は追わないと言う訳だが、自分の非を認めたことはなく、人望もない者が代表では「アホらしくて、やっていられない」として、逃げ出す者がいるのは当然で、慰留もせず「本人の判断だ」と突き放すことを言っていては、細野氏も離党の可能性があるだろう。
 
  民進党が通名政党であることは良く知られているが、なぜならば党名を変えれば民主党時代にあったことはチャラに出来ると思っているからで、批判されても「それは民主党のことで今は民進党なので関係ない」と言う訳だが、まさに在日朝鮮人が犯罪歴を隠すために通名を何度も変えるのと同じであり、所属議員の顔ぶれは同じなのだから、また党名を変えたとしても、元民主党は隠せるとは思えない。
 
  蓮舫氏を代表に選んだことが民進党の終わりの始まりと言うべきだが、かと言って代表に誰がなっても支持率が回復することはあり得ないし、もし、民進党が日本の政党として支持を得たいのであれば、蓮舫氏のような2重国籍議員や「韓国のために日本の国会議員になった」と公言する帰化議員を除籍すれば、あるいは支持率が少しは回復するかも知れない。
(2017/04/16)

写真:細野辞任の一報を聞いた蓮舫代表

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

在日朝鮮人は君が代を歌わなくても良いが

2017年04月13日 20時45分42秒 | 日本共産党

国歌斉唱 強要するな
道徳教科書 宮本徹議員が批判


2017/04/11

 日本共産党の宮本徹議員は10日の衆院決算行政監視委員会で、新しい学習指導要領による小学生向けの道徳教科書で、教科書検定による修正後に国歌斉唱を強要するような記述があることを指摘し、国による特定の価値観の押しつけだと批判しました。

 宮本氏は、生徒らが国歌斉唱している写真とともに「国歌がながれたら、みんなでいっしょに歌います」と書かれた教育出版作成の教科書を示し、「在日韓国人や宗教上の理由で歌いたくない人もいる。歌わない自由があることや内心の自由についての記載がない」と指摘。国旗・国歌法の審議(1999年)における「義務付けはしない」「無理強いは内心の自由にかかわる」との国会答弁に反すると迫りました。

 松野博一文科相は、「国歌斉唱を強制しているものではない」と強弁しました。

 宮本氏は、「このままではみんなで『歌います』ということだけを教え込むことになる。憲法よりも学習指導要領を上に置いた教科書検定になっている」と厳しく批判しました。

 宮本氏はまた、同じく東京書籍作成の教科書のなかで、子どもが住む近所のお店がパン屋さんから和菓子屋さんに修正後、検定に合格したこと指摘。「国による特定の価値観の押しつけだ。道徳教科化の帰結であり、道徳教科化をやめるべき」だと求めました。
(しんぶん赤旗)
 
(引用終了)


 弾道ミサイルや核開発を続けている北朝鮮に対して、米国よる軍事行動の可能性が迫っているが、北朝鮮には核戦略に関する概念である相互確証破壊(MAD)が通用しない恐れがあるからである。なぜなら、カリアゲと揶揄されている金正恩最高指導者は叔父を処刑し、兄の殺害まで命じる基地外指導者となれば米国に対して核攻撃を加えれば、米国による核の報復により北朝鮮が壊滅し自国民に多数の犠牲者が出ることが分かっていても、自分さえ生き残れば良いとして核の使用を命じることもあり得るからに他ならない。
 
 北朝鮮の問題は外交的解決することは不可能だと思うし、米国は今まで何十年も対話に対話を重ねてきたにも関わらず、北朝鮮は米国本土まで到達する大陸間弾道弾を開発し、核兵器搭載の可能性が出てきたとなれば、米国が自国民を守るために、軍事行動によって、金正恩の斬首や弾道ミサイルや核施設などを破壊しようとしている訳である。
 
 このような米国の動きに関して日本共産党の小池晃書記局長は10日、「朝鮮の問題は外交的解決以外にはありえない」などとの妄言を吐いているが、北朝鮮をそこまで擁護するのであれば、いまだに対話が通じる相手だと思っているのであろうから、ぜひとも金正恩と会談して弾道ミサイルや核開発を止めるように話して欲しいものだが、北朝鮮による日本人拉致に関心もなく、何もしていない共産党に何が出来るのかと言いたい。
  
 今まで共産党が言っていることで正しかったことは一度もないのに、未だに支持者がいるのだから驚く他はないが、しんぶん赤旗によれば同党の宮本徹議員は10日の衆院決算行政監視委員会において、新しい学習指導要領による小学生向けの道徳教科書の中で、生徒らが国歌斉唱している写真とともに「国歌がながれたら、みんなでいっしょに歌います」と書かれた教育出版作成の教科書を示し、「在日韓国人や宗教上の理由で歌いたくない人もいる。歌わない自由があることや内心の自由についての記載がない」と指摘したそうである。
 
 在日朝鮮・韓国人が日本国歌・君が代を歌いたくないと言うのであれば無理に歌わなくとも良いし、国歌斉唱が外国人にも強制されていると言っているのは共産党くらいだろうが、いくら国歌・君が代が気にくわないとしても、デタラメを言うものでないし、歌っていない人がいれば「あの人は日本人ではないかも知れない」と分かるだけではないか。
 
 ただし、在日朝鮮・韓国人は歌わないとしても、日本に限らず、どこの国であっても国歌斉唱の際には起立脱帽し、国旗に正対するのがマナーとなっているので、だから黙って起立していれば良いし、そうすれば批判されることもないであろうが、起立すらせず座ったままだから問題にされ批判されているではないか。
  
 日本に居住し恩恵を受けている外国人で、国家の象徴である国旗国歌に敬意を示さない者は日本国民からすれば「国に帰れ」と言いたくなるし、共産党は日本国民の国歌斉唱でさえ強制はおかしいとイチャモンを付けているが、かって暴力的破壊活動を繰り広げた仲間の在日が歌いたくないと言っているからであろう。であるから堂々と胸を張って国歌斉唱したい日本国民の気持ちなど共産党には分かるまい。
(2017/04/13)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

テロ等準備罪反対は自らテロリストと認めているも同然

2017年04月10日 21時23分41秒 | 反日・極左団体

共謀罪に「反対の声を」 辺野古新基地建設で座り込み参加者

2017/04/05

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設工事で、5日午前も沖縄防衛局は海底の掘削(ボーリング)作業を行っているとみられる。大浦湾沖合でやぐらを乗せた台船3機が掘削棒を海中に下ろしているのが確認された。米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、新基地建設に反対する市民ら190人が座り込んだ。県内外から足を運んだ人々がマイクを握って抗議し、明日に国会審議入りが予定される「共謀罪」についても、「今こそ、沖縄から反対の声を上げないといけない。最後まで闘いを続けよう」と呼び掛けた。
 
 シュワブの砂浜では、護岸工事へ向け、重機や建築資材の搬入路整備作業も行われている。臨時制限区域の外側に進入防止浮具(フロート)が風や波の影響を受けて流されている様子が確認された。
 県の岩礁破砕許可は3月31日に期限が切れている。国は地元漁協の漁業権放棄を理由に、新たな許可申請は必要ないとの立場で工事を強行しており、県の対抗策に注目が集まる。
(琉球新報電子版)
 
(引用終了)


 定年退職後に、何の仕事もせず毎日暇を持て余している方も世間にはいるであろう。今まで一生懸命に働いたのだから、のんびりしたいと思うのは理解するが、何もすることはないほど虚しいものはないからして、カネになろうがなるまいが、何か人の役に立つ仕事をするのが一番良いのではなかろうか。かと言って、現職時代に栄光を忘れられず、服が汚れるとか汗をかくとか言っていて仕事を選んでいてはダメであり、退職すれば、過去は関係なく、すべてゼロになると思っていた方が良いであろう。
 
 カネになりさえすれば、どんなことでもすると考えていても、晩節を汚すようなことはすべきではなく、いい年こいて、世間の笑われ者になるようでは話にならない。いくら暇だとしても、沖縄には全国から反米反基地闘争に参加するために爺さんや婆さんたちが集結しているようだが、家で孫の相手でもしていれば良いのに、参加者には日当が支給されるとはいえ、何ともみっともない話ではなかろうか。
 
 琉球新報といえば、反米反基地闘争の様子を詳しく伝えることで有名な偏向マスコミだが、その例として米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する連中のことは、どんな些細なことでも報じるが、移設に賛成する声は無視されているので、沖縄県民のほとんどは米軍基地に反対しているかのような世論操作が行われている訳である。
 
 その琉球新報によれば5日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前に、新基地建設に反対する市民ら190人が座り込み、明日(6日)に国会審議入りが予定される「共謀罪」について「今こそ、沖縄から反対の声を上げないといけない。最後まで闘いを続けよう」と呼び掛けたとのことである。 
 
 市民には良い市民と、そうではない市民がいるが、琉球新報のような偏向マスコミが米軍基地の前で騒いでいる連中をサヨク団体としないで、単に市民と表現するのはいつものことだとしても、反対運動の名の元に違法行為を繰り返しているようでは良い市民とは言えないし、また、反米反基地闘争なのに共謀罪反対を叫んでいるのは不可解で、何の関係もないではないか。
 
 反日サヨク団体は何でも反対するのが好きなようだが、今まで反対して正解だったことは一度もないし、例えば安保条約や有事法制、戦争法だと叫んでいた安保法制などは戦争になるとか言って反対していたが、未だに戦争が始まる様子はないので、いつ始まるのか教えて欲しいものだ。だからサヨクが反対していることは推進(賛成)し、外国人参政権とか人権擁護法案など賛成しているもの反対すべきであり、何でも逆に考えれば良いのである。
 
 国会で審議されているのは「共謀罪」ではなく「テロ等準備罪」なのだが、サヨクが「共謀罪」の呼称にこだわるのは自身がテロリストと認めているようなもので、だから法案名に「テロ」が入っている「テロ等準備罪」ではまことに都合が悪いからであろう。
 
 国際組織犯罪防止条約を批准するためには国内法の制定が必要で、だから「テロ等準備罪」の制定が急がれる訳であり、すでに世界の187カ国・地域が条約を締結しており、国連加盟国のうち、未締結国は日本をを含むわずか11カ国だそうで、先進国では日本だけが、テロに対して未防備のままで良い訳はなく、あの北朝鮮でさえも締結しているのに、日本では民進党までも「テロ等準備罪」に反対とは
驚く他はない。

 「テロ等準備罪」に反対する連中は、その主義主張を貫くために、良からぬ考えを持っているとしか思えず、現在すでにテロを準備し、実行段階かも知れないので公安当局による監視が必要ではなかろうか。
(2017/04/10)

写真:米軍キャンプ・シュワブのゲート前で水陸両用車がゲートに入るのを阻止しようと、プラカードを掲げる市民ら=5日午前10時ごろ

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮は米国に宣戦布告したも同然だが

2017年04月07日 20時06分44秒 | 北朝鮮関連

米本土攻撃、いつでも可能=「警告なしに敵つぶす」と北朝鮮紙

2017/04/05

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は5日、北朝鮮の軍事力について「水爆など多様化、軽量化された核兵器と運搬手段」を保有していると強調した。その上で「韓国と太平洋の米軍基地、米本土までも攻撃圏内に入れている」と主張し、常時攻撃が可能な状態だと威嚇した。
 また、金正恩朝鮮労働党委員長を狙った米国の「特殊作戦」が明らかになり、そのための兵力が韓国に展開中だと指摘。この状態が続く限り、「任意の時間に、事前警告なしに敵を無慈悲に踏みつぶす」と言及した。
(時事通信)
 
(引用終了)


 慰安婦問題に関して、韓国が少女像を撤去するとの日韓合意を無視していることから、日本政府は長嶺駐韓大使らを一時帰国させていたが、4日に帰任させた理由は韓国在留の日本人保護のためとのことである。偏向マスコミは「そもそも一時帰国させる必要はなかった」として、いつものように日韓合意を履行しない韓国を擁護し、日本政府を批判している。安倍総理が少女像が撤去されていないのに長嶺大使らの帰任を決断したのは、北朝鮮問題であることは間違いないだろう。
 
 もし朝鮮半島有事となれば、自国民保護の任務がある駐韓日本大使が不在では在留邦人がまったく保護を受けられない事態となることから、長嶺大使らの帰任は苦渋の決断と言って良いだろうが、問題は韓国側が在留邦人の避難に協力するかどうかであり、長嶺大使はファン・ギョアン大統領権限代行と面談しようとしたが外交的欠礼だとして拒否しているようである。
 
 北朝鮮による弾道ミサイル発射や、核実験の兆候があることから、米国による北朝鮮への先制攻撃が行われるのではとの観測があり、米国のトランプ大統領は安倍総理と電話会談を行ったようだが、朝鮮半島有事の際の当事者となる韓国首脳との会談が行われていないのは、韓国は国家間の合意を平然と破るような国であるので危なくて話が出来ないのであり、過去の事例のように会談の内容が支那や北朝鮮に漏れる恐れがあるからだ。
 
 時事通信によれば、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は5日、北朝鮮の軍事力について、「韓国と太平洋の米軍基地、米本土までも攻撃圏内に入れている」と主張し、金正恩朝鮮労働党委員長を狙った米国の「特殊作戦」の兵力が韓国に展開中の状態が続く限り、「任意の時間に、事前警告なしに敵を無慈悲に踏みつぶす」と言及したとのことである。
 
 北朝鮮は米国に宣戦布告したも同然だが、これでは米国が北朝鮮を先制攻撃しても何の問題もないし、なにせ事前警告なしに攻撃すると言っているのだから、やられる前にやるのは米国でなくてもどこの国でも同じであろう。やられてから反撃するかしないかをようやく検討するのは日本くらいだろうし、その証左に敵地攻撃能力の保有するかどうかをまだ論議している段階なのだから、まさに平和ボケではあるまいか。
 
 米国本土まで攻撃可能な弾道ミサイルと核兵器の開発を続けている北朝鮮となれば、米国として、その前に先制攻撃して潰しておかないと米国民を危険に晒すことになるからで、いままでの大統領であったならば通じた恫喝も、トランプ大統領には通じるとは思えない。支那には北朝鮮問題を解決する能力もないので当てにはならないし、兄でさえも暗殺する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は何をするか分からない基地外となれば、武力行使以外に手段はなく、強く支持したい。
 
 菅官房長官は米国による北朝鮮に対する武力行使も排除しない姿勢を評価しているが、政府が武力行使を支持するとの見解を明らかにするのは大変珍しいことで、その時期は韓国の新大統領が決まる前ではなかろうか。なぜならば、新大統領候補のほとんどが、反日親北であるからで、韓国に厄介な大統領が就任する前に米国として北朝鮮を潰したいだろう。 
(2017/04/07)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦に関する日韓合意の履行は韓国の問題でしかない

2017年04月04日 20時04分52秒 | 慰安婦問題

どうなる慰安婦合意=韓国混乱で履行に暗雲

2017/04/02

 韓国の朴槿恵前大統領が罷免され、日本政府内には慰安婦問題に関する日韓合意の履行に影響しかねないと懸念する声が出ている。5月の大統領選挙の有力候補者は、合意撤回や再交渉を主張しているためだ。

 ―慰安婦問題って何。

 旧日本軍に従軍した元慰安婦への補償や謝罪をめぐる問題のことだよ。日本政府は1993年に当時の河野洋平官房長官が旧日本軍の関与を認め「おわび」を表明した談話を発表し、民間募金も原資に「償い金」の支給などを行った。だけど、受け取りを拒否した元慰安婦も多く、日韓間の大きな懸案となっていた。そこで2015年12月に日韓両政府が「最終的かつ不可逆的な解決」で合意し、安倍晋三首相が「おわびと反省の気持ち」を表明したんだ。

 ―それで終わったのでは。

 合意では、元慰安婦支援のため韓国側が設立する財団に日本政府が10億円を拠出する一方、韓国政府はソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像について「適切な解決へ努力」することを約束したんだ。でも、野党や市民団体が反対して撤去が進んでいないばかりか、16年末には釜山の日本総領事館前に新たな少女像が設置されたんだ。日本政府は対抗措置として今年1月、長嶺安政駐韓大使を一時帰国させたよ。

 ―朴氏罷免でどういう展開になりそうか。

 5月9日には、朴氏の後任を選ぶ大統領選が行われる。世論調査でトップを走る韓国最大野党「共に民主党」の文在寅前代表が合意の再交渉を要求し、他の有力候補も合意の見直しを主張している。誰が大統領になっても、合意の履行は「厳しい」(韓国側財団理事)とみられており、日本政府内では「合意の撤回を言い出す可能性がある」(外務省幹部)と警戒する声が上がっているよ。

 ―日本政府は今後どうするの。

 北朝鮮が弾道ミサイル発射など挑発行為をエスカレートさせる中、日米韓の連携の必要は増している。米国と共に協調を働き掛けていく方針だけど、当面は韓国の出方を見守るしかなさそうだね。
(時事通信)
 
(引用終了)


 「恩を仇で返す」と言えば「朝鮮人のことだな」と言われるまでになっているが、いくら助けたとしても、感謝することはないし、約束も守らず、カネを貸しても絶対に返さないからであり、だから、あのロシア人でさえも「付き合うと病気になりそうだ」とまで言っているとなれば、どれほど酷い民族か分かると言うものだ。
 
 そのような朝鮮人が住む朝鮮半島をかって日本が統治していたと言うのだから、先人の苦労は大変なものであったと思われるが、日本の統治によって朝鮮半島が驚異的に発展したのは事実であるにも関わらず、その恩を忘れて、日本に恨みしか持っていないようであり、だから朝鮮人には何をしてやっても無駄なのであり、日本にとって隣国だとしても、敢えて親しくする必要はないのは言うまでもない。
 
 朝鮮半島の38度線を境にして南側にある韓国は、日本にとって非常に厄介な国であり、何せ、反日が国是になっているような国であるからで、暇さえあれば日本に「謝罪と賠償」を要求し、カネを取れる材料を探しているのだから、「もういい加減にしろ」と言いたくなるが、韓国が国際社会の一員としてまともな国になるのを期待しても無理だと思うし、西の空に向かって日の出を待っているようなものである。
 
 時事通信によれば、慰安婦問題を巡って一昨年の12月に、元慰安婦支援のため韓国側が設立する財団に日本政府が10億円を拠出し、韓国政府はソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像を撤去に努力するなどした日韓両政府による「最終的かつ不可逆的な解決」との合意が、朴槿恵前大統領が罷免されたことや、5月に行われる大統領選挙の有力候補者は、合意撤回や再交渉を主張しているため履行されない恐れがあるとしている。
 
 「最終的かつ不可逆的な解決」で合意し、慰安婦問題と言う問題はもう終わったのだから、それでも韓国が、合意は守らず、撤回や再交渉すると言うは勝手だが、それによって、どうなるかは韓国だけで問題であり、日本政府として再交渉には一切応じないと思っているが、その時の韓国の怒り狂った反応が今から楽しみにしており、おそらく期待を裏切らないだろう。
  
 米国の仲裁による日韓合意であることから、もし破棄すれば国際社会から笑いものになるだろうが、朝鮮人には、そのようなことを気にする考えはないし、日本も特に困らないので、韓国が再交渉とか言ってきたら「10億円では不足なのか。ではなぜ合意したのか」と言い返せば良いし、ともかく、朝鮮人は日本に対して永遠に謝罪と賠償を要求する民族なのであり、今回、日本政府が拠出したのが10億円ではなく仮に10兆円だとしても誠意がないと言うに決まっている。
 
 ここまで書いたところ、岸田外務大臣は釜山の日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、一時帰国させている韓国駐在の長嶺大使らを4日、韓国に戻す方針を明らかにしたとのニュースが入ってきた。少女像が撤去されていないのに「なぜ帰任させるのか」との声もあるが、帰任の理由のひとつが「邦人保護」となれば、北朝鮮情勢が緊迫しているからではあるまいか。
 
 北朝鮮が弾道ミサイルを開発し、近日中に核実験を行うことを示唆していることから、その前に米国による先制攻撃があるかも知れないし、日本政府に対して、その示唆があったことから、緊急の帰任となったのであろう。北朝鮮情勢が緊迫しているならば、大使帰任もやむを得ないが、政府は韓国にいる在留邦人に対して退避勧告を出すべきだが、そのような情勢でも、野党や偏向マスコミは、相変わらず森友学園の件で騒ぎ続けるだろう。
(2017/04/04)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東横インは客室からテレビを撤去した方が良い

2017年04月01日 20時38分27秒 | NHK問題

「NHK受信料19億円払え」東横インに過去最高の支払い命令 東京地裁

2017/03/29

 客室にテレビがあるのに受信料を払っていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」に支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、請求をほぼ認め、計約19億3千万円の支払いを命じた。NHKによると、受信料訴訟で認められた支払額では過去最高。

 訴訟では、全国230カ所余りのホテルに設置されたテレビ計約3万4千台の平成24年1月~26年1月分の受信料が争われ、東横イン側は、NHKとの間に一部は支払いを免除するとの合意があったと主張した。

 中吉徹郎裁判長は「放送法は公平な徴収という観点から、合意による免除を許可していない。契約の経緯を検討しても合意があったとは認められない」と退けた。ただ一部ホテルについては契約書がなく、受信契約の承諾がなかったとして支払いを認めなかった。

東横イン側代理人は「承服しかねる判決で、控訴する」とし、NHKは「主張がほぼ認められた」とコメントした。

 受信契約を巡っては、東京都内の男性とNHKが争った訴訟が最高裁大法廷で審理中で、年内にも初判断を示すとみられる。
(産経新聞)
 
(引用終了)


 何年か前に「テレビが買えない」との年寄りの話を聞いたことがあるが、その理由は年金だけの苦しい生活のためにNHKの受信料が高くて払えないからだそうで、無料の民放だけ視聴出来れば良いとする選択肢がないために、買いたいと思っていても買えないと言う訳である。強引に受信料を徴収するNHKの存在が、外出もままならないので、テレビを見ること位しか楽しみがない年寄りのささやかな願いをNHKは奪っていることになるだろう。
 
 NHKと同様に民放にもBS、CSの中に有料放送局があるが、契約者以外は視聴出来ないシステムになっており、だから、視聴者とその局の間で、訴訟になっているとの話は聞いたことはないし、なぜならば契約するかしないかは自由であり、NHKのように「契約してなくても受信料を払え」とか「テレビがなくても払え」などとヤクザみたいな恐喝をしていないからで、有料放送ならば当たり前の話ではなかろうか。
 
 受信料を巡って顧客である国民を訴えるのを得意とするNHKだが、テレビさえあれば契約者以外でも視聴可能な状態を放置しているNHKの方に大いに問題があるのに、なぜか受信料を払わない国民の方に問題があるとして、訴訟まで起こしており、その費用は受信料から出ているとなれば、こんなアホな話はない。受信料の公平な負担とはNHKと契約し、受信料を払わないと視聴出来ないようにする「スクランブル方式」しかないのに、なぜかNHKは「その方式はとらない」と拒否しているのは理解しがたい。
 
 産経新聞によれば、客室にテレビがあるのに受信料を払っていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」に支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、請求をほぼ認め、計約19億3千万円の支払いを命じたとのことである。客室にあるテレビは同ホテル側が設置したものだとしても、視聴するのは宿泊客であり、同ホテルの関係者ではないし、そうなると自宅で受信料を払っている宿泊客の場合に、もし今後、宿泊代に受信料の分が追加されるとなると二重払いになるが、NHKは取れる所ならば、どこからでも取って、平均年収1700万円とも言われている職員の給与をさらに引き上げようしているようである。
 
 まだ地裁なので判決は確定した訳ではないが、NHKは今回の「東横イン」に続いて国内すべてのホテルや旅館などを標的にして訴訟を起こす恐れもあるので、それを避けるために客室からテレビを撤去しておいた方が良いだろうし、そうなればテレビ業界の衰退を招くことになるが、NHKが存在する限り、仕方がない話ではなかろうか。
 
 テレビは娯楽の王様と言われていた時代ではなくなったし、インターネットへの接続環境さえあれば客室にはテレビは不要で、NHKが視聴出来るテレビがないと宿泊しないと言う宿泊客がいるとは思えないし、見たくもない番組しかやっていないのに、旅行先でテレビを見たい訳はない。
 
 この産経の記事は、30日付けの新聞の31面下段右側に掲載されているが、デジタル版とは異なる部分があり、それは上記に引用した記事の中で「ただ一部ホテルについては契約書がなく、受信契約の承諾がなかったとして支払いを認めなかった。」と赤字で表示した部分が新聞紙面にあるものの、デジタル版はその部分が抜けているからである。
 
 東京地裁の中吉徹郎裁判長は「東横イン」の全国230カ所余りのホテルに設置されたテレビ計約3万4千台の受信料19億円を支払うように命じた訳ではなく、同じ「東横イン」でも受信契約されていない一部ホテルについては支払いの義務がないとした画期的な判決ではなかろうか。
 
 すなわち、テレビを設置しても、NHKとの間で、お互いに承諾の上で契約書を交わしていない限り、受信料は払う必要がないと言う訳で、そうなるとNHKの受信料は高額なので、もっと安くなれば契約するとして、一時保留しても良いし、契約とはお互いの合意で成り立つもので、また契約書がなければ契約があったのか、なかったのかも不明なのだから、そのようないい加減なものにカネを払うことはないだろう。
 
 また、デジタル版の最後の下線で示した「受信契約を巡っては、東京都内の男性とNHKが争った訴訟が最高裁大法廷で審理中で、年内にも初判断を示すとみられる。」は新聞紙面にはないが、NHKが「スクランブル方式」を採用せず、各家庭や企業などを個別に訪問して契約を迫ることで、受信料の公平な負担が可能であるか、最高裁の判断を期待したいものである。
(2017/04/01)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

反日TBSの時事放談に出演している石破氏となれば

2017年03月29日 20時06分03秒 | 政治

石破氏「昭恵夫人も会見などで説明すべき」

2017/03/25

 石破前地方創生大臣はTBS番組「時事放談」の収録で、森友学園の籠池理事長が安倍総理の昭恵夫人から100万円の寄付を受けたと証言した問題で、「昭恵氏は反論するために記者会見などで説明すべきだ」という考えを示しました。

 「何が真実かということをきちんと解明をする。我々の総理総裁ですから、その奥様がうそを言っているというのはありえないと思っているが、どうやって総理夫人がきちんと真実を述べているかという場とか状況をつくらないといけない」(石破茂 前地方創生担当相)

 寄付については安倍総理も昭恵夫人も全面否定していますが、石破氏は記者会見などで説明する必要があるという考えを示しました。
(TBS NEWS)
 
(引用終了)


 森友学園の件が、ここまで大騒ぎになっているのは、民進党の辻元清美が仕掛けた謀略活動ではないかと思っており、目的はテロ等準備罪を新設する「組織犯罪処罰法改正案」を廃案に追い込み、安倍内閣を潰すことであり、当然ながら、どこからの指令によって行われたものと推認できるが、あの辻元のことだから、北朝鮮からの指令ではなかろうか。
 
 その辻元に関して「幼稚園侵入」「作業員派遣」「野田中央公園14億円値引き」の3つの疑惑があるとして、28日付けの産経新聞がようやく報じるようになったが、それは安倍総理夫人の昭恵氏と、森友学園の籠池理事長夫人の諄子氏とのメールのやりとりの中で、辻元の名前が出ているからである。だが、民進党は「その部分はデマだ」として、偏向マスコミに対して報道しないように要求している。だが、日刊スポーツはそのメールの全文を公開し、その後は今回の産経以外のほとんどの偏向マスコミは、その要求に応じているとの異常な状況である。
 
 当然ながら名前が出ていることから会見を開いて説明すべきだが、批判することだけは得意な辻元となれば、自分に向けられた3つの疑惑について説明出来る訳はなく、会見を開かないまま逃げ回っているようだ。今回の森友学園の件で、前述したメールに辻元の名前が出ているのは事実なのだから、偏向マスコミは、その事実を報道すれば良い訳で、メール内容については事実かどうか取材し、その結果を報道すれば良いのであり、民進党から報道するなと隠蔽要求があったことから応じたと言うのは表向きで、辻元に関する疑惑の中に偏向マスコミにとって都合の悪い部分があるのではと勘ぐりたくなる。
 
 ところで、石破前地方創生大臣はTBS番組「時事放談」の収録で、森友学園の籠池理事長が安倍総理の昭恵夫人から100万円の寄付を受けたと証言した問題で、「昭恵氏は反論するために記者会見などで説明すべきだ」という考えを示しようだが、石破氏は総理夫人を会見で晒し者にすべきだと言ったも同然ではないか。次期総理候補とか言われている石破氏だが、相変わらず後ろから味方を撃つようなことを言っているから人望がないのであり、だから総理の器ではないし諦めた方が良いだろう。
 
 反日TBSの時事放談に出演出来ると言うことは、石破氏の政治姿勢に理解を示しているからで、時事放談に出演している顔ぶれを見れば分かることであり、また石破氏は自民党員なのだから、野党の攻撃から仲間を守ることが大事なのに、もし総理夫人を会見で晒し者にすれば、野党と偏向マスコミの共謀による安倍内閣の倒閣に道筋を付けるようなものであり、その辺のことを理解せず、総理夫人の会見を要求するのはアホとしか言いようがない。
 
 石破氏は時事放談に出演している暇があれば、おそらく拒否されるであろうが安倍総理に会って、夫人の会見を提言すれば良いし、にも関わらず、わざわざ時事放談で話すのは理解出来ないし、議員でもない総理夫人の証人喚問や、会見を要求している野党と共同歩調を取っているとなれば、自民党から離党することを提言したい。
 
 外国人参政権や移民の受け入れに賛成している石破氏だが、だから偏向マスコミは総理になって欲しいことから、あまり批判しないのであり、安倍総理のように偏向マスコミから凄まじい批判をされる政治家の方が良いのは、悪夢の民主党政権を経験した国民は深く認識しているからである。
 
 それにしても、石破氏は「疑惑がある辻元は会見すべきだ」と言わないのはなぜなのか。いくら偏向マスコミが味方だとしても、不可解の何者でもないし、総理になりたいとの野心から、その目的のために後ろから味方を撃ってばかりいては、今でも人相が悪いと言われているのに、ますます悪くなるだろう。
(2017/03/29)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

森友学園の件で辻元清美が大人しいと思っていたら

2017年03月26日 15時21分18秒 | 民進党(民主党)

民進党が籠池夫人メールに反論 辻元議員記述に誤り


2017/03/24

 安倍晋三首相の昭恵夫人と、森友学園の籠池泰典理事長の妻、諄子氏が交わしたメールの内容に関し、同党の辻元清美衆院議員に関する記述に事実と異なる内容があるとして、コメントを発表した。

 3月1日付で、諄子氏から送られたメールに「辻元清美が(塚本)幼稚園に侵入しかけ」とあるが、党側は「そのようなことは一切ない。そもそも同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していない」「周囲にいたメディア関係者を含め、皆が確認している」と主張した。

 また、「(学園に関して)嘘の証言をした男は辻元と仲良しの人間」とする諄子氏の記述に対しても、「まったくの事実無根。ネット上で流された根も葉もないうわさを信じたためと思われる」と指摘した。

 各メディアに対しても「誤った内容を拡散しないよう強く求めます」と、主張した。
(日刊スポーツ) 
 
(引用終了)


 国会は、この1カ月ほど森友学園(大阪市)の問題で空転しているようだが、テロ等準備罪を新設する「組織犯罪処罰法改正案」などの重要法案の審議もせず、森友学園の籠池(かごいけ)泰典理事長が、4月に開校を目指していた小学校の名誉校長に安倍総理夫人の昭恵氏が就任していることや、国有地であった同小学校の土地が安く払い下げられているとなれば、批判しか出来ない民進党などの野党は安倍総理が関与している疑いがあるとして、なんとか安倍総理を退陣に追い込もうとしているようである。
 
 当然ながら、野党と偏向マスコミの狙いは、森友学園の件を決着させる気がなく、都合の良い事は大袈裟に取り上げて印象操作し、安倍内閣の支持率を下げることに奔走するものの、その反対にいつものように都合の悪いことは隠そうとするであろう。
 
 籠池理事長の証人喚問に続いて、安倍総理夫人の昭恵氏と籠池理事長夫人の諄子氏とのメールのやりとりが公表されたが、その中で、諄子氏は、民進党の辻元清美が同小学校の建設現場に関西なんとか連合の作業員を三日間だけ潜入させた後に、偏向マスコミは、その作業員を取材し、ゴミを埋め戻していないにも関わらず埋め戻したと証言させたとし、辻元清美のやったことは「国会議員の犯罪じゃないですか」と書いているが、あの辻元ならばやりかねない。
 
 日刊スポーツによれば、民進党は、諄子氏のメールの中での辻元清美に関する記載は、「事実に反する虚偽」と否定し、偏向マスコミに対しても「誤った内容を拡散しないよう強く求めます」と、主張している。そのメールの全文は日刊スポーツだけは公開しているようだが、産経新聞でさえ、辻元清美に関する部分は報道していないし、他の偏向マスコミは、民進党の要請を受けて報道しておらず、今回も、お得意の報道しない自由だけは守っているようであり、だから信用されないのである。
 
 森友学園の件は「大山鳴動してネズミ一匹」となるか、と書いているが、そのネズミとは辻元清美になるかも知れないし、作業員に偽装した工作員を辻元は送り込み、偏向マスコミの前で、ゴミを埋め戻したと嘘の証言をさせていたのだから、これは、刑事罰の対象になるかも知れない。そういえば、いつもは「総理、総理」と騒がしい辻元清美だが、森友学園の件ではやけに大人しいと思っていたら、いつ自分の工作員送り込みがバレるかとビクビクしていたからではなかろうか。
 
 辻元清美が送り込んだのは朝鮮系の関西生コンの工作員で、献金も受けているとなれば、あらゆる手段を使って森友学園を潰そうとするであろから、今回の森友学園問題の当事者の一人は辻元清美であり、証人喚問が必要ではなかろうか。またテレビのインタビューに答えていた保護者と称する者や作業員でさえ、民進党と偏向マスコミが共謀したヤラセとなれば、いくら安倍内閣を倒閣に追い込むためだとしても、明らかにやりすぎであり、これでは民進党のお先は真っ暗で終焉は近いだろう。
(2017/03/26)

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊を平然と侮辱した宮古島の石嶺市議

2017年03月23日 20時56分45秒 | 売国奴・反日日本人

石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否

2017/03/21

 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。

 決議では「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」などとした。

 議場で弁明の機会が与えられた石嶺市議は、投稿は既に謝罪・撤回しているとした上で「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」と述べた。
【琉球新報電子版】
 
(引用終了)


 人間はものの考え方や、生き方が目つきや人相となって現れるものであり、温厚な顔をしたヤクザがいないのは、その証左であり、また、働いている方と何もせず遊んでいる方の違いは目を見ると分かると言われている。ものの考え方、すなわち思想信条によっては、人相は変わってくるものであり、ひねくれた考えをもっていれば、同じ笑顔でも何となく違和感を感じることが多いようである。
  
 何年か前に、私の知り合いの80歳を越えている年寄りが、新聞に掲載されていた選挙で当選を果たした笑顔の女性候補者の写真を見ていて「この人たちは真に笑っていない。ご主人は大変でしょうね」と言っていたことがある。すべてサヨク政党の女性候補者だったが、家庭をそっちのけでサヨク活動に勤しんでいるから、それが目つきや人相に出ていると、その年寄りの方は見抜いていた訳だが、その後の選挙で、全員見事に落選してしまった。
 
 サヨクと言えば、国民の自衛隊を貶めるのを得意としており、訓練中の自衛隊員に罵声を浴びせるなど朝飯前で、数多の職業の一つに過ぎないのに自衛隊と言うだけで、まるで犯罪集団であるかのごとく批判し、また差別的言動を繰り返しており、自衛隊がそれほど憎いならば、災害などで被災者になったとしても絶対に自衛隊の世話にはならないと公言して欲しいものだ。
 
 琉球新報によれば、宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決したそうであり、これは石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けものだが、石嶺市議は「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」と述べているようである。
 
 石嶺氏はフェイスブックへの投稿を削除、謝罪したと言っているが、侮辱された自衛隊に対して、どのような謝罪をしたのか答えて欲しいもので、投稿を削除すれば謝罪したことになり、また責任を取ったことになるならば、議員の資格はないだろう。どのような投稿をしようが、削除すれば、なかったことになると思っているようで、宮古島市議会において多数の議員から、石嶺氏は議員として不適格とされたのだから、辞職を拒否するならば、市議会において冷遇され、無視されることを覚悟しておいた方が良いであろう。
 
 ネットに石嶺氏の御尊顔が出ているが、ひねくれた考えが顔にモロに出ているとの印象であり、失礼ながら、あの顔でもとりあえず女性なのだから、らしさがあっても良さそうだが、それがまったくないし、自衛隊を平然と侮辱する思想を持っていると、顔までおかしくなってしまうようで、その思想とは顔も性格も歪める何とも恐ろしいものではなかろうか。
 
 石嶺氏が辞職勧告を拒否する理由は議会が選んだ議員ではないからだそうだが、市民に選ばれた議員だと言うのであれば、市議会において辞職勧告決議に賛成した20人の議員も市民に選ばれた議員であり、そうなると、宮古島の多くの市民は石嶺氏は辞職すべきだと思っている訳である。このまま辞職拒否を続けても、石嶺氏は議員としてのまともな活動は出来ないであろうから、その職にしがみつけばつくほど醜態を晒すことになり、おそらく、また新たな問題を起こすような気がしてならない。
(2017/03/23)

写真:宮古島市議会の石嶺香織議員の御尊顔

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

森友学園の件は「大山鳴動してネズミ一匹」となるか

2017年03月20日 20時33分51秒 | 民進党(民主党)

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本海の秋田沖約200キロの排他的経済水域に落下したり、支那による尖閣諸島への侵略。また韓国の大統領不在による政治混乱に乗じた第二次朝鮮戦争の勃発の恐れなど、日本周辺の国際情勢が緊迫しているにも関わらず、野党や偏向マスコミは何の興味もないようであり、お早うからお休みまで、森友学園の件を取り上げて騒いでいるのには呆れるしかない。まさに「萬犬虚に吠える」との一人がいい加減なことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまうたとえの通りではなかろうか。
 
 野党や偏向マスコミが大騒ぎする理由は、森友学園の籠池理事長が、本年4月に開校を目指していた小学校の名誉校長に、安倍総理夫人の昭恵氏が一時就任していたことや、その小学校の土地は元国有地で、格安で森友学園側に払い下げられているとなれば、安倍総理が関与しているのではとの疑いがあるとして、騒ぎ出したもので、だから必死になって、その証拠を掴もうとしたが、いくら調べても安倍総理が関与しているとの証拠はなかったようである。

 さて困ったとして、今度は森友学園において昭恵氏が講演した際に、100万円を寄付したとの振替払込用紙が出てきたが、それも修正テープで安倍晋三の名を消して、森友学園と書いてあり、そうなると、この100万円は森友学園が森友学園に払い込んだものであろう。
 
 そもそも講演を頼まれた昭恵氏の方が100万円を持参して行くとは考えられないし、そうなると、この100万円は森友学園が講演料として昭恵氏に手渡たそうと用意していたもので、それを昭恵氏が受け取らなかったため寄付金として処理したのではなかろうか。野党や偏向マスコミは、森友学園のことより、もっと大事なことが沢山あるのだから、いい加減にした方が良いし、民進党の中にも「やばい」と感じたのか、この騒動から逃げ出し、第三者を装う者も出始めたようである。
 
 民進党の大西健介氏はfacebookに「いずれにしろ、(籠池理事長の)証人喚問では、予断を持たず、冷静に、淡々と何が事実なのかを明らかにすることが必要です。」と書いているし、また同党の福山哲郎氏も参院予算委員会による森友学園小学校建設現場視察報告の際に、「私は籠池さんが100万円を昭恵夫人から貰ったということが事実だと言ってるわけじゃないんですよ。『絶対、誤解しないでくださいね。』 『籠池さんが100万円を昭恵夫人から貰ったということを参議院の視察のメンバーの前で語った』ということが事実ですからね。 」などと話しているようだ。
 
 安倍総理を退陣に追い込むネタになるとして森友学園の件に飛びついた民進党だが、最初から何も触れない方もいるようだし、大西、福山両氏も逃げ出しているようだが、籠池理事長の証人喚問は決まったのだから、小学校の格安払い下げの件は誰が質問するのであろうか。今頃、「お前がやれ」『お前こそやれ」と民進党内では騒ぎになっているかも知れない。今回の森友学園の件は「大山鳴動してネズミ一匹」のたとえの通り、騒ぎは大きかったが、結果は意外に小さいものとなるであろう。
(2017/03/20)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事は豊洲の不安を煽って風評被害を出している

2017年03月17日 18時42分33秒 | 政治

「安心のため法令以上の措置」 豊洲市場の安全性…小池氏が都議会自民と論戦

2017/03/14

 東京都議会の自民党は14日に開かれた都議会予算特別委員会で、小池百合子知事に対して築地市場(中央区)、豊洲市場(江東区)の安全性をめぐる論戦を仕掛けた。築地から豊洲への移転推進の立場をとる自民は、豊洲が法令上の土壌汚染対策が実施されていることを強調したが、小池氏は豊洲の整備方針で法令以上の対策が決まっていたことを挙げて「それを徹底していく」と反論。議論は平行線に終わった。

 特別委で自民の崎山知尚議員は、小池氏がこれまでに築地の土壌汚染の恐れに関して「コンクリートなどで覆われ、法令上の問題はない」と発言したことに言及。豊洲もコンクリートで覆われるなどし、法令上の基準を満たしているという都幹部の答弁を引き出し、「豊洲は法令上の問題をクリアしているのか。イエスかノーか」と迫った。

 小池氏は「安心のために法令を上回る措置を講じるというのが議会、都庁で決めたことだ」と指摘し、「それを徹底し、信頼を確保しようというのが私の決意だ」と答弁した。

 また、崎山氏は築地について建物6棟の耐震不足や、大雨時にマンホールから水があふれるなどの老朽化を指摘。売り場が外部から遮断されていない「開放型」の市場でネズミなどが確認されているとし、安全・安心について見解を求めた。

 小池氏は「さまざまな課題を抱えているが安全と考えている。長年にわたって勝ち得た築地ブランドという安心もある」と強調した。 
(産経新聞)
 
(引用終了)


 日本では憲政史上女性が総理になったことは一度もないようだが、総理ともなれば女性では無理ではないかとの声もあるのは、国民に犠牲を強いる重い判断しなければならない時などに、女性では、なかなか判断できなかったり、それを迷っている時に、男性の閣僚や官僚などの助言に耳を傾けるかどうかであり「私は総理なのよ」とか言って聞く耳を持たないからではあるまいか。
 
 将来の総理候補として名が上がっている女性議員や、知事などがおられるが、閣僚の一人であれば、総理の元で、その職責を果たせば良い訳だが、行政府の長である総理となれば、その資質が問われることは間違いないだろう。では、その資質があるかどうか判断するために一番良いのは、その者が知事や市町村長などのトップになった時に分かると言われており、なにせトップなのだから、周囲からちやほやされるであろうが、同時に、その者しか出来ない判断を迷うことなく出来るかどうかであり、周囲がいくら助言しても、いつまでも迷っているような者では総理の職責を果たすことなど到底無理だと言えるだろう。
 
 先の都知事選で、圧倒的な支持を得て当選した小池百合子氏だが、国会議員としての経験を生かして、都知事と言う都のトップになったものの、もう期待外れとの声が出始めているようであり、まさに正常な判断が出来なくなっているとしか思えず、都知事に就任してから既に8カ月を経過しているが、見直し、先送り、責任追求ばかりで、他には何もやっていないような気がしてならない。
 
 産経新聞によれば14日、都議会予算特別委員会で、自民党の崎山知尚議員は、小池百合子知事に対して築地市場(中央区)、豊洲市場(江東区)の安全性をめぐる論戦し、「豊洲は法令上の問題をクリアしているのか。イエスかノーか」と迫ったところ、小池氏は「安心のために法令を上回る措置を講じるというのが議会、都庁で決めたことだ」と指摘したとのことである。
 
 また崎山氏は築地について建物6棟の耐震不足や、大雨時にマンホールから水があふれるなどの老朽化を指摘。売り場が外部から遮断されていない「開放型」の市場でネズミなどが確認されているとし、安全・安心について見解を求めたことについて、小池氏は「さまざまな課題を抱えているが安全と考えている。長年にわたって勝ち得た築地ブランドという安心もある」と強調したと言うのだから、もう呆れるしかない。
 
 豊洲は安全だとの認識を持っていながら、安心かどうか確認出来ないと言う訳だが、ならば都民を安心させるのが都知事の仕事であるにも関わらず、偏向マスコミと一緒になって、豊洲の不安を煽って風評被害を出しているとしか思えない。老朽化して汚染が酷い築地の方が安心出来ると抗弁するのは不可解であり、小池氏だけが築地ブランドに安心感を持っているとしても、基準値を越える砒素が検出されたり、耐震性の問題や開放型市場のため、外から、鳥、虫、ネズミ、猫などが侵入しているとの事実が次々と出てきていることに不安を覚える都民もいるであろう。
 
 しかし、小池氏はそのような築地のとても安全とは言えない不都合な真実に目をつぶり、豊洲の信頼を貶めることに奔走しているのは、何か理由がある筈である。小池氏は豊洲は安全だと言いながら移転せず、築地の卸売業者に補償金を払っているのは、まさに税金の無駄遣いだが、その卸売業者の中には築地にとどまることで補償金を何度も受け取ること出来るとなれば、豊洲に移転しない方が都合が良いと思っている業者もいるであろう。東京五輪の経費削減を訴えてきた小池氏だが、豊洲の件に関しては反対に税金の無駄遣いとはまさに支離滅裂ではなかろうか。
(2017/03/17)

写真:予算特別委員会に出席した、小池百合子都知事(左から3人目)=14日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加