私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

ユネスコへの分担金支払い保留は当然

2016年10月15日 22時37分50秒 | 国際問題

応援クリックをお願いします。


日本、ユネスコ分担金を保留 「南京」記憶遺産に反発か

2016/10/14

 日本政府が、今年のユネスコ(国連教育科学文化機関)の分担金約38億5千万円の支払いを「保留」していることがわかった。昨年、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が記憶遺産登録されたことに対する反発が背景にあるとみられる。外務省は朝日新聞の取材に「ユネスコの事業内容を精査し、適切に判断する」と説明している。

 外務省の下川真樹太国際文化交流審議官が13日、自民党の会合で、ユネスコ分担金について「例年予算が成立するとすぐ支払ってきたが、今年はまだ支払っていない」と明らかにした。

 ユネスコ分担金支払いは加盟国の義務で、各国の分担率は国連予算の分担率とほぼ同じだ。2016年の日本の分担率は米国の22%に次ぐ9・6%で、金額は約38億5千万円。米国はパレスチナの加盟に反発して11年秋から分担金の支払いを止めており、日本は実質的にトップだ。

 外務省によると、これまではユネスコ側の要望も踏まえ、おおむね当初予算成立直後の4~5月に支払ってきた。分割して支払う年もあったが、10月になっても支払っていないのは極めて異例。世界遺産アンコールワットの修復費など、任意拠出を約束している約5億5千万円も支払っていないという。
(後略・朝日新聞)

(引用終了)


 国際連合とはアメリカ合衆国のニューヨーク・マンハッタン島に本部がある昭和20年に設立された国際組織であり、英語表記ではUnited Nationsなので日本語に訳せば連合国となる筈だが、なぜか国際連合と呼ばれている。その国連も第二次世界大戦の戦勝国の色が強く残っており、未だに日本を含む第二次世界大戦の敗戦国に対する敵国条項が存在するし、既に戦後70年も経過しているのに、戦勝国が大きな顔をしていることや、また戦勝国と言えない支那が国連安保理の常任理事国だと言うのだから国連の権威も落ちたもので、だから、いくら国際組織だとしても幻想を抱かない方が良いであろう。

 その国連組織に含まれるが主体性を有し、独立した国際組織になっているものの一つにユネスコ(国連教育科学文化機関)があるが、朝日新聞によれば、政府が今年のユネスコへの分担金約38億5千万円の支払いを「保留」していることがわかったことを報じており、昨年、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が記憶遺産登録されたことに対する反発が背景にあるとみられるとし、外務省は朝日新聞の取材に「ユネスコの事業内容を精査し、適切に判断する」と説明しているるそうである。

 分担金のユネスコへの支払い保留は当然であり、なぜなら、旧日本軍による南京大虐殺があったとする証拠などないのに、支那に騙されて記憶遺産に登録するようなユネスコに存在価値があるとは思えないからで、支那が出してきた南京大虐殺の資料はどのようなものか明らかになっていないし、当事者である日本側に事実確認しないまま登録するだけのいい加減な組織ならば、日本の負担金など必要ないだろう。

 政府が問題にしているのは、遺産登録に至る審査方法が公開されていないからであろうが、もし公開すれば日本人居留民が支那人により虐殺された通州事件などの写真を、南京大虐殺のものだとして出した来た支那の嘘がバレるからであり、だから日本側が知らないところで審査が行われ、支那に言われるままユネスコは南京大虐殺を事実であると認めてしまったとしか思えない。

 ユネスコの下部組織であるアジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産委員会の議長は支那人で、10人で構成されているメンバーのうち支那人は4名、韓国人1名とのことであり、日本人はいないとなれば、「南京大虐殺の記録」の記憶遺産登録は日本を貶めるために支那韓国による謀略とみなして良いであろうし、もう日本は分担金保留を決めたのだから、カネが欲しいならば支那・韓国に頼めば何とかしてくれるのではあるまいか。
(2016/10/15)

応援クリックをお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本音は返還されたら困る沖縄... | トップ | 嘘しか付かない蓮舫氏は支那... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もはや中国の言いなり (成田あいる)
2016-10-15 23:28:39
日本は「財政赤字」「緊縮財政」と言いながらも、それだからこそ消費税引き上げ無ければならないほど危機的な状況な筈なのに、国連関係・対外国関係では払うカネはいくらでもあるのですね。
中国への「緑化支援」もそうですし、ユネスコへの分担金もそうです。
それでもこれらの支出が役に立っているならまだしも、そうで無ければ「無駄金」でしかありません。
あれだけ「無駄遣い」や「予算の用途外支出」に何かと五月蝿い連中も、これらの国連関係・対外国関係への支出には何も言いません。

「アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産委員会の議長は支那人で、10人で構成されているメンバーのうち支那人は4名、韓国人1名」というから、この「委員会」が中立公正な「委員会」である筈ありません。
ましてや、中国が国連安保理の常任理事国からして、国際連合もユネスコも中立公正な機関である筈もありません。
むしろ、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が記憶遺産登録されたことからしても、国際連合もユネスコも、もはや中国の言いなりになっているとしか言い様がありません。
日本はいつまでも「常任理事国」になれないことを疑問視する人が多いですが、このような状況ではならない方がずっと良いでしょう。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2016-10-16 07:41:39
コメントありがとうございます。日本が国際機関などにカネを出すことは良いことだと思いますが、それには出すだけ価値あり、無駄カネにならないことで、ユネスコのように支那人朝鮮人が日本を貶めるための機関になってしまった所に出す理由はなく、自分の首を締めるロープを自分で買うようなものです。

支那への様々な援助は支那の発展に大いに貢献した訳で、その結果は東アジアに軍事的脅威を招いており、日本が戦後犯した最大の過ちだと認識しています。人民服を着て、自転車に乗っている支那人が一番似合っているのです。

日本人の中には国連に幻想を持っている方がいるようで、かっての戦争で戦勝国となった国が作ったもので、日本などの敗戦国は後になって加盟している訳で、その際に敵国条項が削除されても良い筈なのに、未だに残っており、おそらく支那が反対しているのでしょう。

日本人が納めた税金は無駄カネにならないようにして欲しいもので、あの東日本大震災の際に世界各国から様々な支援を受けていますが、その中には貧しい国からの支援もあり、これは日本に今度は恩返しをする番だとの感謝の現れで、これこそ日本がしてきた生きた援助であった証左です。感謝せとは言いませんが、恩を仇で返すような国への援助は無駄であり、そうなるとユネスコも同様ですね。
公正ではない「分担金」は拒否を (HAKASE(jnkt32))
2016-10-17 12:51:44
お疲れ様です。拙見解は、前出の成田様が代弁して下さったので、
多くは控えますが、貴記事の様なら、国連分担金拠出は、本体を含め再考すべきだと思います。
南京事件の記憶遺産登録は、決して公正な根拠ではありませんので、
我々日本人は承服してはならない所でしょう。
記憶遺産委の半数は中・韓メンバーで占められているそうですから、
それは中立・公正な判断など無理でしょう。
分担金拠出「保留」ではなく、複数年に亘る「拒否」で良いのではとも思います。
米国は実行しているのですから、日本だけが「してはならない」筋合いでは、元よりありません。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2016-10-18 20:59:27
コメントありがとうございます。仰る通りですね。支那韓国が日本を貶めるためにありもしない南京事件を世界記憶遺産に登録させた訳で、記憶委員会のメンバーに支那朝鮮人がいるとなれば、登録に奔走したのは当然かも知れません。

分担金は保留でなく、委員会の改革が行われ、南京事件の登録が取り下げになるまで拒否で良いでしょうし、おそらく慰安婦登録に向けて動いているでしょうから、尚更です。日本は今までお人好し過ぎましたね。もう反撃が必要でしょう。
Unknown (アグニモン)
2016-10-21 18:53:04
このままユネスコ分担金を払わないと2018年に日本はユネスコ投票権を失うことになりますが南京事件登録が削除されない間は凍結でいいでしょう。2013年に米国は投票権を失うが堂々としており日本も同じ路線でやるべきでしょう。日本が分担金を払わないとなるとユネスコは運営危機になるでしょう。自業自得。
>アグニモンさん (forest(管理人))
2016-10-22 21:04:10
コメントありがとうございます。支那が出して来た南京事件の資料がどのようなものか日本側にはわからないまま登録されてしまったもので、今でも資料は公開されないとなれば、ユネスコ分担金を払う必要はないでしょう。それで運営危機になったとしても「大変ですね」と無視すれば良いでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL